20845

BOXNOTE SKYHIGH

巴里のイザベル

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
アイがあるから / サン・ジュスト様
「海がきこえる」終わりなう。

ああ、いいねえ。やっぱり名作じゃないか!
今回初めて観てシビれた人も多いはず。今後もジブリ枠で年に一度の放映を望む。70分しかなくても気にするな。CMをサッカーの時のように最初と中間に15分ずつ入れれば良い。

ああ、青春映画最高! もうみんな素直になれ。ほんとはこういうのが観たくてたまんないんだろう? ムリしてひねくれなくてもいいさ。

来週にでもコクリコ観にいくべ。
No.897 - 2011/07/15(Fri) 20:46:22
冬のディーン 夏のナタリー / サン・ジュスト様
「海がきこえる」観るなう。

本放送以来の全国放送か? 感慨深い。
高校生当時、ハマッていた氷室冴子の新作が載っているというので毎月アニメージュを買っていたようなもんだ。
原作はもちろんのこと、アニメも滅茶苦茶いい出来だと思うがな。望月智充監督のもうひとつの本気が見える。
No.896 - 2011/07/15(Fri) 19:13:09
梅雨の合間 / サン・ジュスト様
ようやくセミが鳴き始めた。梅雨ももう終わりだな。

http://ceron.jp/url/www.nicovideo.jp/watch/sm1561246
No.895 - 2011/07/02(Sat) 15:32:13
フランソア物語 / サン・ジュスト様
http://www.youtube.com/watch?v=cxklA3bObI8

九州地方でチェーン展開しているパン屋さんのテレビCMです。
キャラデザは一目でわかる佐藤好春氏。

ストーリーは、天に召されたはずのアルフレドが実は一命を取り留めていて現在22歳。病による記憶喪失を患ったまま(アルルと呼ばれている)放浪の旅を続ける最中、パン屋で働く16歳の女の子、カシスと出会い……というものです。

http://slowbread.jp/character/index.html

前回の2011年春ヴァージョンではカシスがいきなり20歳になっていて(成長したナン(とジョー先生)に似てなくもない)、この地を去ったアルフレドを列車で追いかけていく急展開。アル×ロミ腐女子をやきもきさせてくれます。


2009年に「ラクガキ王国」タイトーから古巣・日本アニメーションに戻っていた佐藤好春氏。限定上映作品などを手掛けているようですが、

http://www.rpd.co.jp/haleyllp/

関修一氏に代わって世界名作劇場を背負う今、ファンとしてはどうしても全国放送に戻ってきてほしい。「こんにちはアン」は本格復帰前の腕慣らしということで見て観ぬフリ。

出崎統監督亡き後、もうひとつの可能性である日アニにはなんとかここでもうひとふんばり。現在再放送中の「リタとナントカ」はなかなかいいのですが、やはり日アニの看板、世界名作劇場で真っ向勝負してほしいものです。
No.894 - 2011/06/24(Fri) 20:52:59
入梅と台風 / サン・ジュスト様

ないしょで飲んだ イチゴ水

くちびるほんのり 染めた色

てん てん てん てん はなびらに

http://cgi2.nhk.or.jp/minna/search/index.cgi?id=MIN198506_02


80年代この10本。順不同。


●メトロポリタン美術館http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=186506
●まっくら森の歌http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=547611

トラウマ、とは違うだろう。名作。


●モンキーパズルhttp://www.youtube.com/watch?v=QFSA0VeqQ6M

当時は、あの堀江美都子さんとは知らなかった。一番のお気に入り。


●コンピューターおばあちゃんhttp://vision.ameba.jp/watch.do?movie=191992

この齢で聴くと泣けてしかたない作品。

●しらんぷり

この齢で聴くと泣けてくるパート2。

●赤鬼と青鬼のタンゴhttp://www.dailymotion.com/video/x1avzg_op-ed-yyyyyyyyy-op_music

ひこねのりお氏に敬意を込めて。ウサギちゃんたちの可愛さは尋常ではない。


●ラジャ・マハラジャーhttp://vision.ameba.jp/watch.do?movie=547619

●スシ食いねェ!

80年代でしか作りえないパワーを感じてください。


●雨のてん・てんhttp://www.youtube.com/watch?v=ssOyeRl3NE4

林静一作品代表。品のあるアニメって今や絶滅種。


●南家こうじ作品

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3355582
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4385123
http://www.nicovideo.jp/watch/sm47682
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3968155


90年代半ば以降、民放アニメ同様、みんなのうたも質が落ちてきた。国営放送の矜持を持て。イマドキのアニメがダメなのは大人に成れない連中が自らを慰めるためだけに作るから。アニメは子供のためを思って作れ。
No.893 - 2011/05/29(Sun) 17:41:30
輪廻魔界転生 / サン・ジュスト様

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110517-00000362-reu-int

「ハッハッハ。なにを馬鹿なことを言ってるんだ」(by黒澤明)
No.892 - 2011/05/17(Tue) 22:47:57
菖蒲湯と立夏 / サン・ジュスト様

またこの季節がやってきた。

今年もアツくなりそうだぜ。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm290068
No.891 - 2011/05/05(Thu) 20:31:18
悲しい悲しい物語 完結篇・改訂版 / サン・ジュスト様
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110418-00000011-rbb-ent

さらば、ガンバと仲間たち
さらば、オスカル
さらば、ジョン・シルバーとグレイ
さらば、ゴルゴ13
さらば、矢吹丈
http://www.youtube.com/watch?v=fc0OZMaC0G0

さらば、コブラ&レディ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2374367

さらば、御苑生奈々子とソロリティメンバーズのお姉様方。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3804959
http://www.youtube.com/watch?v=Xsfy4M4Ewls&feature=related

さらば、ブラック・ジャック
http://www.youtube.com/watch?v=MFcwxKRUF64&feature=related

そして、さらば岡ひろみ、お蝶夫人。
http://www.youtube.com/watch?v=PtXV8P4bSIo&feature=related


高校に入ってから途切れていたアニメをふたたび観るようになったのは、「エースをねらえ! ファイナルステージ」があったおかげ!


ああ……終わった。終わってしまったなあ。
俺の中でアニメが一区切りついた。最後の砦だったのに。
No.890 - 2011/04/18(Mon) 22:59:10
続・悲しい悲しい物語 補填版 / サン・ジュスト様
とりあえず見つけた分。

「十六人谷」http://www.youtube.com/watch?v=EZ7q6eEy0Xc&feature=related

「三本枝のかみそり狐」http://www.youtube.com/watch?v=Whezos8tLqI&feature=more_related

「飯降山」http://www.youtube.com/watch?v=NyNpSSA1HgY&NR=1

「吉作落とし」http://www.youtube.com/watch?v=JLRjguzqXMY&feature=related

「みちびき地蔵」http://www.youtube.com/watch?v=pCAbYlODSc0&NR=1


「炎のうま」http://www.youtube.com/watch?v=Nc122zl3RTk&feature=more_related
No.889 - 2011/04/02(Sat) 18:18:14
続・悲しい悲しい物語 / サン・ジュスト様
http://www.mbs.jp/mukashi/

全部で240話ということだが、半分は数年前に再放送した分だろう。


http://mukashibanashi.com/

第1期のタイトルを見ると、いかにもおとなしい話ばかりでガッカリ。やはり改めて初めから終わりまで全作品をTV放映しなければならぬ。


「佐吉舟」「飯降山」「猫岳の猫」「三本枝のかみそり狐」
「松山の洞窟」「雲雀むかし」「十六人谷」「吉作落とし」


俺が見たいのはこのあたり。楽しく笑うホラ話や勧善懲悪の話よりむしろ、因果応報モノや、正直者や真面目な働き者なのに報われない理不尽で不条理な話をこそ流してもらいたい。
Youtubeやニコ動で探したがDVD化のために毎日放送の申し立てで大量削除されてる。が、韓国や中国の動画サイトでは一部見られるようだ。あおりをくって「まんが世界昔ばなし」の「炎のうま」まで削除されてる。昨年9月に突如再放送を打ち切ったのはいずれスタートするDVD化への布石なのかッ!
「吉作落とし」は1988年10月29日(昭和63年)放映と末期に作られたのにもかかわらず一番怖い。昔ばなしのくせに吉田秋生の影響を受けてるっぽい絵柄も怖い。


http://mannichi.web.infoseek.co.jp/episode/index.html

各ストーリーを読むにつけ、日本人の根幹にあるのはやっぱり「情念」なんだなとつくづく思う。(夕食後の家族団欒をずいぶん滅入らせてくれたもんだ。その後に「クイズダービー」と「全員集合」をやってくれてほんとによかったよ。)そして「畏れ」こそ日本人の根底にあるものだ。それを喪ったことに現在の日本の不幸がある。

本放送が1975年〜1994年で、第二次ベビーブーム前後生まれの当時思春期を迎えつつあったわしらの世代はどっぷり「昔ばなし」で日本の民俗にある畏れを意識的無意識的に共通体験として学んでいる。つまり、この世には、どうにもならないこと、どうすることもできないこと、があるということを心のどこかで知っている。

このところの科学技術の飛躍的な進歩でますます合理的思想に傾いているイマドキのこどもたちは畏れを知らない。
畏れを知れば謙虚になれる。生まれながらにすでにハイテクに囲まれたこどもたちにこそぜひ見てもらいたい。皮肉なことだが震災を経験した今ならば身を持って理解してくれるはずだ。

世界に送るべき「日本コンテンツ」は「まんが日本昔ばなし」であって、宮崎アニメではない。今こそ全世界に「ボルテスX」とともに再輸出して世界中のこどもたちのトラウマにしよう。
特に中国。「一休さん」のリメイクなんかやってないで、この情念の塊を全話TV放映して、日本人の底知れぬ怨念、執念を肌から骨の髄まで感じて大いに恐れてもらいたい。そうすれば本土に攻め込もうなどとゆめゆめ考えないようになるだろう。
とっぴんぱらりのふう。
No.888 - 2011/04/01(Fri) 21:39:16
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ... 20 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS