20845

BOXNOTE SKYHIGH

巴里のイザベル

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
悲しい悲しい物語 / サン・ジュスト様
http://www.hakusensha.co.jp/yanyaka/index.html


にゃんてことだ。

WEBで全公開しておいてなおかつ単行本化されるとわ。

お布施で買いますけど、なんか腑に落ちんにゃ。


どこでもいいから雑誌で新連載を頼むよ。

そして一刻も早く「水のソルティレージュ」の単行本化を。


http://itijyotaro.up.seesaa.net/image/R0015890.jpg

http://itijyotaro.up.seesaa.net/js/R0015889.jpg


http://www.youtube.com/watch?v=cfTF57CBHAw
No.887 - 2011/03/29(Tue) 22:43:14
天の時 地の利 人の輪 / サン・ジュスト様

2015年度末までの時限付きで消費税を15%。

そのうちの1%を東北復興税に。

これが一番効率的な義援金だろう。
No.886 - 2011/03/13(Sun) 23:37:12
80年代最強伝説 / サン・ジュスト様

http://www.youtube.com/watch?v=SC2lClaXSw0&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=mCVnAO_LcKY&feature=related


かつてはお茶の間に平然と流れていたんだがなあ。

もはや映画自体が別世界から来たような現在との隔世感。

この過剰な情熱とパワーはホントどこから湧いていたのか、今振り返ればやっぱり「これまでにないものを作れる喜び」に突き動かされていたのだろう。それが1985年にピークを迎え、その後は今日に至るまでずっと後追いで下降線をたどっている。その点でCGが一番世を驚かせたのは「ターミネーター2」で、「アバター」なんか実際もう見慣れた映像だったからな。

つまり21世紀までには、映画、マンガ、アニメ、ゲームに代わる新たな娯楽メディアをとっくに生み出していなければならなかったのだが、これがどうにも俺も思いつかんのですよ。だからみんなズルズルダラダラと続けているんだろうけど。
とはいえなんでもいいってワケじゃない。せめて作り手は客を楽しませたいという意識を最低持て。DVDの売り上げが百枚いかない作品っていったいなんなんだ?
そのための反則なら多少は許そう。2つの映画からざっくり切り取ってグロいシーンのみ残した日本版「西太后」の大胆な編集のように大らかなのも良し。
主題歌を日本公開版用にすげかえるなんてあたりまえだったしね(しかも本家より断然良かった!)。
   ↓
http://www.youtube.com/watch?v=HskE_hnddV8&feature=fvst

OVA初期の傑作「Call Me トゥナイト」のタイトルは、この歌とブロンディーを足して2で割ったものなのかずっと気になっている。

フル・バージョン

http://www.youtube.com/watch?v=HFvg8FWi9J8

http://www.youtube.com/watch?v=5zHq2MBtXS8
  ↑ 
5本の指に入る名曲。


やっぱ熱くなきゃあ。醒めてちゃダメだ。本気で真面目にやってくれ。
No.885 - 2011/03/07(Mon) 23:15:05
泣き虫うさぎの華麗なる変遷 / サン・ジュスト様
そういえば三石琴乃さんが出てるんだなと新シリーズを観る。日曜朝のアニメ群をリアルタイムで観たのは何年振りだろう。

http://www.asahi.co.jp/precure/

お供のネコをやっているのを見て、ああ、20年経ってついに潘恵子さんのポジションになったと感慨もひとしお。「おにいさまへ…」での「花のサン・ジュスト様よ!」の女生徒Aや、「遊人ブランド」や「くりぃむレモン・青い性」でがんばって喘いだ甲斐があった。
これで「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」とテレビ朝日の三大ドル箱アニメでのレギュラーだから、もう一生安泰だな。後は「サザエさん」のゲスト出演。

ところでこの土・日はスカパーが無料なので、80年代最強時代アニメをいろいろ懐かしく観た。フジテレビONEでやってる「ハイスクール!奇面組」は、「かしこ」に「時の河を越えて」と名曲揃いの奇面組主題歌の中でも、もっとも作画がスゴイ2トップの回で、イマドキのアニメとのあまりにも大きすぎる格の違いを改めて思い知らされ慄然。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm11836444

通して観ると、作画のクオリティや、歌と映像の完成度の異常な高さに感心することしきり。やっぱり技術が向上すると質は反比例で劣化するね。ほんとデジタルはクズだな。マジでセル画に戻せ。ザッピングの途中で目に入った「STAR DRIVER」なるアニメのレベルの低さが無惨で見てられない。だからイマドキのアニメは後々思い返すと映像がまったく頭に浮かばんのだろうな。

アニメの主題歌が本編の初めと終わりにただ付いてるだけのキャラ紹介画像に成り下がったのはいつ頃からだろう。「アニうた北九州2011」の録画を深夜テレビでやってたけど、あまりのつまらなさに全曲冒頭聴いたら後は早送りさ。一番盛り上がるのがいまだに「CHA-LA-HEAD-CHA-LA!」なのをイマドキの歌手はどう思っているんだい? 
それに引き換えスカパーの「陽あたり良好!」は芹澤廣明が歌うバージョンだったが、このOPはホントにいつ観てもお見事! 90秒で完璧な物語世界を作り上げている。やっぱり映画(アニメも)は映像と音楽! つまりセンスがすべて。ついでにCGは、どんだけド派手な映像作ってもやればやるほど退屈していくだけ。身体張らなきゃ絶対感動せん。

http://www.youtube.com/watch?v=U-gku3bkFl0&feature=related


イマドキのデジタル世代はこれからも薄っぺらい映像作品を無駄に放出するのだろう。どこか文明の恩恵受けてないド貧乏の新興国からホンモノが出てきて鉄槌を下してくれんもんかね。

さあ、今からディズニーチャンネルで「キム・ポッシブル ドラマチック・ナイト」を観るべ。OP最高。
No.884 - 2011/03/06(Sun) 22:12:31
星よ、導きたまえ / サン・ジュスト様

乾闥婆衆列伝『東の番犬』 ここに終結!

早速、第2シリーズ『乾闥婆衆列伝』の特設サイトを作りました。
   ↓
http://www1.ezbbs.net/07/gangsters/


前回と同じく上から下へ読めるように構成してあります。

第1シリーズ『高田馬場ファンキーズ』から通して読むと、より釈迦羅ワールドを堪能できること請け合いです!


>次回作は、南の“鳩槃荼衆”を描く予定


続々と四天王の物語が紡がれてゆきますね。

無限に広がる釈迦羅宇宙。刮目して待とう。

http://www.youtube.com/watch?v=oIZJZzeP-sU&feature=related


『蟲狩りの双姫』および、

http://www.tsubaki.sakura.ne.jp/~elan/lily/shakara_0.htm

『奇っ怪大作戦』の続きもお待ちしております。

http://hemurennoiori.tea-nifty.com/hemuan/


http://nununi.net/pages_b/fnv_main.html

http://www.88238.net/popup_image.php?pID=1200634214
No.883 - 2011/02/16(Wed) 21:08:23
黄泉帰り / へむれん
久方振りで御座います。
てな訳で。
『東の番犬』、取り敢えずの“終劇”と相成りました。

しかし、7年か。
……長いような、短いような。
ここ数年は休眠状態だったので、何とも言えませんが(汗)

次回作は、南の“鳩槃荼衆”を描く予定です。
何時になるかは、未定ですが(爆)
No.882 - 2011/02/15(Tue) 00:35:29
めざめよ、冒険心 / サン・ジュスト様
>乾闥婆衆列伝 『東の番犬』 間章

http://www1.ezbbs.net/33/generals/


祝! シリーズ再開!

へむれん様のライフワークといえる大河伝奇ロマン、『釈迦羅』。
その外伝が上記の掲示板でスタートしたのが2004年11月。今年で7年目に突入です。
そこで感謝を込めまして、第1シリーズ『高田馬場ファンキーズ』の特設サイトを作りました。
   ↓
http://www1.ezbbs.net/08/gangsters/


上から下へ読めるように構成してあります。この機会に今一度、あの興奮をまとめてプレイバック! 
No.881 - 2011/02/08(Tue) 22:09:08
ジャパン・アズ・bP / サン・ジュスト様
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110130-00000016-jijp-spo.view-000


いい勝負だったぜ。ゴゴゴゴゴ。

結果として総合力で日本が全16チーム中、トップだったということだ。
次世代を担う若手は全員、海外へ武者修行に出なさい。
No.880 - 2011/01/30(Sun) 16:46:43
大予言・初姫 / サン・ジュスト様
ついに2010年代に突入。
修羅の世紀が本格的に始まるだろう。

大晦日は「年忘れにっぽんの歌」の小林旭の存在感に勝るものなし。紅白も「温故礼讃」。プリキュアよりも怪物くんと熊倉一雄にかなう者なし。BS11のアニソン紅白はどこいったんだ?
Dynamiteは完全にブームが過ぎて冷め切ったな。エンターテインメントをないがしろにするとこういう結末になる。
衝撃だったのは最後の砦であるはずの「ゆく年くる年」までがつまらなくなったことだ。

ゼロ年代は旧きモノすべてに終止符を打った。
しかし新たなモノはもはや生まれまい。10年代はさらにハイパー&ハイブリッドなリメイク、リニューアルが跋扈するだろう。

昨年のポルノ界では他のジャンル同様、エロも細分化が進む流れの一環で、おばさんモノに脚光が当たった一年だったが、今年は例の法案で、レイプレイや痴漢電車の犯罪モノや、おばさんでも実母・義母、実の姉妹など近親相姦モノが大量淘汰されるので、原点回帰の70〜80年代初頭に一世を風靡した「隣近所に住む憧れのおねえさん」ポルノのハイパー&ハイブリッドver.が主流となるだろう。

http://www.dmm.co.jp/digital/pcgame/elf/screenshot/ss_06_html/=/navi=none/

ああ、いい心持ちだ。
No.879 - 2011/01/02(Sun) 20:30:48
謹賀新年 / サン・ジュスト様

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。
No.878 - 2011/01/02(Sun) 18:14:46
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ... 20 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS