01659823

新聞の宅配問題の掲示板 

ご意見ご感想をどうぞ 新聞の宅配問題に限定しません(安 藤)

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定

名前
メール
URL
件名
ファイル
アイコン [ List ]
/ 編集パス
Re: マスコミの魔女狩り / 安 藤
だんだん 様
 ご意見ありがとうございます。返信が大変遅くなり、失礼いたしました。

Re: マスコミの魔女狩り
>  最近、テレビでお昼の情報番組を見ることが多いのですが、テレビの偏向報道にウンザリします。特に私が酷いと思うのは、TBSとフジの二つです。両者共に、組織やリーダーが何かを隠していると一方的に主張するばかりで、自分たちの意に沿わないと「疑惑が深まった」「国民は納得しない」の一点張りです。司会の坂上某や恵某は何様のつもりなのでしょうか?見ていて非常に不快です。

 全く同感です。NHKを含めてすべてのテレビ放送に共通することで、誠に腹立たしい限りです。この手の相手に、「偏向だ」、「一方的だ」、「根拠が無い」と言ったところで、残念ながらあまり効果は無いと思います。
 今なすべきことは、放送事業全体の問題として、「免許行政」の根本的な見直しです。安倍政権が「放送法」の抜本的な改正を検討していると報じられ、放送業者(報道機関ではありません)が早くも既得権死守の動きを見せていますが、これも同一線上の動きではないかと思っています。

 私は、次のような改革を考えます。
 放送免許は、最低限必要な応募資格を明示して希望者を公募する。
 資格要件を満たすすべての応募者に公平・平等な機会を与える。
 要件を満たすすべての応募者を公平・平等に扱う1つの方法
  1.抽選を採用する。
2.曜日別・時間帯別免許を採用する。
 その為に放送会社を、ハード面を担う放送設備・技術会社と、ソフト面の番組作りを担う番組作成・編成会社に分離する。
 こうすれば例えば地デジとBSを合わせれば、現在地デジ7チャンネル、BS8チャンネルを曜日別に別業者に免許を与えれば、最大(7+8)×7=105の業者に免許を与えることが可能になると思います。
 これは言論の自由に資するところが大であると思います。

(参照)
「A192新聞・テレビ(地上・BS)兼業状態を解消し、マスコミ市場への新規参入の道を開いて自由で公正な競争市場を」
「A190朝日新聞はけしからん、マスコミはけしからん・・・。なぜそこから前に進まないのか −今後のマスコミ(新聞・放送)のあり方−」

>
>  森友、加計問題については一年以上騒いでいますが、いまだに何が問題なのか全く分かりません。安倍首相や官僚が贈賄があったわけでなし、勝手に野党やマスコミが「疑惑だ」と騒いでいるだけです。


 安倍総理は行政の最高権力者(最高責任者)であり、安倍総理の関与は特に問題は無いはずです。大臣(政治家)の権力が形骸化し、官僚が実権を握っている組織の方が問題なのです。安倍総理以下の政治家が、収賄していたと言う報道はありませんから、何も問題は無いと思います。
 むしろ文科省の官僚が(天下り?などで)獣医師業界と癒着し、獣医師養成大学の増設を52年間認めず、学問の自由を侵害してきた方が問題視されるべきです。

>  今回辞任する福田事務次官のセクハラ問題も、セクハラを受けたという女性記者の存在そのものが疑わしい中で「本人に名乗り出ろ、というのは二次セクハラ」などと言うのはまさに魔女狩りです。証拠とされるテープは切り貼りして編集したようですし、福田氏が話をした相手は接客業の女性のように思います。

 これだけのことをした女性記者の氏名も公開せず、記者達の彼女に対する質問の機会も与えないというのは、日頃の「知る権利」はどこへ行ったと言いたくなります。真実を明らかにするために自発的に会見に臨むというのが、職業モラルでは無いでしょうか。

No.756 - 2018/04/29(Sun) 15:15:18 [pon218-252.kcn.ne.jp]
マスコミの魔女狩り / だんだん
 最近、テレビでお昼の情報番組を見ることが多いのですが、テレビの偏向報道にウンザリします。特に私が酷いと思うのは、TBSとフジの二つです。両者共に、組織やリーダーが何かを隠していると一方的に主張するばかりで、自分たちの意に沿わないと「疑惑が深まった」「国民は納得しない」の一点張りです。司会の坂上某や恵某は何様のつもりなのでしょうか?見ていて非常に不快です。

 森友、加計問題については一年以上騒いでいますが、いまだに何が問題なのか全く分かりません。安倍首相や官僚が贈賄があったわけでなし、勝手に野党やマスコミが「疑惑だ」と騒いでいるだけです。
 今回辞任する福田事務次官のセクハラ問題も、セクハラを受けたという女性記者の存在そのものが疑わしい中で「本人に名乗り出ろ、というのは二次セクハラ」などと言うのはまさに魔女狩りです。証拠とされるテープは切り貼りして編集したようですし、福田氏が話をした相手は接客業の女性のように思います。

 相撲協会の問題も八角理事長はじめ協会側の何が問題なのかよく分かりません。貴乃花親方が勝手に「改革、改革」と騒いでいただけではないでしょうか?
 至学館大学の栄監督のパワハラ問題も所詮、自分の所から出て行った伊調氏に嫌味を少々言った程度ですが、その発表が出てもワイドショーは「第三者委員会の報告は信用ならない」の一点張りです。

 小池百合子氏の墓穴で納まりましたが、石原前都知事の移転責任問題、都議会の汚職問題も全くなかったにも関わらず、「百条委員会では部下に任せていたので知らない、ばかりで卑怯だ」などと自分たちの意に沿わない結果が出ると、「逃げてる」と批判ばかりです。疑惑があるなら、その疑惑の証拠となるものを報道するのがマスコミの使命でしょう。それを怠り、自分たちの信条や推測で物事を決めつけ、悪人に仕立てて炎上させるのは魔女狩りです。
 一番、改革が必要なのはテレビ各局や新聞各社の報道姿勢やガバナンスだと思います。

No.755 - 2018/04/18(Wed) 21:46:30 [softbank060071097184.bbtec.net]
Re: 責任は誰にあるか / 安 藤
Re: 責任は誰にあるか

大岡越前 様
ご意見ありがとうございます。

> 法律の施行は、国務大臣の署名及び内閣総理大臣の連署で行われます。
> 日本国憲法は、昭和22年5月3日に施行されているので、天皇は既に象徴となってるはずであるので、昭和23年7月優生保護法に署名捺印する事は全く必要なく、拒否すべき事。
> 第二次大戦中と何ら変わってない責任、指揮体制が問題なのでは?
> これらは、国家、国民を操る政治家、軍人達の問題かも知れないが…


 これは、A193「占領軍が強いた「優生保護法」の罪を昭和天皇に転嫁するNHK」に対するご意見でしょうか。
 法律の公布は天皇の国事行為となっているので、その点から御名御璽が必要となってるのではないでしょうか。

 いずれにしても天皇の署名捺印は全く形式的なもので、法律の中身は天皇の意思とは関係ありません。それが分かっていながら、視聴者に天皇の悪印象を植え付けようとするNHKが許せません。
 
> 森友、加計学園問題に於いて公文書書き替え、偽造してまで国有財産を身内に破格で払い下げている事実を暴いたのもNHKである。
> 国民が知らない事実を公表するのも、マスコミの役目なので、
> これを非難する事は差し控えたい。
> むしろ、黒幕が誰なのか議論したい。


 NHKはじめマスコミが国有財産の払い下げとはどのようなもので、どのように行われているのかを何も報じないのが、問題だと思います。
 私が聞いているのは朝日新聞の築地の本社の敷地は,以前国有地を払い下げて貰って取得したものだと言う事です。読売新聞の大手町本社も、毎日新聞の竹橋の本社も、日経新聞産経新聞も,皆本社の敷地は国有地の払い下げを受けて取得したものです。そして、価格も格安であったと聞いたことが有ります。

 多分これらの国有地の払い下げは多かれ少なかれ、政治家が関与し、格安に払い下げられたものが少なくないのだと思います。
 これは決して容認できることではありませんが、それらに口を塞いで、森友の件だけを大騒ぎするのは,情報操作に他ならないと思います。

No.754 - 2018/03/25(Sun) 21:55:24 [pon218-252.kcn.ne.jp]
責任は誰にあるか / 大岡越前
法律の施行は、国務大臣の署名及び内閣総理大臣の連署で行われます。
日本国憲法は、昭和22年5月3日に施行されているので、天皇は既に象徴となってるはずであるので、昭和23年7月優生保護法に署名捺印する事は全く必要なく、拒否すべき事。
第二次大戦中と何ら変わってない責任、指揮体制が問題なのでは?
これらは、国家、国民を操る政治家、軍人達の問題かも知れないが…

森友、加計学園問題に於いて公文書書き替え、偽造してまで国有財産を身内に破格で払い下げている事実を暴いたのもNHKである。
国民が知らない事実を公表するのも、マスコミの役目なので、
これを非難する事は差し控えたい。
むしろ、黒幕が誰なのか議論したい。

No.753 - 2018/03/23(Fri) 05:43:58 [p339021-ipngn200405niho.hiroshima.ocn.ne.jp]
Re: 南京大虐殺への疑問 / 安 藤
野間一彦 様

 ご意見ありがとうございます。返信が遅くなって申し訳ありません。
 私は南京事件について詳細を知りませんが、大分前ですが、鈴木明著「新『南京大虐殺』のまぼろし」を読みました。「南京大虐殺」は99%嘘だと思っています。1937年の大事件が戦後の1945年になって突然明かになるとは不自然です。

 アメリカが自国の広島大虐殺、長崎大虐殺の罪を薄め、日本人と中国人の反目を煽ることを目的とした謀略だと思います。

 当時も今も中国軍は国際的な戦争法規を守りません。当時も「ハーグ陸戦法規」により、交戦に従事する戦闘員は軍服を着ていなければならないはずですが、中国軍は市民を偽装し軍服を着ない“便衣隊”と称する兵力を多用していました。日本軍にしてみれば、後ろから市民に銃撃されるわけですから、市民を敵として射殺することは当然あり得ることで、それが誤射であったとしても、責めることはできないと思います。

No.752 - 2018/03/21(Wed) 23:00:33 [pon218-252.kcn.ne.jp]
南京大虐殺への疑問 / 野間一彦
        虚偽にまみれた国家像 中国
 南シナ海は2000年前から中国の領土と主張する。日本が国内利用に限って供与した新幹線技術を中国の技術として輸出。毒餃子事件では当初、日本の責任だと主張した。小笠原の希少なサンゴを奪って知らぬ顔。潜水艦が1週間も日本の領海を侵犯しても謝罪なし。瀋陽脱北者事件 日本総領事館の敷地に中国警察官侵入。東シナ海ガス田一方的に採掘。反日暴動で日系商業施設や大使館への破壊もあった。1992年、尖閣諸島、西沙諸島、南沙諸島を中国の領土であると規定した「領海法」を施行、棚上げ論を先に破ったのは中国。尖閣諸島の恒常的な領海侵犯。中国への鉄鋼その他の技術供与と援助、ODA援助に感謝なし。イギリス、ロシア、フランスなど侵略の過去を批判をせず、日本批判に集中。ドイツのメルケル首相がチベットの人権について言及すると、江沢民は「ナチス黙れ」と叱責した。

  南京大虐殺への疑問
                            17.1.25 野間                         
 日本軍は首都南京の攻略を発動(昭和12年)してから、占領完了まで1ヶ月を要している。日本軍は南京の遙か遠方から軍を進めたのである。つまり、南京市民がどれほどの人口であろうとも、大半は、その間に避難は可能だった。11月11日、蒋介石は南京死守を決定した。この時点で市民への待避命令と避難計画を立てるべきである。
11月11日南京追撃戦が発起。11月15日、日本軍第10軍「独断追撃」。南京城の占領を完了12月13日。

 虐殺があったとの轟轟たる日本軍非難はあるが、国民政府中国側がこれら市民の犠牲を避けるために、どのような行動をとったのか。事前に避難誘導の救助処置を執ったのかが、一切議論されていない。もし大量の市民が戦闘に巻き込まれる懸念やおそれがあるなら、日本軍と交渉してでも避難させるべきであった。当時、周辺に租界居留地をおく欧米関係者も人道上の意思があれば、その労をとらなかったのだろうか。

 中国が常に言う「暴虐極まりない日本軍」ならば、促すまでもなく、一般市民は列をなして戦場周辺から必死で逃げたであろう。何があって、何故、30万人もの多数の市民が、強固な城壁に囲まれ逃亡が困難な南京市に留まったのか、説明が尽くされていない。なぜ南京政府は市民を退去させなかったのか? 
中世には防御に役だった城壁は、破壊力の大きい近代戦では持ちこたえられない。
南京市は面積が40㎢と言われ、鎌倉市(人口17万人)の面積に匹敵する。

まるで南京市民が 【殺されるのを待っていた】 かのような状況描写である。  
         
 日本軍が空中から舞い降り攻撃したのではない。抵抗を排除しながらじわじわ南京市に迫ったのである。それでも尚、主張される多数の市民が、事実、南京市城内の狭い空間にいたとすれば、国民政府軍守備隊にとっては市民が盾の役割を果たすことになる。日本軍からすれば市民が戦闘の妨害になるのである。今現在、中東でイスラム国が行っている戦術と、結果はほぼ似たような状況になる。

軽い人命と重い人命
 私の印象は、この論争が文革時の悲劇である大量の犠牲と、強く重なる。
ワシントンポスト紙は 大躍進政策と文革犠牲者を合わせると8000万人に及ぶと報道している。

これを現中国政府は、いとも軽い表現で「毛沢東の過ち」で済ませている。しかも毛沢東は現在でも英雄として尊敬の対象としている。自国の汚点には言葉を選び、日本に対しては激烈誇大な非難が際立つ。
この痛ましい悲劇を、日本人はマスコミ報道を信じて毛沢東・文革を絶賛熱狂した。今現在は「中国に親しみを持たない」に激変。
日本兵が徹底して殺人マニアの悪辣な軍隊なら、人種的にも極めて粗暴な国民性であり、国内でも常に犯罪が多発し秩序も悪いはずだ。一部に、日本人が尚も軍国主義に走る警戒を要する国民性を秘めていると非難するが、近年、日本へ来る観光客の評価は、治安もよい清潔である親切であると言う。

 日本軍は米軍のような物量作戦と大量の砲弾を消耗する戦争はできない。
南京市に市民がびっしり何十万人いたとすると、兵士と市民が混在し、国民政府軍を掃討するのに長期の時間を要することと、弾薬砲弾を限りなく消費することを強いられる。日本軍はそれ以外でも連続的に虐殺を行ったと主張するが、それが事実なら、一層の報復感情が刺激されゲリラ攻撃が過激化する。中国大陸は人口が圧倒的に多い、根絶やしに殺戮することは出来ない。

日本軍が中国大陸で手間取れば、
その後の更に広大な南方戦線での部隊展開は不可能であった。(昭和16年大東亜・太平洋戦争開戦)   

 兵役に就いたことのある先輩の知人によると、銃の射撃訓練の後、薬莢を拾い集めたと聞いた。日本は国民から鍋釜や寺の梵鐘まで供出させて、それを兵器の原材料にする有様だった。
 南京攻略の前に上海事変があって、国民政府軍はドイツ軍から提供された優秀な武器で日本軍を圧倒した。その中でもチェコ製機関銃は威力が大きく発射音も耳を射るような凄いもので日本兵に恐怖を与えたという。

 当初、蒋介石は首都南京からの撤退に反対し、唐生智首都衛戌軍司令官も首都と共に存亡を共にすることを公言。南京固守の方針を定めていたが、戦況不利になると、蒋介石は中国首脳部ら共に南京を脱出した。戦闘が進むと唐生智司令官も長江をボートで逃走した。
 この逃走は参謀本部の将校にさえも知らされていなかったという。この戦いにソ連空軍志願隊も参戦していた。Wikipedia  

 国民政府軍首都防衛隊は後方の長江に遮られて退路がない、援軍もこない。自軍の督戦隊による撤退阻止で逃亡も不可能である。5万とも10万とも言われる国民政府軍は日本軍によって壊滅させられた。督戦隊=自軍を強制的に戦闘を続行させる任務を持った部隊。
蒋介石総統も、現地司令官も逃げて、兵士は虫けらの如く見捨てられたのである。これぞ無益な戦闘であり、見方を変えれば「兵士の大量虐殺」ではないのか。             

 唐生智司令官が戦場に留まり、戦況不利と知った時点で日本軍に対して降伏を受け入れれば、惨劇は避けられたであろう。蒋介石と指揮官によって兵士達を無駄死にさせたことの重大な責任を問うべきだ。これを転換して、日本軍への市民虐殺を流布し、責任を逃れているのではないのか。このトリックに気づかなければならない。

 冒頭に掲げた中国の日本への対応は、国家として信頼に値しない事ばかりである。
南京大虐殺は事実かどうかの前に、中国への甚だしい不信が消えない。

       勝者は全て正義
 この南京事件は東京軍事法廷で裁かれたが、この裁判は勝者による疑似裁判であり、法に基づく正当な裁きではない。敗者を裁き、勝者は裁かれず戦争は意のままにできる、これを恥じもせず身勝手を押し通す非常識である。

 自由を愛し正義を自認するアメリカは、海が見えないほどの艦船で取り巻き、沖縄を焦土にし、住民に対して容赦なく殺傷を行った。日本軍は食料も弾薬もない、戦闘能力を失って、いずれ降伏するしかない状況であったが、米軍は待つことを選択しなかった。

 原爆投下で瞬間に大量殺戮し、都市空襲を連日連夜敢行し街も家も人も残らず抹殺した。アメリカ人は、そのことは虐殺ではなく非難に当たらない、正義であると言い続けている。
ヨーロッパから来た白人は豊かな大地を奪った、それも正当な行為であるとうそぶく。

No.750 - 2018/03/17(Sat) 22:14:02 [p286190-ipngn200503niho.hiroshima.ocn.ne.jp]
NHKニュース 北朝鮮からの漂流者を、なぜ「国籍不明の8人」と報じるのか / 安 藤
NHKニュース 北朝鮮からの漂流者を、なぜ「国籍不明の8人」と報じるのか

 11月25日のNHKニュースは次のように報じていました。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
秋田に漂着の木造船 海岸からなくなる
11月25日 12時21分北朝鮮情勢 NHK

 23日、秋田県由利本荘市で国籍不明の男性8人とともに見つかった木造船が、流れ着いた海岸からなくなりました。警察は、海に沈んだか、流された可能性があるとして調べています。

 23日の夜遅く、秋田県由利本荘市で国籍不明の男性8人が上陸しているのが見つかり、近くの海岸の係留施設にある波消しブロックに全長20メートルほどの木造船が流れ着いていました。

 警察は8人を保護し、入国管理局の担当者とともに話を聞いていますが、25日朝になって、流れ着いた木造船がなくなっているのが分かりました。警察は、積もった雪の重みで海に沈んだか、外に流された可能性があるとみて、ヘリコプターを出すなどして調べています。

 関係者によりますと、8人は「1か月半ほど前に北朝鮮の港を出港し、イカ釣り漁をしていたが、船が故障し、およそ1か月間漂流していた」と話し、いずれも北朝鮮への帰国を希望しているということです。


木造船がなくなった現場は…

 木造船があった波消しブロックの付近には、25日午前10時前の時点ですでに船の姿はなく、前日に船をつないでいたロープもなくなっていました。

 午前中、船で付近を回ったという地元の釣り人によりますと、波消しブロックや船の係留施設内の周辺には木造船は見あたらなかったということです。

 現場付近は昨夜は雪が降り続いていましたが、けさは雨が降ったりやんだりの天気で、波が高く時折、波消しブロックにたたきつけるような状態になっています。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 NHKは 発見から2日経った時点でも漂着者8人を「国籍不明」と言っていますが、「北朝鮮から来た」、「北朝鮮に帰りたい」と言っている以上、北朝鮮人と報じるべきではないのでしょうか。百歩譲っても「北朝鮮人とみられる」とすべきではないでしょうか。
 2日が経過し、その間彼等8人が国籍を黙秘しているなどの積極的理由でも無い限り、たとえ国籍を直接証明する証拠が未確認であったとしても、「北朝鮮人とみられる」という程度の報道は十分可能で有り必要なことです。積極的に国籍不明とする理由がないにも関わらず、「国籍不明」として報道するのは、虚偽報道と言うべきです。

 NHKは日本国内の事件報道に於いても、直接国籍を証明する証拠を確認できるまでは、日本人と言わず、「国籍不明」と報じるのでしょうか。それとも朝鮮人だけは特別扱いなのでしょうか。もし、そうだとしたら、その理由は何なのでしょうか。

 また、「船が故障し、およそ1か月間漂流して」,その結果「港の『係留施設』に漂着」するのは、宝くじに当たる以上の幸運としか考えられません。
 この点になぜ言及しないのでしょうか。
 NHKのいかがわしさが垣間見られた事件報道でした。

No.749 - 2017/11/26(Sun) 18:47:00 [pon218-252.kcn.ne.jp]
NHKニュース SUBARUでも無資格検査発覚 / 安 藤
SUBARUでも無資格検査発覚
10月27日 4時17分 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171027/k10011199551000.html?utm_int


 自動車メーカーの「SUBARU」は、群馬県にある工場で、資格のない従業員に車の出荷前の検査をさせていたことがわかりました。日産自動車に続いて、SUBARUでも不適切な検査が明らかになったことで、日本の自動車メーカーの品質管理が問われることになりそうです。

(中略)

 検査は、完成した車の安全性をチェックするために資格をもつ検査員が行うよう国がメーカー側に義務づけています。

 しかし日産自動車で国内に6つあるすべての工場で、資格のない従業員が検査していたことが明らかになり国土交通省は、国内の自動車メーカーに対し、同じような不適切な検査が行われていないか調査するよう求めていました。

 SUBARUでは、近く、国土交通省に不適切な検査があったことを報告し、すでに販売された車の検査をやり直すためにリコールが必要かどうか、判断することにしています。

(以下略)
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 日産の時もそうでしたが、報道は肝心の検査の内容を全く報じていません。安全に関わる検査なのかどうかが重要です。何年も前から手抜きが行われていたわけですが、今の段階ではそれが事故と結びついていたのか、耐久性に関わっていたのかも不明です。

 日産、スバルの両社が安全を軽視して手抜きをしていたのでしょうか。
 今の段階で軽率なことを言ってはいけないとは思いますが、役所の決めた検査制度、検査基準そのものが実態に合わなくなっていたという背景はないのでしょうか。
 もしそうであれば、両社だけでなく役所の怠慢が責められるべきだと思います。
---------------------------------------------------------------------------------------------

No.747 - 2017/10/27(Fri) 13:37:19 [pon218-252.kcn.ne.jp]
NHKニュース 神戸製鋼 JIS認証の取り消し拡大も / 安 藤
---------------------------------------------------------------------------------------------
神戸製鋼 JIS認証の取り消し拡大も
10月27日 5時29分 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171027/k10011199371000.html?utm_int


 「神戸製鋼所」は検査データの改ざん問題で、工業製品の安全性を示すJIS=日本工業規格の認証機関から一部の製品の認証を取り消されたと発表しました。経済産業省は、認証機関に対し、グループのほかの工場などでも立ち入り検査を検討するよう指示していて、認証の取り消しがさらに広がる可能性もあります。

 神戸製鋼は26日、企業の生産設備をつくる機械事業や子会社などで、検査データの改ざんや、必要な回数の検査を行わないなど、4件の不正が新たに見つかったと発表しました。

 さらに、JISの認証機関から法令違反を認定され、神奈川県秦野市にある子会社が生産した一部の銅製品が認証を取り消されたことを明らかにしました。
この工場では、実際には、JISの水準を下回っているにもかかわらず、水準に達しているようにデータを改ざんしていたということです。

 経済産業省は、認証機関に対し、JISの認証を受けている神戸製鋼のグループのほかの19の工場と事業所でも立ち入り検査を検討するよう指示しています。

 JISの認証は製品の安全性や生産現場の品質管理の体制にいわばお墨付きを与えるもので、取り引きの条件とする企業もあります。

 検査の結果、法令違反の事例が認められれば、認証の取り消しがさらに広がる可能性もあり、顧客離れの加速などで、問題が一段と深刻化することも予想されます。

(以下略)

----------------------------------------------------------------------------------------------------
 このニュースが報じられてからかなりの時間が経過しました。国民の関心事は安全に影響があるか、ある場合はどの程度の影響があるかですが、NHK以下のマスコミはこの点について、検査基準や検査結果のデータや、安全性との関係については何も報じていません。
 今のところいくつかの自動車メーカー、鉄道会社、宇宙ロケットメーカーからは安全に影響がないと言う発表がされているだけで、安全性に影響があるという報道は皆無です。

 今の段階で軽率なことは言えませんが、JIS規格、基準の妥当性に問題はないのかと言う視点も必要だと思います。お役所仕事が現実離れしているという可能性は排除できないと思います。
 マスコミは企業叩きには熱心ですが、お役所仕事にも厳しい姿勢で臨むべきだと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

No.746 - 2017/10/27(Fri) 12:33:25 [pon218-252.kcn.ne.jp]
NHKニュース 不登校13万4000人超 過去10年で最多 / 安 藤
不登校13万4000人超 過去10年で最多
10月27日 4時29分 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171027/k10011199541000.html?utm_int


 昨年度、全国の小中学校で不登校になっている子どもは13万4000人を超え、この10年間で最も多くなったことが文部科学省の調査でわかりました。専門家は「不登校の要因が多様化するなか子どもが安心できる居場所と寄り添う人が必要だ」と指摘しています。

 文部科学省は病気などの理由を除き、30日以上学校を欠席したいわゆる不登校の児童生徒の数についてきのう公表しました。

 それによりますと、不登校の子どもは小学生が3万1151人(前回+3568人)、中学生が10万3247人(前回+4839人)の合わせて13万4398人で、前の年より8407人増加し、この10年間で最も多くなりました。

 このなかで、欠席日数が年間90日を超える長期の不登校の子どもは7万7450人と、全体の57.6%を占めました。不登校の要因として、最も多いのが家庭に関わる状況や友人関係などへの「不安」で、次いで、「無気力」、「学校における人間関係」などとなっています。

 不登校の問題に詳しい、東京理科大学の八並光俊教授は「不登校の要因は学校や家庭での人間関係などさまざまで、多様化している。学校だけでなく、家庭や外部との連携を進め、子どもが安心できる居場所と寄り添う人が必要だ」と指摘しています。
--------------------------------------------------------------------------------------------
 「学校だけでなく」というのはその通りですが、まず、直接の当事者である学校、担任教師が実態をどのように把握して,どのように対処しているのかが問題です。不登校に対して学校と担任教師はどのように対応すべきかというマニュアルはあるのでしょうか。なすべき事をしているのでしょうか。

 報道は、不登校の原因は多様であるとひと言いって、原因と本質を見極める姿勢が皆無です。「居場所と寄り添う人が必要だ」と安易な対症療法だけを論じ、家庭と外部に問題を丸投げしていて大変無責任です。
---------------------------------------------------------------------------------------------

No.745 - 2017/10/27(Fri) 12:21:04 [pon218-252.kcn.ne.jp]
NHKニュース 経団連 時間外手当減少への対策検討を呼びかけへ / 安 藤
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
経団連 時間外手当減少への対策検討を呼びかけへ
10月27日 4時31分 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171027/k10011199361000.html?utm_int

 経団連は「働き方改革」で残業が減っても、働く人たちが受け取る時間外手当が減少すれば、個人消費に悪影響を及ぼすおそれがあるとして、来年の春闘の重要課題として企業に対策を呼びかけることになりました。

 来年の春闘に向けては、連合が賃上げとともに長時間労働の是正など、働き方改革の実現を重要課題として検討する方針を示しています。

 これに対し、経団連は各企業が働き方改革を推進し、残業が減っても、働く人たちが受け取る時間外手当が大幅に減少することになれば、個人消費に悪影響を及ぼすことが懸念されるとしています。

 大手シンクタンクの試算によりますと、時間外労働の上限規制が導入された場合、年間で合わせて8.5兆円の時間外手当が減少する見通しだということです。

 このため、来年の春闘では、時間外手当の支給が減った分を従業員に還元することや、子育て世代を重点的に賃上げすることなどを重要課題に掲げることになりました。

 経団連はこうした内容を来年1月にまとめる春闘の対応方針に盛り込み、加盟する企業に対策を検討するよう呼びかけることにしています。

--------------------------------------------------------------------------------------------------
 労働に無駄がなく、直ちに今以上に労働生産性を上げることが困難であれば、残業を制限すれば経済が縮小することは避けられない。自明のことである。
 労働時間を短縮して賃金は減らすなと言うのは手品をしろと言っているに等しい。

 一体、今の経団連はまともに機能しているのか。単なる安倍応援団の一員か。経団連本来の活動をしているようには見えない。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

No.744 - 2017/10/27(Fri) 12:14:38 [pon218-252.kcn.ne.jp]
押し紙について / 通りすがり
大手新聞社とか押し紙で発行部数を大幅に水増しして、広告費を騙し盗ってる詐欺会社のくせに、
よく神戸製鋼のことを叩けるよな。


押し紙とは何か。拡散するだけでメディアが怯える記事
https://samurai20.jp/2015/01/media1/
新聞「押し紙」販売店主が告白 朝日30%読売40%日経20%産経26%毎日74%が水増し
https://www.dailyshincho.jp/article/2016/05020400/?all=1
朝日新聞 660万部のうち「25〜30%が押し紙」で200万部減
https://www.news-postseven.com/archives/20160420_404425.html

No.742 - 2017/10/15(Sun) 22:16:42 [123.230.76.169.er.eaccess.ne.jp]

Re: 押し紙について / 安 藤
> 大手新聞社とか押し紙で発行部数を大幅に水増しして、広告費を騙し盗ってる詐欺会社のくせに、
> よく神戸製鋼のことを叩けるよな。


 通りすがり 様

ご意見ありがとうございます。

返信が遅れ申し訳ありません。
私も全く同感です。新聞協会や各新聞社は頻繁に読者に対して世論調査をしていて、その都度「新聞は信頼できる」という結果を出して、欺瞞と自己満足に浸っていますが、押し紙についての質問事項はいつもありません。
世論調査をするなら、押し紙問題と並んで、「新聞は何かを隠していると思うことがありますか」という質問項目を、是非入れるべきだと思います。

No.743 - 2017/10/21(Sat) 21:18:32 [pon218-252.kcn.ne.jp]
選挙の大義とは何か / 安 藤
 今回の解散に当たり、NHKは野党の「大義のない解散だ。森友、加計隠しだ」と言う立場で報じていました。しかるに小池知事が新党の党首になり、反自民を結集する可能性が出てくるや、選挙を「自民対反自民の闘い」と捉え、「大義がない」とか、「森友・加計隠し」とかは一言も言わなくなりました。

 それはなぜでしょうか。大義が出てきたのでしょうか。一体大義とは何なのでしょうか。結局自民党に不利な状況がないと大義のない選挙で、争点は「森友・加計」であるとし、自民党に不利な状況が出てくると大義のある選挙で、あえて「森友・加計」を持ち出す必要はなくなったと言うことでしょうか。

 こう考えてくると、NHKの判断基準は「反自民」にあると言うことになると思います。

 この先はまだ不透明ですが、民進と離れた共産党が惨敗し、民進党内の左翼系が小池新党の希望に拒否されると、左翼総崩れの選挙になるかも知れません。そうなればある意味で歴史的な選挙と言えると思います。

 それからもう一つ。これは偶然かも知れないし、あるいは偶然以上のものがあるのかも知れませんが、大阪府の松井知事と東京都の小池知事が揃って国政の中央に登場したと言う事です。対する安倍首相は山口県で、スローガンは「地方創生と東京一極集中排除」です。

 昨日文科省が大学の東京一極集中を排除するとして、23区内の大学定員増加を禁止する決定をしましたが、小池知事は異議を唱えていました。松井、小池の両名が国政での存在感を増してくると、安倍総理の地方創生・東京一極排除と衝突する場面が出てくるのではないでしょうか。

No.739 - 2017/09/30(Sat) 11:27:45 [pon218-252.kcn.ne.jp]

Re: 選挙の大義とは何か / 山伏
衆院選は政権選択の選挙ですから、国民に信を問うこと自体がまさに大義で、これ以上の大義は有り得ません。争点は国民が自分で設定すべきもので、政治家が設定する争点はあくまでも政治家が主張したいことであって、自身の選挙を有利にするためのものです。
批判する側の言うところの「大義」とは、政治家の争点設定にそのまま乗っかるということで、むしろ本当の争点が隠されてしまいます。

つまり「大義がない」とする批判は今までのほぼすべての選挙に当てはまるものです。「大義がない」「争点がない」といった批判は現政権には何の問題もないとして白紙委任するようなものです。少なくとも野党は堂々と戦うべきで、「大義がない」などというのは最初から負けを認めているようなものです。

先のイギリス総選挙では、メイ首相の解散動議に対し、圧倒的に野党に不利だと予測されていたにも関わらず、最大野党労働党は堂々と受けて立ち、大方の予想に反し、労働党が大幅に議席を増やしました。
政権選択の選挙としての衆院選の意義、本質を再確認すべきです。

今回の選挙は左派にとっては、分水嶺となる大変厳しい状況なのは確かで、そうなれば日本政治にとっては大変良いことですが、いくつか左派が生き残る可能性もあります。
まず、希望の党が公認候補数確保のために、公認基準を緩め、左派を排除しきれない可能性があります。実際、既に公認基準は緩められています。
もう一つは、共産党などの左翼政党に左派票が結集する可能性です。
また、希望の党には確たる理念がありませんから、同じく保守二大政党制を目指した新進党や新生党のように内部崩壊する可能性もあります。
もっとも、「安保法制」の廃止は不可能です。同盟国アメリカをはじめ、国際社会の賛同を得ていますし、最近は国民からの支持も高くなっていますから。

東京23区内の大学定員増加抑制は残念です。競争を避けたい大学側と共闘する文科省のやり口をそのまま許してしまっています。医学部の新規設置に関する規制と同じ構図です。不要な大学は法科大学院のように淘汰されます。規制する必要はなく、競争原理が働かないという意味で規制はむしろ有害です。

東京一極集中の問題では松井府知事と小池都知事は政策的に一致できないと思います。大阪都構想は首都機能移転のための政策ですから、東京都としてはなかなか受け入れられるものではありません。
選挙対策以上の連携は難しいと思います。

No.740 - 2017/10/04(Wed) 08:51:00 [14-133-200-3.shizuoka1.commufa.jp]

Re: 選挙の大義とは何か / 安 藤
山伏 様

 ご意見ありがとうございます。

> 東京23区内の大学定員増加抑制は残念です。競争を避けたい大学側と共闘する文科省のやり口をそのまま許してしまっています。医学部の新規設置に関する規制と同じ構図です。不要な大学は法科大学院のように淘汰されます。規制する必要はなく、競争原理が働かないという意味で規制はむしろ有害です。

 安倍総理は加計問題に対する批判に対しては、「岩盤規制に穴を開ける」と言っていますが、その一方で新たな“岩盤”作りを推進しているように思えてなりません。

No.741 - 2017/10/04(Wed) 14:20:24 [pon218-252.kcn.ne.jp]
大正天皇 / かぶと
今日(8月30日)は大正天皇の誕生日です。 明治天皇の誕生日は11月3日の文化の日、昭和天皇の誕生日は4月29日の昭和の日、今上皇の誕生日は12月23日の天皇誕生日で、大正天皇以外の近代以降の天皇誕生日は皆国の祝日になっています。どうして大正天皇の誕生日は国民の祝日にしないのでしょうか?確かに大正天皇の在位期間は15年と短く、しかも後半の約8年は後の昭和天皇が摂政を勤めていました。
 しかしだからといって大正天皇の誕生日を無視するのは間違っていると思います。誰一人として大正天皇の誕生日を国民の祝日にしようと言わないのは、私には理解できません。日本人の誰からも無視されている大正天皇が、私には不憫でなりません。

No.735 - 2017/08/30(Wed) 09:59:46 [sp49-106-207-137.msf.spmode.ne.jp]

Re: 大正天皇 / 安 藤
>  しかしだからといって大正天皇の誕生日を無視するのは間違っていると思います。誰一人として大正天皇の誕生日を国民の祝日にしようと言わないのは、私には理解できません。日本人の誰からも無視されている大正天皇が、私には不憫でなりません。

かぶと 様

 ご意見ありがとうございます。

 天皇陛下の命日をすべて国民の祝日にしたら、やがて祝日だらけになってしまうので、やむを得ないのではないでしょうか。それをいけないというなら、逆に天皇陛下の命日を祝日にするのを全廃にするしかないと思います。

 それよりも明治天皇の命日を「文化の日」とする方が問題だと思います。

No.737 - 2017/08/30(Wed) 22:35:07 [pon218-252.kcn.ne.jp]

Re: 大正天皇 / 山伏
大正天皇については、ご病気のこともあり在位期間が短かったせいか、現在の日本では他の近現代以降の天皇陛下と比べると、触れられる機会は少ないですね。
当時も、遠眼鏡事件など誹謗中傷や否定的な噂が絶えませんでした。
そのことが、国民の祝日の指定に関して影響しているという見方もありますが、8月31日が夏休みと重なる為という説もあるようです。

ただし、昔は天皇陛下が崩御された日を先帝祭として休日に指定しており、大正天皇の崩御された日が12月25日だった為、日本にクリスマスが定着する要因となりました。
この国民の休日としての先帝祭は、1948年に勅令「休日ニ関スル件」の廃止に伴い無くなってしまいました。
これを復活させようとしたのが現在の「昭和の日」や「文化の日」で、これらは崩御された天皇陛下の誕生日がそれぞれ休日に指定されています。

特に「昭和の日」は、国会において廃案になったり継続審議になったりして紛糾しました。結局、当時の野党民主党も賛成して成立しましたが、イデオロギー対立に発展してしまいました。
現在は、明治100周年に合わせる形で「文化の日」を「明治の日」に改称する運動が行われていますが、既に「朝日新聞」は社説や特集記事などで「戦前回帰」だとの批判を展開しています。
こうした政治的な難しさも「大正の日」を困難にしていると思われます。

占領下においてGHQにより、祝祭日の改称が行われ、記念日の名称から日本の文化伝統に基づいたものが抹消されてしまいましたが、その最たるものが「勤労感謝の日」と言い替えられた「新嘗祭」です。
これは本来、祝祭日の中でも最も重要な日で、所功氏なども訴えておられますが、なんとしても「新嘗祭」として国民の祝日に指定し直さなければなりません。

No.738 - 2017/09/27(Wed) 11:22:30 [118-104-224-223.dz.commufa.jp]
大正天皇の誕生日 / かぶと
大正天皇の誕生日は8月31日でした。大変失礼しました。
No.736 - 2017/08/30(Wed) 13:10:21 [sp49-106-207-137.msf.spmode.ne.jp]
Re: 加計学園問題、稲田防衛大臣問題の本質 / 安 藤
山伏 様

ご意見ありがとうございます

> 今回の件は隠蔽問題として批判されていますが、実際は四万人余の自衛官が閲覧できる状態でした。
> 小野寺五典防衛大臣もこうした問題についてはしっかり認識していますから、軍事情報の公開については厳しく制限してもらいたい。


 この自衛隊の問題に限らず、森友問題も加計学園問題も、問題の切り口はいずれも「文書」の存在の有無が絡んでいたと思います。

 役所に於いては「公文書」の要件と取り扱いを明確にし、それ以外の「私文書」と厳格に区別する必要があると思います。そして、公文書でない文書はみだりに役所のデータベース上で共有すべきではないと思います。

No.734 - 2017/08/23(Wed) 12:24:14 [pon218-252.kcn.ne.jp]
加計学園問題、稲田防衛大臣問題の本質 / 安 藤
加計学園問題、稲田防衛大臣問題の本質

 稲田防衛大臣の問題はマスコミが狙っていたとおりの(あるいはそれ以上の)、最悪の展開となってしまいました。対応が後手に回り調査に時間をかけた結果、防衛大臣、次官、陸幕長のトップ3人が退任とは最悪の結果と言って良いと思います。

 この問題の本質は、南スーダンの現状をどのように認識して、わが国としてどう対応すべきか、と言うものであるはず(あるべき)だと思います。

 ところがマスコミの誘導により、またもや文書(日報)があったかなかったか、隠した隠さないと言う次元の問題になってしまいました。木を見て森を見ざる、目先のことに目を奪われて大局を見失うという結果となってしまいました。

 わが国は国際貢献の一環として、南スーダンに自衛隊を派遣しました。これに反対する人はいないでしょう。しかるに自衛隊は“憲法”の建前上戦闘に従事することは出来ないとされているので、平和が破れ戦闘が再開したら即撤退しなければなら無いように言われています。しかし、実際問題として戦闘が始まったら即撤退で良いのか、しばらく様子を見て現地の判断他総合的に状況を判断して良いのではないでしょうか。

 ここでも“憲法”が足かせになっているように思えます。自衛隊が「日報」の取り扱いに神経過敏になったのはこの点があったからだと思います。そうでなければ取り立てて“軍事機密”と言うほどのものではない日報に振り回される必要はありません。日報に“戦闘”の記載があったとしても、そこまで神経質になる必要は無かったと思うし、その点を指摘・追及されたとしても総理・防衛大臣はいくらでも対処の仕方があったのではないでしょうか。
 結果論かも知れませんが、「嘘をついている、隠している」と言われて、組織内の亀裂を生じるよりは、遙かに傷は軽かったと思います。

 結果的には本質をかけ離れた枝葉末節の論争に巻き込まれ、無残な結末を招いたと言う事になってしまいました。これは憲法改正にも逆風になりかねません。本来であれば“順風”として利用できたかも知れないのに残念です。

 稲田大臣の資質については、多くの人が疑問を呈しているとおり、問題があると言わざるを得ません。この人を高く評価して寵愛してきた安倍総理の“人を見る目”に問題があると言うことになります。これは総理大臣たる政治家の資質に直結する問題です。

 問題の本質からかけ離れた枝葉末節の揚げ足取りに引き込まれて、マスコミ相手に苦戦しているのは、加計学園問題と全く同じ構図です。加計学園問題の本質は獣医師業界の既得権死守のために、長年にわたり文部行政が歪められてきたことと、それに鉄槌を降さんとした政治に対して官僚が抵抗していると言う2点です。
 しかるに国会で議論されているのは、得体の知れない文書があったとかなかったとか、あるいは交渉の過程で総理の意向をほのめかす言葉のやりとりがあったとかなかったとかと言う低レベルの話ばかりです。

 この問題は総理が収賄しているとか、加計学園は獣医学部を新設するのが不適当な学校法人であると言う事でも無い限り、何の問題も無いと思います。

 今のマスコミの現状を考えると、口で言うほど易しいことではないと思いますが、問題の本質と本質でないものを見分けて、今後の教訓としていただきたいと思います。

No.729 - 2017/07/28(Fri) 18:22:59 [pon218-252.kcn.ne.jp]

Re: 加計学園問題、稲田防衛大臣問題の本質 / 山伏
今回の問題は、事無かれ主義が却って、大した事でもない事を大きくしてしまったという問題だと思います。

自衛隊員が見たままの印象を記した「戦闘」と法律用語としての「戦闘」は違うと最初から説明すべきでした。もちろん、説明しても追及されたでしょうが、こんな大きな問題にはなりませんでした。
自衛隊を「戦力」としてすら認めず、自衛の為の武力行使を認めながら憲法で交戦権を否認している日本では、こういった言葉遊びの誤魔化しが無ければ国家国民を守れないのです。

元幹部自衛官の佐藤正久氏や織田邦男氏が指摘していましたが、日報などの作戦行動に関するものを請求に基づいて公開している事自体が軍事組織として異常ですし、国防と関係の無い事務作業に追われ、自衛官にとっても大変な負担であり労力です。
こういった文書についてはすべて事後公開とすべきです。
今回の件は隠蔽問題として批判されていますが、実際は四万人余の自衛官が閲覧できる状態でした。
小野寺五典防衛大臣もこうした問題についてはしっかり認識していますから、軍事情報の公開については厳しく制限してもらいたい。

今後懸念されるのは現場の自衛官が、国会で追及されるのを恐れてありのままに報告しなくなることです。織田氏も指摘していましたが、日報を政争の具にするなど絶対にあってはならないことです。

PKO五原則の見直しや国会における秘密会の設置、敵基地反撃能力の保有など、日本も国際水準の体制を整えるべきです。
ハト派でありながら防衛能力の強化にも積極的な新防衛大臣には期待しています。

No.733 - 2017/08/16(Wed) 07:19:52 [14-133-209-6.shizuoka1.commufa.jp]
Re: / 安 藤
> 専業主婦が家庭の問題なら、専業主婦の恩恵を受けている夫が将来の年金を払ったらいいのではないでしょうか。・・・
------------------------------------------------------
 先日、私のどの記事に対するご意見かをお尋ねしましたが、ご回答がないので、以下の通り私の考えを述べます。

 専業主婦の年金は以前は任意加入で、保険料はたしか本人の納付、配偶者(夫)の給与からの天引きであったと記憶しています。
 それが任意加入から強制加入になった時に保険料負担無しになったと記憶しています。なぜそうなったのか詳しいことは、残念ながら今知識がありません。

 年金だけを考えれば今の制度は、リコ様のように専業主婦優遇として、不公平感を抱かれるのはもっともだと思います。

 しかし、社会福祉の分野では、多くの制度で専業主婦優遇と反対の共働き妻優遇が存在しています。育児休暇中の妻の給与は労働がないにもかかわらず、全額が支給されています。保育施設には多額の税金が投入されていますが、自宅で育児に励んでいる妻にはそれらに見合う給付はありません。これは不公平と言えるのではないかと思います。

 働き方に対して公平であるべきだという主張を、一部の共働き女性から聞きますが、そういう意見は、自分が利益を得ている不公平な制度の存在に口を噤んでいるのではないかと思います。公平・不公平は総合的に見るべきだと思います。

 「将来起こるかもしれないリスクを考えてあげるのも真の夫の愛情ではないでしょうか」と言う一文が何を意味するのかよく分かりませんが、「専業主婦なんか止めて、女も働け。それが本人のためだ」という意味でしょうか。

 大変親切なご意見のようですが、親切から言っているのであれば、後はご本人の判断に任せるべきで、決して強制的にならないようにすることが大事だと思います。

No.732 - 2017/08/14(Mon) 00:28:01 [pon218-252.kcn.ne.jp]
(No Subject) / りこ
専業主婦が家庭の問題なら、専業主婦の恩恵を受けている夫が将来の年金を払ったらいいのではないでしょうか。
 内助の功の恩恵を受けていない低賃金のシングルマザーからもフルタイム主婦からも独身男女からもあなたがたの専業主婦の年金が引かれていることを忘れてはいけません。
 専業主婦が世界的にみて異常に多い国です。給与明細の年金の割合が大きいのはそういうことです。
 もし、夫に先立たれたり、子連れ離婚した専業主婦はどうやって生活していくのでしょうか。将来起こるかもしれないリスクを考えてあげるのも真の夫の愛情ではないでしょうか。
 
 

No.730 - 2017/08/05(Sat) 22:07:49 [dynamic-101-50-159-137.gol.ne.jp]

Re: / 安 藤
りこ 様

 ご意見ありがとうございます。
 返信が遅くなって申し訳ありません。
私の記事に対するご批判と受け止めていますが、もし具体的な記事に対するものであれば、記事の番号を教えていただけませんでしょうか。その方が具体的な私の考えをお答えできると思いますので、よろしくお願いします。

No.731 - 2017/08/09(Wed) 20:57:32 [pon218-252.kcn.ne.jp]
加計学園問題 / 安 藤
 加計学園問題については、メディアの情報操作が問題になっています。
 そもそも獣医学部の新設が、長年多数の申請にもかかわらず、52年間すべて申請却下されてきたという事実を、報道さえしてこなかった新聞、テレビ、雑誌などのメディアに存在価値があるのかどうか疑問を感じます。

No.728 - 2017/07/24(Mon) 17:56:44 [pon218-252.kcn.ne.jp]
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
100/100件 [ ページ : 1 2 3 4 5 >> | 過去ログ | 画像リスト ]