01670091

新聞の宅配問題の掲示板 

ご意見ご感想をどうぞ 新聞の宅配問題に限定しません(安 藤)

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定
電子書籍化して月額を三分の一にするべきです。 / victim084平こうじ46
おじゃまします。
嘘洗脳情報で暴利を貪っています。書籍や一部雑誌の方がよほど多様性のある情報で選択肢が多く役に立ちます。彼らは低減税率で基礎日常品や基礎医薬品やこの書籍を犠牲にしようとしました。新聞の優先順位は明らかに低いです。これを政治を悪用して無理からに通そうとしていました。国民はよく考えるべきです。
電子書籍化で月額を三分の一にするべきです。これからはそういった時代です。
#新聞 #情報操作 #洗脳機関

No.854 - 2019/07/25(Thu) 13:43:38 [softbank220053112053.bbtec.net]
本末転倒している、「ホルムズ海峡の安全確保」に関する議論 / 安 藤
本末転倒している、「ホルムズ海峡の安全確保」に関する議論

 7月15日の読売新聞は、ホルムズ海峡の安全確保の問題について、下記のように報じていました。
-----------------------------------------------------
ホルムズ海峡、直ちに自衛隊派遣はない…自民・萩生田氏
2019.07.15 23 時間前

 自民党の萩生田光一幹事長代行は14日のNHK番組で、米国が検討する中東ホルムズ海峡などの安全確保のための有志連合について「現行の憲法、法律に照らして直ちに自衛隊を派遣する環境にはない」との見方を示した。

 萩生田氏は「国際社会との協調も必要だ。日本に(原油を)輸入する8割の船があの海峡を通っている。できることは何なのか慎重に考えたい」とも述べた。

 公明党の斉藤幹事長は同じ番組で、海賊対処法に基づく派遣について「この法律を使うのは無理だ」と否定した。この法律では、軍艦や外国政府の船舶への対処は対象外となっている。立憲民主党の福山幹事長は「現行の法律で言うと(自衛隊)派遣は絶対に不可能だ」と強調した。
--------------------------------------------------
 自民党の萩生田幹事長代行は、「現行の憲法、法律に照らして直ちに自衛隊を派遣する環境にはない」と述べ、公明党の斎藤幹事長は、海賊対処法に基づく派遣について、「この法律では無理だ」と否定し、立憲民主党の福山幹事長は、「現行の法律で言うと、(自衛隊)派遣は絶対に不可能だ」と強調したとありますが、政治家は日本が困難に直面したときに、まず、何をすべきか、何が最善であるかを考えなければなりません。それが現行の憲法・法令に抵触するか否かは二の次のことです。

 日本が何もしなければ、トランプ大統領の主張に格好の声援を送ることになります。日本は巨額の“費用負担”を求められるかも知れません。

 日本が為すべき最善の方法が憲法・法律に抵触するのであれば、その改正を提案すべきです。現行の憲法・法律の範囲内でしかものを考えられない、視野の狭い人間は政治家にふさわしくありません。
 彼等の思考は本末転倒です。

No.853 - 2019/07/15(Mon) 17:41:48 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
NHKが報じる日韓事務レベル会合、通訳はいなかったのか? / 安 藤
NHKが報じる日韓事務レベル会合、通訳はいなかったのか?

 NHKが報じる7月12日の日韓事務レベル会合の写真を見ると、日韓双方とも2人づつ、計4人で、通訳らしき人が見当たりません。2人の内1人が通訳だとすると、1対1の対決となってしまいあり得ないと思いますが、どうなのでしょうか。

 通訳なしだとすると、双方が日韓2カ国語に通じていたのか、あるいは英語を使ったのかなどが考えられますが、5時間の長丁場はどうだったのでしょうか。

No.852 - 2019/07/13(Sat) 16:06:41 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
「バカまじめ」を売り物にしていた日本郵便社員が、保険販売で実際にしていたことは顧客への背信行為。 / 安 藤
「バカまじめ」を売り物にしていた日本郵便社員が、保険販売で実際にしていたことは顧客への背信行為。

7月10日NHKのテレビニュースは、「かんぽ生命 不適切な保険の販売で社長が陳謝 ノルマ見直しへ」という見出しで、次のように報じていました。
------------------------------------------------------
かんぽ生命 不適切な保険の販売で社長が陳謝 ノルマ見直しへ
2019年7月10日 16時11分 NHK

(前略)

 かんぽ生命の植平光彦社長と保険の販売を担う日本郵便の横山邦男社長は10日午後、都内で記者会見しました。

 冒頭、植平社長は「多数のお客様に不利益を生じさせ保険の募集に関し、お客様の信頼を損ねた点について深くおわび申し上げます」と陳謝しました。

 かんぽ生命では古い保険から新しい保険へ移る「乗り換え」をめぐって、顧客が保険料を二重に支払ったり、無保険の状態になったりする事例が相次いで明らかになりました。

会社側はこれまで顧客の同意を得ているとして「不適切な販売ではない」と説明してきましたが今回、一転して謝罪することになりました。

不適切な販売が相次いだ原因について日本郵便の横山社長は「超低金利の長期化で貯蓄性の商品の魅力が低下しているにもかかわらず、旧態依然の営業を続け、営業成績を重視するあまり、お客様本位とはいえない契約を増加させてしまった」と述べました。

(中略)

 去年12月までの2年9か月で、新しい保険を契約してから7か月目に古い保険を解約し、結果として6か月にわたって保険料を二重に支払っていた事例がおよそ2万2000件ありました。

 また古い保険を解約してから4か月から6か月の間に新しい保険に加入し、この間、無保険の状態になっていたおそれがある事例も4万7000件あるということです。

------------------------------------------------------
 大量の二重契約、無保険、社長は「お客様本位とは言えない」と言っていますが、どれもそんなレベルのものではありません。背信行為と言うべきものです。「バカ」「まじめ」な人間に出来る事ではありません。この期に及んでもそういう認識しか持てない人間は、社長には不向きです。

 このほかにも本体の郵便事業、宅配事業も問題を抱えていて、それにはマスコミも大きく関わっています。

H83 日本郵政独占の弊害 1月2日に配達されなくなった年賀状 −ヤマト運輸に「親書」の取り扱いを認めよ−
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/H83.html

H100 独占企業「日本郵便」のもと、劣化が止まらない「郵便事業」 −独占を批判し新規参入を目指すヤマト運輸を、一丸となって叩く政・官・マスコミ−
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/H100.html

 それから何年か前に、日本郵便は「バカが付くほどまじめです」と言う、コマーシャルを流していましたが、何の具体的根拠も示さず、安易にイメージを流していましたが、改めて具体的な根拠があったのかを問いただし、何も無ければその点についても謝罪をさせるべきだと思います。

 半官半民の独占企業、日本郵便に甘かったマスコミの責任も問うべきだと思います。

No.851 - 2019/07/13(Sat) 15:13:40 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
韓国による、日本の技術者のヘッド・ハンティングに警戒を / 安 藤
韓国による、日本の技術者のヘッド・ハンティングに警戒を

 この前、テレビ番組の「ひるおび」で元判事の八代さんが、「かつて日本の液晶ディスプレイや半導体の製造技術が、韓国企業が日本の技術者のヘッド・ハンティングにより、技術・ノウハウを盗み取ることによって盗み取られた。今後フッ化水素やエッチングガスなどが、同じ道をたどらないよう注意が必要だ」と言っていた。その通りだと思う。

 これらの行為を行う恐れのある韓国人の入国を阻止し、技術・ノウハウの漏洩に関与した者を処罰する法整備が必要だ。

No.845 - 2019/07/08(Mon) 09:25:05 [pknn018-223.kcn.ne.jp]

Re: 韓国による、日本の技術者のヘッド・ハンティングに警戒を / かぶと
 安藤様へ。
 おっしゃる通りですね。韓国に技術が漏れることそれ自体も問題ですが、今の韓国だとそれが北朝鮮に伝わる危険性もあり得ます。何としてでもそれは防がなくてはなりません。

 それと、技術移転に関しては中国も問題だと思います。日本の技術者のヘッド・ハンティングにより、技術・ノウハウを盗み取ることによって中国の国防.IT産業に技術が流れることも防がなくてはなりません。日本の安全保障にかかわる問題です。

 中国と日本は経済関係も深く、実際に技術移転を止めようとして人、物、金、情報の流れを止めると日本にも返り血がかかってくる可能性があります。

 しかし短期的にはそのような損失が日本に生じようとも、中.長期的な視野から中国に対して情報、技術移転が生じることは防がねばならないと思います。

 *私は生まれた時の国籍は中華民国でしたが幼少期に日本に帰化しました。

No.847 - 2019/07/10(Wed) 06:14:40 [nthygo125242.hygo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp]

Re: 韓国による、日本の技術者のヘッド・ハンティングに警戒を / 安 藤
かぶと 様

ご意見ありがとうございます。

No.850 - 2019/07/10(Wed) 23:42:05 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
とても正気とは思えない、韓国人の「アメリカの仲裁待望論」に見る自己中。それに沈黙しているアメリカもアメリカだが / 安 藤
とても正気とは思えない、韓国人の「アメリカの仲裁待望論」に見る自己中。それに沈黙しているアメリカもアメリカだが。

 7月9日〜10日に架けて、韓国の新聞「朝鮮日報(日本語版)」は、次のように報じていました。
-------------------------------------
【コラム】米当局者「なぜ我々が韓日の仲裁をしなければならないのか」
記事入力 : 2019/07/09 09:48 朝鮮日報(日本語版)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/09/2019070980020.html?ent_rank_news

「助けを要請されるまでは難しい…両国が自分たちで問題解決すべき」

同盟に大きな意味を置かないトランプ外交、過去の政権と違い介入に消極的


 「韓国と日本が助けを要請してくる前に、米国が両国の確執解決に乗り出すのは難しいだろう」


 日本が韓国の半導体・ディスプレイ中核材料の輸出規制を予告した直後の2日に会ったトランプ政権のある高官は、「2015年の韓日慰安婦合意をはじめ、悪化した韓日関係を米国が解決するために水面下で役割を担うのは、韓日両国が米国に助力してほしいと要請してきたからだった。今はそのころとは違う。今回の確執は韓国と日本が自分たちで解決していくだろう」と言った。

(以下略)

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
姜仁仙(カン・インソン)記者

-------------------------------------
輸出優遇除外:韓国高官ら支援求め訪米も、米は依然消極的
記事入力 : 2019/07/09 22:06 朝鮮日報(日本語版)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/09/2019070980189.html

 韓国政府は日本による経済報復措置に関連し、米国のトランプ政権に支援を求めるため外交・経済関連部処(省庁)の当局者らを相次いで米国に派遣する。米国に「仲裁者」の役割を果たしてもらおうというわけだ。しかし米国務省は8日(現地時間)も「北朝鮮など共同の域内課題について3か国の協力は必須」という原則的な立場を述べるにとどまった。また、「化学物質が北朝鮮に渡っている」という日本の主張に関する質問にも答えなかった。

 韓国外交部(省に相当、以下同じ)の金希相(キム・ヒサン)両者経済外交局長はワシントンで11日(現地時間)に開催される第3回「韓米高官級経済協議会(SED)」に出席するために、9日に出国した。外交部の関係者によると、マーク・ナッパー米国務次官補代理(韓国・日本担当)らと面会し、両国の関心・懸案事項について協議する予定だという。日本の措置の不当性を説明するとともに、米国の仲裁を求める考えを伝えるとみられる。

 韓国産業通商資源部も、10日にワシントンで開催される韓米産業協力対話にノ・コンギ通商政策局長を派遣し、米国の協力を求める。兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長は来週にも訪米し、韓日の対立の仲裁を求める予定だ。韓国の外交筋は「日本の輸出規制が現実的になる場合、アップルやグーグルなど米国企業も打撃を受けかねないという点を強調する計画」とした上で「国際的な世論戦でも米国を動かすことが最も重要だ」と述べた。


 しかし、米国はこれまで何ら声を上げていない。特に「エッチングガスが韓国を経て北朝鮮に流れている可能性がある」という日本側の主張にも米国は沈黙している。米国政府はこれまで、根拠が不十分な疑惑については一歩引く姿勢を保ってきた。

(以下略)
--------------------------------------
輸出優遇除外:米国の沈黙は「計算ずく」か
記事入力 : 2019/07/10 09:40 朝鮮日報(日本語版)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/10/2019071080017.html

日本の経済報復で韓国企業が不振に陥った場合、半導体で「漁夫の利」

反ファーウェイで生ぬるい韓国より、積極的に賛同した日本の肩を持つもよう

 日本の経済報復が拡大する兆しを見せる中、仲裁の鍵を握る米国の沈黙が長引いている。日本との事前のコンセンサス、自国の半導体産業への反射利益などを計算した「戦略的沈黙」ではないかと分析されている。


 専門家らは、韓国がトップの競争力を持つ半導体やディスプレーの供給が途絶えても、米国の情報技術(IT)産業に及ぶショックは思ったほど大きくないだろうとみている。100%の代替が不可能な製品は最上位クラスに限定されているからだ。スーパーコンピューターやデータセンターに使われる高性能半導体、自動走行車両・スマートフォン用に開発された半導体くらいだ。残りは独自調達したり、中国企業から供給を受けたりできる。


 韓国半導体メーカーの不振は、米国企業にとっては福音となり得る。サムスン電子・SKハイニックスは、DRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)市場全体の70.4%、NANDフラッシュメモリー市場の43.7%をつかんでいる。DRAMは、韓国の2社の後を米国のマイクロンがぴたりと追っている。NANDフラッシュメモリーは、韓国がいなくなれば2位の日本の東芝、3位の米国ウエスタン・デジタル、4位の同じく米国マイクロンに需要が回ってくる。半導体の専門家、黄哲盛(ファン・チョルソン)ソウル大学教授(材料工学部)は「韓国産半導体の性能は優れているが、それがないと米国電子産業が致命傷を負うというレベルではない。米国マイクロンに恩恵が及ぶ状況で、米国政府が果たして積極的に仲裁に乗り出すかどうかは未知数」と語った。


朴淳燦(パク・スンチャン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

-----------------------------------
 韓国はアメリカが“水面下で役割を担って(仲裁して)"、成立した日韓の“慰安婦合意”を一方的に反故にした。今、その韓国がどの面下げて、アメリカに仲裁を求めるのだろうか。とても正気の人間に出来ることとは思えない。

 今まで日本からの働きかけを一切無視していた癖に、日本の規制強化に遭うや慌てふためき、日本の対韓不信の元凶である、“慰安婦合意”破棄と“徴用工”判決には一言も触れず、最初は「日本の輸出規制が現実的になる場合、アップルやグーグルなど米国企業も打撃を受けかねないという点を強調する計画」とするなど、いかにもアメリカのため、アメリカの立場を憂慮するかのごとく振る舞いながら、アメリカが乗ってこないとみるや、手のひらを返したように、「計算ずく」、「漁夫の利」、「肩を持つ」、「反射利益」、「福音」と言ってアメリカに非難を浴びせる。この破廉恥な自己中は、もはや精神病の域に達したと言うべきだ。

No.848 - 2019/07/10(Wed) 15:16:54 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
歴史認識と出自(2) / かぶと
  唖然様、お返事どうもありがとうございます。予告通り再反論は致しません。唖然様のご意見は今後の参考にさせていただきます。

 安藤様へ。

>現在日本は台湾(中華民国)とは外交関係が無く、国として認めていないと理解しています。わが国では現在「中華民国」という言葉は全く使われておらず、代わりに“台湾”と表記するのが一般的ですので、それに従っています。> 

>現在日本は台湾(中華民国)とは外交関係が無く>

 現在はなくても過去は中華民国と国交がありました。過去を忘れ去るというのですか。それではあまりにも無責任ではありませんか


>国として認めていないと理解しています。>

 日本政府の立場はそうでしょう。しかし間違いなく中華民国という国は実在します。蔡総統は台湾の総統ではなく中華民国の総統です。

>現在「中華民国」という言葉は全く使われておらず、代わりに“台湾”と表記するのが一般的ですので、それに従っています。>

 安藤様はただただ現状を追認するだけのお方ですか。そうではないでしょう。当サイトには現状を批判する鋭い安藤様の書き込みがいっぱいあります。

 どうして中華民国に限っては現状を無批判的に追従(無視)するのでしょうか。そんなにも中華人民共和国が怖いのですか。

 どうか今後私の出自を書くときは、「台湾籍から帰化」ではなく
「中華民国籍から帰化」と書いていただきたく願います。

 現に私の戸籍には中華民国と書いてあるのです。これを純粋の日本人はどうしてくれるのですか。  
 

No.841 - 2019/07/05(Fri) 08:04:11 [nthygo125242.hygo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp]

Re: 歴史認識と出自(2) / 安 藤
>
>  現在はなくても過去は中華民国と国交がありました。過去を忘れ去るというのですか。それではあまりにも無責任ではありませんか


 言われている意味がよく分かりません。
 過去は過去、現在は現在です。忘れるか忘れないかは別問題です。
私はかつて、日本が台湾の中華民国と国交があり、大陸の中華人民共和国とは国交が無い時代があり、その後中華民国との国交を絶ち、中華人民共和国と国交を樹立したことを覚えています。忘れているわけではありません。

> 。
>
> >国として認めていないと理解しています。>
>
>  日本政府の立場はそうでしょう。しかし間違いなく中華民国という国は実在します。蔡総統は台湾の総統ではなく中華民国の総統です。


 何をおっしゃりたいのかよく分かりません。
台湾に中華人民共和国の統治が及んでいないことと、台湾全土を有効に統治している「中華民国」政府が存在することを知っていますが、その「国」は世界のほとんどの国・機関から「国」として認められていません。従って「中華民国が存在するか否か」は、国をどのように定義するかにかかって来ますが、かつて蒋介石が大陸にいた当時の「中華民国」は存在しないと言って良いと思います。

>
> >現在「中華民国」という言葉は全く使われておらず、代わりに“台湾”と表記するのが一般的ですので、それに従っています。>
>
>  安藤様はただただ現状を追認するだけのお方ですか。そうではないでしょう。当サイトには現状を批判する鋭い安藤様の書き込みがいっぱいあります。
>
>  どうして中華民国に限っては現状を無批判的に追従(無視)するのでしょうか。そんなにも中華人民共和国が怖いのですか。
>
>  どうか今後私の出自を書くときは、「台湾籍から帰化」ではなく
> 「中華民国籍から帰化」と書いていただきたく願います。
>


 追認するだけではありません。
 無批判に追従(無視)しているつもりも毛頭ありません。
 台湾ではなく、中華民国を使って頂きたい言うご要望には残念ながらお応えできません。
 日本政府が将来はともかく、現在は「中華民国」を国として認めていない事に従うのと、現代においては「中華民国」と言う表現は、実態を現していないと思うからです。

>
>  現に私の戸籍には中華民国と書いてあるのです。これを純粋の日本人はどうしてくれるのですか。  
>  

 「書いてある」と言う事実をどうするつもりも無いし、どうすることも出来ません。

かぶと様

 あなたのおっしゃることは、やや感情的で飛躍していて、何を論じたいのかがよく分からなくなりました。
 今の議論は、最初の「太平洋戦争の考え方」のテーマから、大分脱線していますので、私としては、この辺で幕引きにしたいと思います。
 書き込みありがとうございました。

No.843 - 2019/07/07(Sun) 18:32:37 [pknn018-223.kcn.ne.jp]

Re: 歴史認識と出自(2) / かぶと
>今の議論は、最初の「太平洋戦争の考え方」のテーマから、大分脱線していますので、私としては、この辺で幕引きにしたいと思います。
 書き込みありがとうございました。>

「太平洋戦争の考え方」とは別枠の書き込みと受け止めてください。

>やや感情的で飛躍していて、何を論じたいのかがよく分からなくなりました。>

自分の国籍、出自に関することですから私だって感情的になります。

>「書いてある」と言う事実をどうするつもりも無いし、どうすることも出来ません。>

安藤様は政治家でもないのに政治に関する書き込みを山のようにしておられるではありませんか。失礼ながらこの掲示板で書いたからといって直ちにどうこうなるものでもないでしょう。しかしいずれ自分の意見が世間に浸透していく日を夢見て精出して書き込んでおられるのでしょう。

たとえば私の名前が「かぶと太郎」だとします。昔はイニシャルを書くときは、T.Kと表記されていました。しかし本多勝一が、姓.名の順にイニシャルを表記し続けていました。この場合だったらK.Tと表記し続けていました。

たとえ今は現状と違っていても、将来変わる可能性があるわけですし、それを信じて安藤様も現状批判の書き込みをなさっているのでしょう?

現状が常に正しいとは限りません。国籍(旧国籍)を書けとおっしゃっているのは他ならぬ安藤様ではありませんか。私はただ戸籍に書いてある通りの国籍を書いているだけです

安藤様にはぜひとも「台湾」ではなく「中華民国」と書いていただきたいと思います。もし安藤様がそうなさらなくても、私は「中華民国籍から日本に帰化」と書きます。時代が変わっても事実を変えることはできません。

これで国籍に関する書き込みは打ち止めにします。失礼しました。

No.844 - 2019/07/08(Mon) 00:02:14 [nthygo125242.hygo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp]
安倍のイラン訪問は何だったのか。 その後途絶えた安倍・トランプ間のホットライン、 トランプ大統領の金正恩宛ての親書には何が書いてあったのか。 / 安 藤
安倍のイラン訪問は何だったのか。 その後途絶えた安倍・トランプ間のホットライン、 トランプ大統領の金正恩宛ての親書には何が書いてあったのか。

 6月25日の読売新聞は、「トランプ氏『船舶を自ら防衛すべき』日本名指し」という見出しで、次のように報じていました。
---------------------------------------
トランプ氏「船舶を自ら防衛すべき」日本名指し
2019.06.25 読売

 【ワシントン=黒見周平】トランプ米大統領は24日、イランとの緊張が高まっている中東ホルムズ海峡について、日本や中国などが原油輸入の経路にしている点を挙げ、「これらの国は自国の船舶を自ら防衛すべきだ」とツイッターで主張した。


 トランプ氏は「なぜ米国が長年にわたって、無償で他国のために航路を防衛しているのか」と米軍の防衛負担に不満を示した。米国が2018年に世界最大の産油国となったことから、「米国はそこにいる必要もない」と指摘した。

 米軍は通常、民間船舶の防護活動を個別に行っていない。トランプ氏の念頭には米軍がこの地域で展開し、不審船の監視などを行っていることがあるとみられる。米国が防衛負担を一方的に強いられているとの主張はトランプ氏の持論だが、28〜29日に大阪で開かれる主要20か国・地域(G20)首脳会議を前に改めて論議を呼びそうだ。ホルムズ海峡は、原油や天然ガスなどの流通の要所で、日本が輸入する原油の約8割が通過している。今月13日には、ホルムズ海峡近くのオマーン沖で、日本の海運会社などが運航するタンカーが攻撃を受け、航行の安全に懸念が強まっている。一方、トランプ氏はツイッターでイランに対し、「米国の要求は簡単だ。核兵器保有やこれ以上のテロ支援はなしということだ!」と呼びかけた。
----------------------------------------
 日本に対して「自ら守れ」と言ったのは、短期的には日本の負担が増加しますが、長期的には、憲法の非武装の呪縛を取り除く効果があれば、日本の真の独立にプラスと考えられます。ただし、それが費用の負担と、米国製の高額兵器の購入を求めるだけのものであれば、話は違います。

 しかしこの発言は、イランへの安倍総理の仲介訪問や、同時期に発生した、ホルムズ海峡における日本のタンカーへの攻撃事件、アメリカのポンペオ国務長官の「攻撃はイラン仕業で、日本に対する侮辱」発言、それに続いた、日本政府のアメリカに対するイラン関与の「証拠」請求発言と続いた、一連の流れと関係があるのではないかと言う疑念が生じました。
 関係というのは、日本政府がホルムズ海峡での攻撃事件をイランの仕業だとするアメリカの説明を信用していないことに対する、不満の表明ではないかと考えたのです。
 これらとの関係はどうなのでしょうか

 アメリカは事件直後に、イランの犯行説を主張し、その証拠映像も公開致しましたが、少し手際が良すぎるという印象は拭えません。

 何よりも、安倍総理がイランに滞在中である事が問題です。イランを訪問中に事件が起きたとなれば、安倍総理への侮辱に止まらず、イラン政府にも恥をかかせたことになります。イランがそのような事件を起こすことは、かなり考えにくいことと言えます。
 ポンペオ長官が「日本への侮辱」と言ったように、当時のイランが日本をそのような方法で侮辱することは考えにくいと言えます。

 もし、アメリカが開戦を望んでいるとしたら、アメリカが手の込んだ工作をしたことの方が考えられます。もし、イランの行為では無く、アメリカの行為だとしたら、どう考えたら良いのでしょうか。

 安倍総理のイラン訪問は当初から、日本をアメリカの工作活動の中で、一役演じさせるために、トランプが仕組んだものだったと言うことになります。
 これは「安倍とトランプの良い関係」というのは、最初から嘘だった、安倍は騙されていたと言うことになります。
 騙したと言うだけではすみません。無防備な日本の商船を攻撃し損害を与えたことになります。

 そんな中、6月23日の日経新聞は「トランプ氏が金正恩氏に親書 「素晴らしい内容」と満足」という見出しで、次のように伝えていました。
------------------------------------
トランプ氏が金正恩氏に親書 「素晴らしい内容」と満足
北朝鮮 米朝首脳会談 朝鮮半島 北米 2019/6/23 8:37 日経
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46469920T20C19A6000000/

トランプ米大統領から送られた親書を読む金正恩委員長=
朝鮮中央通信・ロイター

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は23日、金正恩(キム・ジョンウン)委員長がトランプ米大統領から親書を受け取ったと報じた。金正恩氏は「素晴らしい内容が盛り込まれている」と満足の意を表明。「トランプ大統領の政治的判断能力と並外れた勇気に謝意を示す。興味深い内容を慎重に考えてみる」と語った。親書の内容や送られてきた日付は伝えていない。

2月末の米朝首脳会談の決裂後、米朝の非核化交渉は膠着している。トランプ氏は金正恩氏への親書で米朝関係について、何らかの前向きな提案をした可能性がある。

金正恩氏も6月10日、シンガポールで開いた米朝首脳会談から1年となるのに際し、トランプ氏に書簡を送った。トランプ氏は「とても温かく、素晴らしい手紙だ」などと語っていた。

金正恩氏は書簡を通じて、対話を継続する意思をトランプ氏に直接伝えたとみられる。金正恩氏は20、21両日に訪朝した中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席にもトランプ氏へのメッセージを託した可能性がある。

ただ高官級や実務者間の協議が再開する見通しはない。北朝鮮側は交渉を担った金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長を統一戦線部長から外し、金革哲(キム・ヒョクチョル)米国担当特別代表を問責し何らかの処罰を下したとみられている。さらに強硬姿勢をとったポンペオ米国務長官を交渉の担当から外すように米側へ求めている。

【関連記事】対話のドア、開くべきか 日韓・米朝…外交の前哨戦
--------------------------------------
 「金正恩氏は『素晴らしい内容が盛り込まれている』と満足の意を表明。『トランプ大統領の政治的判断能力と並外れた勇気に謝意を示す。興味深い内容を慎重に考えてみる』と語った」とあるのは、ただ事では無いような内容を伺わせます。日本政府はどのように受け止めているのでしょうか。

 そう言えば、先般のホルムズ海峡での日本船被害事故以来、日本政府(安倍総理)とアメリカ政府(トランプ大統領)との接触が何も報じられていません。今まではトランプ大統領と安倍総理の間では、北朝鮮との接触がある場合には、その前後に両者の間で電話での意思疎通があったよう報じられていましたが、途絶えてしまったのでしょうか。

 金正恩が「満足」などという記事を見ると、トランプ大統領が核兵器の廃棄問題で、大幅な譲歩をするのではないかと心配になります。

 そして、今日25日の冒頭の読売新聞の記事続くわけですが、安倍総理のイラン訪問からトランプ大統領の「日本に自国の船舶の護衛は、自らが行うべき」の発言までの、一連の動きに、繫がりは無いのでしょうか。

 そして、追い打ちを掛けるようにトランプ大統領が、日米安保条約の破棄に言及したと報じられました。やはり安倍総理とトランプ大統領の間に何かあったのでしょうか。

No.831 - 2019/06/26(Wed) 00:41:44 [pknn018-223.kcn.ne.jp]

「トンキン湾事件」を彷彿とさせる、ホルムズ海峡タンカー攻撃事件  / 安 藤
ベトナム戦争激化のきっかけとなった「トンキン湾事件」を彷彿とさせる、ホルムズ海峡タンカー攻撃事件 −同じ手口を繰り返すアメリカ−

>  もし、アメリカが開戦を望んでいるとしたら、アメリカが手の込んだ工作をしたことの方が考えられます。もし、イランの行為では無く、アメリカの行為だとしたら、どう考えたら良いのでしょうか。

 かつてアメリカはベトナムで、「トンキン湾事件」と呼ばれた、アメリカによる偽装事件を引き起こし、北ベトナムとの全面戦争に突入しました。
 この事件は、1964年ベトナムのトンキン湾の海上で、アメリカの駆逐艦二隻が北ベトナムの魚雷艇の攻撃を受けたというもので、これをきっかけにアメリカと北ベトナムは全面戦争に突入し、大規模な北爆が開始されました。

 しかし、4年後の1968年になって、この事件には多くのアメリカによる欺瞞があり、アメリカにより計画的に引き起こされた“事件”である事が明らかになりました。
 まさに同じ手口が繰り返されています。

 また同時に、およそ80年前に日本がアメリカの挑発と経済制裁に耐えられず、日米戦争に突入させられた時代を思い起こさせます。

No.833 - 2019/06/26(Wed) 22:06:40 [pknn018-223.kcn.ne.jp]

Re: 安倍のイラン訪問は何だったのか。 その後途絶えた安倍・トランプ間のホットライン、 トランプ大統領の金正恩宛ての親書には何が書いてあったのか。 / 安 藤
> トランプ氏が金正恩氏に親書 「素晴らしい内容」と満足
>
> 【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は23日、金正恩(キム・ジョンウン)委員長がトランプ米大統領から親書を受け取ったと報じた。金正恩氏は「素晴らしい内容が盛り込まれている」と満足の意を表明。「トランプ大統領の政治的判断能力と並外れた勇気に謝意を示す。興味深い内容を慎重に考えてみる」と語った。親書の内容や送られてきた日付は伝えていない。
>
> 2月末の米朝首脳会談の決裂後、米朝の非核化交渉は膠着している。トランプ氏は金正恩氏への親書で米朝関係について、何らかの前向きな提案をした可能性がある。
>
> 金正恩氏も6月10日、シンガポールで開いた米朝首脳会談から1年となるのに際し、トランプ氏に書簡を送った。トランプ氏は「とても温かく、素晴らしい手紙だ」などと語っていた。
>


7月4日、NHKニュースは下記のように報じていました。
------------------------------------------------------
「かつてない しっぺ返し」トランプ大統領 イランに報復示唆
2019年7月4日 8時40分トランプ大統領 NHK

イランが今月7日から核合意で制限されているウランの濃縮レベルを引き上げると表明したことを受けて、アメリカのトランプ大統領はツイッターの投稿で「脅しは慎重にしろ。かつてない痛みのしっぺ返しが待っている」と報復措置を示唆しました。
-------------------------------------------------------
 一目見ただけで、トランプ大統領の対応は、核兵器を保有し、核兵器の開発・生産も継続している北朝鮮と、核兵器を保有も開発もしていないイランとでは天と地ほどの違いがあります。更に、イランの大統領は選挙で選ばれたのに対して、北朝鮮は完全な独裁国家で、日々、大量の政治犯を残虐な方法で公開処刑している国です。

 トランプ大統領のしていること、言っていることは完全なダブル・スタンダードです。彼が北朝鮮について言っていることと、イランについて言っていることのどちらかは嘘であるか、あるいは両方が嘘と言うことになります。

 日本人は嘘を嘘と見抜く知恵が必要です。彼がなぜ嘘をつくのかも考えなければなりません。彼はイスラエルの安全と利益と、中東におけるアメリカの権益を守る事には熱心ですが、日本の安全にはあまり関心は無いのです。北朝鮮の適度な脅威は、日本をして対米依存のやむなきに至らしめ、アメリカにとってデメリットでは無いと考えていると思います。

No.842 - 2019/07/05(Fri) 10:13:16 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
「徴用」 日本企業に実害なら速やかに対抗措置 外相 / 安 藤
 5月6日のNHKニュースは「『徴用』 日本企業に実害なら速やかに対抗措置 外相」と言うタイトルで、次のように報じていました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
「徴用」 日本企業に実害なら速やかに対抗措置 外相
2019年5月6日 4時29分「徴用工」判決 NHK

 太平洋戦争中の「徴用」をめぐる韓国の裁判で、原告側が差し押さえていた株式を売却する手続きに踏み切ったことについて、河野外務大臣は、日本企業に実害が生じれば速やかに対抗措置をとる考えを強調し、韓国政府の責任で対応するよう重ねて求めました。

 太平洋戦争中の「徴用」をめぐる韓国の裁判で、原告側は、今月1日、すでに差し押さえていた株式を売却し、現金化する手続きを始めたと発表しました。

 これについて河野外務大臣は、訪問先のエチオピアで日本時間の5日夜遅く、NHKの取材に対し、「日韓関係の法的基盤が損なわれようとしており、韓国政府として責任を持って対応すべき問題だ」と指摘しました。

 そのうえで、政府が検討している対抗措置について、「万が一、韓国政府の対応が日本企業に実害を生じるような状況になれば、日本として、速やかに必要な措置をとる」と強調しました。

 一方、韓国のカン・ギョンファ(康京和)外相が、「国民が、みずからの権利を行使している段階で、政府は介入しない」と述べたことに対し、河野大臣は、「『司法に介入する』とかなんとかという問題ではなくて、韓国側で、きちんと解決してもらわなければならない。発言はやや誤解を生みかねない」と苦言を呈しました。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 河野外相は既に日本企業の資産が差し押さえられている現状で、「(売却により)日本企業に実害が生じれば」と言っていますが、資産が差し押さえられたことにより、自由に処分することが出来なくなっている現状で、既に「実害」が生じていると言うべきです。

 既に実害が生じている現状で、何の対抗(報復)措置を講じることもなく放置することは、韓国の不法行為をを黙認(追認)する事に繋がりかねず、適切な対応とは言えません。
 日本の対応は一歩遅れていると思います。

No.809 - 2019/05/06(Mon) 22:06:07 [pknn018-223.kcn.ne.jp]

Re: 「徴用」 日本企業に実害なら速やかに対抗措置 外相 / 安 藤
>  日本の対応は一歩遅れていると思います。

 今回の一手(半導体関連の輸出規制)は非常に良いタイミングであったと思います。相手が次の一手(差し押さえ資産の現金化)を打ってからだと、どうしても守勢に追い込まれますし、現金を回収するのが困難になってしまいます。
 これで韓国は現金化のハードルが高くなったのではないでしょうか。

No.840 - 2019/07/04(Thu) 14:04:11 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
歴史認識と出自 / かぶと
 安藤様、お返事どうもありがとうございます。 

>台湾籍から日本国籍に帰化した「かぶと」様を、普通の日本人(日本人の両親を持つ生まれながらの日本人)と判断する誤解です。>

 これは私にとっては喜ばしい発言です。私の出自を知らないまま読んだ人が私の意見を「普通の日本人」の書いたものだと思って下さるのですから、決して突拍子もないことを書いているのではなく、あくまで「普通の日本人」の書いたことだと思われるのは、私の意見が、日本の国益に基づいて書かれたものであると認めてくださったことになります。

 しかしそうすると逆に安藤様にとっては困ったことになるのではないでしょうか。

>今回のかぶと様の一連の主張は、私にとってはかなりの違和感を伴うものです>

 「普通の日本人」が書いたものに対して「かなりの違和感」を持つということは、安藤様のご意見が「普通の日本人」からかなりかけ離れた、異端的なものだということになります。

 それと前から思っていたことなのですが安藤様に苦言を呈させてください。

>「規則の4」に「外国人の方(帰化した者を含む)は、国籍(旧国籍)を明らかにして下さい」としています>

>台湾籍から日本国籍に帰化した「かぶと」様>

台湾という国は存在しません。私の旧国籍は中華民国です。戸籍にも「中華民国」と書いてあってその上に二重線が引かれています。今後、私の出自を書くときは、「台湾籍から帰化」ではなく「中華民国籍から帰化」と書いていただきたく思う所存です。

No.836 - 2019/06/28(Fri) 21:18:55 [nthygo125242.hygo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp]

Re: 歴史認識と出自 / 安 藤
>  これは私にとっては喜ばしい発言です。私の出自を知らないまま読んだ人が私の意見を「普通の日本人」の書いたものだと思って下さるのですから、決して突拍子もないことを書いているのではなく、あくまで「普通の日本人」の書いたことだと思われるのは、私の意見が、日本の国益に基づいて書かれたものであると認めてくださったことになります。

 国籍、出自について特段の記載が無ければ、読む人が「かぶと」さんを“普通の”日本人と誤解するという意味です。意見の内容を評価してのものではありません。
 誤解は好ましくありませんから、明示して下さいとお願いしているのです。

 テーマによっては、国籍・旧国籍は記事を読む人にとって、重要な判断材料ですから、書いて下さいとお願いしている次第です。

> 台湾という国は存在しません。私の旧国籍は中華民国です。戸籍にも「中華民国」と書いてあってその上に二重線が引かれています。今後、私の出自を書くときは、「台湾籍から帰化」ではなく「中華民国籍から帰化」と書いていただきたく思う所存です。

 現在日本は台湾(中華民国)とは外交関係が無く、国として認めていないと理解しています。わが国では現在「中華民国」という言葉は全く使われておらず、代わりに“台湾”と表記するのが一般的ですので、それに従っています。

No.837 - 2019/06/28(Fri) 23:39:28 [pknn018-223.kcn.ne.jp]

Re: 歴史認識と出自 / 唖然
私は10年以上、いや15年以上かな安藤様のこの掲示板を見ています。それは、冷静で論理的かつ日本人の立場に立った安藤様のご意見を知りたいからです。それと同時に事実の見え方は一つではないので自分や他の立場の人とも意見交換をしたいと考えておりました。
ですから「かぶと様」の書き込みも私としては喜ばしいことです。

 しかし、書き込みを野放しにすると必ず荒らしや嫌がらせが横行します。私が、かつて好きだったサイトに意味不明は書き込みを頻繁にする輩がおり、興趣をそがれて読む気がうせるから彼は削除してくれと書き込みましたが聞き入れてもらえず、放置され、結局その掲示板を読まなくなりました。

 安藤様の掲示板は厳格にそのようなことがないようにされているので安心なのですが、個人的にはこの掲示板が活発になるようにコントロールを少し弱めていただければと思っています。

 かぶと様の以下の記述は、いささか揚げ足取りのように私には思えます。

>「普通の日本人」が書いたものに対して「かなりの違和感」を持つということは、安藤様のご意見が「普通の日本人」からかなりかけ離れた、異端的なものだということになります。>

 日本人も各人顔がことなるように、その意見も千差万別です。かぶと様が同感する一個人の意見が「普通の日本人」の意見となるわけではありません。それは「普通の一日本人」の意見です。したがって、安藤様が違和感を持たれたとしても安藤様の意見が異端的なものとなるわけではありません。

 かぶと様の引用される意見が主流の意見なら、なぜそのときその意見どおりに歴史はならなかったのでしょうか。歴史の後講釈はだれでもできます。しかし、歴史はその時代背景や時代思潮を抜きにして語ることはできないのではないでしょうか。

No.838 - 2019/06/29(Sat) 15:23:00 [softbank221082195128.bbtec.net]

Re: 歴史認識と出自 / 安 藤
> 私は10年以上、いや15年以上かな安藤様のこの掲示板を見ています。それは、冷静で論理的かつ日本人の立場に立った安藤様のご意見を知りたいからです。それと同時に事実の見え方は一つではないので自分や他の立場の人とも意見交換をしたいと考えておりました。

>  安藤様の掲示板は厳格にそのようなことがないようにされているので安心なのですが、個人的にはこの掲示板が活発になるようにコントロールを少し弱めていただければと思っています。

唖然 様

長年掲示板を利用して頂きありがとうございます。

 掲示板のコントロールですが、最近(多分10年以上)はコントロール、削除等は全くしていません。以前は韓国系と思われる方の日本人偽装や、いたずらのような書き込みが散見されましたが、最近では(書き込みそのものが激減し)皆無ですので。

No.839 - 2019/06/30(Sun) 11:38:46 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
トランプ大統領の3泊4日の日本国賓訪問の狙い / 安 藤
トランプ大統領の3泊4日の日本国賓訪問の狙い

 トランプ大統領と金正恩はお互いに相手のことを、歯が浮くような褒め言葉で、称賛していますが、トランプの安倍に対する賛辞、日本友好訪問も、似たような一面があるのではないでしょうか。

 トランプは5月の25日から28日までの3泊4日で日本を国賓訪問し、天皇陛下との晩餐会、安倍総理とゴルフ、大相撲観戦と特別杯の授与などと、友好行事を重ねました。

 日本側の認識は、これだけ大歓迎をしたのだから、トランプ大統領も通商問題などで、日本には余り無理は言ってこないだろうと言う、甘い認識だと思いますが、トランプはそれほど甘くはないと思います。

 トランプは日本の認識とは反対に、大した用事も無いのに、3泊4日で日本を国賓訪問し、あれだけ多彩な友好行事に付き合ってやったのだから、日本は感謝して当然だ。経済交渉においては、日本はその分アメリカの要求に譲歩するだろう、譲歩して当然だと言う認識だと思います。

 それが双方の認識が一致せずに、すれ違いが生じてしまったのが、イラン問題だと思います。
 安倍総理のイラン訪問の経緯は、今ひとつはっきりしませんが。トランプとしては、自分の日米友好サービスの見返りに、日本側がアメリカ対イランの局面で、アメリカのために一肌脱ぐと言う認識があったのでは無いでしょうか。

 それにも拘わらず、ホルムズ海峡における日本のタンカー攻撃事件で、「イランによる攻撃である」というアメリカの断定に、日本が異を唱えて同調しなかったのは恩知らずだという思いがあるのではないでしょうか。それが、「日本はペルシャ湾においては、自国の船舶の安全確保は自分でするべきだ」、「日米安保条約は、アメリカには日本防衛の義務があるのに、日本にはアメリカ防衛の義務が無く、不平等だ。破棄も考えた」の発言に繋がったのではないかと思います。

No.835 - 2019/06/27(Thu) 23:21:49 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
(No Subject) / かぶと
「太平洋戦争の考え方」のネタ元はすべて純粋な日本人で、しかもサヨクデモなく空想的平和主義者でもありまん。

 「太平洋戦争の考え方」のネタ元は全て純粋な日本人のもので、しかも左翼でもなければ空想的平和主義者のものでもありません。

 まず日本が韓国を併合したのが大きな間違いだといったのは
松村劭を参考にしました。

 「1910年、(日本は-引用者注)、韓国を併合した。この政策は20世紀における日本の最大の失策であった。なぜなら、日本は大陸国家の性格をあわせ持つ{両棲国家}になってしまったからである。両棲国家となった日本では、陸軍が大陸に覇権を拡大しようとし、海軍が南方進出に関心を持った。国策が分裂状態になるのは当然である」(松村劭「新.戦争学」文春新書、p.15)

そして、日本の植民地経営が割に合わないことについては、No.823で書いたとおり石橋湛山の意見を参考にしました。石橋は戦後の講和条約論争で全面講和を訴えるという間違いを犯しました。しかし完全に正しい人間などいません。誰だって間違えることはあります。少なくとも植民地経営が割に合わないという部分については正しかったと思います。

>また、かぶと様は「台湾籍から帰化」と伺っておりました。
「規則の4」に「外国人の方(帰化した者を含む)は、国籍(旧国籍)を明らかにして下さい」としていますが、特に今回のようなテーマは国籍(旧国籍)が密接に関わる問題ですので、そのようなテーマの時は、できれば最初の投稿の時に国籍(旧国籍)を明示して頂くようにお願いいたします。そうでないとこのテーマだけを見た方が、誤解する恐れがありますので。>

 ここに述べたように私は、純粋な日本人の、しかも左翼でもなく空想的平和主義者でもない人物の意見を参考にして自分の意見を形成しました。

 そのうえで安藤様にお聞きしたいのですが、私が、元中華民国籍からの帰化人であることを知らなかった人が私の太平洋戦争に対する考え方を読んで、どのような誤解をするのか、教えて頂けないでしょうか。
 
 


     

No.832 - 2019/06/26(Wed) 10:59:51 [nthygo125242.hygo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp]

Re: / 安 藤
>  そのうえで安藤様にお聞きしたいのですが、私が、元中華民国籍からの帰化人であることを知らなかった人が私の太平洋戦争に対する考え方を読んで、どのような誤解をするのか、教えて頂けないでしょうか。
>  


台湾籍から日本国籍に帰化した「かぶと」様を、普通の日本人(日本人の両親を持つ生まれながらの日本人)と判断する誤解です。

No.834 - 2019/06/27(Thu) 00:32:03 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
これでも安倍総理は「いわゆる移民政策では無い」と言い張るのか / 安 藤
これでも安倍総理は「いわゆる移民政策では無い」と言い張るのか。

 今日の読売新聞に「移民」関連の下記の記事がありました。
---------------------------------------------------------------------------
日本語教育、国や地方自治体に責務…推進法成立
2019.06.22 読売

 外国人に対する「日本語教育推進法」が21日の参院本会議で全会一致で可決、成立した。国や地方自治体に日本語教育を進める責務があると明記し、雇用先は学習機会提供などの支援に努めることを定めている。4月からの外国人労働者の受け入れ拡大を踏まえ、外国人が日本社会に定着しやすくする狙いがある。

 同法は外国人の労働者や留学生、児童・生徒らに対し、日本語教育を受ける機会を最大限に確保することを基本理念に掲げた。

 政府に基本方針を定めることを義務付け、学校の教員に対する研修を充実させ、日本語教師の資格制度を整備することなどを要請している。自治体には地域の状況に応じた施策を実施するよう努めることを求めている。同法は、超党派の「日本語教育推進議員連盟」(会長=河村建夫・元官房長官)が立案し、議員立法として提出していた。
------------------------------------------------------------------------
 法律が成立してから報じるのでは遅すぎます。読売新聞は、読者・国民に考える機会、意見を言う機会は与えません。これでも安倍総理は「いわゆる移民政策では無い」と言い張るのでしょうか。

 安倍総理に欠けているのは、「フェアープレイ精神」。議論では自信が無いので、汚い手を平気で使い、議員立法にして自分は「陰に隠れる」。

No.830 - 2019/06/22(Sat) 11:23:47 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
文科相は正しい方向を向いているのか / 安 藤
文科相は正しい方向を向いているのか

 大阪吹田市の長年によるいじめ事件では、第三者委員会により、学校・担任教師、教育委員会の、まさに教育業界総ぐるみの長年に渡る、甚だしい悪質な無法・怠慢行為が明るみに出ました。

 これに対する文科省の反応は非常に薄弱です。

 先般、文科相からは「教師の働き方改革」と称する、非常に大胆な提案がありました。中身は教師の仕事を軽減するという一点に尽きます。
 これは行政の方向として正しい方向を向いているのか疑問を禁じ得ません。仮に、彼等の提案の中に考慮すべきものがあったとしても、文科相はそれより遙かに大事な事が見えていないのでは無いでしょうか。
 安倍総理に対しても同じ疑問を感じます。

No.828 - 2019/06/19(Wed) 14:43:29 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
アメリカのイランに対する反応と、韓国に対する反応の大きな相違 / 安 藤
アメリカのイランに対する反応と、韓国に対する反応の大きな相違

6月14日の読売新聞に下記のような記事がありました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
米「イランは日本を侮辱した」…タンカー襲撃
2019/06/14 08:34  読売

 【ワシントン=横堀裕也】ポンペオ米国務長官は13日の記者会見で、中東ホルムズ海峡近くのオマーン沖で日本のタンカーが襲撃された事件について、「米政府としてイランに責任があると判断した」と述べた。安倍首相がイランを訪問中に襲撃が起きたことを踏まえ、「イラン政府は日本を侮辱した」と強く非難した。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 事実関係が今ひとつ明確で無い段階で、このような「日本擁護」の発言をしたことは、やや異例のように思います。

 ここで、想起されるのは、韓国軍による日本の哨戒機に対する“レーダー照射事件”に対するアメリカの反応です。この件に対してアメリカは、“日本に対する侮辱だ”とも言っていないだけで無く、(表面的には)何の反応も示していません。アメリカは関心が無いのでしょうか。

 イランの件はイランの関与自体が、未だ確定したとは言いがたく、日本政府も明言していません。同時に他の外国船も攻撃を受けていて、これらの攻撃が“侮辱”なのかどうかは判断しかねます。

 これに対して韓国の行為は、事実関係には疑いが無いにも関わらず韓国はこれを認めず、さらに、日本の哨戒行動を威嚇飛行と非難するに及んでは、日本に対する“侮辱”と呼んで差し支えのないものだと思います。

 アメリカのイランに対する反応は少し不可解です。韓国に対して沈黙していることは非常に不可解です。

No.827 - 2019/06/18(Tue) 16:31:21 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
唖然様への反論 / かぶと
唖然様、お返事どうもありがとうございます。安藤様の時と同様、私たちの考え方は根本的に違っていて、どこまで議論しても平行線になることは目に見えているので、仮にこの書き込みに反論されても私としては再反論するつもりはありません。

>私はサダム・フセインのイラクがアメリカから滅ぼされたとき、日本と同じやり方でやられたなあと思いました。あのときは大量破壊兵器を隠していると言いがかりをつけましたね。しかし、滅亡後大量破壊兵器は発見されませんでした。>

イラクは国際原子力機関の核査察を受けていたのですが、ある時期を境にこれを拒み始めたのです。そのため、アメリカのブッシュ.ジュニア大統領が、イラクが大量破壊兵器を保有しているのではないかと疑いの目を持ったのです。

>日露戦争でロシアにも勝ち、白人至上世界が日本に脅かされたから日本を叩く事は白人の願望ではなかったでしょうか。その代表は第一次世界大戦で国土を荒らされなかったアメリカで早くから日本を仮想敵にしたオレンジ作戦を立案していました。>

大局的な話として、私見ですが1910年に日本が韓国を併合したのがそもそもの間違いだったと思っています。1905年に日本は韓国を保護国にして外交権を奪っていたのですから、そこで止めておけばよかったのです。併合したことで日本の安全保障は複雑になりました。

日本は島国で周囲を海という天然の要塞に囲まれています。地政学的には海洋国家です。水際で外敵の侵入を撃退するという方針を貫くべきでした。

しかし韓国を併合したために国防圏を大陸に設定せざるを得なくなりました。これは日本に知って過大な負担になったと思います。

そもそも日本が大陸に進出していなければアメリカから目をつけられることもなかったのです。

「朝鮮.台湾.満州 学校では絶対に教えない植民地の真実」(黄文雄著 ビジネス社)という本を読むと、日本が、朝鮮.台湾.満州などの地域の開発にいかに努力したかがわかります。

しかし私は「そこまでする必要があったのか」と疑問にも思いました。こういった地域の開拓に日本が関わることは日本の国力を浪費していたのではないでしょうか。

なまじ大陸に権益を持ってしまったがために後々ややこしいことになったのです。これは決して後講釈ではありません。

 「石橋湛山評論集」(岩波文庫、p.102-p.103)
 「今試みに大正9年の貿易を見るに、わが内地及び樺太に対して(中略)この三地(朝鮮.台湾.関東州−引用者注)を合せて、昨年、我が国はわずかに9億余円の商売をしたに過ぎない。同年、米国に対しては輸出入合計14億3800万円、インドに対しては5億8700万円、また英国に対してさえ3億3000万円の商売をした。朝鮮.台湾.関東州のいずれの一地をとって見ても、我がこれに対する商売は、英国に対する商売にさえ及ばぬのである。(中略)もし経済的自立ということをいうならば、米国こそ、インドこそ、英国こそ、我が経済的自立に欠くべからざる国といわねばならない」
(数字は引用者が漢数字を算用数字に書き換えた)。

 引用が長くなってしまって恐縮ですが、当時から植民地経営の採算を問題にしていた人がいたのです。

 日本は大陸に関わるべきではありませんでした。安全保障、経済、いずれの面から見ても韓国を併合したことは国策上の重大な誤りでした。

No.823 - 2019/06/14(Fri) 02:44:14 [nthygo125242.hygo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp]

議論の行方 / 安 藤
議論の行方

 未だ議論が始まったばかりの最初の段階で、「議論が平行線になることは目に見えている」というのは少し早すぎるように思います。仮にそうであるとしても、相手が反論するかどうかすら分からない段階で、反論しても再反論をしないことを宣言するのは、「反論するな」と言っているようにも取ることが出来、相手の方に対していかがなものかと思います。
 反論したくなければしなければ良いだけの話では無いのかとも思いますが。

 確かにネットの世界では議論のやり取りが果てしなくエスカレートして、収拾が付かなくなっているケースが散見されますので、かぶと様のお気持ちは分かりますが、そうならないように気をつけながら、言いっ放しに終わらないように出来ればと思います。

No.824 - 2019/06/14(Fri) 17:41:45 [pknn018-223.kcn.ne.jp]

Re: 唖然様への反論 / かぶと
安藤様へ。
当サイトの掲示板の規則に

>3.
 他の投稿者のご意見を批判することはお断りいたします。>

とあります。しかし実際には批判は頻繁に書き込まれています。それに対して安藤様はその書き込みを削除したり「批判しないでください」と注意したりはしておられません。

 それで私はこの規則を、「批判はちょっとだけなら構わないがしつこいのは困る」ということだと解釈しました。

>反論したくなければしなければ良いだけの話では無いのかとも思いますが。>

 仮に黙って撤退すれば、反論できずに沈黙したと受け止められかねません。そうなっては困るので、掲示板の規則3の趣旨を尊重しつつ、自分の立場も維持するために、「仮にこの書き込みに反論されても私としては再反論するつもりはありません。」と予告させていただいたのです。

 安藤様にこの際ですからお願いを言わせてください。
 >規則3 他の投稿者のご意見を批判することはお断りいたしま す。>

規則3は、憲法第9条と同様、文言と運用の実態がかけ離れているように思います。規則3を実態に合わせて修正していただけないでしょうか。

>反論しても再反論をしないことを宣言するのは、「反論するな」と言っているようにも取ることが出来、相手の方に対していかがなものかと思います。>

 私としてはただ、掲示板の規則3の運用の実態の趣旨「しつこい反論はするな」を尊重したつもりです。

No.825 - 2019/06/17(Mon) 08:40:03 [nthygo125242.hygo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp]

Re: 唖然様への反論 / 安 藤
> 安藤様へ。
> 当サイトの掲示板の規則に
>
> >3.
>  他の投稿者のご意見を批判することはお断りいたします。>
>
> とあります。しかし実際には批判は頻繁に書き込まれています。それに対して安藤様はその書き込みを削除したり「批判しないでください」と注意したりはしておられません。
>
>  それで私はこの規則を、「批判はちょっとだけなら構わないがしつこいのは困る」ということだと解釈しました。


かぶと 様へ

 12年前に作った規則ですが、当時は時々激しい批判の応酬があり、それを防止するためにこのような規則を作ったのですが、最近はそのような事例が無く、すっかり失念しておりました。申し訳ありませんでした。

 他の人の書き込みに対して、自分の意見を述べるというのは、歓迎すべき事でそれを禁止する意図は無いのですが、自分の意見を述べると言うよりも、「批判する」が前面に出ると、やり取りが険悪になるのでそれを防止したいというのが、本来の意図です。

 趣旨は、かぶと様がおっしゃるとおり、「批判はちょっとだけなら構わないがしつこいのは困る」と理解して頂いて結構です。しかし、何が「ちょっと」で、「しつこい」の範囲はどこからかと聞かれても、結局は私の主観的判断になってしまいますが。

 上記の点を踏まえて、「規則の3」の文言は修正するかどうかも含めて再考したいと思います。

 なお、この掲示板は「規則の1」にもあるとおり、投稿者は「私の主張に共感する方」である事が前提になっております。今回のかぶと様の一連の主張は、私にとってはかなりの違和感を伴うものですので、その点をお考えいただき、仮に私や他の方の「しつこい主張」があった場合でも、ある程度は甘受して頂きたいと思います。

 また、かぶと様は「台湾籍から帰化」と伺っておりました。
「規則の4」に「外国人の方(帰化した者を含む)は、国籍(旧国籍)を明らかにして下さい」としていますが、特に今回のようなテーマは国籍(旧国籍)が密接に関わる問題ですので、そのようなテーマの時は、できれば最初の投稿の時に国籍(旧国籍)を明示して頂くようにお願いいたします。そうでないとこのテーマだけを見た方が、誤解する恐れがありますので。

No.826 - 2019/06/17(Mon) 13:25:55 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
教育委員会は廃止を / 安 藤
教育委員会は廃止を

 6月12日のNHKは、「女児いじめ 担任・学校・教委の無責任対応の果て 大けがと障害」というタイトルで、次のように報じていました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
女児いじめ 担任・学校・教委の無責任対応の果て 大けがと障害
2019年6月12日 18時34分教育  NHK

 大阪 吹田市の小学校で女子児童がほかの児童らからおよそ1年半にわたっていじめを受け、足を骨折するなどの深刻な被害にあっていたことがわかりました。調査した市の第三者委員会は、児童や保護者の訴えを学校や教育委員会が真剣に取り合わなかったとして、その対応を厳しく批判しています。第三者委員会が認定したいじめの内容や学校や教育委員会の対応は、どのようなものだったのでしょうか。
暴行...担任の放置...諦め...けがや障害に
女子児童が1年生だった平成27年の秋ごろにいじめは始まりました。

突然、5人の同級生らから家族の悪口を言われたりボールをぶつけられるようになり、その後、傘やほうきでたたく、蹴るなどの暴行やランドセルにカエルの死がいをつけられるなどの嫌がらせを受けました。

この小学校ではいじめの早期発見の取り組みとして学期ごとにを行っていました。

女子児童は2年生の1学期のアンケートに「けられた。なぐられた」などと記入し、同級生からのいじめを訴えていました。

しかし当時の担任はささいな意地悪と受け止め、女子児童から話を聞くこともないまま深刻ないじめではないと判断しました。

アンケートの内容をほかの教員と共有しませんでした。

それどころか、教室での女子児童の座席を加害児童の近くに配置することもありました。

第三者委員会はこうした担任の対応によっていじめは周囲に気付かれないままエスカレートし、女子児童の学校や教員に対する不信や諦めにつながったとしています。

女子児童はいじめによって足首を骨折するなどのけがを負い、心理的なストレスが原因の視力障害を発症しました。

いじめた側から「しゃべったらきょうだいをなぐる」などと口止めされていた女子児童は、弱視になるまで心身が追い込まれた段階になって、ようやく母親にいじめられていることを打ち明けました。

平成29年3月、女子児童の親は小学校にいじめを訴え、対策を求めましたが、当時の校長から謝罪はありませんでした。

数日後、女子児童は再びいじめを受けたことをきっかけに登校できなくなりました

女子児童の親は同じころ、市の教育委員会に対しても「第三者を入れた調査」を行うよう要望しましたが、指導室の担当参事が「子どもたちの記憶が薄れていて実態解明は難しい」などの理由で「第三者委員会を立ち上げる必要はない」と答えました。

両親が第三者委員会設置を要望していることを教育委員会の上層部が認識したのは平成29年6月になってからで、それまでの2か月から3か月の間、教育委員会の内部で真剣に検討された形跡はありませんでした。
両親が語る 学校と教委の無責任対応ぶり
いじめの被害にあった女子児童の両親が取材に応じました。

いじめが続いていた当時、女子児童の傘やキーホルダーがひんぱんに壊れていたということで、不審に思って学校生活について質問しても、同級生から口止めされていた女子児童は「自分でやった」などと言っていじめを打ち明けることができなかったということです。

当時の様子について母親は「家では明るくふるまっていたので、いじめられているというのはわからなかったが、『しゃべったらきょうだいをボコボコにする』と脅され家族を守らなければいけないという意識だったとあとから聞いた」と話しています。

女子児童が唯一、SOSを出したのが学校のアンケートだったのに適切な対応を取られなかったことについて、父親は「大人に対するいちばん最初のメッセージだったにもかかわらず結果的に半年以上いじめが放置され、その間にエスカレートしていった。アンケートという形はあるけど適切に運用されていなかった。第三者委員会の報告書を教育に携わる方、全員で共有して考えてほしい」と話しています。

また、第三者委員会を設置するよう要望したのに吹田市のこれが行政のあるべき姿でしようか。
ことについて、母親は「教育委員会は学校に任せるばかりで、調査をしてほしいと伝えても動いてくれず、なんのための組織なのかと感じた。次に同じような事案があったときには、各機関と連携しながら対応してほしい」と話しています。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 このニュースでも、責任を負うべき者は明らかにされず、学校、教委の担当者・責任者の氏名はもちろん、顔写真も明らかにされず、損害賠償、懲戒処分に就いて何の言及もありません。無罪放免のようです。“公務員無答責"の典型のようです。

 先般の野田市の少女虐待死事件でも明らかになりましたが、共通するのは児童相談所のデタラメな対応です。これが行政のあるべき姿でしょうか。責任を負うべき者に対する厳しい処罰なしの、こんな甘い事で本当に改善するでしょうか。

 ただこのNHKの報道についても、不可解な点があります。この被害児童がなぜこのような執拗ないじめを受けたのかについて、何も触れていないことです。この学校では何の理由も無いいじめが横行していたのでしょうか。いじめた側をかばうわけで決してありませんが、何か有ればそれは隠さずに報じるべきです。

 戦後、占領軍はなぜ教育改革として、教育の中立を標榜して教育委員会制度を強要したのでしょうか。おそらく日本の教育が、今日の事態に陥ることを予想(期待)していたのだと思います。

 この上は一刻も早く教育委員会制度を廃止し、学校と教師が選挙で選ばれた市長、市議会議員の監督の下、他の行政と区別されること無く、教師が公務員の中で特別扱いされること無く、民主政治の原則に基づいて運営されるべきだと思います。そして教育のあり方は選挙の際にマスコミが隠すこと無く“争点”として争われるべきです。

 今回はかろうじて「第三者委員会」が機能しましたが、これも要注意です。「第三者」という言葉の使われ方が曖昧です。第三者とは当事者と無関係である事が前提ですが、当事者の一方からの指名・委任により、第三者が当事者一方の代理人のような形で委員に就任しているケースがあるように見受けられます。

No.822 - 2019/06/13(Thu) 22:23:01 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
いじめ、虐待、ひきこもり・・・。病んだ日本の社会が上げている“悲鳴”が聞こえないのか / 安 藤
いじめ、虐待、ひきこもり・・・。病んだ日本の社会が上げている“悲鳴”が聞こえないのか

 この3つに依る事件のどれかが、テレビのニュースに登場しない日は無いのではないか。
そんな気がする程頻繁である。これは、病んだ日本の社会が上げている“悲鳴”だと思う。

 その悲鳴に対してマスコミ・評論家は、決して本質を捉えた報道・解説をしていない。日本社会の劣化という視点は無い。本質を外し、対症療法に限った報道・解説しかしていない。
 中には「体罰禁止」などという、本質から外れて居るどころか、話をすり替えて視点を逸らそうという主張さえされている。

 本質とは、なぜこれらの事件が激増するのか、その原因は何か、悲しい事件を減らす、なくすためにはどうしたら良いのかと言う事である。
 今正確には言えないが、これらは昭和の時代にはあまりなかったと思う。
平成になった頃から、激増していったと思う。社会の劣化が進んだのである。社会の劣化をもたらしたものは何かを問わなければならない。

 父母による虐待事件では、児相の不手際・怠慢が露出している。先般の野田市の事件でも露見していたが、甚だしい怠慢が繰り返されている。これは氷山の一角ではないのか。
 児相は「対応が甘かった」と言っているが、その認識自体が甘い。

 学校のいじめの問題でも、教師(公務員)の劣化が原因と疑われるが、今の日本ではそのような視点は皆無であるどころか、タブー視されている。

No.817 - 2019/06/11(Tue) 14:32:59 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
太平洋戦争の考え方 / かぶと
 日本が太平洋戦争に突入したいきさつについて、ABCD包囲網によって日本経済が立ち行かなくなってしまった、アメリカの経済制裁によって日本は追い詰められて止むを得ずアメリカを主軸とする連合軍との戦争に踏み切らざるを得なかったという考え方をする人がいます。この見方は、そう訴える本人が自覚している場合は少ないようですが唯物史観そのものです。
 
 マルクスは社会を建物に例えて、経済(下部構造)が土台で、政治.文化などが上部構造だと考えました。そして、下部構造である経済が上部構造である政治や文化を規定すると考えました。

 アメリカの経済制裁やABCD包囲網によって止むを得ず日本は戦争せざるを得なかったんだという考え方は、経済が政治.文化などを規定するというマルクス主義の考え方にピタッと当てはまります。

 私はマルクス主義とは異なる種類の唯物論者です。正確には「緩やかな環境優位論者」と言ったほうがいいかもしれません。マルクス主義との違いは、下部構造に経済だけではなく環境や人口を織り込むことにあります。環境とは、地理.気象.生態.疫病などです。

 そして、下部構造(=経済+環境+人口)が上部構造である政治や文化を規定するが、上部構造、すなわち政治や文化に一定の自立性も私は認めています。例えば、具体的に言えば,日本の部落差別がこれに相当します。部落差別は下部構造からは自立しているように思えます。他には、江戸時代の「海禁政策」(一時期は鎖国と言われていた)もそうでしょう。

 こういった「緩やかな環境優位史観」に立てば、日本が英米などと戦争をしないという選択肢もありえたと思います。そしてアメリカの経済制裁を緩和する道を日本人はその持てる英知を結集して模索すべきでした。

 昭和天皇は「玉音放送」で「耐えがたきを耐え忍び難きをしのび...」と言いましたが、まさにその精神でもってアメリカと交渉すべきでした。そしてアメリカとの戦争を避けるべきでした。もし本当にそうしようとすれば日本は大幅な譲歩を余儀なくされたことは間違いありません。

 それは確かに日本人のプライドを傷つけたかもしれませんが、先の戦争で日本人が310万人も犠牲になったことを思えば、それもまた止むを得ないでしょう。

No.812 - 2019/05/23(Thu) 06:28:13 [nthygo121006.hygo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp]

Re: 太平洋戦争の考え方 / 安 藤
かぶと 様

 お久しぶりのご意見ありがとうございます。

 日米開戦の経緯を考えることは非常に大事な事ですが、今の歴史教育では、まともに教えられていないと思います。

 当時の日本は長きにわたって、対米交渉を進めていましたが、アメリカの対日開戦の意思は強固で、日本がはじめから無条件降伏でもしない限り、日米開戦は不可避であったと思います。

 日米戦争の結果は既にでているので、「無謀な戦争を避けるべきだった」と言うのはたやすいことですが、戦わずして降伏することが、戦って降伏するよりも良い結果をもたらすとは限りません。

 「 F106 日米開戦を無謀と言うが、それ以外の選択肢があったのか −戦争をして負けるか、戦争をしないで負けるかの2つしか選択肢がなかった開戦当時の日本−」はお読み頂きましたでしょうか。

 戦わずして降伏していたら、現在の日本はなかったのではないかと思います。

No.813 - 2019/05/31(Fri) 01:14:07 [pknn018-223.kcn.ne.jp]

Re: 太平洋戦争の考え方 / かぶと
安藤様、レスどうもありがとうございます。

 >「 F106 日米開戦を無謀と言うが、それ以外の選択肢があったのか −戦争をして負けるか、戦争をしないで負けるかの2つしか選択肢がなかった開戦当時の日本−」はお読み頂きましたでしょうか。>

はい、拝読いたしました。そのうえで私なりの考え方を書かせていただきました。私たちの考え方はあまりにも違っていますね。

>アメリカの対日開戦の意思は強固で、日本がはじめから無条件降伏でもしない限り、日米開戦は不可避であったと思います。>

「無条件降伏」という言葉を使うかどうかはともかくとして、大幅な譲歩はせざるを得なかったでしょう。それで日米開戦は避けられたと思います。

 日本の植民地経営は日本の財政にとって重荷になっていたと思います。こられを放棄して身軽になって出直すという「小日本主義」という選択肢もあったのではないでしょうか?

 当然、安藤様はこのような考えには同意なさらないでしょうね。
もしこの書き込みに反論しても、私としてはさらに再反論するつもりは今のところありません。どこまで行っても平行線なのは目に見えていますから。

No.814 - 2019/06/03(Mon) 09:59:10 [nthygo125242.hygo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp]

Re: 太平洋戦争の考え方 / 唖然
久しぶりに投稿致します。

かぶとさんへ

私はサダム・フセインのイラクがアメリカから滅ぼされたとき、日本と同じやり方でやられたなあと思いました。
あのときは大量破壊兵器を隠していると言いがかりをつけましたね。しかし、滅亡後大量破壊兵器は発見されませんでした。
イラクよりも複雑なことをされたのが日本です。
日露戦争でロシアにも勝ち、白人至上世界が日本に脅かされたから日本を叩く事は白人の願望ではなかったでしょうか。その代表は第一次世界大戦で国土を荒らされなかったアメリカで早くから日本を仮想敵にしたオレンジ作戦を立案していました。
長くなるから書きませんけど、ハル・ノートや援蒋ルート、フライイング・タイガー等、ご自分で事実をお調べになったら如何でしょう。
 なお、中国がしきりに日本はアジアを侵略したというのは、当時華僑は搾取する欧米側の手先になり、アジアの解放に少しも貢献しなかったことを隠蔽しようとする意図からだと私は思っています。

No.815 - 2019/06/07(Fri) 13:14:31 [softbank221082195128.bbtec.net]

Re: 太平洋戦争の考え方 / 安 藤
唖然 様

ご意見ありがとうございます。

> 日露戦争でロシアにも勝ち、白人至上世界が日本に脅かされたから日本を叩く事は白人の願望ではなかったでしょうか。その代表は第一次世界大戦で国土を荒らされなかったアメリカで早くから日本を仮想敵にしたオレンジ作戦を立案していました。
> 長くなるから書きませんけど、ハル・ノートや援蒋ルート、フライイング・タイガー等、ご自分で事実をお調べになったら如何でしょう。
>  なお、中国がしきりに日本はアジアを侵略したというのは、当時華僑は搾取する欧米側の手先になり、アジアの解放に少しも貢献しなかったことを隠蔽しようとする意図からだと私は思っています。


 イギリスのジャーナリスト、ヘンリー・ストークスは、太平洋戦争(大東亜戦争)は 世界史的意義があったと評価しています。
「大東亜戦争は日本が勝った─英国人ジャーナリスト ヘンリー・ストークスが語る『世界史の中の日本』」https://www.youtube.com/watch?v=_wDOff6My-s&t=252s

 戦後、未だ日本が経済大国に成る前の1955年に、日本は中華人民共和国の周恩来、インドのネール、エジプトのナセル、インドネシアのスカルノ等が主唱した第一回アジア・アフリカ会議に招かれました(韓国・北朝鮮は招かれていません)。

 アジアの出席者は「日本が、大東亜宣言というものを出して、アジア民族の解放を戦争目的とした、その宣言がなかったら、あるいは日本がアジアのために犠牲を払って戦っていなかったら、我々は依然として、イギリスの植民地、オランダの植民地、フランスの植民地のままだった。日本が大きな犠牲を払ってアジア民族のために勇戦してくれたから、今日のアジアがある」と日本に感謝のことばをのべました。
 これに対しては世界は何の異議も唱えませんでした。

No.816 - 2019/06/10(Mon) 12:31:47 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
削除依頼 / 原田慶堂の代理人
私は、原田慶堂の代理人と申します。貴サイトにおきまして、私であることが特定できる記事が記載されるとともに誹謗中傷に相当する内容で削除して頂くようお願いいたします。内容を確認したところ、個人情報やその事件に関わる内容が書き込まれており、非常に悪質なものです。
私は検察より既に嫌疑無し、事実無根、誤認逮捕として不起訴処分になっております。名誉棄損、信用棄損、業務妨害として、刑事・民事を含めて法的手続きを進めております。
当方としましても、警察等の関係機関にも相談していますが、貴サイトにおきましても早急にこのページを削除して頂きたく存じます。
アドレスは、http://www.kcn.ne.jp/~ca001/I38.htm(以後省略)です。
至急対応をお願いいたします。なお、対応の結果を必ずお知らせください!

No.810 - 2019/05/16(Thu) 10:54:42 [pb6a87ba5.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp]

Re: 削除依頼 / 安 藤
> 私は、原田慶堂の代理人と申します。貴サイトにおきまして、私であることが特定できる記事が記載されるとともに誹謗中傷に相当する内容で削除して頂くようお願いいたします。内容を確認したところ、個人情報やその事件に関わる内容が書き込まれており、非常に悪質なものです。
> 私は検察より既に嫌疑無し、事実無根、誤認逮捕として不起訴処分になっております。名誉棄損、信用棄損、業務妨害として、刑事・民事を含めて法的手続きを進めております。
> 当方としましても、警察等の関係機関にも相談していますが、貴サイトにおきましても早急にこのページを削除して頂きたく存じます。
> アドレスは、http://www.kcn.ne.jp/~ca001/I38.htm(以後省略)です。
> 至急対応をお願いいたします。なお、対応の結果を必ずお知らせください!


原田慶堂様の代理人様

 お申し入れの件ですが、新聞社に対しては、どのような対応をされたのですか。また、それに対して新聞社はどのような対応をされたのですか。
 私も弁護士等に相談しますので、少し時間を下さい。

No.811 - 2019/05/18(Sat) 01:36:38 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
100/100件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 | 過去ログ | 画像リスト ]