22716

ハイジアルペンクラブ山行報告専用掲示板

To 一般閲覧者の方へ
本掲示板の内容は投稿者の感想を述べたものです。 内容についてのお問い合わせ
についてはお答えすることはできません。
この掲示板はハイジアルペンクラブのメンバーのみ投稿できます
To 会員各位
メンバーにおいても山行報告以外の目的に使用された場合や
好ましくない投稿は管理人の権限において削除、投稿禁止の対応をとります
(討論、議論、誹謗中傷、電話番号 住所 メールアドレス等の個人情報等)

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定
雨の会津駒ヶ岳 / watanabe
山頂にて。誰もいませんでした。残雪期に行ったときはこの山頂の標識の半分は雪に覆われていて、会津駒の字くらいしか見えなかった記憶があります。
No.629 - 2016/09/24(Sat) 10:55:00
雨の会津駒ヶ岳 / watanabe
冷たい雨にけむる駒ノ小屋。こういう時に小屋の姿が見えると安心しますね。
No.628 - 2016/09/24(Sat) 10:50:12
雨の会津駒ヶ岳 / watanabe
小雨が降る淡色な山道を進むと、池塘を囲むように草紅葉が広がっていました。
No.627 - 2016/09/24(Sat) 10:47:10
雨の会津駒ヶ岳 / watanabe
雨が降る確率が高いので散々迷いましたが、大雨にはならないだろうと思い、思い切って会津駒ヶ岳に行って来ました。
朝4時に出発し登山口には7時半ころには到着。8時過ぎには歩き始めることが出来ました。中腹では少し色づいた木々の中を歩くことが出来ました。

No.626 - 2016/09/24(Sat) 10:43:33
一合目からの富士山 / Endo
コースタイム
9/3 蓮田発5:00 宮原駅5:45 桶川加納IC〜談合阪SA7:30〜河口湖IC〜馬返し8:50
一合目9:27 二合目10:14 三合目10:36 四合目11:23 旧五合目小屋11:36 佐藤小屋12:19 佐藤小屋発12:39 六合目13:19 七合目鳥居荘15:04 就寝18:30
9/4 起床4:37 鳥居荘発5:32 八合目白雲荘7:03 八合目天拝宮7:31 富士山ホテル8:02 御来光館8:26 浅間大社9:32 浅間大社発10:02 浅間大社奥宮10:45 剣ヶ峰11:29 浅間大社12:06 八合目(須走ルートとの分岐)12:59 七合目14:00 五合目佐藤小屋15:00〜15:32 二合目、三合目中間16:36 馬返し17:22 帰路

所感
 富士山を前回訪れたのは、平成21年1月であった。この時は私にとって初めての富士山ながら、強風のため6.25合目での撤退を余儀なくされた。その後、世界遺産に登録され、訪れる人が増加したこともあり、ますます足が遠のいていた。ところが、今年になってTさんより一合目から歩きたいという要望が出され、前回一緒に行ったKさんとともに馬返しから往復する計画を立てた。ただし、Tさんの要望である五合目での引き返しは勿体ないと考え、頂上を目指すことにした。集まったメンバーは、やはり前回一緒に行ったWさん、他3名の方から名乗りを上げて頂き、総勢7名となった。
 八王子付近で若干の渋滞に巻き込まれたものの、ほぼ時間通りに談合坂SAにてKさんらと合流、河口湖ICに到着した。立ち寄ったセブンイレブンであるカップルに話し掛けられた。聞いたところ五合目の駐車場が5時間待ちとのことで引き返してきたとのことである。とりあえず、北麓駐車場よりバスが出ていることを伝え、その場は別れたが、何となく嫌な予感が頭をもたげることとなった。
 馬返しに着くと、すでに駐車スペースは多くの車で一杯である。どうにか2台分のスペースを見つけて止め、準備を始める。登りはじめは曇っていたが、一合目、二合目と登るにつれて晴れ間も見え、眼下に河口湖が望まれる。順調に高度を稼ぎ、舗装道路を横切ると五合目佐藤小屋に到着する。ここで大休止を取り、準備を整える。
 佐藤小屋よりしばし登ると、六合目でスバルラインからの登山道と合流する、とたんに人口密度が増える。このあまりの段差に戸惑いつつ、息を整える。しばし歩くと、前回引き返した6.25合目に到着する。今回の自分自身の目的の一つは、せめて前回到達した6.25合目を超えることであったので、ちょっぴり満足心を覚える。
 宿泊は七合目鳥居荘である。眼下に雲海と夕日を眺め、宴会モードとなる。しかし、本日は宿泊者がやたら多く、夕食準備のため場所の移動を余儀なくされた。宴会もそこそこ、早めの就寝となる。しかしながら、夜遅く到着する団体や、すぐに発つ団体など、やたらあわただしい。聞けば、今年の営業日最大の混雑だったとのことで、Wさんよりこれが富士山の特徴であるとも伺った。
 団体が発ち、静かになったため爆睡となり、予定より遅い4時37分に起床した。弁当を受け取り、ご来光を仰いだ後、頂上に向けて出発する。雲海の向こうに八ヶ岳が望まれる。やはり馬返しから歩いたことにより高度順応がスムーズにできたようで、誰一人ダウンすることなく、頂上奥宮に到着する。遅い時間に出発したことから、お鉢巡りは無理かと思ったが、遠くに見えた頂上に呼ばれているような気がし、剣ヶ峰へ辿ることを他メンバーに許しを得て目指すこととなった。
 右に噴火口を眺めつつ、心地よい歩きを堪能する。浅間大社奥宮にて登山の安全を感謝した後、剣ヶ峰に至る。一瞬、太平洋が望まれたがまたすぐに雲に隠れた。ここで全員での記念撮影を行い、下り始めた。しばらくすると、南側より雲が覆い始めてきた、時折雷鳴も聞こえたことから、天候は下り坂に向かっていると思えた。結局お鉢巡りをし、天候が崩れる前に下山を開始する。
 8合目付近を過ぎたあたりから、雨がやや強くなったが順調に下り、五合目佐藤小屋に到着する。ここで、小降りになったことから雨具をしまい、腹ごしらえをして最後の下りを踏み出す。登り以上に長く感じた下りであった。
 今回の富士山行きは、もともとTさんの要望から始まったことであったが、私自身も富士山の登頂は初めてであり、しかもお鉢巡りまで堪能することができ、メンバーに感謝である。ただ、混雑を避けて9月に決定したのであったが、それが今シーズン最も混雑した日であったのは皮肉であった。また、下山時刻がやや遅めとなってしまったことは、見通しが甘かったと言わざるを得ない。この点が反省事項であろう。

No.618 - 2016/09/05(Mon) 23:49:41

Re: 一合目からの富士山 / Endo
ルート図
No.625 - 2016/09/06(Tue) 19:37:39

Re: 一合目からの富士山 / Endo
馬返しからご来光までのダイジェスト
No.624 - 2016/09/05(Mon) 23:57:55

Re: 一合目からの富士山 / Endo
五合目佐藤小屋前にて
No.623 - 2016/09/05(Mon) 23:56:45

Re: 一合目からの富士山 / Endo
剣ヶ峰にて
No.622 - 2016/09/05(Mon) 23:55:33

Re: 一合目からの富士山 / Endo
頂上から下山路のダイジェスト写真
No.621 - 2016/09/05(Mon) 23:54:34

Re: 一合目からの富士山 / Endo
馬返し、鳥居の前にて
No.620 - 2016/09/05(Mon) 23:52:24

Re: 一合目からの富士山 / Endo
馬返しに戻り、全員でほっと一息
No.619 - 2016/09/05(Mon) 23:51:02
(No Subject) / さいとう
9月3日〜4日で八ヶ岳中央部にでかけました。 南八ヶ岳は山を始めた30数年前に踏破 北八ツ岳は現ハイジの前身の会の
ときに歩いており、根石岳と いつも東天狗までで西天狗は行きそびれていたのでそこをクリアーするのが目的です。
(というか 現在の私の実力は そんなものです)
朝 富士山組と会館前であいさつしそのまま私は単独で車を走らせました。 ノントラブルで稲子湯までつき歩き始める
3か月ぶりの山はつらいです。1時間ほどでみどり池に到着 ここは みどり色の池と 硫黄岳の断崖と 小さいしらびそ小屋が
とても良い景観です。 少し休んで平坦な道を一時間 本沢温泉につきました。 一回泊まったことはあるけれど
熱い内湯と 露天風呂風呂が印象的なところです。 ここから夏沢峠までが急登です。 不覚にも 峠の直前 小屋が目の前
にあるところで 足がつってしまいました。 あと30mなのに。 しばし休んで 峠到着 軽くエネルギー補給して
硫黄岳とはまったく逆の方向に向かいます。 硫黄岳はたくさんの人が登っているのに 逆は 私だけ。
14:30 には 根石岳山荘につきました。 最初の客だったようで 一番風呂に入り、 生ビールを飲み 夕食も 一番先に
食べました。 以外とボリュームがあってよかったです。 疲れたので 早めに就寝しました。
夜中雨音が聞こえましたが 翌朝は晴れており 6:00に 朝食をとり出発しました。
東天狗は険しいですが岩がちょうどよくハイペースで山頂到着 ここでは 360度の眺望で 御岳 乗鞍 中央アルプス
南アルプス 南北八ヶ岳 北アルプスが見渡せます。 それから西天狗は険しくはないもののザレた急斜面で登りづらかった
です。 まあ 残していたものをクリアできたので満足。
それから 中山峠に向かいましたが 早めに帰りたいのと 足がもつのが不安だったので そこから直接 みどり池方面に
降りることにしましたが いやいや 中山峠から降りるところが今回の一番の難所で ほかでは鎖が出現していないものの
ここだけ悪場で鎖がついています。 看板にも 峠直下は落石注意あります。 それでも 3時間で 車へ戻り帰着しました。

No.614 - 2016/09/05(Mon) 18:01:39

Re: / さいとう
西天狗岳 山頂にて 映してもらいました。 少しやつれたか
No.617 - 2016/09/05(Mon) 18:05:54

Re: / さいとう
左が西天狗 右が 東天狗
No.616 - 2016/09/05(Mon) 18:04:24

Re: / さいとう
御岳山と雲海を望む 根石岳山荘の朝
No.615 - 2016/09/05(Mon) 18:03:05
薬師岳 / watanabe
薬師岳稜線から見た薬師岳山荘。
No.613 - 2016/08/26(Fri) 22:45:44
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
300/300件 [ ページ : << 1 ... 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 ... 43 >> | 過去ログ | 画像リスト ]