22526

ハイジアルペンクラブ山行報告専用掲示板

To 一般閲覧者の方へ
本掲示板の内容は投稿者の感想を述べたものです。 内容についてのお問い合わせ
についてはお答えすることはできません。
この掲示板はハイジアルペンクラブのメンバーのみ投稿できます
To 会員各位
メンバーにおいても山行報告以外の目的に使用された場合や
好ましくない投稿は管理人の権限において削除、投稿禁止の対応をとります
(討論、議論、誹謗中傷、電話番号 住所 メールアドレス等の個人情報等)

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定
安達太良山 / watanabe
下山途中にて。皆満足そうな笑顔です。
No.608 - 2016/08/13(Sat) 11:39:00
安達太良山 / watanabe
牛ノ背から沼ノ平を背景に記念写真。遠くに裏磐梯に秋元湖が見える。
No.607 - 2016/08/13(Sat) 11:37:39
安達太良山 / watanabe
山頂にて。富士山なみの混雑でした。
No.606 - 2016/08/13(Sat) 11:35:20
安達太良山 / watanabe
初めての「山の日」に、安達太良山を沼尻から登った。さすがに山頂はスキー場側からの登山者で大賑わいだったが、沼ノ平を終始眼下に見下ろして歩く周回コースは静かな安達太良を十分に満喫できるコースだった。いつもと異なるコースを歩くことの楽しさを味わった9時間の山歩きだった。
遥か沼ノ平を望む。

No.605 - 2016/08/13(Sat) 11:33:10
剱岳 早月尾根 / sakata
剣岳 早月尾根 H28.7.31〜8.2 雷雨、晴れ、霧のち雷雨


4年前から憧れてきた早月尾根から剣岳へFさんと挑戦してきました。低気圧に囲まれた不思議な天気図の中でも31日だけの晴れを信じて、一日繰り上げての今回の山行。
朝4時に久喜を出発し、馬場島には5時間半で到着。そこからはガスに包まれた山並みが今回の山行を曇らせていた。連日の仕事と睡眠不足から登りのボッカも大汗。追い討ちを掛けるように1000m付近から雷雨と豪雨。次第に体力を奪われていく。Fさんから「引き返すなら今だよ」と確認の私の答えは「早月小屋まで行かせて下さい」
その後は雨と疲労の戦いでした。まさに「試練と試練」と呟きながらの、、小屋に着いた時はずぶ濡れ!テント泊は諦めて、小屋でダウン。その夜は満天の星空に変わっていた。明朝途中までの積もりでピークを目指す。幸い午前中は快晴の剣の山頂を踏むことができました。15分の休憩のあとは即刻下山。小屋に着いて山小屋の忠告を素直にきいて昼食後に下山。いつ天候の変化が現れるか気にしながら黙々と残りの1500Mを、あと一時間の所でまた雷雨、ずぶ濡れになりながら馬場島荘に逃げ込む。この日は帰らず、次の日に上市の日石寺と立山の直売所で富山米を買い、5時間半で久喜に帰宅した。

総括 山の天気は5分で荒れる!は昔から言われてきたが、正にそのとおりであった。全国的に不安定な天候、ましてや日本海の影響を受けやすい中部山岳方面である。午前中は晴れても午後はガスと豪雨にみまわれた。ザックはカバーをしても役立たず、全身は汗と雨で防水も奪われた。幸運な事にピークハント時のみは快適だったが判断は瞬時に出さねばならない。今回の計画が無事に終わる事ができたのは、Fさんの私に対する叱咤激励と正確な判断があってこその結果だと思います。山は経験のある方と行くと学ぶ事が多いと実感しました。追伸:初日の正午頃、カニのハサミ付近で救助ヘリが遭難者を捜索中、明朝7時からも捜索。登山者に聞いた話では、ガスの中で叫び声を聞いたと通報を受けたらしい。二日目の池ノ谷右俣上空をホバーリングする風に煽られ、緊張したが遭難は誤報だったらしい。

No.604 - 2016/08/04(Thu) 01:01:41
剱岳 早月尾根 / sakata
八ツ峰方面
No.603 - 2016/08/04(Thu) 00:48:03
剱岳 早月尾根 / sakata
日本海の夕日を見つめる
No.602 - 2016/08/04(Thu) 00:38:21
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
300/300件 [ ページ : << 1 ... 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 ... 43 >> | 過去ログ | 画像リスト ]