0045385
インファントランド/第2掲示板

何でもお気軽に書いていってくださいね!

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定
落合ドラゴンズ優勝 / インファント
昨年に続いてセントラル・リーグのペナントレースは中日ドラゴンズが制覇した。
本来であれば中日ファンにとっては嬉しいだけの胴上げシーンの筈だった。

しかし…(ここからは面倒くさいので他所のブログから無断コピーw)

 中日は落合監督就任前の67年間で5度しかリーグ優勝できなかったのに、落合監督の
 8年間で4度のリーグ制覇を成し遂げた。
 現役時代も1988年の優勝では主砲の役割を果たした。
 そんな球団の功労者、「宝」とも言える存在に、球団フロントは感謝の言葉ではなく、
 唾を吐きかけた。

 坂井球団社長は9月の巨人戦で中日が敗れると、ガッツポーズをして喜んだという。
 そして落合監督の解任が発表された。
 この人は今年から球団社長になって、最も熱意を燃やしたのが、気に入らない監督を
 解任することだ。そのためには自らが社長を務める球団の敗戦までも願い、そして周囲の
 目もはばからず喜ぶ。常軌を逸しているとしか言いようがない。
 勝利を目指して力の限り闘う選手への裏切り、必死に応援するファンへの裏切りだ。
 この蛮行が報道で公になった以上、社長は選手やファンに事情を説明すべきである。
 説明ができないのであれば、身を引くべきである。プロ野球の球団 社長にふさわしくない。
 失格だ。

 ただ、残念なことに、この問題は根が深い。ドラゴンズの親会社、中日新聞社内には、
 坂井球団社長と同じ思いで今季の戦いを見ていた人たちが少なからずいる。
 自分たちの無能さ、努力不足を棚に上げて落合監督に責任転嫁をしている。
 経営陣だけでなく、営業も、記者も。会社総ぐるみで、監督を引きずり降ろしにかかり、
 チームの敗戦を願った。

 落合監督の解任が発表された9月22日の夕刊にはすでにそれを伝える記事が掲載されていた。
 落合監督に伝える前に、取締役どころか記者や編集者にも伝えられ、紙面づくりの作業は
 進められていた。
 その日の朝、落合監督は東京からの新幹線の始発に乗り込んだが、満席で、立ったまま名古屋に
 戻ったという。そしてオーナーから解任を告げられるわけだが、もうその時には球団内では
 確定事項になっており、落合監督には事後報告だった。そのために律儀にも急いで始発に乗り込み、
 新幹線に約2時間、立ったまま揺られる落合監督の姿を想像すると胸が痛くなる。
 (引用終わり)

↓ こちらもご参照ください。なにが起きているのか良く判ります。w
http://nikkan-spa.jp/78325

シーズンが終わってみると勝率は5割6分であった。これは昨シーズンと全く同じ結果。
また8年間の通算勝率も5割6分であり、安定した監督職歴であったと言えよう。
だからと言って、ずっと落合さんをずっと監督として契約し続ける義務は球団側には無い。
3年契約の満期なので、来年からは別の監督さんと契約しますので、ご苦労さまでしたで良い。
落合も、はい、わかりました。と承諾している。それはそれでいいのだ。

落合にしてみれば恨みつらみなど無い。
むしろ現役を終えて無職となり、フヌケのようになってるのを見かねて夫人が魚でも飼ったら…
熱帯魚やらをボーと眺めて暮らしていた彼に突然、中日監督の要請が…
白井オーナーという人が落合の書いた野球理論本複数を読んで、この男ならと見込んだのだ。
やってみなさいよ、と夫人に背中を押されて監督に就任。
それまでの野球界の常識を悪習と看破して自分の考え方を貫き、就任一年目で見事に優勝。
だから、だから中日ドラゴンズには感謝している筈。お世話になったという感覚しかない筈。

優勝が決まった日の球場での挨拶。
http://www.youtube.com/watch?v=ihu2iusRym8
 「ドラゴンズのファンというのは素晴らしいですよ。勝ってても負けてても一生懸命応援
  してくれますから。これからも一生懸命応援して下さいね。よろしくお願いしますね」
この「ね」がいいんだなあ。これからも…って、泣けるじゃないですか。
岩瀬を最後に使わなかった、使えなかったことを詫びてみたり、心遣いが伝わります。
負けても応援してくれる、という言葉で東京ドームに駆けつけたファンへの申し訳なさをも
語ったな、と私は感じました。

ナゴヤドーム最終戦での挨拶。
 「選手はこれからも戦い続けます。みなさんの温かい心、目で見守ってやって下さい。
  全国のドラゴンズファンのみなさん、本当にありがとうございました」
ここで、ちょっぴり皮肉が入っています。
あえて、全国のファン、と言ってます。
名古屋の皆さん、そして、全国の…と言わないところが良い。わざと言わないのでしょう。
深読み過ぎるでしょうか? そうかなあw
深読みしないと落合の面白さはわかんないのですよ。

No.260 - 2011/10/22(Sat) 11:33:23

おやまあ呆れた / インファント
中日が落合色一掃 来季ユニホーム変更
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20111021-852729.html

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」
 その人を憎むあまり、その人に関る全てのものが憎くなるということのたとえ。

落合憎けりゃユニホームまで憎い、という新しい諺が出来そうです。w
まあ、なんでも好きにすりゃあいいよ。

強かった、カッコ良かった時代の思い出に、下の写真の永久保存をお薦めします。
もちろん、ピッチャーは浅尾きゅん!

No.261 - 2011/10/22(Sat) 15:00:08

個人事業主 / インファント
個人事業主と書いて「こじんじぎょうぬし」と読みます。
落合博満に対して色々な悪口を言う評論家や一般人がおりますが、彼らの認識として、
プロ野球の監督、コーチ、選手が、この個人事業主であるという認識に欠けている。
確かにサラリーマンの人(私もそうだったが)は、雇われ人なので、そういう身分を
わきまえなきゃならない。自由に何でも主張出来るわけではない。

しかし、プロ野球監督は独立した事業主である。中日球団の組織下に属さない。
球団社長だろうと、どれだけ偉い人だろうと、けっして上司ではない。
中日球団と個人落合が契約して監督を請け負っているにすぎない。対等の立場である。
これを全く理解出来ない人が多すぎる。野球協約をちゃんと読む必要があろう。

法律のひとつに、下請代金支払遅延等防止法というものが存在する。
代金の遅延だけを防止する法律ではない。「等」という文字が重要である。
ちゃんと契約をしたのに、下請けだからといって、納入後に値引きの圧力をかけるとか、
不当な要求を弱い立場に押し付けることを止めさせる法律である。
プロ野球の監督も究極の下請け業者である。

落合は契約にしたがってチームを強くすることに邁進し、ちゃんと成果を上げている。
なのに、契約条項に存在しない観客動員数の低下などを球団は問題視している。
落合の人気がないから監督として不適切だと言い出す始末である。
陰湿なのは、それを表向きの理由にはしていないことである。
あくまで「新しい風を入れたい」としか正式にはコメントしていない。

70歳の新監督や72歳のヘッドコーチに変える事が新しい風なのかの論議はひとまず
置いておくことにするが、とにかく落合とは新たに契約しないとした。
それは良い。正しい。しかるべき期日に事前に次期契約について明白にしただけだ。
素晴らしい成績を上げている監督と再契約しないことへの非難があるかもしれないが、
これは経営判断なのであって、他者が内政干渉するべきじゃない。

問題なのは、その裏側で球団側が自己の正当性/合理性を主張しすぎたことである。
落合個人への悪評を広め、あたかも球団の方針が世論に沿って行われたものであるかの
ような個人パッシングを組織的に行った。これは大問題である。
プロ野球評論家や解説者に餌を与えて、ことあるごとに個人的な性癖やらを誇張化して
変人像をクローズアップし、日々の采配を重箱の隅をつつくように非難する。
親会社がマスコミ商売なのでお抱えのテレビ局やら、新聞記事で偏向報道を繰り返す。
とにかく落合博満を悪者に仕立て上げ、大義名分を捏造し、追い出すことに腐心した。

落合はそこまでマスコミ操作をしなきゃならないほどの強敵であったのだろうか。
会社は大組織であって、そんな組織力に落合さん個人が勝てるものではない。
これは弱い者いじめであり、個人攻撃であり、そんなことが許されてはならない。
ところで、男女雇用機会均等法というのが何故出来たのでしょうか?
本来はこのような法律があること自体、日本人として恥ずかしいことではないのか?
要するに、放っておくと、弱い立場の人が虐められ、不当に扱われるからなのです。

落合パッシングをする一般人は、まんまとこの大本営発表モドキに騙されている。
多分同じ人種が、マスコミに踊らされて、政権交代なんてのを実現させたのだろう。
知的水準リトマス試験紙は、あなたは落合博満が嫌いですか、という問いで出来る。
嫌いな理由は色々あるだろうが、それら全てはマスコミで作られた虚像なのであり、
自分で熟慮した結果ではない。己を簡単に騙されやすい愚か者と自覚すべきだ。

No.262 - 2011/10/23(Sun) 15:27:49

ドアラともお別れか… / インファント
ところで今季限りで落合監督が退任するでしょ
 「とてもとてもお世話になりました」

ドアラから見てどういう人なの
 「最初はとっつきにくくて近寄っちゃいけないかな、と。
  でも、人のいないところでは『元気か』なんてよく声をかけてくれた。
  今年のオールスターなんか、セレモニーの時に向こうから手をつなぎに
  きてくれた。びっくりした」

No.263 - 2011/10/24(Mon) 11:11:40

普通の優勝ではない / インファント
■森祇晶(日刊スポーツ評論家)
「フロントの嫌がらせに負けなかった/私も似た経験」

 この優勝は普通の優勝ではない。
 優勝争いの最中に監督、コーチの今季限りでの退団が相次いで発表された。
 はっきり言う。現場への嫌がらせとしか思えない。
 球団が「勝つな」と言ったのに等しい。
 そんな異常事態の中でよく勝ち続け、ゴールしたと思う。

 私にも似た経験がある。
 西武監督時代の94年、巨人と日本シリーズを戦っている最中に退団報道が出た。
 心に秘めたまま、最後まで勝負を全うしたかったのだが、表に出てしまった。
 選手に動揺するなと言うほうが無理だ。
 日本ハムが、梨田監督の今季限りの退団発表後に失速したのがいい例だ。

 この優勝は球団に対する選手の無言の抵抗であり、8年間の落合野球を否定された
 ことに対する現場の意地だろう。
 落合監督は中日という地域色の強いチームを常に優勝争いできるチームに変革した。
 そのためにはこれまでのしがらみ、なれ合いを断つことが必要と考え、周囲の不興を
 買っても立場を変えなかった。
 それが間違っていなかったことは、8年間で4度のリーグ優勝で証明されている。

 今年ほど、監督の去就がシーズン中に話題になったことはない。
 しかも優勝、CS争いの最中に。
 日本の首相も同じだが、長期的な展望を持たないまま、トップの首をすげ替えても
 一時的な効果しかない。
 ひたすら勝利を目指すからこそ、感動を呼べる。
 今回の中日の優勝は、プロ野球の本質をあらためて示してくれた。

No.264 - 2011/10/25(Tue) 11:59:48
落合解任 / インファント
いやはや呆れた事態です。なんと名将落合監督の契約打切りなんだそうです。
もちろん成績不振が原因というわけじゃないから、不可解なこと極まりない。
どうやら、落合個人が球団幹部、地元の財界人などから嫌われているらしい。
好き嫌いで人事を決めるなんてことも世間じゃ当たり前なのでしょうがない。

まあ実際、お前何様だと思ってるんだ、という態度が落合の持ち味。(笑)
私の感覚では、何と面白い人なんだろうと感じるのだが、こういうのが大嫌いと
思う人が多いのは事実ではなかろうか。好みの問題はいかんともしがたい。
多分、多くの人は自分の基準に見合った人を好きになり崇拝もするのだろう。
でも、野球の監督なんだから、見た感じで価値を決めるなんてナンセンスである。

・ガンダムのアニメやプラモデルに夢中になる人間などロクなモンじゃない。
・ドアラなどのマスコットキャラを愛好してるなんてまともな人間じゃない。
・不細工な嫁さんや無気味な息子を可愛がる悪趣味で異常な性癖は狂人である。

こういうことは他人がどうのこうの言うべきじゃなく思うべきじゃないことだが、
そういう下世話なことばかりが気になる低次元の人間も多いのであろう。
そして、事実をよく把握もしないで、勝手に偽伝説を作ったり、嘘情報を思い込む。
典型的なのが、3つの悪行伝説。

1.WBCに卑怯にもドラゴンズの選手を出場させなかった。

 日本プロ野球選手契約にはWBC参加という規約はないので、選手個人で考えて
 参加したい人はどうぞ、と落合が言ったまでのことらしい。
 すなわち、WBCで怪我をしたり疲労したりしても誰も保障などしてくれないし、
 サラリーマンじゃない個人事業主であるプロ野球人は自己責任でということだ。
 それに、WBCというのはアメリカ大リーグの資金集めのためだけの興行であり、
 そこで優勝したって、あくまでお遊びのオープン戦みたいなものなのである。
 現在ではWBCの不当性の問題がやっと議論になっている。先見性というものだ。

2.ドラゴンズ・ファン感謝デーへの不参加。(ファンサービス無視)

 これも外様落合に対して偏狭なドラゴンズファンクラブの会長が仕組んだ罠である。
 そもそも落合を招待せず、それでも落合一家が車で球場まで足を運んでいたのに、
 控室に居たのにプログラムの段取りにないと、監督の顔出しを断わってしまう。
 そして、ファン感謝デーにも参加しない監督だ、と糾弾した。酷い嫌がらせである。
 このファンクラブ会長は、今年の中日新聞の株主総会で延々17分間も落合批判を
 繰り広げ、落合排除を訴え、結果的に成功した。(現時点では会長を降りている)

3.2007年の日本シリーズ完全試合(空前の大記録)目前での山井交代。

 これは山井の指先のマメが潰れたことが交代の原因であろう。証拠もある。
 この事実には何故か目を塞いで、夢もロマンもないヤツだと批判をしている。
 むしろ、ここで交代を決意することの勇気を称えるべきじゃなかろうか?
 こんなことが出来る監督はいなかったし、これからもいないに違いない。

昨年、日本シリーズで戦って勝利した千葉ロッテの西村監督はチームの和を大切にし、
一丸となって盛り上げる勢いで中日に圧勝した。
落合ドラゴンズの地味な野球を一蹴して、名監督という評判をとったものだった。
しかし、今年はどうだろう。完全に崩壊し、最下位で不様な醜態を晒している。

落合と同様に今年限りで監督を退く梨田監督が率いる日本ハムもみっともない限り。
監督退任が報じられた翌日から負けっぱなしでソフトバンクの優勝がすぐに決まった。
これではペナントレースの醍醐味がないじゃありませんか。
最後の最後まで粘って食らい付く姿勢がなきゃ駄目でしょう。
昨年同様にシーズン最終の時期に中日は頑張って首位と2ゲーム差に肉迫している。
結果はどうあれ、これこそが落合野球。男の美学じゃなかろうか。

落合を擁護する人はオチシン(落合信者)と蔑称されているらしい。
しかし、私もそうだが、落合信者なんて居ない。アンチ落合の連中が異常なだけ。
落合を盲信なんかしていない。とんでもなく面白い人だと思っているだけ。
ダースベーダーの出ないスターウォーズなんか誰が見たいと思うだろうか?
無気味な悪役である落合監督は実は一番の人気者だったのではなかろうか?
来年はもう野球は見たいと思わないかも。

No.252 - 2011/10/03(Mon) 10:28:20

落合解任(2) / インファント
今の時点で過去の記事を見るのが面白い。
2011年8月16日の達川光男氏が語るプロ野球2011年シーズンより、
 もうこうなると、中日の不振は一過性のものではないでしょう。
 ズバリ言いますよ。
 中日の今年の浮上はありません。
 中日ファンの方には申し訳ないと思いますけどね、1つぐらい何か
 ズバリと言わなきゃいけないでしょうしね。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/text/201108150009-spnavi_2.html

「1つぐらい何かズバリと言わなきゃいけないでしょうしね」なんて自信で
書いてしまったのに、大ハズレ。(笑)後日、ごめんなさいと謝っていた。
達川さんのブログやら中継解説やらはとても面白く、個人的には大好き。
このような愛嬌があるおっちょこちょいぶりが楽しいのです。
私らは野球には素人ですが、達川氏は監督まで経験されたプロフェッショナル。
そういう方でも落合博満の真価は理解不可能なのだということがわかります。

昔だけど、温厚な上田監督が日本ハム就任時に担当記者を集めて言った言葉↓
 「私は担当記者の皆さんも、貴重な裏方さん、共に戦う戦力だと思っています。
 こちらが協力できる事はとことん協力しますから、頑張って共にファイターズを
 盛り上げていきましょう」
こういう配慮なり姿勢がないことを世論は落合さんのダメなところとしているが、
上田監督時代に日本ハムはパッとせず、スポーツ紙を飾ったこともなく、記者が
盛り上げてくれたような記憶がない。やはり勝ってナンボの世界なのだ。
極めて常識的に考えて、これが正しいのでは、と思う事をきちんとやり遂げる人だ。

一般社会で常識的な当然のことを、ちゃんと実践することは困難なようなのである。
●暴力を追放すること。
 体育会系のリンチを落合は極端に嫌う。息子も膝への重傷の酷い目にあっている。
 中日の選手が代表チームの某監督に殴られて、心身を傷つけられている。
 現ドラゴンズ内では暴力行為は(例え叱咤の意図でも)厳禁である。徹底してる。
 もし殴りたいと思ったら自分(落合)に相談しなさいと申し渡している。
 約束を破れば、コーチであっても解任してしまう。
●タニマチとの付き合いをやめること。
 相撲界でも野球界でも、ごっつあんです、という無税の副収入が欲しいものだ。
 また、政界やら財界やら地元の企業/商店主は監督・コーチ・選手と親しみたい。
 お酌をしてくれた、なんていう男芸者扱いをしたいのだ。自慢もしたいのだ。
 しかし、落合はこれを嫌っている。自分にもチーム全体にも厳しい。
 稼ぎたかったら堂々と野球で活躍して査定ベースを引き上げて勝ち取れば良いのだ。
 タニマチとの付き合いは、やがて暴力団との付き合いにも発展する。大袈裟じゃなく。

週刊新潮の2006年11月9日号によるとスズキ自動車の鈴木修はドラゴンズの応援を
やめたのだそうだ。
広報を通して「私はビジネスマンは良き社会人でなければならないと考えますが、
落合さんは違うようです」とコメントしている。
郷土への強い愛着で知られる鈴木会長は、同時に現実主義者でもあり、落合が財界や
有力者への挨拶を嫌い周囲の反発を招いたことを批判したものとされる。
『地方球団としてのあり方について落合にも一言あるのかも知れないが「ジジ転がし」の
達人とされた星野以降は減収が続く球団では営業部の落合批判は公然とされている』と、
記事はまとめている。

落合博満を「良き社会人ではない」と断定している鈴木修は何を根拠にしてるのだ。
なにか反社会的な犯罪でも落合がやらない限り、いわれなき個人攻撃にもほどがある。
名誉毀損を社の広報を通じて行う行為こそ、良き社会人と言えないのではなかろうか?

ようするに、名古屋地方にだけ愛される球団であって欲しいのだろう。
全国的に人気が出ても、お金にならない。
球場に足を運んでくれるのは来られる地域の人がメインであるし、親会社の新聞を配達
出来る区域でなきゃ部数が増えるわけじゃない。
別に勝たなくても優勝なんかしなくても監督や選手が宴会に顔を出してくれたりすれば
経営者として、ドヤ顔が出来て満足するのだろう。シーズン席も売れるのだろう。

来年からは名古屋村の地域球団を目指すようなので、全国のファンはお呼びじゃない。
全国区を商売の対象にする親会社のチームを応援することだけが正解なようである。
横浜のファンなんて、名古屋の人から見れば冗談じゃないオレのチームを横好きなんか
しないでくれ、お前は他人の奥さんに横恋慕するつもりか、といった感じだろう。
気付くのが遅かったが、ご期待に応えて、来年からは中日ドラゴンズは応援しないぞ。

No.256 - 2011/10/10(Mon) 13:22:15

落合解任(3) / インファント
上記で、ファン感謝デーへの不参加の真実として書いた内容の出所はどうやら息子の
福嗣くんのコメントのようで、多分、親父さんからの話のようだ。
落合博満さんが率直に言ったのか、照れ隠しにそう言ったのか、ちょっと怪しい。(笑)
実際の心境って、どうだったのだろう。
昨年の欠席の時点で2ちゃんねるに投稿されていた方のコメントにそのヒントがありそう。

 今シーズンの中日は惜しくも日本一・完全優勝を逃してしまっていた。
 今年の落合監督は前々から「完全優勝」を狙うと公言していた。
 また、公言していただけにファンにも期待感を煽っている部分もあった。
 だから今シーズンは死ぬほど悔しかったんだと思う。
 あと一歩だったんだから。あと一歩で完全優勝だったんだから。

 ファンの存在。お金を払ってまで応援してくれる存在感。
 どういうファンであれプロ野球に関わりのある人にとっては特別な存在だよ。
 ヤジが飛んできたっていいんだ。それで奮い立つこともある。
 絶望的な展開でも試合終了まで応援してくれる。だから次の試合も頑張れる。

 ありがたい存在だよ。ありがたいんだ。ファンは。

 だからこそファンの期待を裏切ったと思い込んでいる、
 中日の監督つまり現場の最高責任者である落合は
 みんなに顔向けできないんだよ。申し訳ないなあと思って。
 だからファン感にでないんだな、と思う。俺は。
 あと秋田人だからシャイだってのもあると思うよ、たぶん。

この内容が、一昨日買った「なぜ日本人は落合博満が嫌いか?」というテリー伊藤さんの
本の内容と殆ど似通っていた。(添付画像)
今、日本人はマスコミから与えられるシンプルな情報を鵜呑みにする阿呆になっている。
自分の脳みそで考え、推察するという大切な習慣を捨て去ってしまっている。
テリー伊藤さんも2ちゃんねるの投稿者も、なんでだろうと自分で考察している。

ところで、あまり知られていないエピソードを書いておこう。
中日にはチアドラゴンズというオフィシャルパフォーマンスチームがあります。
http://dragons.jp/fan/cheerdra/

昨年の日本シリーズで、必ず勝って名古屋に帰ってくる、と落合は約束していたのだが…。
ロッテの馬鹿力のような破壊力に遭って、これが果たせなかった。
チアリーダーのところへ落合さんが来て「すまなかった…」と謝ったのだそうだ。
彼女はあまりの突然な言葉にビックリし、おろおろしちゃったとか。
自分たちのようないわば裏方をこんなに大事な存在として考えていてくれたのか…。
そういう人なんですよ。

No.257 - 2011/10/15(Sat) 09:51:10

落合解任(4) / インファント
G渡辺会長が推薦!落合阪神なら強くなる「落合君は名監督」より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111015-00000026-dal-base
 
 “落合阪神”なら強くなる‐。巨人・渡辺恒雄球団会長(85)が14日、都内のホテルで会食後、
 阪神の次期監督候補に浮上した中日・落合博満監督(57)に太鼓判を押した。
 今季限りで所属球団を退任する同監督を「名監督」と大絶賛。宿命のライバル、猛虎再建には
 うってつけの指揮官だとの持論を展開した。

 オレ流監督なら猛虎を再建できる。
 阪神は今季、CS進出を逃した場合、真弓監督を解任する方針。
 後任候補に浮上しているのが外部招へいの場合、今季限りで所属球団を退任する中日・落合博満監督、
 日本ハム・梨田昌孝監督で、内部昇格の場合は和田豊打撃コーチやOBで評論家の平田勝男氏だ。

 渡辺球団会長は、虎の次期監督候補に浮上した落合監督についてズバリ「いいじゃないか」と断言した。
 さらに「阪神を強くできますか?」の報道陣の質問に「と思うよ」と明言した。

 理由は、シンプルだ。「あれは名監督だから」。
 今季限りで所属球団を退任する落合監督だが、「落合君は必ず、どっかから(監督就任要請が)くると。
 どっかの球団は必ず落合君を取るよ」。その手腕を高く評価した球団が招へいに動くと大胆に予想した。

 高評価は具体的だ。
 「何も動かない、愛嬌ないっていうけど、監督に愛嬌は必要としない」と寡黙な指揮官を肯定。
 さらに「度胸と判断力があれば。ジーッと座って表情、変えない。これ監督の必須の要件だね」と、
 落合監督が指揮官の理想像であるように力説した。

 巨人の球団会長としても当然“注目”していたようだ。
 今季が3年契約の最終年となる巨人・原監督は来季続投が決定的。
 「巨人は原君がいるから落合君、取れないけど、誰もいなかったら落合君、取るよ。
 原君がいるから落合君、取らないけどね」と衝撃的ともいえる発言が飛び出した。

 いずれにせよ、ここまで熱っぽく語る背景には伝統の一戦を盛り上げたい、との思いもありそうだ。
 すでに阪神の坂井信也オーナーと極秘会談していたことを明かしているが、「坂井さんともこの話を
 したんだけど、やっぱり巨人と阪神で頑張ろうと。
 そうじゃなかったらプロ野球がね、ドンドン、ドンドン、人気が落ちる一方だよ」。
 更に「やっぱり巨人、阪神が頑張ってどっちかがいつも優勝に絡むという状況じゃなかったらダメだよ」
 と熱望した。
 伝統の一戦を盛り上げるため‐。“落合阪神”が起爆剤になるとにらんでいる。

「落合阪神」が誕生するとは考え難いが、プロ野球の経営は素人の私にはわからないので何とも言えない。
しかし、もし実現すれば、プロ野球全体の興行パワーの底上げとして大変魅力的だなと思う。
とにかく集客力が問題だとか批判されている落合にとって、阪神ならば、なにも心配することはない。
しかしながら阪神は中日と同じように地元意識の高い球団であり落合アレルギーは強いのではなかろうか。
中日も落合ドラゴンズになってからは首都圏での人気はかなり高いのである。
東京ドーム、神宮球場、横浜スタジアムでは、三塁側もけっこうお客が入る。
阪神などはもっと強烈であり、横浜ではむしろ阪神ファンの方が多いのではと思ってしまう。
なのに、地元以外のファンなど要らない、というのが両球団の基本姿勢であろう。
球界全体の隆盛があってこそ、と私は思うのだが、でないと、秋田出身の落合の居場所がないじゃん。

No.258 - 2011/10/15(Sat) 10:54:28

落合解任(5) / インファント
優勝目前での3連敗でなかなか胴上げとはならないようですが、今年の中日野球の
総決算みたいな試合は、9日と10日だったように私は感じました。
  10月9日  中日 1ー0 巨人
  10月10日 中日 3ー0 ヤクルト
9日は延長10回裏のサヨナラだったのですが、注目すべきは被安打の数。
1回から10回まで、毎回ヒットを浴び、なんと11安打も打たれました。
また、翌日のヤクルト戦でも、被安打=9本。
なのに、連日の完封勝ち。
2試合で20本ものヒットを打たれていながら零封です。魔法としか思えない。

圧巻だったのはヤクルト戦での和田のバックホーム投球。不思議な封殺プレー。
スポーツニュースの映像では、タイミングは楽々セーフのように見えた。
投げた和田は39歳。山なりのスローなボールしか返せなかったみたいだった。
が…滑り込んだ宮本は41歳。ホームをブロックしたキャッチャー谷繁も41歳。
インタビューで谷繁は、いつも和田さんは易しい球を返してくれますと言ってた。
緩やかな返球なのだが、ドンピシャのストライクなのだ。タッチアウト。
易しいと言うよりも優しいという文字を思い浮かべてしまいました。

一昨日は久々に地上波で中継があったので観ていたが、桑田の解説でなるほど、と
思う場面があった。それは阿部の打った先制点の打球だ。
井端のポジショニングがおかしかった、と言うのだ。
グローブをかすめており、位置さえ適切ならダブルプレーでチェンジだと言う。
そういう極めて微妙な野球の積み重ねで中日は勝ってきたのだろう。
それが出来なかったのは、お疲れなのでしょうと桑田が言ってた。
疲れは身体の動きだけでなく野球脳の俊敏な動きにも影響しているようだ。
11安打打たれても零封したのに、一昨日は12安打で12点を失った。

中日野球の面白さは実は攻撃時よりも守備の場面で見応えがある。変なチーム。
なんだかんだとピンチを乗り越えていく。これはお見事としか言いようがない。
それじゃ、セ・リーグ球団の実際のチーム力はどういうものなのだろうか。
 1位 巨人   得失点差=51(466-415) 以下、一昨日までの数値。
 2位 阪神   得失点差=37(465-428)
 3位 中日   得失点差= 7(411-404)
 4位 ヤクルト 得失点差=▲22(477-499)
 5位 広島   得失点差=▲50(434-484)
 6位 横浜   得失点差=▲162(409-571)
実際、なーんとなく見ていると、本来の強さはこんな感じなのではなかろうか?
普通にやっていれば巨人の優勝だろうし、争うのはせいぜい阪神ぐらいのもの。
中日が優勝なんて異常事態だし、ヤクルトが優勝に絡むなんて奇跡のようなもの。

その巨人との対戦では、21回戦までの失点合計が44点。平均で2点ほどだが、
22回戦からの3試合での失点合計は23点。平均で7点以上。
中日は投手力が抜群といわれるが、そんなに凄いピッチャーがいるわけじゃない。
捕手はもちろん守備陣との連携で総合的に失点を防いでいるだけである。
この極めて微妙なバランスの上で成立しており、力でねじ伏せるパワーはないのだ。
なにがどう強いのか、わからないまま、いつの間にか上位にいる。不思議なチーム。

さあ、今日は勝つ事が出来るのでしょうか?
横浜側の許可を得て応援に急遽ドアラとチアドラゴンズ4人が駆けつけるらしいです。
横浜も今日が地元最終戦なので、そのセレモニーの邪魔にならない程度に、とか。
こういうところはベイスターズも鷹揚でよろしい。

No.259 - 2011/10/18(Tue) 17:10:40
昭和青春グラフィティ / インファント
BS-TBSでやってる「関口宏の昭和青春グラフィティ」という番組をご覧になってますか?
実は10月4日からのオープニング画面で当サイトの写真がチラッと流れています。
といってもザ・ピーナッツじゃなくて私の家族の写真です。(笑)
http://www.bs-tbs.co.jp/app/program_details/index/KDT1101000

#27「昭和の野球〜僕らの生活の中心には野球があった」 (’11年10月04日放送)では、
野球について熱く語られましたが…野球人気は近年さっぱりですねえ。
首位攻防だというのに番組再編成の時期のせいか昔の黄金カードであっても中継なし。

それならプロ野球より面白い番組をやってるのかというと…どうなのでしょうか?
サッカーとかも余り放送されないし、3流お笑い芸人がワイワイやってるだけでしょ?
一億総白痴化とテレビ界が昔、酷評されましたが、まさにまっしぐらという感じかな?

No.255 - 2011/10/09(Sun) 15:09:07
ジョブズさん死去 / インファント
米アップル社の前CEO(最高経営責任者)スティーブ・ジョブズ氏が10月5日、死去した。

彼がいなかったらパソコンもインターネットも生まれなかっただろう。
Windows95はMacintoshのパクリで一気に世界中を席巻したが、Macintoshという手本が
あったからだこそだ。屁理屈での異論は認めない。

私がMacintoshを買わなきゃ、このホームページも存在しない。
それほどコンピュータへの敷居を低くしてくれた天才だ。

ピクサーの楽しいアニメも彼が居なきゃ生まれなかった。
この世を面白く楽しくする達人だった。
合掌。

No.253 - 2011/10/06(Thu) 17:47:35
正式にスタートしました。 / インファント
新しいホームページのURLを正式に決めました。クリックしてみて下さい。
http://peanutsfan.net

文字通り、ピーナッツファン・ネットなので覚えやすいと思います。
今までのは長ったらしいですからね。(笑)
http://homepage.mac.com/infant/home/index.html

この2重存在という状態は、今後1年間続きますが、内容更新は新URL側のみ。
二つ同じ物があるというのは、まるでザ・ピーナッツみたいですねえ。(笑)
ホクロもないので見た目で区別出来ません。あははは…

なお、メールアドレスは従来通りで、今後も変わりませんので、よろしく。
infant@mac.com

このメアド、怪しい会社のみたいなので、悪戯メールが来なくて良いです。

No.249 - 2011/07/03(Sun) 09:59:48

おめでとうございます!! / のりえ
わぁすごい!!
すばやい対応でびっくり!!
すばらしいです!

これで安心ですねっ。

インファントさんおめでとうございます!!
これからもがんばってくださいね。

楽しみにしています!

No.250 - 2011/07/03(Sun) 17:27:58

Re: 正式にスタートしました。 / インファント
暑い最中、クーラーもなしで、なんとか頑張っちゃいました。
テキストや画像のファイルが全部で8600個もあったのですが、10個づつ位で
ないと途中で止まってしまうのです。(泣)
なもので、もう右手が痙攣しちゃうほどでしたが、格納は終わりました。
あとはリンクが旧アドレスになっている箇所が多いので、ぼちぼち修正します。

面白いのは、夜8時頃からネットが混み出すんだという感じがあったことです。
朝から日中まではスイスイとアップロードが進みますね。
あと、国内サーバーになったので、従来より閲覧時の反応が良くなったかも?
これからもよろしくお願いします。

No.251 - 2011/07/03(Sun) 17:52:11
一定のメドが…… / インファント
あれから色々とお勉強しまして、本体の引っ越しに一定のメドがつきました。
2週間仮契約で借りたところへ移設出来そうです。
↓このURLは仮のものです(仮設住宅?)が基幹部分はちゃんと動きます。
http://peanuts2.sakura.ne.jp/home/

従来はディスクトップ上で、サーバー側のフォルダーにドラッグしてやれば
新しいページや写真がアップロード出来たのですが、それは一般的ではなく、
WebDAVという仕様だったからだということが判りました。
http://support.sakura.ad.jp/support/manual/ms/setms_webdav.html

この仕組みが備わっているレンタルサーバーは賃借料が年間で4万円以上です。
これはプロ仕様というか、チームでホームページを作るのに適するようです。
なので本格的業務用でビジネス向けであり、個人では費用が大変です。

なので、年額5000円のレンタルサービスのサーバーエリアを借りました。
これは一般的なファイル転送でアップロードする仕組みです。
ホームページ作成ソフト(添付画像)にもファイル転送のやり方が出ています。
しかし、肝心な部分はヘルプを参照と書いてあるが、もう繋がらない。
なので、フリーのアプリでも……と思ったが、マック用は数が少ないようです。
おまけにクラシック環境(MAC.OS9.22まで)で動くものは殆どないようだ。

やっと見つけたツールでやってみたが、途中で、サーバーを見失ったなどと
いった意味の英語が出て来て、少しずつしか転送出来ないようだ。
まったく不便になった。11年前のパソコンでやってる私が悪いのかしら……。
それでもなんとかかんとか出来る……という自分に拍手を送りたい気分。

No.248 - 2011/07/01(Fri) 16:10:38
ゾッとします… / インファント
励ましのお言葉をありがとうございます。
私のところの掲示板レンタル会社も2度も移設しました。
何のお知らせもなかったので、恐らく、倒産して夜逃げしたのでしょう。
それも一度ならず二度までも…
老舗だったのに…きっとどこでも小さな企業がやってるのだと思います。

Apple社が経営不振になったというなら、まあ、しょうがないのかなあ、
とか思えるし、勘弁出来るのですが…空前の大収益を上げてる。
株式の時価総額は、24兆円で、Microsoft+Intel+Dellの合計に近づく。
なので、安泰、安泰とすっかり安心していました。

以前、Appleの都合で、ホームページ公開の仕様を新しい環境に変えた時には、
ちゃんと古いOS用の対応手段まで案内してくれて、さすがAppleと思いました。
サードパーティーが作った無料のアプリケーションが使えたのです。
だから、なにをやっても、ちゃんとサポートしてくれるもんだと思いましたが…
今度こそ確実に冷たい仕打ちになりそうです。
http://www.apple.com/jp/mobileme/transition.html

この掲示板タイトルの画像もAppleのエリアからリンクして表示してますが、
本体のページもありとあらゆるところで色々なリンク手段を使っています。
なので、単純にウエブホスティングサービスの会社に新契約して引っ越せば
それでオーケーとも行きません。変更作業量を考えるとゾッとしますね。

気持ち的にはすっかりキレてしまって、もうやめようという意識が充満してますが、
物凄い量の資料を送って頂いた皆様のご恩を無には出来ません。
なので、なんとか再出発を試みてみます。
しかしながら、新しい移設先も何時潰れるのかわかりません。
なので、出来れば、移設も容易なような構造に変える必要もありそうです。
やれやれ……。

No.247 - 2011/06/29(Wed) 18:40:35
あちゃー困ったなあ! / インファント
この秋に、Apple社はiCloudという新しい環境をリリースすることになったらしい。
そりゃ、なんでもお好きなように…とか思ってたんだけど…とんだとばっちりが…
http://www.apple.com/jp/icloud/

現在、私のホームページの本体(実体)はアメリカ本土にあります。
そこのエリアを40ギガほど有料で借りているわけです。毎年契約更新しています。
ところが、この度のiCloudの登場に合わせて、このレンタルサービスが無くなります。
なので何もしないと私のホームページは消滅してしまいます。

iCloudは無償ということですが、サービス機能が限定されてしまいした。
おいおい、時代逆行じゃないのか?
しかしながら、どうやら、そういう時代になってしまったということなのでしょう。
ツイッターとか、もっと簡便な情報発信が主役になっているのです。
思いの丈をじっくりと長文で、画像も添えて、というご時世じゃなくなったんです。
軽薄短小、ののしり合いみたいなやりとりがネット上での主役になったのです。

iMACという可愛いパソコンが一昔前に出てブームにもなりました。
これは愛マックじゃなく、インターネット・マックの略称なのです。
13歳とかの子供でもiMACを開梱してインターネットに繋ぐまで、17分間という
易しさ、優しさが売りだったと思います。

と同時に、あなたでも簡単にホームページが作れるんです。というアピールもあり、
本当かいな、と私も試してみたら、3時間ほどで骨格が出来てしまいました。
あとは中身を増やすだけで、今日まで来ています。

Adobe PageMill(頁見る?)という一昔前の極端に原始的なツールで作っています。
ネット上へのアップロードなんてのもパソコン上でドラック&ドロップなんです。
ファイル転送なんて、どうやってるのか、さっぱりわかりません。
要は結果、出来りゃいい、理屈などさっぱりなんです。

なので…新たにレンタルサーバーを借りて、お引っ越し…となると、技量不足です。
おまけに、ホームページの作業を行っているパソコンは2000年に買った代物。
最新のOSは搭載不可能で、たとえ入れても動きません。
新しいレンタルサーバーはそんな古いOSは絶対に相手にしてくれるわけもない。
今更、ホームページの基本的な作り方から管理の仕方なんて覚えるのは嫌だなあ!

世の中の進歩に合わせてコンピューターの環境も進化させるのは仕方ないけれど、
ユーザーが作ったコンテンツまで使えなくするという態度は納得出来ませんね。
天下のAppleだからこそ信頼していたのに…
おだてて二階に上げておいて梯子を外すようなことは人道的じゃない。非道だ。

Apple社のツールでホームページを作っている皆様へ、という通知で、お詫びとか、
代替えサービスや、他社サービスへの移管方法とか、なにかやり方があるだろうに。
ユーザーのコンテンツを守り、尊重する、そういう姿勢がないと今後に響くよ。
業績が良くて、ちょっと調子に乗って、いい気になっているようだ。
Macintoshが絶滅か、と騒がれても、私達が守って育てた。それを忘れるなって!

No.245 - 2011/06/28(Tue) 10:51:03

お引越しがんばれーーっ / のりえ
インファントさんこんばんわ。

ホームページどうしたらいいか どこに持っていくのか
本当に悩まれますね。
いいところがありますように。

私の場合5年間ずっと有料でお借りしていた掲示板が
6月30日を持って消滅、だそうです。
過去ログ すべて保存、というのが魅力でした。
2つも借りていたので 通知が来たときはショックで立ち直れませんでしたけれど
どうにもならないので諦めることにしました。

もう そういう時代になったのだなぁ、と
自分に言い聞かせています。

10年ひとむかしと言いますけれど
2002年の頃は 掲示板が本当に楽しくて
とにかくウキウキしました。
盛り上がって 大笑いできる場所でしたよね。
掲示板がきっかけでたくさんの方と知り合えました。
それを思うとしんみりします。

私もホームページ ページが多く
今 終わりです、って言われたら途方にくれてしまいます。

インファントさんのホームページは
本当に充実していて
みなさんの道しるべになるページですから
どうか お引越しがんばってください。

本当に世の中の移り変わりの激しさにびっくりします。
自分はアナログ人間のような気がしています。

No.246 - 2011/06/29(Wed) 00:29:34
もしドラ(2) / インファント
NHKプレミアムの新日本風土記を見ていたら、お人形の話あれこれだった。
印象に残ったのが文楽人形。
なぜ人形でなければならないのか。人形が演じることが何故重要なのか。
その答えは、よけいなものが入り込まない、ということ。
人間が演じてしまうと、その人間の不純な表情や演技が入り込んでしまうのだ。
雑味がない。ピュアである。これが人形を使うことの醍醐味だったのである。

私がアニメじゃないと嫌だと思うことの答えがここにあったと思った。
アニメじゃないと描けない世界がある。
写真じゃなく絵画でなければ描けない面とも繋がる。

「もしドラ」の主人公=川島みなみは子供の頃、野球が大好きだった。
「おい、みなみ、子供の頃、二人でよく行ったバッティングセンター……
 久しぶりに寄ってみないか?」
「ひゅー!! さすがみなみ!!」
「オマエ、やっぱりスゴイな、何年たっても体は覚えているもんだな」
「もういいよ……そんな話は……」

……小さい頃、私は野球少女だった。
「私、プロ野球選手になれる?」
「なれるさ! 一生懸命、練習すればな!!」(父)
男の子が産まれたら野球選手にしたいと願っていた父は私に野球を教えた。
でも、6年生になる頃から周りの男の子たちはどんどん体が大きくなった。
そして、私よりもずっとヘタだった次郎ちゃんも、めきめきと実力を伸ばして
いった。私はついにレギュラーを降ろされた。
「……え?」
「私……プロ野球選手になれないの?」
「なれないのね……」
周りのみんなが知っていたのに、私だけが知らなかった……
私は裏切られたと思って、野球をやめた……

こういう世界を実写で描けるのか。無理でしょう。
AKBの女の子じゃ、そんな鋭い打撃フォームなんか出来るわけがないじゃん。
でも、そうでなきゃ、「もしドラ」のみなみを演じる資格がないはず。

資格と言えば、下の場面をどうぞ。
「学ぶ事のできない資質、後天的に獲得できない資質」
「始めから身につけていなければならない資質が一つだけある」
「才能ではない真摯さである」
どこかの国の総理にもっとも欠けている要素ではないだろうか?
アニメから学ぶべき点はこの世に多過ぎる。

No.244 - 2011/06/26(Sun) 13:07:55
夏の節電対策 / インファント
この夏は電力供給能力がピンチということで、我が家もなにかしなきゃと思った。
そこで、玄関通風ドア(玄関網戸)の取り付けだ。
http://www.lifeservice-amido.jp/

既に両隣のお宅がやっている。涼しそうだ。来週の火曜日に取り付けが決まった。
そもそも、我が家の位置は丁度ビル風のような流れが来る場所なので玄関の前は
雪や枯葉がいっぱい集まってくるホットコーナー。
初めてエアコンを取り付けた日に工事人が、ここ涼しいじゃないないですかあ、
エアコン要らないんじゃ、なんて冗談を言ってたけど、春に娘が生まれたので、
赤ちゃんにアセモでも出来たらかわいそうということで買ったのだ。

それも古くなったので一昨年、エアコンを新調した。
家電量販店で下見をすると、なんと今じゃ200ボルトの電力で動かすタイプが
主流だったこともわかった。屋内配線はそのままで200ボルトに対応出来た。
いやはやこれはパワフルで、従来のなんか問題外。
しかしながら、エアコン停止が家庭で出来る最善の手段なのである。

テレビなんかで、怪しげなことばかり言っている。電気メーカーの宣伝だろう。
LED、LEDと呪文のように繰り返している。
節電効果が90パーセントだとか、大騒ぎだ。
それって白熱電球との比率でしょ???
白熱電球など、とっくの昔に我が家には存在しない。ふつう蛍光灯タイプだろうよ。
対蛍光灯タイプとの比較など、一度も見たことがない。これじゃダメじゃん。

街の街路灯、防犯灯が節電対策で間引きされ、ひったくり犯罪が増えているらしい。
バカもバカ。大馬鹿者の大たわけ。大うつけ。アホの極みだ。
夜間の節電など何の意味も無い。どうしてこんなにヒステリー馬鹿が多いのだろう。
東京タワーや通天閣も夜間照明を抑制するという。超ナンセンス。
サマータイム導入だと(笑)。馬鹿馬鹿しい。気が狂っているとしか思えない。

必要なのは、肝心なのは「消費電力ピーク時間帯の節電」なのである。
一日トータルでの節電なんかじゃない。そう思ってるお馬鹿さんが余りに多過ぎる。
それはそれで無意味じゃない面もあるけど、それはエコロジーのお話。混同するな。
消費電力ピーク時間帯とは、ほぼ「午前10時から午後4時」と考えてよい。
サマータイム制なんかやったって、この時間帯を外すことは出来ないじゃないか。
待機電力の無駄の排除なんてのも、なんか偉そうに言ってる。
2パーセントとか6パーセントとかメディアによって節電出来る推定値もバラバラ。
そんな、こまけーことはどうでもいいんだよ、ボケ!

夏の電力対策は、エアコンを使うな、ということに尽きる。それっきゃない。断言。
もーちろん、ピーク時間帯が過ぎれば、じゃんじゃん使うべし。
寝る時には入れっぱなしをおすすめする。安眠こそ夏を乗り切る大切な健康管理です。
今時のエアコンなら適度に冷えますし、外気温との差も小さいので電力も少ないはず。

モーター物は電気を喰うので、洗濯機や掃除機はピーク時間帯を避けて使うべし。
帰宅後にやるより日中にやれという大間抜けのワイドショー放送もあった。気違いだ。
評論家なんてのはウソも平気で言うし、電気メーカーの販売促進も兼ねている。

No.242 - 2011/06/23(Thu) 11:32:47

暑いが… / インファント
今日は関東地方に猛暑が襲い、6月としては記録的だそうだ。
現在、家の中の温湿度は、29.5度/67%。(午後2時)
温湿度計はいい加減な代物なので正確じゃないと思うが、こんなものでしょう。
これぐらいならまだ我慢出来る感じかな。
早く玄関網戸がくることを期待。温度よりも風があれば体感が違うと思う。

No.243 - 2011/06/24(Fri) 14:02:15
セーラームーン / インファント
今頃なんで……、ではありますが、最初の映画版DVD買ってしまった。
勿論、TVシリーズ全200話は当然、映画版も派生シリーズもLDで持ってます。
いわばコンプリートなんですが、音声仕様がちょっと違うのと画質も良さそう。
DVD版は娘が持っていそうだけど、まあ、ダブリでもいいでしょう。

公開当時、メイン客層である子供たちだけではなく同伴した多くの大人をも涙させた。
なんて、ウィキペディアには書いてありますが、私は今見ても感動しちゃいます。
アマゾンの顧客コメントもなかなか良いことが書いてあったのでアーカイブしました。
http://homepage.mac.com/infant/gentei/SERAMOON.html

「もう誰も独りにはしない」これほど優しい言葉があるでしょうか。

いやあ、いいコメントだなあ。
誰も死ぬわけじゃないし、傷付くわけでもない。そういうお話じゃない。
なのに感涙しちゃうのです。要素の一つは音楽でしょう。

ジブリ作品には感心するけど、感動はしません。
大人が子供向けに作ったクールさが気に入らない。出来映えだけじゃないだろう。
家内はこういうアニメは一切受け付けないみたいです。(笑)
世の中には二種類の人種が居る。アニメに感情移入出来る人と、出来ない人。
まあ、それでも仲良くしなきゃね。「もう誰も独りにはしない」だよ。

No.241 - 2011/06/21(Tue) 17:29:42
地震その後 / インファント
ここ最近は体感地震は殆ど無くなっているが、時々、ミシッと変な音がする。
気のせいかと思って、後でネットで見ると、ちゃんと地震が起きている。
極めて憶病者なので、耐震グッズなど色々買い求めテレビや家具を固定した。
先日、東京ガスの人が来て、マイコンメーターの復旧の仕方の説明があった。
なぜかというとマンションの7階以上で、地震を検知して止まったらしい。
上の階ではけっこう怖かったという話を聴いていたが、やはりそうだったのか。

我が家では揺れはしたのだが、2本足で立っている小さな人形が倒れただけで
被害というものはなく、当地区の震度5弱というのはこれくらいの揺れだなと
思ったのだが、ガスのマイコンメーターは震度5程度で弁を閉めるそうなので、
5弱というのは微妙なところなのだろう。

図のように住んでいる所はトリプルジャンクションに挟まれていて地面の下は
複雑怪奇な地層になっているらしい。大地なんていうが安心出来ない代物だ。
元々、この地は震度3程度は年中行事であり、地震慣れしてはいるのだけれど、
さすがに3.11の地震は怖かった。
とにかく長くて、段階的にだんだん揺れが大きくなるなんて未知の世界。
どんな地震も1分以内に収まるので、なんて、学校や会社の避難訓練で習った
ことがウソであったことがなおさら恐怖心を大きくした。
東北地方に住んでいる人は余震の強さや回数も半端じゃないので怖いだろうな。

No.240 - 2011/06/13(Mon) 12:41:09
小林研一郎(2) / インファント
チェコ・フィルハーモニーとくれば、スメタナとかドヴォルザークかな。
というわけで「新世界より」を買ってみました。(単細胞?)
ところが、小林研一郎指揮・チェコ・フィルの盤が2種類あり、殆ど同時発売。
ひとつはセッション録音(録音目的の録音)で、もうひとつはライブ盤。
録音場所は同じホールなのです。録音日も一日違うだけ。
さあ、どっちがいいのか悩みます。(2種類買うほどのファンじゃない)

基本的に私はライブ録音は嫌いなのですが、SACDはライブの方だけなので、
そっちにしました。
ライブは3日間同じプログラムで行われたので、良い所を集めた可能性もある。
3000円は高価かもしれないけど、小澤征爾さんみたいな人気はないのだし、
そんなに売れるとは思えないので採算ギリギリじゃないかな。
こういう録音は素人考えでも大変なコストがかかると思うので仕方が無いです。

小林研一郎さんは演奏中によく「うなる」人みたいで、それも録音されています。
先日、タモリ倶楽部という番組でも雑音の多い録音シリーズで紹介されてました。
鑑賞には基本的にジャマなので静かに指揮して頂きたいものですが……。(笑)
宮川泰さんもザ・ピーナッツの「アモ・ソロ・テ(あなただけが)」でうなって
いますので、気合いが入ると、指揮者はどうもうなるみたいです。
都はるみさんは「北の宿から」では、うなるのを止めた歌唱で録音したのですが、
紅白の舞台じゃ、我慢しきれなくて、うなってましたね。あれと同じでしょう。

うなるだけじゃなく、ドンと足踏みもしちゃいます。
それに、シャーという息遣いも派手なので、こういうのが嫌な人はコバケンは無理。
私はそれほどうなるのが気にならないのは、うなっている箇所なのだと思います。
別にデカイ音を要求するところでうなるわけじゃないみたいです。
ここは情念をこめて弾いて欲しいという箇所でうなる。で、こっちも感情移入出来る。
それは弦楽器群と一緒になってうなっている。つまり弦楽器にその気になってくれと
意思表示していると思うのです。そうじゃないかなと感じるのです。
どういうわけか、弦楽器というのは、そういう思いを醸し出せる楽器みたいですね。
弾けないし、触ったこともないので想像に過ぎませんが、そういう感じがするのです。

うなる場所とかに限らず、音楽の運び、うねりも何となく私の琴線に触れるのです。
その感じ、わかるよ。そうこなくちゃ。てなわけで、もう他人とは思えないなあ。
調べたら、小林研一郎は福島県の出身。私の親父も福島生れで福島育ち。
遺伝子の半分は私も福島なんです。福島の地震、津波、原発災害は他人事じゃない。
ネットなどの悪口では、コバケンの音楽はクラシックじゃなくクラシック風演歌だと
いうことらしい。洗練されていないということなのでしょうか?
別に演歌風でもなんでもいいじゃありませんか。他人じゃなく私が聴くのですから。

以前に買った、ケルテス指揮ウィーンフィルハーモニーの新世界を改めて聴いてみた。
いやはや、これは、やはり凄い。ちょっとかなわない。超決定版だ。なぜだろう。
ケルテスってハンガリー人だし、ウィーンフィルも作曲家とは無縁の国民楽団である。
けっして、新世界の本場ものという代物じゃない。民族性とは何も関係なんかない。
チェコフィルの方が地元風味だと思うのだが、そういう感覚もまるっきり判らない。

ケルテスはこの録音時はまだ32歳なのであったし、地元のオーストリア人でもない。
どうしてあの気難しいウィーンフィルハーモニーをドライブ出来てしまったのだろう。
こんなのは奇跡としか考えられない。
それにまた録音が素晴らしい。なんと、うんと大昔の1961年の録音なんだ。
シャボン玉ホリデーが始まった年。モスラが上映された年。そういう時期なんですよ。
その年に、こんな素晴らしい録音が出来たということも奇跡でしょう。
ほんとに凄いよ。最新録音にちっとも劣るところがない。素晴らしい美音の洪水。

しかしまあ、こういう神技演奏を聴いても、コバケンのもけっこう楽しめます。
どっちも良いし、どっちも聴きたい。どっちも聴けることが幸せなのでしょう。
同じ譜面なんだけど、まったく別々の聴く歓びがある。クラシックはこれが愉快です。
カラヤン指揮ベルリンフィルのも良く聴いたけど、これも完璧な演奏。見事そのもの。
小澤征爾指揮ウィーンフィルハーモニー(ライブ)も細部が凄いがあまり面白くない。
外山雄三指揮NHK交響楽団なんてのも買ったけど、これは何故かつまらなかった。
なんだがわからないが、楽しめるか、楽しめないかの違いはあるみたいです。
あんまり科学的じゃない。うーん、専門家じゃないので、うまく説明が出来ません。

No.237 - 2011/06/01(Wed) 08:39:38

明珍火箸 / インファント
ドボルザークの新世界では第3楽章でトライアングルが活躍する。
活躍とはいっても隠し味として使われているのだが、存在意義は大きいと思う。
レコードで聴いていた時は、そんなに意識しなかったのだが、初めて生演奏を
聴いた時に、その鮮やかな鳴りっぷりに驚いた。
ベートーベンの第9の第4楽章でも、これがないと音楽が死んでしまう。
なので、以後、この響きがちゃんと聴こえないと駄目なオーディオだと思った。
これが、それらしく聴こえるためにはMCカートリッジは必須とも感じた。
CDの時代になっても、これが装置のひとつの目安だと思う。

ところで、こういう良い音というのを先日テレビでやってたと気づいた。
それは家内の故郷の物産でもある「明珍火箸」。
http://www.e-himeji.com/myochin.htm

これでトライアングルを作ったら、さぞかし良い音色じゃなかろうか?
しかし、余韻が長く尾を引くので、楽器としては問題かもしれない。
風鈴としては良さそうだし、最近、地震があっても揺れが小さいので分かりにくい。
これが室内にぶら下がっていたら、あ、揺れたな、と気づくかな、とも思った。
しかし、かなり高価であるし、先が尖っているので、落ちたら危険かも。
う〜ん。迷いますねえ。

No.238 - 2011/06/12(Sun) 11:52:10
小林研一郎 / インファント
ベートーベンの録音など長い指揮活動なのでたくさん残されているのではと思ったが、
意外や意外、最近になってやっとCDが発売され出したようなのだ。
ライナーを見ると、すでに過去ベートーベン交響曲全集も録音したそうなのであるが、
芸術的良心から発売を見送っている。つまり自分で気に入らなかったということ。
それが、チェコフィルとの録音で、やっと出始めた。満を持してという感じ。

先日、小林研一郎指揮の東京交響楽団の演奏会を聴いて、この指揮者が気に入った。
「炎のマエストロ」とか言うキャッチフレーズが有名なのだが、炎とは感じなかった。
むしろ、情け深く精細な指揮者というイメージを持った。
ワンマンという感じは全く無くて、オーケストラの演奏者を際立たせる指揮のように
感じたのだ。東京交響楽団から、こんなに素晴らしい音が出るなんて想定外だった。
東京交響楽団には客演であったことも一因かと、あの日は思った。

どんな風なベートーベンの演奏なのだろうと思ったが、極めて自然なものだった。
しかし、どういう魔法なのか、音が芳醇で、味わいが濃く、とても美しい。
華麗ではないが、こんなに豊かな響きのベートーベンは聴いたことがない。
なにか、普通の演奏を聴くよりもとても得をした気分になった。
こっちがSACDで聴きたいと思っている音の期待に十二分に応えるかのようである。

ベートーベンというとどこか水墨画のようなモノトーンに聞こえるのが普通である。
決して心地よい響きにはならない。そういうものだと思っていた。
聴覚を失った作曲家が脳内で作ったのだからガチガチの精神世界になってくるような
そういう音楽だという概念を抱いていた。
それがどうだろう。こんなにハーモニーが素敵で、響きが豊潤で、愉悦感があるのだ。
器楽の演奏って楽しいな。合奏っていいな。そういう音楽本来の歓びがここにある。

「英雄」だの「運命」なんてタイトルはどうでも良くなってくる。
SACDだから良いのか、録音の腕が良いのか、オーケストラが凄いのか。
そういうことを忘れてしまう。アンサンブルがどうのなんて、どうでも良い。美音だ。
こんな風にベートーベンのシンフォニーが鳴る。これは小林研一郎の魔術なのかなあ。

ベートーベンの交響曲はヴァントと北ドイツ交響楽団のSACD全集で満腹だった。
あれ以上の技術やら工夫は邪道だと思っていた。
「運命」の第4楽章は、そちらが凄い。トロンボーン隊がちゃんと聴こえる。
世界で初めて交響曲にトロンボーンが登場したのに、それが聴こえる録音は殆ど無い。
何故かというと、縁の下の力持ち的に鳴らすのが習慣だからであろう。
ヴァントさんは田舎の爺さんだから、他の人の演奏なんか聴いたことがないらしい。
それで楽譜通りの演奏でありながら、ユニークな出来映えになっていて素晴らしい。

しかし、21世紀のベートーベン録音はこっちだろう。
解釈が新しいというような意味じゃなくて、精緻なデジタル録音の恩恵がここにある。
もう、古臭い名人芸はいらない。恐らく、この演奏が現時点の世界最高レベルと思う。
コバケンさんの人気や、CDの売れ行きは知らないが、これ、凄いと思うよ。
チェコフィルの音って、とてもチャーミング。これも好きになっちゃいそう。

No.236 - 2011/05/30(Mon) 23:39:50
CD三種の神器 / インファント
これはなあ……ありえない理屈だろうなあ〜と買うことを躊躇して約10年。
まあ、いっぺん騙されてみようかと思って、ついにゲットしてしまいました。
アコースティックリヴァイヴのRD−3というCDの消磁器(笑)。
(笑)と書いているように、この理論を信じることは正気の沙汰ではないような気も
しますが、試聴してみないことにはなんとも言えないのであります。
http://www.acoustic-revive.com/japanese/rd3/rd3_01.html

……で……どうだったのか?
いやはや、ど〜も……これは凄いですよ。魂消ました。
普通のCDが、こんな音質で聴けるものなのか! 驚天動地の大事件です。
そう思う、感じるのは、お前が気違いだからだ、異常者だと言われても構いません。
これは効果があります。断言しますが、証明は何一つ出来ません。それは後述します。

オカルトだ、と言われてもOK。自分が感じたことを自分は信じます。
そういう意味で、オカルトの三大グッズを揃えてしまったことになりました。
もちろん、他にも音質改善グッズは多数ありますが、私的にはこれが三大怪獣です。
そのひとつ。
http://ichinose.tblog.jp/?eid=205170

二つ目は、
http://www.foq.jp/products/stabilizer/ds25e.html

こうして俯瞰すると、
 RD−3………………不要な磁気の排除
 SK−CD……………不要な静電気の排除
 DS−25E…………不要な振動の排除
ということになりますが、いずれもミクロの世界。微弱な影響があるかないかの世界。
磁気、静電気、微振動なんてものが、どの程度、音質に影響するものなのだろう?

え〜この一文は実は3月11日に書いたものなのです。
下書きしてアップしようと思ってたら、グラグラグラっと例の大地震が来ました。
なんということでしょう。
ちょうどこの機器を作動させていたら揺れ出したのです。気味が悪いので暫く中止。
まさか磁気が関係するわきゃないよねえ。(笑)
そろそろ余震も当方では収まってきたので、そろそろいいかなとか思いました。

No.228 - 2011/05/08(Sun) 17:48:18

Re: CD三種の神器 / ひろすみれ
インファントさん、こんばんは。

楽しいご報告ありがとうございます。
執念ですね。
会社に大型な消磁器(しょうじと入力すると違う文字がでてきますね…)
がありますので一度試して見ましょう。
私のシステムで判別できるかわかりませんが、
この場合、両面行うのがよいでしょうか?

No.229 - 2011/05/11(Wed) 19:56:57

Re: CD三種の神器 / インファント
「しょうじき」で変換すると「東海林機」となったりしますね。(笑)
シンセサイザーのことかしら、なんて思っちゃう。
消磁器の効果などは正直(これも、しょうじき)言って良くわかりません。
しかし、科学的にデータとして有為となっていないものは無いとみなすのも乱暴。
放射線が20ミリシーベルト以下であれば赤ちゃんの健康にも影響なしといっても
かまわないと言ってるのと同じ。本当にそれでいいのか、という問題と同じ。

CDには、ここまでの音しか入っていない、なんて誰が立証出来るのか?
プレーヤーの電源を入れて直ぐの音は酷い音ですが、恐らくデータ的には同じかも。
放射能の問題も同じで、健康面の影響は統計的に問題ないとか言っても心配です。
人間の聴覚はCDフォーマットの範囲で十分だと言われてもSACDの音質を聴けば
一聴瞭然。圧倒的。……なんだけど、それを理論的に説明出来ない。
人間の現在の科学レベルがまだ低いだけなんだと思います。

なぜか、上記の3つのグッズの効果って、全部向かう方向が同じなのです。
ギラギラ感が消える。喧しさが消える。刺激的でなくなる。静寂感が増す。
こういう傾向はCDプレーヤーのアイドリング効果とも似ているのです。
だから……もしかすると、あれこれやってる時間でプレヒート、ウォームアップが
行われているのではないかという疑念もあります。
CDの裏表を消磁すれば、ますます待機時間が増えるので、効果が進むのかも?
さあ、どうなのでしょうねえ。そういう謎の部分もあって面白いのかも?

聴いてみて良いと思ったら、悪影響がない限り、やってみるのは無意味じゃないと
思います。いずれなにかしら科学的根拠が判るんじゃないでしょうか?

No.232 - 2011/05/29(Sun) 12:47:12

Re: CD三種の神器 / YASU
昔、DISK DEMAGNETIZER RD-2を使っていました。
古い話でどのような効果か忘れてしまいましたが、CD聞くたびにこれで消磁することが面倒になり手放してしまいました。

今は自宅にCDプレーヤーはなく、iPod(Classic)+ONKYO ND-S1の生活です。

No.233 - 2011/05/30(Mon) 07:45:18

Re: CD三種の神器 / インファント
消磁は何ヶ月に一度という頻度で良いのではと考えています。
そんなに着磁する機会はなさそうだから。
一方、静電気除去は都度やってます。もう習慣化しております。

iPod(非圧縮)デジタル接続最強伝説があるらしいですね。回転系なしだから。
私の友人も、CDPは悪でしかないとばかり、全部パソコンのHDに入れてます。
私もヤマハのCDR-HD1500からのHD再生で聴いてみましたが、いまひとつでした。
HDも回ってるから駄目?(笑)
結局、DAコンバーターも含めたアナログ部の品位が課題かなと私は思います。

No.235 - 2011/05/30(Mon) 15:35:26
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
261/300件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 18 >> | 画像リスト ]