02040

離床相談コーナー

※投稿・返答は日本離床研究会会員およびE-MATメンバーのみです。閲覧は誰でも可能です。
※ 投稿される前に必ず規約をお読みください:利用規約(PDF)
名前
お悩み事
相談内容
※相談の編集・削除を希望する場合やパスワードを忘れた場合は
@記事タイトル , A投稿者名を準備して、事務局宛にご連絡ください。
※投稿パスワードは、研究会より配布されているパスワードです。
投稿パスワード
血液データ アルブミンについて

大久保 直哉

お世話になっております。
先日参加させて頂いた2度同じ失敗を繰り返さないための血液データ判読講座の内容についてご質問させていただきます。
栄養状態のアセスメントの項目で、急性期では炎症反応や侵襲による影響からアルブミン値が低下すると伺いましたが、炎症反応や侵襲による影響も半減期である21日後に反映されるのでしょうか?

No.163 2018/03/30(Fri) 18:06:09


> Re: 血液データ アルブミンについて / ユトレヒト

炎症や侵襲によるアルブミン値の変動も20日くらいかかります。この場合、低栄養か炎症かの鑑別として、CRPなどを併せてみることが重要となります。


> お世話になっております。
> 先日参加させて頂いた2度同じ失敗を繰り返さないための血液データ判読講座の内容についてご質問させていただきます。
> 栄養状態のアセスメントの項目で、急性期では炎症反応や侵襲による影響からアルブミン値が低下すると伺いましたが、炎症反応や侵襲による影響も半減期である21日後に反映されるのでしょうか?

No.164 2018/04/07(Sat) 00:20:04


> Re: 血液データ アルブミンについて / 大久保 直哉

お返事ありがとうございます。
今後、血液データを確認する際には注意していきます。

No.165 2018/04/15(Sun) 07:49:01

ドレーによる離床基準

田村

病院で離床マニュアルを作成しているんですが、ドレーンの排液量、色、質による離床できるかみれると言われ、調べているのですが、ドレーンの排液量、質、色による評価で離床できるか判断できるものが見つけることができていません。
なにかドレーンによる離床判断基準があれば教えてもらいたいのですが

No.161 2018/02/16(Fri) 16:56:06


> Re: ドレーによる離床基準 / 海幸山幸

ドレーンの種類にもよると思いますが、
どのようなドレーンのことでしょうか。

例えば脳室脳槽ドレーンでは離床は禁忌かと思います。


> 病院で離床マニュアルを作成しているんですが、ドレーンの排液量、色、質による離床できるかみれると言われ、調べているのですが、ドレーンの排液量、質、色による評価で離床できるか判断できるものが見つけることができていません。
> なにかドレーンによる離床判断基準があれば教えてもらいたいのですが

No.162 2018/02/20(Tue) 00:01:48

運営の方々へ 感謝を申し上げます

3年目ST

相談ではありませんが。
日本離床研究会が主催する勉強会に参加したおかげで、本日の業務内で呼吸機能が低下した患者さんの呼吸困難感及び酸素化を改善することに成功しました。
患者さんとそのご家族に、根拠を説明しながらアプローチを行ったおかげで、納得と快い協力をいただくことができました。
本当にありがとうございます。これからも積極的に勉強会やセミナーに参加してまいりますので、よろしくお願いします。

STも呼吸療法士を目指せれば良いのですが…。

No.159 2017/11/28(Tue) 23:04:04


> Re: 運営の方々へ 感謝を申し上げます / 日本離床研究会一同

3年目ST様

素晴らしいご報告ありがとうございます。
日本離床研究会が発信する情報が、臨床家の皆様が関わる患者さんやそのご家族の為になることが、当会メンバーの目的であり最大の喜びです。

今後ともよろしくお願いいたします。


> 相談ではありませんが。
> 日本離床研究会が主催する勉強会に参加したおかげで、本日の業務内で呼吸機能が低下した患者さんの呼吸困難感及び酸素化を改善することに成功しました。
> 患者さんとそのご家族に、根拠を説明しながらアプローチを行ったおかげで、納得と快い協力をいただくことができました。
> 本当にありがとうございます。これからも積極的に勉強会やセミナーに参加してまいりますので、よろしくお願いします。
>
> STも呼吸療法士を目指せれば良いのですが…。

No.160 2017/12/02(Sat) 09:27:23

脳卒中の離床

kutuwa

脳卒中の早期離床時の血圧管理について研究できたらなと思っているのですが、先行研究の調査を行なっているのですが、海外も含めて現時点でなにが分かっていて、なにが分かっていないのかを明確に整理しているのですがら自分では不安で教えて欲しいです。

現在私が課題としようと思っているのが、「麻痺側上肢の筋緊張と血圧の相関関係」です。実際に離床を図らなければいけないような、高次脳で状況理解が悪く、非麻痺側で動いてしまうであったり、不穏な患者様は非麻痺側に点滴を打たれ、ミトンをつけられて拘束されている患者様が多く、麻痺側にマンシェットを巻かれ血圧管理されている方が多いい気がします。そう言った方は、血圧管理が出来ず、離床困難となり安静度が上がらなかったりとかする患者様が多いいような気もします。その人に、非麻痺側で計測すると血圧に乖離があり、麻痺側上肢が非麻痺側の過剰努力により、連合反応が強くなってしまっている結果ではないかともおもうのです。
よって筋緊張との相関関係をとり、早期離床に繋げられたらと思うのですが…

No.157 2017/10/15(Sun) 18:38:00


> Re: 脳卒中の離床 / rocket

とても臨床的な疑問だと思います。
確かに麻痺側で血圧測定してあり、
その値信じていいの?ということがあります。

相関を調べるという点では、
MASと血圧のデータを集めてみては
いかがでしょうか。

No.158 2017/10/26(Thu) 18:58:43

吸引時の姿勢について

3年目ST

初めて投稿します。
最近参加した勉強会で、肺上・中・下葉の吸引時に起き上がりの姿勢は、オールマイティーに使用できる手段と伺ったのですが、
普段Nrsさんが吸引をされる際は、ほとんどの場合において患者さんを仰臥位(ベットフラット)にします。理由を伺うと、「唾液や分泌物を嚥下し辛い姿勢にするため」とのことでした。
吸引時の姿勢は、起き上がった方が良いのか、仰臥位(フラット)の方が良いのか、それとも単に私が勉強会で勘違いをしてしまったのか。
吸引時のより良い姿勢はどんな姿勢なのでしょうか。
よろしくお願いします。

No.152 2017/09/29(Fri) 22:17:11


> Re: 吸引時の姿勢について / kyuan

3年目ST様

吸引時の姿勢について,
私の考えですが回答します.

吸引時の姿勢は決めていません.

一番の目的は中枢気道部まで上がった痰を,
短い時間で苦しさを最小限にして,
吸い上げるかを考えて吸引します.

例えば,ヘッドアップ上で口腔ケアをしている時に,
痰が上がってきたら,わざわざ仰臥位にして吸引しますか?
私の答えはNOです.
しかし,気道が狭い患者さんで仰臥位の方が,
気管内にカテがスムーズに挿入できるなら,
仰臥位に戻すかもしれません.

まずは,気道を広げ素早く吸引できることを考えます.
そのためにも患者さんの特徴を
リハスタッフや看護師と連携を取ることが大切だと思います.

case-by-caseでいかがでしょうか?

書籍やWeb上では,仰臥位が吸引しやすいとのことですが,
それは頭部固定ができ,気道を広げた吸引が行いやすい姿勢だからだと思います.

吸引時にカテの挿入方向など意識して,
短時間に苦しさを最小限に抑えて行うようにしたいと思っています.

No.155 2017/10/11(Wed) 13:18:55


> Re: 吸引時の姿勢について / 3年目ST

kyuan 様
丁寧なご回答をありがとうございました。

No.156 2017/10/15(Sun) 18:11:09

※相談の編集・削除を希望する場合やパスワードを忘れた場合は
 @記事タイトル , A投稿者名を準備して、事務局宛にご連絡ください。
※投稿パスワードは、研究会より配布されているパスワードです。
41/100件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >> ]