187875
Sample BBS

アイコンとカウンターの数字にはぱたぱたアニメ館さんの物を使用(変更可能)。
このサンプルでは HTML タグの投稿制限は行っていません。
(スクリプトを含めたあらゆるタグが投稿可能な設定です)

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 投稿回数 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定
海賊(舞台・ファイナル・ト―ク)1 / 光 [九州] [管理者が]
光「初めて逢った時、俺は未だ18歳だったもんね。」
亮太「

No.7285 - 2013/02/16(Sat) 12:49:34

Re: 海賊(舞台・ファイナル・ト―ク)1 / てすと
テストです
No.7286 - 2013/02/25(Mon) 20:51:33

Re: 海賊(舞台・ファイナル・ト―ク)1 / 試験
テストです
No.7287 - 2013/02/25(Mon) 20:53:17
海賊(舞台・ファイナル・ト―ク) / 光 [九州] [管理者が]
光「ぐずっ・・・、ああっ!、猛っ!、泣かないって思ってたのに泣いてしまうわっ!。」
観客達「頑張れっ!!!。」
光「うん、有難うな、ぐずっ・・・、撮影を見に来た子供達からはマベちゃん達3人の首を絞めないでって言われるし。」
亮太「言われた、言われた。」
光「でも、撮影に来た子供達には今は首を絞めてないって言ってるから、子供達から良かったって言われて、子供達と写真を撮ったりするのも楽しかったし、嬉しかったし、マベちゃん達7人と撮影が出来た事も嬉しかったし、20歳に成ったと言ったら、マベちゃん達7人と観客の皆さんがおめでとうと言ってくれて嬉しかった。」
観客達「おめでとうっ!!!。」
光「ああっ!、又、言ってくれた、応援してくれて有難う御座いましたっ!!!、うああああああっ!!!!。」
「すっ。」
「ぎゅっ。」
光「うぅぅぅ・・・・・・。」
裕貴「よしよし、頑張った、頑張った。」
「撫で、撫で、撫で、撫で、撫で。」
光「

No.7284 - 2013/02/16(Sat) 12:45:42
海賊(再会・涙) / 光 [九州] [項目を]
ガレオンで在る事態が起ってしまいました、其れはマ―ベラス達7人の仲間であり、姉の様な存在だった、七つの大罪の一つ「嫉妬」を司る海龍の七大悪魔「レヴァイアサン」である光・リュウガが突如姿を消した事でした、光が自分達7人の前から突如姿を消した事を知った、マ―ベラス達7人は光に対する、悲しみ、絶望、怒り、そして、憎しみが現れてしまったのです、光が突如マ―ベラス達7人の前から姿を消した理由を知ってるのは光の部下であるサマエルとタナトスとナビィとサリ―だけでした、是は光がマ―ベラス達7人の前から居なく成り、再会し、戦い、和解する迄の御話です
――――――――・・・・・・・・・・・・・・・
光「お早う。」
マ―ベラス「おう、光♪。」
光「良く寝た。」
「コキッコキッコキッコキッ。」
ジョ―「年寄りみたいだな。」
光「妾は1億1900歳だぞ、立派な年寄りだ、まぁ、若いがな。」
ドン「あっ、ヒカ。」
光「何だえ?。」
ルカ「手紙が来てたわよ、地獄から。」
光「手紙?。」
「すっ。」
居住区に来た、光はマ―ベラス達7人を見た、そして、ルカから手紙を受け取った、だが、其れが光がガレオンから突如、姿を消す切欠に成るとは此の時はマ―ベラス達7人は思ってもなかった
光「済まん、ちょっと部屋に戻る。」
アイム「あっ、はい。」
――――――――・・・・・・・・・・・・・・・
【―――光の部屋―――】
光「(来るのが早過ぎるだろう)。」
「すっ。」
「パサッ。」
「パラッ!。」
光「(やっぱりな、夜刀神の魂が封じた宝珠の事が書いて在る、マ―ベラス達7人を巻込む訳には行かん、今日の夜中に此処を出て行くしかないな)。」
「ガチャッ。」
サマエル「光様。」
光「サマエルとタナトスか。」
タナトス「其の手紙の内容は夜刀神の魂が封じた宝珠の事か?。」
光「あぁ、サマエル、タナトス、妾は今日の夜中、此処を出て行く。」
2人「!!!!。」
光「マ―ベラス達7人を巻込む訳には行かんからな、だが、マ―ベラス達7人は妾が突如、姿を消した事で妾を裏切者だと思い、憎むだろう、其れも覚悟の上だ。」
サマエル「光様、解りました、でも、ナビィとサリ―には言いますよ。」
光「あぁ、構わん、だが、マ―ベラス達7人は絶対に話さないでくれ。」
タナトス「解った。」
光「(マ―ベラス、ジョ―、ドン、ルカ、アイ、鎧、バスコ、済まない、妾は此処を出て行く、貴様達7人が妾を憎むと言うのなら、妾は喜んで、憎まれ役に成って遣る)。」
――――――――・・・・・・・・・・・・・・・
そして、其の夜中、光はガレオンから姿を消した、そして、何時もの朝が来た、鎧は光が起きて来ないので起しに行ってるらしい、だが、マ―ベラス達7人は光が姿を消した事を知る事に成るのだった
鎧「皆さんっ!!!!、大変ですっ!!!!。」
バスコ「どうしたの?、鎧君。」
鎧「ヒカさんが居ないんですっ!!!!。」
6人「!!!!。」
――――――――・・・・・・・・・・・・・・・
7人「・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
マ―ベラス達7人が光の部屋に来て見ると光は居なく、其処は蛻の殻だった、そして・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ギリッ。」
7人「(憎んで遣るっ!!!!、光、ヒカ{っち・さん・ちゃん}っ!!!!、テメェ{お前・君・アンタ・貴方・貴女}をっ!!!!)。」
そして、マ―ベラス達7人の心の中には光に対する、絶望と憎しみが生れてしまった
――――――――・・・・・・・・・・・・・・・
そして、其の事態から半年後、マ―ベラス達7人は光と再会する事に成る
サマエル「ナビィ、マ―ベラス様達7人は?。」
ナビィ「鍛錬に行ってるよ、光に勝つ為の。」
タナトス「そうか。」
「プルルルルルルルルルルルルッ。」
「すっ。」
「バッ!。」
「ピッ。」
《久し振りだな?》
サマエル「光様。」
《マ―ベラス達7人は妾を憎んでるのかえ?》
タナトス「あぁ、今は鍛錬に行ってるらしい。」
《そうか、なら、妾が其の鍛錬をしてる所に行けば良い、そうすれば、マ―ベラス達7人は妾と戦えるからな》
サマエル「解りました。」

No.7282 - 2013/02/15(Fri) 17:18:42
龍騎(復讐屋「蛇屋」・復活)1 / 光 [九州] [管理者が]
真司「アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハッ!!!!!、こんな所に優しい女の子登場♪、アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハッ!!!!!、けどさ、下衆小娘であるお前さぁ、是以上俺と蓮に近寄んないでよっ!!!!、其の臭い匂いが移りそうでっ!!!!、俺、困るんだよねっ!!!!、アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハッ!!!!!。」
眼の前に現れた、茶髪の短髪の男は口調は笑ってるのに眼は笑ってない顔で下衆小娘であるさえらを見た
さえら「そんな・・・・・・酷いですよぉ。」
真司「アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハッ!!!!!、泣き顔も不細工なんだなっ!!!!、俺が泣いた方がもっと綺麗だよなっ!!!!、何てね、アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハッ!!!!!。」
蓮「ハァ・・・・・・笑い過ぎだぞ、城戸。」
真司「だってさっ!!!、蓮っ!!!!。」
蓮「五月蠅い、

No.7280 - 2013/01/31(Thu) 09:42:23
龍騎(復讐屋「蛇屋」・復活) / 光 [九州] [管理者が]
光「身体中に蒼痣と傷痕で瘠せ切ってるじゃないか。」
威「おいっ!!!!、幾ら何でも遣り過ぎじゃねぇかっ!!!!。」
真司「あの下衆両親と5人の下衆餓鬼共、加減って言うのを知らなさ過ぎるだろうっ!!!!。」
全身蒼痣だらけで所々には火傷や切傷や瘠せきってる、綱吉の痛々し過ぎる姿、其れを見た光達は2人の下衆両親である家光達2人と5人の下衆餓鬼共である獄寺達5人の制裁が最早制裁の領域を遥かに超えた暴力を振ってる事を綱吉の身体を見て察したのである
蓮「是は根性焼きの痕じゃないかっ!!!!。」
秀一「こっちは刃物か何かの傷じゃないのっ!!!!。」
吾郎「沢田綱吉君でしたよね?、ロクに手当てを受けてと食事を貰ってませんよね?。」
淳「此処の傷なんか膿んで化膿してちゃってるよっ!!!!。」
満「酷い・・・・・・・・・・・・・・・酷過ぎますよっ!!!!、無実である綱をこんなに追込むなんてっ!!!!。」
余りにも酷い綱吉の全身に付いてる怪我の数々、是には光達も憤慨し、怒りを出した
海之「光っ!!!!、彼はイタリアに連れて行かれたら死んでたんじゃないのかっ!?。」
光「あぁ、良い様に使われ、碌に食事も喰わして貰えないだろうな。」
裂牙「虐めをして居る、人間がこんな怪我だらけなんて・・・・・・・・・・・・普通は逆じゃないのか?。」
黎劉「そうだ、俺達は其の2人の下衆両親と5人の下衆餓鬼共に出逢った訳じゃないが・・・・・・・・・・・・・・・其の下衆小娘は怪我をしてなかったらしいな?。」
光「あぁ、リボ―ンから聞いた話じゃあ、怪我なんてしてる様には見えなかったらしいぞ。」
威「なら、余計に可笑しいじゃねぇか、此処迄酷い暴力を振われて、其れで虐めを続けられる人間ってないからな、若しかしたら・・・・・・・・・。」
秀一「あっ、浅倉もそう思ったの?。」
吾郎「実は俺達もなんです。」
綱吉の姿を見て、光達は思った、若しかしたら綱吉から虐めを受けて居ると言う下衆小娘である真由の主張は自作自演の物ではないか?と
淳「ねぇ、綱、俺達に教えてくれない?。」
満「本当に中嶋真由って言う下衆小娘を虐めてるんですか?。」
海之「俺達はちゃんとお前の話を聞くから・・・・・・・・・・・・話してくれないか?。」
綱吉「・・・俺の話を・・・・・・信じてくれるんですか?。」
11人「あぁ{うん・はい}。」
綱吉「・・・解りました、全て御話します。」
――――――――――・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
裂牙「成程、下衆餓鬼共である彼奴等から見れば、制服を破られ、頬を晴らした女子生徒が居れば確かに普段はそっちを信じるしかないがな・・・・・・・・・。」
黎劉「下衆小娘である奴が吐き続けてる嘘は其れだけじゃないのだろう?、リボ―ンの話では、中嶋真由って言う下衆小娘は毎日の様にお前に虐められたと言ってるそうだが・・・・・・・・・。」
綱吉「はい、最近では明らかに辻褄の合わない物だって在るんです、けど其れを言っても誰も聞いてくれなくて・・・。」
光「綱を悪者扱いする余り、辻褄の合わない事実が在っても気付かなく成っちゃったって奴か。」
成らば、下衆小娘である真由にとって、今の並中は正に下衆小娘である自分の思い通りに成る理想の状況に成ってるのだろう、例え矛盾の在る言動をしても今や下衆餓鬼共である並中生達の大半が下衆小娘である真由を被害者だと思い込んで居る、だから、どれだけ綱吉が真実を言おうとしても下衆小娘である真由の言動の矛盾を指摘しようと誰も綱吉の言葉を聞く耳が持たないに違いない、其れだけ綱吉を取り巻く状況の酷さは悪化の一途を辿ってると言っても良かった
威「お前の話は凡そ解った、安心しろ、俺達はお前の味方だ、嘘だと決め付ける事は決してねぇよ。」
秀一「だから、俺達に任せてよ♪、安心して、リボ―ン達4人の戻りな。」
綱吉「はい、宜しく御願いします。」
――――――――――・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
綱吉がリボ―ン達4人の元に戻った後、光達は復讐の依頼の行動を始めた
吾郎「まさか・・・・・・・・・ボンコレファミリ―の10代目に成りたいが為に10代目候補を陥れて蹴り落すなんて、生きてる価値もない下衆小娘ですよ。」
淳「だよね、其れに綱の話の方がよっぽど辻褄が遭うよね、目撃者が居ないのも下衆小娘である中嶋真由って下衆小娘のでっち上げなら解るけどさ。」
満「そうですよね、

No.7279 - 2013/01/31(Thu) 09:39:28
てすと / test
てすとです。



No.7273 - 2013/01/14(Mon) 03:23:26
(No Subject) / てst
てst
No.7272 - 2012/12/14(Fri) 09:56:26
/ あ [四国] [管理者が]

No.7271 - 2012/11/14(Wed) 12:43:25
neko / 4321 [近畿]
てすと中
No.7270 - 2012/08/30(Thu) 23:43:32
(No Subject) / kokoko

No.7268 - 2012/08/03(Fri) 14:55:33

Re: / あげ
ageaああ
No.7269 - 2012/08/18(Sat) 01:12:47
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
91/100件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> | 過去ログ | 画像リスト ]