[ 掲示板に戻る ]

記事No.808に関するスレッドです

全国大会一回戦 / 小見山
山口12ー24日川

勝って喜び、負けて悔しがる。チーム奨也に望んだとすれば、とにかく楽しんで欲しかったのが本音のところでした。
相手は日川、私が現役当時からラグビーマガジンに掲載されるチーム。
応援にも質がある。古豪と称されるには、間が空いた感ある山口、私達オールドOBも応援の構成をする必要を考えるまで、ここに来てくれる様になりました。
これ程にディフェンスの効いたゲーム、果敢にアタックを仕掛けたゲームを1年通じても記憶がありません。これが日川高校に対するリスペクト、答えなんだと満点の正解を出してくれました。
三年生は入部してから本当に厳しかったと思います。絵になる先輩ばかりのチーム、命題が全国大会となったチーム。ライバルは自分自身のモチベーションだぞと伝え感じながら、耐えて欲しいと願っていました。
花園に出向いた若い先輩達も、頼りなかった後輩が見せるパフォーマンスに盛り上がる。
少し皮肉を加えて述べるなら、そのゲームパフォーマンスの引き出しは、ここ近年で一番のチームだったかも知れません。
ゲームを最大限楽しんでくれた。笑顔が止まらないのは、チーム奨也を応援出来た私達です。

No.808 - 2019/12/29(Sun) 11:30:24