0044455
山口高校ラグビー部 掲示板
HOME | 新規投稿 | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定
頑張れ山高ラグビー部! / OB
現役の皆さん、そして何より三年生の皆さん、大変お疲れ様でした。

毎年、後輩の皆さんの頑張りには元気をもらっています。

三年生の皆さんは次の目標に向かって頑張って下さい。

1.2年生の皆さんは先輩の思いをしっかり引き継いで来年に向けて頑張って下さい。

感動をありがとう。

No.638 - 2014/11/17(Mon) 17:35:26
全国大会準決勝 / 小見山
山口10ー14大津緑洋
前半 5ー14
後半 5ー 0

「ゲンを担ぐ」 黒基調のセカンドジャージは5年前、決勝戦まで行ったチームが初めて着用して、大津緑洋を破った時のジャージです。
あの時…3点差で勝った選手達の、泣いて笑った顔がまた見られるか。これまでにない応援に支えられている両校のゲーム。
先に先制した山高。アベレージに差のあるスクラムに負けず、潰しの早い大津緑洋に対しフェーズを重ねて一気にトライ。
立ち上がりに戸惑いが見えながら、この失点で落ち着きを取り戻した大津緑洋。リセットされたキックオフから同じ様な展開で逆にトライされます。
全てに互角に映る両チーム、引き出しが一つ増えた相手BKのサインプレーからトライを奪われ前半を終えます。

後半は山高が大津緑洋をエリア、ポゼッション共に圧倒。中盤、数回のゴール前の攻防に決着を付けてトライ数を揃えます。
流れも味方に、次のトライも時間の問題か… 攻め続ける山高に対し、タレントが揃う大津緑洋が沈み込むまでの低い姿勢でディフェンスに挑み、山高アタッカーの目に飛び込む、白く輝くゴールラインにまではボールが届きません。
最後に山高も引き出しから何か出さないか… しかしこのゲームに、またその局面に冷静さを求めるのは、「ゲン」を担ぐくらいしか出来ない私の身勝手な思いだったかも知れません。

ノーサイド。泣いて笑って、両校讃え合って… 笑顔は楓キャプテンのトレードマーク。
期待の大きさは、求められる厳しさも背負う事になります。
その思いも抱いて最後まで戦ってくれた今年の山高。 

「チーム楓」はこれから先も記憶され、そして山口高校は今年も成長を重ねました。

No.637 - 2014/11/16(Sun) 21:23:24
いよいよ / 吉野幸美
今日は準決勝。
我々父母の会OBも俵山に馳せ参じます!!!

我が子の追っかけがきっかけであったとは言え、
子供の卒業後も山高ラグビー部のことが頭から離れることはなく、
折々に女子会を開くなどして、
陰ながら(笑)おばさんたちのエールを送っている次第。

花園出場の際にも必ずやお邪魔いたします^^
では、数時間後俵山でお会いしましょう!!!

頑張れ山高ラグビー部。
(特に私の教え子達)

No.636 - 2014/11/16(Sun) 09:21:09
苑田HC来校 / 小見山
花園予選が始まりました。あと2週間、出来る事は限られます。
苑田コーチ監修の前回練習から一ヶ月、その後のチームの空気には更に熱がこみ上げ、気持ち良い風が吹くように感じます。
チームのメンタリティは整った。後は選手達が持つ気迫が、目に映るかどうか…

仕上げの時期とすれば、今は身体が悲鳴を上げているはずです。
そこにOB交えたフルコンタクトのADで更に動的刺激を与え、自らを追い込む姿に加減を作らない。
選手達の勇ましい姿はAチームのみならず、若手Bチームの動きにも通じ、OBとのコミュニケーションも纏まりスティールする姿も。チーム全体の底上げが縦へ横へと繋がっていきます。

準決勝にエントリーされるメンバーと、サポートしているメンバーの顔付きが全く変わらない。ここまで作り込まれたチームに贈り出す言葉はただ一言、

「勝ってこい」

観戦に訪れたオールドOB達からの厳しいエールです。

苑田コーチはじめ、参加されたOBや関係者の方々、大切なお時間を練習に頂きありがとうございました。


No.635 - 2014/11/03(Mon) 14:20:04
花園出場写真展について / 松岡征人 [ Mail ]
     OBが涙する姿を見せて欲しい
 ことしの山高は強い。県内の花園出場監督からも「ことしの山高は最強」との言葉を聞いたことがあると思う。
 ご案内のとおり10月31日14時まで、山口市道場門前の萩山口信用金庫本店ロビーで「山高ラグビー部写真展」をOB会の協力を得て催している。16日に3回目の写真入替を行った。部員の瞳は例年以上に輝いている。会場は、営業時間、祝祭日は閉店というデメリットはあるが、写真には指導者がラグビーを通じて人を育てておられる成果を出ていると思う。まだ見ていらっしゃらない保護者はぜひ見て欲しい。ラグビーの素晴らしさを感じるのは間違いなし。自宅では見ることのない顔がある。
 次の写真展は、花園切符を手にした姿を12月中旬に山口市中央の遊館エネルギアで展示することとしている。河野俊貞さんやFWコーチの岩崎満さん達OBが涙する姿を記録する。
 日数は限られている。憧れの花園グラウンドへ歩を進めるために日々練習に取り組んで欲しい。自分のために。めざせ花園、山高ラグビー部。
   他称山高ラグビー部専属カメラマンの松岡征人


 

No.634 - 2014/10/22(Wed) 19:56:09
苑田HC来校二日目 / 小見山
苑田コーチ監修の特別練習の2日目、午前中はハンドリングとラックモーションの確認、午後はADからのレクチャーでした。
若いOBも相手に加わり、よりハードで高度な練習になります。
ゲームさながらの緊張感の中、想定されるシチュエーションをイメージし、OKが出るまで反復繰り返す。

キャプテンの怒号のような指示から気迫で潰しに来る選手達に、「本気」で割きに出るOB。練習の事実を忘れ、思わず見入ってしまうことがしばしばでした。

凝縮された2日間、何より選手達のスキルと意識を更に高める上でも、素晴らしい機会でした。

遠路よりお越し頂いた苑田右二様、関係者またOBの皆様、大変お疲れ様でした。重ねてありがとうございました。

No.633 - 2014/09/29(Mon) 14:41:54
苑田HC来校一日目 / 小見山
今日明日の2日間、神戸製鋼スティーラーズのHCを歴任された苑田右二氏が、山口高校へ来校され、現役生をレクチャーして下さいます。

1日目は15時から、苑田コーチと体感出来る貴重な2時間を選手達は汗を拭うのも忘れ、ハンドリング〜コンタクトを繰り返す。また食い入るようにコーチの言葉を意識しながら、更にハードに、自分自身を追い込んでいきます。

苑田コーチは事前に今までの試合等を分析されておられる様子。基本的な練習の中からも選手達の意識変化を高く盛り付けられ、それを体現し明らかに変わっていく動きや姿。
見学する私達も、時間を追うごとに激しくなる選手達の「気張り」に、逞しさと重なって嬉しさも感じられます。

明日は午前午後2クールでの練習の予定です。今日より更に強く速くなる…貴重な経験を、身体に染み込ませて下さい。

No.632 - 2014/09/27(Sat) 21:22:01
山口県高校一年生大会 / 小見山
各校盆までの合宿を乗り切り、今日は一年生選手が主役の大会。
小中学生からの経験者と高校入学から始めた選手達が、同じグラウンドで山陽、長北4チームの敵味方に別れ、熱戦を繰り広げました。
山口高校は新南陽高校と合同チームを組み、「高川・山口農・宇部」「大津緑洋・青嶺」「萩商工・萩」のチームとの対戦です。
15人で組み立てるゲームに、一人一人がどれだけ自分の役割を意識するか。経験と体力で打開を計る他のチームと比較して、新山合同チームは経験者が要所をディフェンスサポートし、フレッシュなメンバーが気持ちのある前進をしていきます。
どのチームも若い上で、ポケットから抜ける形でゲイン〜トライする中、新山チームはディフェンスで辛抱し機会を待つ試合運び。
高川合同の展開、大津緑洋合同や萩商工合同チームの強力な圧力に対し、ディフェンスを積み重ねて粘る姿は、ラグビー精神の中でも意識するのが難しくかつ重要な「犠牲になる」力を既に備えている稀有なチームに映りました。

合同チームで今日を取り組んだ、新南陽と山口。様々な形でお互い切磋琢磨し、双方がシードを取り決勝で戦う程のチームに成長する事、十分期待出来ると感じました。

No.631 - 2014/08/17(Sun) 21:17:17
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
300/300件 [ ページ : << 1 ... 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 ... 38 >> | 過去ログ | 画像リスト ]