00184

月田秀子ファド倶楽部掲示板

6月18日の投稿およびサイト告知をいたしましたが、月田秀子は6月16日永眠いたしました。生前の皆様の応援心より感謝申し上げます。
なお故人の遺志により、遺族連絡先はお伝えできません。アルバムや映像で彼女の姿を、歌声を何度も聴いてください。ファンを何よりの存在としていた彼女にとって一番の供養となると思います。

皆様のご理解ご了承なにとぞよろしくお願い申し上げます。
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
 月田さんの 近況が載っていました  /  Potit 
九十九里浜に近い房総の片隅で、朝はこじゅけいの「チョットコイ」の元気な鳴き声で目を覚まします。虫の声、鳥の声、蝉しぐれ、蜂の羽音、林を吹きすぎる風の音の中で、キュウリ、ナス、ゴーヤ、トマト、うり、すいか、おくら等夏野菜と会話しながら、雑草を引き抜くのが午前の日課です。深く根を張りはびこる草に「私たちの運動はこうあるべきなのかも」なんて感心しながら。人の声といえば、時たま流れる有線のお知らせの声くらい。そして時々霞が関の「脱原発と命を守るテント」前で奇声を上げています。
 
   〜8月31日・9月1日、ハロー山梨演劇塾「YaYaYa」第12回
     公演『オウバアキル』のパンフレット、出演者の紹介から
No.2085 - 2013/09/16(Mon) 21:02:57
Re:  月田さんの 近況が載っていました  / りゅうすけじさま
月田秀子さま
九十九里浜から吹き付ける台風18号、怖い思いをされませんでしたが。お話相手の野菜さんたちも大丈夫でしょうか。通り道よりちょっとそれた我が家は、幸い何事もなく過ぎました。
10月の関西公演、盛況をお祈りします。

ひな@広島 さま
「風の盆恋歌」を早速読んでいただき恐縮しました。著者の高橋治さんは映画監督から作家になられた方で、篠田正浩、山田洋次、大島渚監督などと同期、同年代だそうです。そのせいか、ページごとに映像と音楽が浮かんでくるような文体ですね。
文中、「おわらは曲のひき出しの三つの音を三味線がひく。三味線が弦をはじく楽器だから、音と音とはつながらない。その間を弦をこする胡弓の音がうめていく。二種類の弦楽器が、呼び合い、答え合うように演奏される。裏声に近い高音で歌い切るおわらにも、胡弓はしっとりと寄りそう」という表現がありますが、三味線をギター、胡弓をポルトガル・ギター、裏声に近い高音で歌い切るおわら(Fadista)、と読み替えると、その哀調切々たる曲とともに、まさにファドにも当てはまる表現ではないか、と私なりに解釈しています。
同じような盆踊りに、熊本県山鹿(やまが)市の「山鹿灯篭まつり」があります。どちらも幻想的な優雅な踊りで、共に、YouTubeにたくさんの映像がアップされています、ご参考まで。
No.2086 - 2013/09/16(Mon) 21:49:52
お疲れさまでした。 / りゅうすけじさま [関東]
月田秀子 さま
昨日、今日と甲府の天気予報は、雨、所により一時曇り、と出ていて気にしていましたが、初の公演、いかがでしたでしょうか?気温も35度と出ていました。両日大変だったことでしょう。お疲れ様でした。

ひな@広島 さま
今日は立春より数えて二百十日、昔から台風がよく到来するということから「風の盆」と名づけられたとも言われる富山・八尾(やつお)の「風の盆」の本祭りが今日から始まりましたが、富山地方も終日雨、ということでこの3日間無事開催されるかどうか気になります。
この「風の盆」については、なかにし礼氏作詞・作曲による菅原洋一さんの「風の盆」、そして石川さゆりさんの「風の盆恋歌」(なかにし礼作詞・三木たかし作曲)があります。
そして、この盆踊りを全国的に有名にした同名の小説、高橋治著「風の盆恋歌」がありますが、お読みになりましたでしょうか。もし未だでしたらご一読の上、ご感想をお聞かせください。
No.2082 - 2013/09/01(Sun) 19:52:00
Re: お疲れさまでした。 / ひな@広島
遅くなって申し訳ありませんm(__)m
月田秀子様
山梨の公演 いかがでしたでしょうか。

りゅうすけじさま
大変遅くなりましたけど、高橋治さんの「風の盆恋歌」、読ませて頂きました。不勉強で、八尾 おわら 風の盆という盆踊りの事を存じ上げなかったので、勉強になりました。
ありがとうございました。富山の大変有名なお祭りなのですね。とても重い小説でした…けど、版を重ねているのは、風の盆という民謡行事に思い入れがおありになる方が多いのでしょうね。

菅原洋一さんのバージョンではなかったですけれど、「風の盆」YouTubeで聴かせて頂きました。菅原洋一さん検索させて頂くと、タンゴを歌われてたようで、月田さんが「風の盆」を歌われると、五木寛之さんが言われてたように、きっとファドになるのだろうなと思って、少し聴きたいなぁと思いました。色々ありがとうございます。

残暑は厳しいですけど、朝夜涼しくなってきましたね。
月田さん、皆様、お体ご自愛くださいね。
No.2084 - 2013/09/15(Sun) 01:20:19
 10月の関西ライブに期待!  /  Potit 
おととい 12日に問い合わせたら、10月10日は
残席わずかでした。
12日のファド倶楽部20周年関西ファンの集いは、
定員(65名)に達したとのことです。
No.2083 - 2013/09/14(Sat) 17:13:28
感謝と御礼 / りゅうすけじさま [関東]
月田秀子 さま
BBSへの投稿に関する小生の拙文に対し、細やかなお気遣い、お気配りの下、見識あるご見解ならびにご指導をいただき誠にありがとうございました。加えて「私もそのうちの一人です。」というお言葉添えに、さすがだと感動、かつ感激いたしました。
立ち枯れ寸前の老木ですが、枯れ木も山の賑わいと申します。皆さまの投稿を楽しみつつ、折あればまた投稿させていただきたいと存じます。
いよいよ明後日は「ハロー山梨演劇塾YaYaYa」ですね。どのような形のものか想像できませんが、トランポリン上での演技、歌唱だとか、ご覧になる方のご投稿を期待しています。また、お怪我などされませんように、老爺心からお祈りいたします。
重ねて、ありがとうございました。
No.2079 - 2013/08/29(Thu) 19:06:04
Re: 感謝と御礼 / HIDECO
はい、気を付けていってきます。
No.2080 - 2013/08/29(Thu) 22:31:52
Re: 感謝と御礼 / ひな@広島
月田秀子 様

月田さんのファドに出会えましたのは、五木寛之さんが朝日新聞の連載に「月田秀子さんは、わが国ではめずらしいファド専門の歌い手である」と書いて下さったのを目にしたことからでした(Pressでも記事拝見できますね)。10年たちました。素晴らしい歌に出会えました事に心から感謝してます。そしてこちらのBBSにお邪魔させて頂いて、色々勉強させて頂いてます。ありがとうございます。

今日はハロー山梨演劇塾YaYaYa、おけがにお気をつけて、お越しの皆様に、月田さんの素敵なファドを届けて下さいね。ご覧になりました方、よろしかったら、ご感想を楽しみにしてます。どうもありがとうございました。
No.2081 - 2013/08/31(Sat) 04:30:37
BBSへの投稿について / りゅうすけじさま [関東]
ひな@広島 さま
いつもながら、心優しくフォローしていただきありがとうございます。
ひなさまのおっしゃるとおり、大局的にものごとを捉え、ジャンルを問わず音楽、美術、文学等、あるいは最新の話題など芸術すべてにわたって自由に楽しく活発に議論し合えるサロン風であってもいいように、私個人としては思います。
いずれにしろ、相対する論争、批判は私は好みませんし、勿論、不快感を与えるなどまったく不本意でありますので、誰かの言葉を引用して“…never die but fade away”したいと思います。ひな@広島さま、また新鮮な感覚でのご投稿を楽しみにしています。ありがとうございました。
No.2076 - 2013/08/23(Fri) 20:36:31
Re: BBSへの投稿について / ひな@広島
こんばんは。
りゅうすけじさま
「黒いオルフェ」〜「長崎ぶらぶら節」まで色々勉強させて頂きました。ありがとうございます。
今なかにし礼さんの「長崎ぶらぶら節」を読んでる最中です。
抜粋の箇所、長い間作詞家をされているなかにし礼さんならではのひと言で、歌い手の方には染みる言葉だと思います。いとこも1人俳優で あるミュージカルにも出てるので今度話してみようかな…と思います。

月田さんのライブに行かれた方、よろしかったらご感想お聞かせ下さいね。
月田さんの歌に出会わなければ、ファドという歌のこともまだ知らなかった気がします。月田さんの歌に心から感謝です。
りゅうすけじさまもまたご教示くださいねm(__)m
今日は少し涼しかったです。
月田さん、皆さま、お体ご自愛くださいね。
No.2077 - 2013/08/24(Sat) 22:35:23
Re: BBSへの投稿について / HIDECO
久しぶりに当BBSを開きました。
りゅうすけじさま、すぐにフォローできずに申し訳ございませんでした。
このBBSが皆様の悪意のない様々な意見交流の場になれたら、それ以上の喜びはありません。
投稿はされなくとも、ここで交わされる会話を楽しみ、新しい音楽、芸術との出会いへの旅に出る方もいらっしゃると思ってます。私もそのうちの一人です。
どうか、これからも、この場にお出かけくださいますよう。お待ちしています。
ひなさま、いつもやさしく見守りフォローしてくださってありがとうございます。どうかこれからもよろしくお願いします。
No.2078 - 2013/08/28(Wed) 13:08:07
長崎ぶらぶら節(続編) / りゅうすけじさま [関東]
ひな@広島 さま
折角ですので「でんでらりゅう」のパロディ版、別のwebsiteをご紹介します。
youtube.com/watch?v=yVZm9poWAD0

長崎ぶらぶら節(続編);
なかにし礼氏は1938年生まれ。私より一つ年下ですが、この小説を読むと彼の非凡さを伺い知ることができますね。ひなさまのご指摘の箇所もそうですが、私がいちばん共鳴を覚えたところを抜粋します。
「人間の声は化粧もできんし、衣装も着せられん。しかし歌う時とか芝居する時、または嘘をつく時、人の声は化粧もすれば変装もする。この時に品性が出るもんたい。上手く歌おう、いい人に思われよう、喝采を博そう、そういう邪念が歌から品を奪う。おうちの歌は位が高かった。欲も得もすぱっと捨て切ったような潔さがあった」 
愛八は気が遠くなった。
「あまり褒めんでくださいまっせ。頭が変になりますけん」
と言いつつ愛八はもう泣いていた。

長崎出身にはもう一人の才人、さだまさし氏がいますね。彼が作詞作曲した「風に立つライオン」が、先月,同氏の書き下しとして出版されました(幻冬舎)。
私の書斎?である、いつも行く図書館に申し込んでいますが、先約3人あり、ということで今順番待ちしているところです。

竹下夢二の生家の所在地、誤解を招いたようです。牛窓は私の親友がいるところで、夢二の生家はその隣、邑久町本庄(ほんじょう)になります。念のため申し添えます。
No.2071 - 2013/08/20(Tue) 20:59:49
Re: 長崎ぶらぶら節(続編) / リーフ
1 御投稿の文字数が多過ぎと感じます。
  この掲示板へは、10行から12行の投稿が最適です。
  それを超えたら、いったん投稿して 再投稿したほうが、
 より多くの方に読んでもらえます。

2 内容が掲示板の趣旨に合っているかどうか、疑問です。
 
3 私の祖父より、お歳を召した方への失礼の段、お詫び
 いたします。
No.2072 - 2013/08/21(Wed) 19:03:41
Re: 長崎ぶらぶら節(続編) / りゅうすけじさま
リーフさま
ご指摘ありがとうございました。
責任転嫁するわけではありませんが、管理人さまにもお伺いしたりしてもいますが、そういう向きもあろうかと懸念していましたので、今後自粛いたしましょう。皆さまのご活発、かつ楽しいご投稿を期待いたします。
No.2073 - 2013/08/21(Wed) 21:29:50
Re: 長崎ぶらぶら節(続編) / ひな@広島
こんばんは。
りゅうすけじさま、いつもありがとうございます。
なかにし礼さん、ご本のプロフィール拝見すると、シャンソンの訳詩家から出発されてますね。
月田秀子さんもシャンソン歌手をへて、日本のファドの第一人者になられてますね。
数年前『ジャック・ブレルは今日もパリに生きて歌っている』というシャンソンのライブを3回拝見した事があります。
その時耳にした「涙(友が泣くのを見る)」や「アムステルダム」「ブルジョアども」etc.は衝撃的でした。今YouTubeで拝見しても、ブレルの「アムステルダム」は心に響きます。
月田さんのお声でも聴いてみたいなぁ…と思います。
さだまさしさんの「風に立つライオン」は名曲ですよね。

リーフさま、掲示板の趣旨から離れて大変申し訳ありませんm(__)m東京や大阪のファンの方に比べると、月田さんの生のライブに伺いにくいので、少しのつながりを見つけても嬉しいですし、大局的にどこかでつながってる気がします…。
でも大きく逸脱するのはよくないですね、今後気をつけますm(__)m助言ありがとうございました。
りゅうすけじさまも色々ありがとうございます。
月田さん、皆様、残暑厳しき折、お体には十分お気をつけてお過ごし下さいね。
No.2075 - 2013/08/22(Thu) 22:23:02
賑わい / 住所不定無職
熱中症のニュースが下火になったであろう頃のスケジュール欄が久しぶりに賑わいを見せていて嬉しい限りです。ファドが恋しい秋はもう直ぐそこですね。
No.2062 - 2013/08/08(Thu) 13:07:44
 おたずね します  /  Potit 
月田さま
 
スケジュールを拝見しました。
月末の甲府では、歌の場面が あるのでしょうか?
それとも、俳優さんとしての御出演でしょうか? 
 
No.2063 - 2013/08/11(Sun) 18:01:36
Re: 賑わい / HIDECO
Potitさま
先日甲府が最高気温40度を超えた日に、稽古に行ってきました。
4シーンで、ファドを歌います。トランポリンに乗っての歌いながらの俳優さんとの若干のからみもございます。これが大変、ころんだら様にならない。
No.2064 - 2013/08/13(Tue) 23:34:53
 月田 秀子 さま /  Potit 
すばやい御返事、ありがとうございます。
タイミングが良さそうなので、途中下車いたします。
 
みぎわ様から御投稿のありました、吉川ロカさんの
イメージと重なってしまいました。
No.2066 - 2013/08/14(Wed) 13:55:17
Re: 賑わい / 住所不定無職
Potitさまのおたずねのお陰で、興味深いご説明がありましね。ありがとうございます。いつぞやの月の花のように、舞台の様子をアップしてくださる奇特な方がおられること期待します。

ところで、甲府で40度を超えるというのはショックです。華氏では104度、95度で音を上げ引きこもる者の想像を絶します。大昔の印象では、盆地とはいえ甲府は涼しいと思っていましたが、地球の気候は確実に万物に厳しくなっていますね。

Potit様のもうひとつの情報、マヌエルの10周年びっくりしました。私事ですが、何も知らずアメリカから日本のファドを聴きにマヌエルを訪ねた2003年は出来たばかりだったのですね。ずっと前からカサ・デ・ファドとして営業しているものと思ってました。変化の激しいレストラン業界ですが、長く続いてほしいですね。
No.2074 - 2013/08/22(Thu) 10:21:20
 マヌエル四谷店は 10周年  /  Potit 
「マヌエル・カーザ・デ・ファド 四ッ谷店」から、9月の
ライブについて、案内メールが届きました。
 
この店が誕生してから、10周年を迎えたそうです。
No.2070 - 2013/08/20(Tue) 02:32:23
でんでらりゅう???? / りゅうすけじさま [関東]
ひな@広島 さま
今日は、先日ご紹介したAndre Rieu関連の話題です。
かわいいThe Little Angels of Nagasakiが歌っていた2曲目、思わず聴衆の笑いを誘った歌をご存じですか。

これは、長崎県のわらべ歌「でんでらりゅう」という唄です。次のような歌詞になります。
「出ん出らりゅうば 出て来るばってん 出ん出られんけん 出〜て 来んけん 来ん来られんけん 来られんけん 来〜ん来ん」
(意味:出ようとして出られるならば出て行くけれど 出ようとしても出られないから 出て行かないからね。行こうとしても行けないから行くことはできない、行けない、行けない) 
九州弁:来る→行く  これからそちらへお邪魔します→これからそちらへ来るけん
英語の発想と同じ、相手が基点です。

私と同じ職場にいる元保母さんによれば、東京でも園児たちと歌って踊っていたそうです。
YouTubeをご覧ください。(下段の歌詞はパロディーです。)

youtube.com/watch?v=lxbtMGAJj50
youtube.com/watch?v=dkTzjt32c9I

長崎には他に「長崎ぶらぶら節」という同系統の民謡があり、これも楽しい歌詞がついています。いくつかバリエーションがありますが…。
なかにし礼氏が直木賞を受賞した小説の題名にもなっています。ご参考まで。
No.2068 - 2013/08/16(Fri) 06:38:37
Re: でんでらりゅう???? / ひな@広島
りゅうすけじさま
長崎県のわらべ歌「でんでらりゅう」YouTubeで拝見しました。
微笑ましいです。下段のURLサイトは観れなかったですけど‥。
東京の幼稚園でも歌われている事 凄いですね。

なかにし礼さんの「長崎ぶらぶら節」。
「…歌はこの世とあの世ばつなぐ掛け橋たい」という件がありますね。とてもいい文章ですね。ファドが似合いそうです。

「長崎ぶらぶら節」で検索させて頂くと、長崎県観光のと、東映映画の長崎ぶらぶら節(プレビュー)etc.ヒットして、興味深かったです。
映画「長崎ぶらぶら節」、何だか拝見したくなりますね。

りゅうすけじさま、いつも色々ありがとうございます。勉強になります。またご教示下さいね。
月田さん、皆様、暑さ厳しき折からお体お気をつけてお過ごし下さいね。
No.2069 - 2013/08/19(Mon) 23:45:10
「黒いオルフェ」最終版 / りゅうすけじさま [関東]
ひな@広島 さま
性懲りもなく、とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんので、「黒いオルフェ」につきましてはこれを最終版といたします。新たなトピックが見つかりましたらまた投稿いたします。
YouTube映像3件ご紹介します。

youtube.com/watch?v=LfibwW-bQos
これは月田さまにもぜひご覧になっていただきたい、と思っていますが、ひなさまのご感想はいかがでしょうか。

youtube.com/watch?v=Xevuv4HLrbA
この美しい名曲を生み出したブラジルのギターリスト、Luiz Bonfa と往年の名歌手 Perry Comoとの共演です。1963年の映像ですので、二人とも若い、若い、です。
米国人であるPerry Comoが、あなたがギターを弾き、自分が歌って共に競演すれば美しい、素晴らしいものになると思う、とトツトツと英語で話かけると、すかさずLuiz Bonfaが“あなたの英語は私より下手くそだ”と切り返えして笑わせてくれます。加山雄三氏 (私と同年1937年生まれ76歳)はこのPerry Comoに魅せられ、彼のような歌手になるのが憧れだと語っていたのを聞いた覚えがあります。

youtube.com/watch?v=QYQ3Ba-eQXM
最後は、何と言っても極め付け、Perry Comoに始まり、Auther Fiedler & the Boston Pops,101strings Orchestra,Percy Faith Orchestra そして作曲者 Luiz Bonfaのギター演奏で終わる集大成版です。
お時間があるときご覧いただければ幸いです。
追伸:
先日(8/10)、NHKラジオの早朝番組で近藤(旧姓:谷本)絋子さんの放送を聴き深い感銘を受けました。早速、「ヒロシマ」(ジョン・ハーシー著 谷本清訳)と「広島原爆とアメリカ人」(谷本清著)を図書館から借りてきて、68年にして、はじめて広島と長崎の現実を深く認識しているところです。
No.2065 - 2013/08/14(Wed) 06:50:45
Re: 「黒いオルフェ」最終版 / ひな@広島
こんばんは。お盆期間 皆様 いかがお過ごしでしょうか。

りゅうすけじさま
@Anna Sallehさんの「Black Orpheus」YouTubeで拝見しました。
手にされているのはフラメンコギターでしょうか。雰囲気のある歌声、月田さんとどこか重なります。月田さんのギター弾き語りも拝見したくなります。

A作曲者のギターリスト Luiz Bonfaさんと歌手のPerry Comoさんの「黒いオルフェ」。加山雄三さんがPerry Comoさんに憧れられていたのですね。
Perry Comoさんというお名前も初めてで勉強になりました。ありがとうございます。
そういえば今日は8月15日終戦記念日ですけど、4、5年前CSの日本映画専門チャンネルで拝見した「日本のいちばん長い日」という映画に加山雄三さんが出ていらっしゃいました。悲しい映画でした。
改めて戦没者の方々のご冥福をお祈りします。

B集大成版ですね。Percy Faith Orchestraは父の持っていた映画音楽のLPで目にした事がありました。圧巻のコラボ素敵ですね。

追伸 私は小学校入学〜高校卒業まで父の仕事の関係で日本各地を5回転校しましたけど、広島に来るまで「平和学習」の時間が無かったです。広島では原爆の日の8月6日は登校日の学校が多いです。祖母の幼い弟も原爆で命を落としてます。ひと事ではいられないです。次世代に伝えるためにも 学生さん達は歴史を学んでほしいな…と思います。長々と失礼しましたm(__)m

りゅうすけじさま、色々とありがとうございます。
またご教示下さいね。
暑さ厳しき折から、月田さん、皆様、体調にお気をつけてお過ごし下さいね。
No.2067 - 2013/08/15(Thu) 19:25:10
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LK (Free) Rocket BBS