01170

流産/切迫流産用掲示板

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS

名前
メール
URL
件名
地域 性別
文字色
/ 編集パス
流産者同士の交流掲示板です。流産に関する話題ならどんなことでもOK!ただし中絶に関する話題はご遠慮ください。
自然流産 NEW / ナカコ [甲信越]
38歳の誕生日に心拍確認出来た初めての子でした。心臓がチカチカ動いているのがわかったし、本当に愛おしい気持ちで毎日が楽しかったです。8週過ぎて分娩予約をとる為産院を受診して、順調だからそろそろ母子手帳をもらってきて!と言われ、本当に夢のような毎日でした。つわりも食べつわりのせいか、食べていれば気持ち悪くないし、そろそろマタニティ下着とか妊娠線予防クリームとか買わなきゃなぁと暴走していました。母子手帳をもらって最初の妊婦健診でいきなり地獄に突き落とされました。優しい口調で先生から「心臓がね、動いていないんです。この大きさだと、2日前に心拍が止まっています」と、言われました。その後は頭の中が真っ白になって先生の言葉も看護師さんの言葉も頭の中に入ってきませんでした。涙が溢れてなかなか診察室から出られませんでした。
なんで?お腹も痛く無かったし出血も無かったのになんで!
あの時の事思うと本当に辛いです。
それからは悲しみの毎日でした。稽留流産のオペは決まっていましたが、オペの前に自宅で自然流産しました。痛かったし、大量出血と共に出てきた赤ちゃんは便器の奥に行ってしまい確認出来ませんでした。それでも、旦那さんのお休みの日にオペではなく体に優しい自然流産という形で産ませてもらえて良かったと思えます。たった2ヶ月という短い間だったけど、お母さんになれて本当に良かった。まだまだ辛いけど、でもきっと時間が解決してくれると思います。少しずつ前を向いて生きていきたい…
No.2170 - 2017/08/17(Thu) 20:01:19
初めまして / みい [東北]
2月3日に子宮外妊娠で流産しました。
近くのクリニックに行ったら
「妊娠してますよ」と言われ
とても驚いたけど嬉しかったのを
よく覚えています。でもすぐに
「流産」と言う言葉が聞こえてきて
その後の説明は何も覚えていません。

すぐに大きい病院に行くように言われ
着いたらいろいろ検査させられました。
(まだわからない、間違えだったかも
しれないし)なんて想いでずっと
体が震えていました。
私はまだ未婚で、仕事を抜け出して
彼が駆けつけてくれて先生に呼ばれて
私だけ話を聞いたのですが
やはり子宮外妊娠でした。
すぐに母親も来てくれて説明を受け
20分後ぐらいに手術になりました。
全てが急で心の準備なんてもの
できませんでした。
妊娠していたこと、私のお腹の中に
まさか大好きな彼との赤ちゃんが
いるなんて本当に嬉しかった。
それなのに産めないなんて
会えないなんて悲しすぎる。
可哀想すぎる。どうして私の
ところに来てしまったんだろう。

病院なんて普段行かないし
手術なんて初めてで怖くて怖くて
いろんな想いが込み上げて手術台で
大泣きしました。
だけど目が覚めた時には手術は
終わっていてお腹の激痛だけが
残っていました。
赤ちゃんとちゃんとお別れ
できませんでした。
ごめんなさい。ごめんなさい。
悔やんでも悔やみきれません。
手術後ICUに運ばれてずっと
激痛と吐き気と過呼吸に
なるまで大泣きして辛かった。
手術の麻酔でアレルギーが出て
アナフィラキーショックになった
私は10分程生死を彷徨ったそうです。
今は退院できてお腹の痛みは
残ってるけど赤ちゃんを産んで
あげられなかった私の罪です。

赤ちゃんの泣き声を聞くのが
耐えられず涙が勝手に出ます。
この事実をしっかり受け止めて
ちゃんと生きて行かなきゃって
思います。思うけどどうやって
前に進んで行けばいいのか
私にはわかりません。
考えたら大粒の涙が止まりません。

彼は本当は私の誕生日にする予定
だったプロポーズを病室で
泣きながらしてくれました。
すごく嬉しくて幸せでした。
俺たちはその子の分も幸せになろう
と言ってくれました。
でも幸せになっていいのかわからない。
この先妊娠するのが怖い。
同じことになったら怖い。
ならなかったとして妊娠できたとしても
もう1人いたはずだったのに…って
生まれてきてくれた子のことを
どう育てて行けばいいのか
なんて考えたら怖いです。
まず私なんか子育てする資格ない。
子供産む資格なんてないです。

産んであげられなかった赤ちゃんに
一目でいいから会いたい。
会ってちゃんとお別れしたかった。
「ごめんね、私のところに来てくれて
ありがとうね」って言いたいです。
No.2168 - 2017/02/09(Thu) 12:17:31
Re: 初めまして / みい
> 子宮外妊娠で流産しました。
> 近くのクリニックに行ったら
> 「妊娠してますよ」と言われ
> とても驚いたけど嬉しかったのを
> よく覚えています。でもすぐに
> 「流産」と言う言葉が聞こえてきて
> その後の説明は何も覚えていません。
>
> すぐに大きい病院に行くように言われ
> 着いたらいろいろ検査させられました。
> (まだわからない、間違えだったかも
> しれないし)なんて想いでずっと
> 体が震えていました。
> 私はまだ未婚で、仕事を抜け出して
> 彼が駆けつけてくれて先生に呼ばれて
> 私だけ話を聞いたのですが
> やはり子宮外妊娠でした。
> すぐに母親も来てくれて説明を受け
> 20分後ぐらいに手術になりました。
> 全てが急で心の準備なんてもの
> できませんでした。
> 妊娠していたこと、私のお腹の中に
> まさか大好きな彼との赤ちゃんが
> いるなんて本当に嬉しかった。
> それなのに産めないなんて
> 会えないなんて悲しすぎる。
> 可哀想すぎる。どうして私の
> ところに来てしまったんだろう。
>
> 病院なんて普段行かないし
> 手術なんて初めてで怖くて怖くて
> いろんな想いが込み上げて手術台で
> 大泣きしました。
> だけど目が覚めた時には手術は
> 終わっていてお腹の激痛だけが
> 残っていました。
> 赤ちゃんとちゃんとお別れ
> できませんでした。
> ごめんなさい。ごめんなさい。
> 悔やんでも悔やみきれません。
> 手術後ICUに運ばれてずっと
> 激痛と吐き気と過呼吸に
> なるまで大泣きして辛かった。
> 手術の麻酔でアレルギーが出て
> アナフィラキーショックになった
> 私は10分程生死を彷徨ったそうです。
> 今は退院できてお腹の痛みは
> 残ってるけど赤ちゃんを産んで
> あげられなかった私の罪です。
>
> 赤ちゃんの泣き声を聞くのが
> 耐えられず涙が勝手に出ます。
> この事実をしっかり受け止めて
> ちゃんと生きて行かなきゃって
> 思います。思うけどどうやって
> 前に進んで行けばいいのか
> 私にはわかりません。
> 考えたら大粒の涙が止まりません。
>
> 彼は本当は私の誕生日にする予定
> だったプロポーズを病室で
> 泣きながらしてくれました。
> すごく嬉しくて幸せでした。
> 俺たちはその子の分も幸せになろう
> と言ってくれました。
> でも幸せになっていいのかわからない。
> この先妊娠するのが怖い。
> 同じことになったら怖い。
> ならなかったとして妊娠できたとしても
> もう1人いたはずだったのに…って
> 生まれてきてくれた子のことを
> どう育てて行けばいいのか
> なんて考えたら怖いです。
> まず私なんか子育てする資格ない。
> 子供産む資格なんてないです。
>
> 産んであげられなかった赤ちゃんに
> 一目でいいから会いたい。
> 会ってちゃんとお別れしたかった。
> 「ごめんね、私のところに来てくれて
> ありがとうね」って言いたいです。
No.2169 - 2017/02/09(Thu) 12:18:53
和ラビ / よう [関東]
こんにちは。

やはり和(日本)の雰囲気が漂う曲は心を落ち着かせてくれるのではないでしょうか。
ということで、この曲をオススメさせて頂きたいと思います。

ラビオリ「和ラビ」
https://www.youtube.com/watch?v=YIlM4PFAOWs
No.2167 - 2017/01/03(Tue) 14:22:20
ママになれると思った… / みさ [中国]
初めまして。今年5月に流産した者です。
なかなか人に言えない今抱えている気持ちを吐き出させてください。

旦那とは5年程付き合っておりそろそら結婚しようか。と話が出た矢先妊娠が分かりました。
もともと生理不順だった為「あぁまた生理遅れてるのかなー」くらいの軽い気持ちで念の為検査薬してみました。
そしたらなんと陽性反応!トイレで腰を抜かす程喜びました!
子供が大好きで小学生の頃から子供が欲しいくらい夢に見てた妊娠なので旦那が帰ってきてすぐに報告しました。
旦那も大喜び!まだ産んでないのにありがとうと感謝され私は幸せいっぱいでした。
次の日病院が開いてすぐに駆け込み検査してもらいました。
エコーをしてすごく小さいけど赤ちゃんの袋。
初めて見た瞬間の感動は忘れられません。

無事確認出来たので親にも旦那の親にもすぐ報告しました。
泣きながら「ほんとにありがとう」とお義母さん。
もう幸せしか言葉が出てきません。

それから毎日過ごしていき時々食べた後等に吐き気を感じ、これが悪阻なのか〜等と辛いことさえも幸せに感じていました。
GW旦那も休みだったので実家に帰りました。
新幹線で4時間程です。今考えればこの新幹線が原因だったのかも知れません…

実家に帰り2日目すこーしの出血。
ネットを見ても少しなら平気と書いてあるのでそれ程気にしてませんでした。
それから3時間後生理2日目くらいのドバッと何かが出る感じがしてトイレに駆け込みました。
出血大量。なぜか私は冷静で「あぁ流産だ。」と思っていました。旦那と親にはすぐ連絡。
それから少し時間がたち腰の痛さと共にポンッと何かが出た気がし2度トイレへ。
胎嚢でした。まーるい袋が生まれてきました。
それを見た瞬間、赤ちゃんいなくなったという悲しみと楽しみにしてくれてた周りの人への申し訳なさで涙が込み上げてきました。
病院へいき様子を見て次の日手術。
あっという間に私の妊婦生活が終わりました。

子供を見る度悲しみ自分を責めて余計に悲しく惨めになる毎日を送ってきました。
妊娠する=赤ちゃん産まれる
と当たり前に思っていた私への実践教育だったのでしょうか?

人には言えないですが今でも
付き合ってすぐに子供が出来た人を見れば「なんでお前が妊娠出来て私が…」
子供生まれてすぐに離婚する人を見て「私達の元へ生まれて来れば幸せにするのに」
などと性格の悪いことばかり考えてしまいます。
ほんと人には言えないですよね……(笑)

流産後きちんと生理が来ており今月から妊活を再開しました。
早く新しい命を授かりたくてウズウズしております。
優しい言葉をかけられても美味しいものを食べてもこの流産という心の傷は消えないですよね。
流産の傷を癒すには新しい命しかないと思ってます。

ママになるチャンスを与えてくれた天国の子に感謝しながらいつでもママとパパと所に戻っておいでと毎日お腹に話しかけております。

流産をした事は旦那と親、旦那親しか知らない為なかなか悲しみを吐く機会が無かったので投稿させて頂きました。少しスッキリしました!
長々失礼致しました。
No.2166 - 2016/09/16(Fri) 04:20:37
失って母親になった日 / tam [四国]
自分の心の整理と記録を兼ねて書かせて頂きます
この悲しみが消える事はなくても
いつかここに書いた事が懐かしいと思える日が来ますように…

28年7月6日深夜2時8分、14週目で進行流産でした。
初めての妊娠で夫婦共に喜びとても幸せでした
もうすぐ安定期だった為、浮かれていてまさか自分が流産するなんて
考えてもいなかったです

その日もいつもの様に寝ていて、なぜか突然夜中に血が止まらなくなり家のトイレで血まみれになりながら必死に病院に電話して夫と一緒に病院へ向かいました
病院につくと処置室に連れられ、先生と看護師さんはなぜか無言で慌ただしく作業を始めています
私は何が何だか分からないまま ただ天井を見つめる事しか出来ません
カチャカチャと器具が子宮を動かす音だけが響き
しばらくするとポンっという音がしました 後から聞くとそれが破水だった様です
その後はひたすら何かを取り出す作業でかなり痛みがあり
何となくあぁ、流産してしまったのか…と他人事の様にぼんやりした頭で思いました

処置が終わり先生が静かに私に告げます
『赤ちゃんですが、既に子宮の入り口に来ており心拍も確認出来ませんでした
残念ですが流産です』
この時はまだふわふわとした受け止め方しかできず酷く冷静でした
看護師さんに赤ちゃんの顔を見ますか?と聞かれ私はとっさに いいですと答えてしまいました
後から思うと自分の中の防衛反応だったのかなと思います(きっと泣いてしまうので)それも後で後悔する事になるのですが…
部屋を移動してベッドで寝ていると夫が来て私の目を見ます
『赤ちゃんを見たよ小さくて、とても綺麗な子だったよ』
その言葉を聞いた瞬間、初めて涙が出ました
あの時から私の涙腺は壊れてしまったみたいです
少しして夫が仕事の為帰り、一人きりの部屋、深夜に色々あったのでもう窓の外は明るくなっていて午前5時、隣の部屋からは生まれたばかりの赤ちゃんの泣き声が聞こえていました

その日の昼頃、膜の中を綺麗にする手術を受けて家に帰りました
帰る途中お腹が減りご飯を食べたのですが初めて味がしないと感じ食べながら涙が溢れました
今まではお腹に赤ちゃんがいたのでつわりがあっても何か食べる時は自分の食べた物が赤ちゃんの栄養になると感じ幸せでした
でももうお腹には何もない、ただ大きくなった子宮だけ…それ以降食べる事がただ虚しくなりました

休む暇もなく次の日は赤ちゃんの火葬をしなくてはいけないという事で
病院に迎えに行きました
夫には車の中で待って居て貰うようにお願いしました

いつも妊婦検診で通っていた待合室とは違う受付の階に行きます
私が着いた時に丁度、生まれた赤ちゃんを迎える旦那さんと退院する奥さんを見かけました
私はとても直視出来ず、壁際に隠れてそのご夫婦が去るのを待ちました
誰も居なくなったのを確認して私も受付に行きます
色々と書類の手続きを終わらせ、小さな白い箱に入った赤ちゃんを受け取りました
辛かったですとても辛く、でも看護師さんの前で泣くのは何だか悔しくて歯を食いしばりました
帰る時は普通の経路ではなく専用の隠れエレベーターで帰らされました
全てがただ辛くて重くて悲しくて、一つでは言い表せないあの感情をあの時から
今この瞬間もどこへぶつけていいのか分かりません
車の中で夫が赤ちゃんの入った箱を抱きしめます
するとさっき受付で見た、生きて生まれた赤ちゃんを抱く旦那さんの姿が蘇り申し訳なくなりました
私も初めては生きた赤ちゃんを夫に抱いて欲しかったです

それから火葬の時間まで余裕があったので一度家に帰り
ベッドで夫と私と赤ちゃんの箱と一緒に横になり
涙が溢れながら色んな話をしましたその日は物凄い大雨でまるで一緒に泣いているようで切なかったです
そして心残りになるといけないと思い、意を決して赤ちゃんの箱を開け顔を見ました
夫が言ったようにとても小さく、とても可愛いかったです
最初で最後少しだけ触れてみました
冷たく凍った姿はこれから天国へ行くのだと思い知らされ時間が止まるようでした

しばらくして火葬場に行き本当に最後のお別れ…
お骨は持って帰ると辛くなるので他の赤ちゃん達と一緒に眠るお墓に入れて貰う事に

その日の夜、胸がカチコチに張って大きくなっているのに気付き触ってみると母乳が出ました(身体は出産したと勘違いしているのでしょうか?)
もう枯れる程泣いたのにまた辛さと悲しみが込み上げ
せっかく母乳が出たのにあげられなくてごめんねという気持ちと あぁ、私も母親になれたんだという実感がまたどうしようもないやるせなさに包まれます

ほんの3日ほどで色んな事があり人生が変わったと思います
今はまだ昨日の今日という状況なので泣いてしまいますが
いつかここに書いた辛い気持ちを乗り越えたいです
No.2165 - 2016/07/09(Sat) 02:19:31
結婚丸10年目の奇跡〜さよなら。 / みやこ [関東]
涙が止まらず今います

皆様初めまして31歳の主婦です
わたくしは多嚢胞で妊娠は難しいと言われていました
妊娠できる方法は腹腔鏡しかないもしくは腹腔鏡をしたとしても難しいと
教授であり不妊治療の専門の担当Dr.から言われ
太っている事も原因と自覚していて赤ちゃんの事もありましたがなんとなくから始めたダイエット…だいぶ痩せてきた頃左卵巣が大きくなり「卵胞」が見つかり
それだけでもDr.はビックリしていましたが
わたくし自身がビックリしていました
そして、普段通りの生活を送っていました
忘れもしません5/25日に赤ちゃんの袋がエコーにて
うつっていました。
涙を流し喜ぶかと思いきやポケーっとしてしまって
結婚記念日である6/2日に又受診すると更に袋が大きくなっていて
それから急に悪阻も始まり割とドライなタイプの主人が別人のように
毎日悪阻が酷いわたくしに食べやすい、食べれる物を作って
作ってくれていました。
悪阻を理由に寝悪阻もあったのですがわたくしなりに
出来ることを探し家事などを負担なくしてこなしておりました

大好きだったタバコ…

あの日主人もわたくしもエコー写真を見た瞬間から
パッタリやめました。

不思議ですね…
まだお腹にいるナモナキ我が子は私達に沢山の事を
教えてくれました

子を授かる尊さや儚さ大切さや愛おしさ神秘さ
なかなか泣かないわたくしを
涙脆く優しい人間にしてくれた事
自分で言うのもおかしいですが…
無理して笑ったり捻じ曲がった変な考え方の私が
世界を…自分自身を真っ直ぐに世界を見せてくれた事…

沢山の奇跡を教えてくれました…。

日付が変わり昨日の検診にて…
我が子は9週目で姿も心拍も取れず…
突きつけられた現実は
「稽留流産」でした。

その一言を聞いて泣きそうになりましたが
横を見るとあんなに日々頑張り笑顔だった主人が顔を歪ませ
泣いていました…。

それを見たらわたくしの元々作り上げられた我慢強さ?現実逃避癖?

分かりませんが涙を浮かばせる事もなく
平然を装い淡々とした様子でDr.からの今後しなければならない
子宮内除去手術や入院の内容を聞いてそれに必要な
血液を何本もとり心電図を行い

(辛くなり、文字を打つのが大変になってきました)

大学病院をあとにし…溢れ出る感情を必死で抑えました。

一筋の涙が…自分自身を客観視した時
二人の自分がいました
主体は一筋の涙で済んでましたが
もう一人の自分は頭を掻きむしりながら泣きじゃくり暴れていました。

きっともう一人の方が本当の我の姿なんだと思いましたが
小さい頃から感情をうまく出せない人間だったので

全てが嘘で出来ていました…

そんなわたくしをナモナキ我が子は素直に今の時間一人ベランダで
涙と鼻水を子供みたいにポロポロ流してくれて…
どちらが子供なのか分からなくなるくらいです…

本当にこの子は奇跡を魅せて私や主人に残してくれました。

そして本当に命を宿る尊さ失う悲しみを教えてくれました。

9週間(今もですが…)もの間にわたくしを一人の女性そして
なり得るはずもなかった母にしてくれました…。

本当にたくさんのモノ大切な感情を残していってくれました

感謝しかありません我が子に頭が上がりません。

諦めていた一筋の光、モノクロに見えていた世界に色をつけてくれました。

又、出会えるように…この子から学んだ事を忘れずに
自然に出た笑顔、涙と、感情を大切にして行きたいと思います。

先程主人は寝言で「なんで?…どうして…?」と言ってずっと
タガが外れたかのように眠っています

沢山の主人からのサポートにも感謝し気丈に前を向きます

今は泣かせて下さい…
この素直な感情を今は出させて下さい…
ごめんなさい旦那さんそして奇跡を魅せてくれた我が子。

そして、文才の無いわたくしの文を最後迄読んでいただきありがとうございました。

そろそろ夜があけますね…。
No.2164 - 2016/06/16(Thu) 04:15:38
初めての妊娠 / たき [関東]
初めての妊娠でした。
それが9週を目前に赤ちゃんの心拍が確認できませんと医師から言われ、一週間後改めて検査しましたが、残念ながら流産です。と言われました。
すぐに手術を受けることになりました。
そんな中、仕事の方にも迷惑をかけていますが上司は特になんの言葉もなく、「今回はしょうがないけどなるべく休まないでね」の一言。
そんな職場に嫌気がさしました。
なれない仕事でがんばろうと思ってましたが、こんな状態なのもありますが今とてもやめたくて仕方ないです。

どこかにぶつけたくここにはかせてもらいましたが、ほんとになんとも言えない不満が私の中に沸々と湧き上がってきます。

私がまだまだ甘い考えなのかもしれません。
人生経験が少ない私です。
我慢しろといわれればそれまでですが、どうもむしゃくしゃして仕事もサボってしまってます。
これだけならまだしも妊娠がわかってから報告したときだけおめでとうはいってもらえましたが、環境が環境だったためあとから、本当にしっかり育てていけるのか、貧しい暮らしはかえって生まれてくる子がかわいそうだと。

ごもっとものことを言われているのはわかっています。
ですが、納得いかないところもあったりでもうやめたいとしか思わなくなってしまいました。
結局仕事に支障が出るのは目に見えているから、自分にマイナスになるのは嫌なんだなと思ってしまいました。

こんな状況の中私はやめていいのか、まだまだ踏ん張って頑張れなのかわかりません。
自分が壊れるまでやるべきなのか。
もう、何もかも嫌に思ってしまいます。
No.2162 - 2016/04/25(Mon) 13:41:12
Re: 初めての妊娠 / つーさお [近畿]
たきさん、こんにちは、実は私も全く同じ時期に、
9週で赤ちゃんをお腹の中で亡くしました。
初めての妊娠…嬉しくて嬉しくて毎日旦那とエコー写真を眺めて
思えば人生で1番幸せだったかな…と。
流産がわかった時、頭が真っ白ななりました。なんせ普通の妊婦検診でしたから。
大きくなった赤ちゃんに会えると思っていたから…
辛くて辛くて毎日おかしくなるくらい泣きました。
でも、、赤ちゃんは授かったら生まれるのが当たり前ではないです。
たくさんの奇跡があって、お腹の中で一生懸命生きて、命がけで生まれてくるんです。
そう思ったら、世の中の赤ちゃんや妊婦さんに対して、羨ましいじゃなくて
頑張ったね、幸せになってね。と思えるようになりましま。
私は赤ちゃんのエコー写真とお花を添えて、ありがとう…また来てね…
毎日手を合わせています。
ごめんねじゃなくて、少しだけど、お母さんにしてくれて、ありがとうです。
そしたら気持ちはすこーし楽になりましたよ。
手術は間も無くです。怖いです。でも体は次の妊娠にむけて頑張ってくれているのです、と。思っています、参考にならないかも、しれませんが…
亡くなった赤ちゃんには、感謝の気持ちを伝えると、前向きになれますよ。
No.2163 - 2016/05/15(Sun) 01:04:10
(No Subject) / 3児のママ [関東]
10月7日。
人生2度目の辛い思いをしました。
1度目は去年の8月、臍帯過捻転で男の子を亡くしました。
そして先日、同じく臍帯過捻転で男の子を亡くしました。
こんなに同じことが続くなんて、本当に毎日が辛いです。
幸い私には今年3歳になる長男がいてくれるので長男と関わっているときは笑顔になれます。でもふとした瞬間にはとてつもない悲しみが襲ってきます。

ですが2人とも本当に親孝行で、どちらもパパがいる時間に胎盤ごと出てきてくれました。こんな親孝行な子供達を元気に産んであげられなくて本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
産院の婦長さん、助産師さんにも「お腹の中の赤ちゃんは20週近くまでママのお腹にいられてすごく幸せだった。だから幸せの恩返しでパパがいる時間にママの体に負担をかけないように出てきてくれた」と。
まだ悲しすぎてこの言葉の意味がよく理解できないけど、いつか理解できて心の整理もできたら長男に弟か妹を作ってあげたいと思います。
No.2154 - 2015/10/10(Sat) 01:32:15
(No Subject) / ももんが [九州]
9月6日、人生初めて授かった命を諦めました。
でもあの子は、命がけで私の人生を修正してくれました。
偶然では済まない出来事がたくさん起こりました。

手術の予定より早く自然流産する可能性がある、と言われて…
未経験な出来事に、正直不安と恐怖でした。

痛みも出血も想像できない。

まだ籍を入れていないので、1人で悶々と過ごす日々。

詳細を書くには壮絶過ぎたのですが、やはり予定まで持ちませんでした。
それでも、あの子は私達の事情を全て知っていてくれたかのようでした。

心音が確認できました。
確かにあの子は私の中で、私とは違う命を生きていました。

思い出すとやっぱり生んであげられなかった痛みが蘇ります。
でも…いなかった事になんて出来ません。

前向きに考えて、ちゃんと供養してあげて、帰ってきてくれるのを待ってあげたいです。

同じような痛みを持った皆さんの言葉に涙が止まりませんでした。
皆さんのこの先の人生が、幸せに満ちていくことを切に願っております。

次は妊娠報告を出来れば…頑張りましょうね。
No.2153 - 2015/09/09(Wed) 18:20:25
(No Subject) / うさ [九州]
だいぶ前の話ですが、
4月30日、
10週目の赤ちゃんを流産してしまいました。
私は17歳で、
経済力もないしまだ私自身も子供だから、
もしかしたら赤ちゃんが気を使ってお空に帰っちゃったのかなって思いました。
初めての検診の日に、
赤ちゃんの成長を楽しみして病院へ行くと、
お医者さんから告げられた言葉は、
「これは流産です」
って言葉でした。
すごく信じれなくてまだ本当は生きてるって信じてました。
でも、出血しだして、
もうほんとにいないんだって涙がでました。
つぎの日、流産手術をうけました。
私は喘息もちなため、
麻酔なしの睡眠導入剤での手術で、
意識の朦朧の中手術をし、
終わった瞬間過呼吸になったそうです。
終わった後の大量の出血で、
もういないんだって実感しました。
つぎの日突然の急な痛みで、
病院に行くとまだ組織が全部とりきれてなくて、
2度目の手術。
もしかしたら赤ちゃんはまだお腹の中にいたかったのかなって思いました。
もうそれから何もする気になれずに、
バイトもずっと休んで、
泣いてばっかりの日々でした。
それから何日かして、
笑顔でこっちに微笑みかける、
赤ちゃんが夢に出てきて、
きっと私の赤ちゃんが元気だしてってゆってるのかなっておもいました。
いまだに引きずってる部分はあるけど、
今はバイトも学校も頑張っています。
見ててね、赤ちゃん。
No.2151 - 2015/07/03(Fri) 16:28:36
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 20 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LK (Free) Rocket BBS