01064

流産/切迫流産用掲示板

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
流産者同士の交流掲示板です。流産に関する話題ならどんなことでもOK!ただし中絶に関する話題はご遠慮ください。
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
13週で発覚しました。 / 38歳で初妊娠でした
晩婚夫婦だったので、結婚して1年経ったら、不妊治療始めようと決めていて、ちょうど、結婚記念日翌日に妊娠が判明。夫にも過保護なくらい大事されていて、流産率の高い12週を越え、これで一安心と思っていたのですが…


12/13(土)
13週1日目の夜に微量の出血があり、病院に電話連絡すると「産科の当直の先生がみてくださる」とのことで夫に送ってもらい病院を受診したところ、当直の先生に「現在出血はしていないから、その点は心配ないこと」「赤ちゃんが小さめなので別フロアーの拍動確認できるエコーで再検査して、元気に育ってるか確認しておこう」と言われ、その時は「流産の初期症状の出血じゃなくって良かった」と呑気に考えてました。

別フロアに移動して、再検査受けたら「9週程度のサイズにまでしか生育していない」「赤ちゃんの鼓動が確認できない」「念のため、明日別の先生が来たら再検査すること」「たまたま、角度が悪くて鼓動が確認できないだけかもしれないが、9週頃に赤ちゃんが亡くなっている可能性もあること」「もし、赤ちゃんが亡くなっているなら、出す方向で今後対応していくこと」「未経産だと、前処置に24時間掛かるので5日間位入院になること」「いつ、大量出血するか分からないので、今から緊急入院になること」を伝えられました。

その時はまだ「たまたま居場所がわるいから見えなかっただけ」「明日になって、場所を動いてくれたら、また鼓動が確認できるから」と思っていたし、入院準備をと言われても、当座必要な洗面用具「タオル・歯ブラシ・櫛」などは持ち歩いているから不要だし、着替えも「明日、再検査して鼓動確認できたら帰れるからいらない」と当然明日になれば、無事確認もできて、帰宅できると思ってました。

ひとまず、入院するに当たって、差額ありの個室か、無料の相部屋か聞かれて、部屋を選び、病衣に着替えたり、入院の用意をして11時位に夫は一旦帰宅。その晩はひたすらに「動け、動け」と念じてました。

12/14(日)
翌朝7時位に、採血・血圧測定、検温され、その後8時位に朝食。
食べ終わって、歯磨きしてるくらいに夫が来てくれました。
お昼ごろ、ナースさんに血液検査の結果を聞いたのですが、「数値は正常でしたし、炎症反応も有りません」と言われて、「炎症反応がないならやっぱり、昨晩は居場所が悪くて、映らなかっただけなのね〜」と安心してました。

交代の先生が来るのが夕方なので、気を効かせた夫が自宅から暇つぶしの本とかミニ缶の炭酸(つわり対策)等、細々としたものを届けてくれて、ずっと検査時間まで一緒にいてくれました。
交代の先生が到着されて、再エコー検査を受けたのが、夕方6時頃。
やっぱり、鼓動が確認できなくて、繋留流産が確定。

その後、夫婦でICを受け、繋留流産についての資料・治療方針のプリントを見ながら、二人の医師から「自然流産を待つことも可能だけど、何時大量出血するか分からないし、感染を起こして今後の妊娠に差し障る可能性もある」「このまま、手術をした方がいいと思う」と言われ、手術に承諾。説明後すぐに事前処置を受ける、翌日午後に手術を受けることに。

受ける手術は掻爬なので、内容は人工中絶と同じ流れ。
前処置としてラミナリア入れて、子宮口を開くのですが、クスコで拡張されるのも痛いし、ゾンデ使ってラミナリアを挿入するのもかなり痛くて、処置台を降りるときに、椅子に血液が流れているのが見えました。その後ラミナリアが水分吸って、拡張していくので以降ずっと痛いまま。 ただこれは、慣れて余り痛みが残らない人も多いようです。夜は3ミリのを入れたそうです。
手術のために、この日の夜9時から絶飲食。水すら飲まないように言われました。

12/15(月)
9時位に再度呼ばれて、ラミナリアの差し替え。今度は5ミリと3ミリと2本入れたのですが、この時も割と出血していたようです。

夫は会社を休んでこの日も朝からずっと一緒にいてくれました。
午前中に手術の流れを再度、説明を受け、心電図検査等行って、11時位に点滴を入れる事になったのですが、絶飲食のためか手足が冷え切って、更に脱水状態なので、血管が確認が出来ず、温めたり色々したのですがやはりやりにくいらしく、3回刺しなおしてやっと左手首で血管確保。その後点滴液が漏れ出したりとナースさんが悪戦苦闘してました。
手術室ナースの方が、12時位に説明に来て、「手術前は浴衣型の長い服に着替えて、ノーブラ、ショーツだけ身につけること」「ピアス・指輪などの貴金属は全て外すこと」「手術室への持参品は換えのショーツとナプキン」「手術前にトイレは済ますこと」など伝えられました。

1時位に、手術室ナースさんが呼びに来て、そのまま手術室フロアまでは歩いて、前室でヘアキャップかぶせてもらってから「手術後は今履いているショーツにするか、持参の替えショーツにするか」の確認があり。後は名前・注意事項を実施済みかなどの確認の上、手術室に。

中では担当の先生が座って待っていましたが、先生の前でショーツを脱いで、ナースさんの持っている、銀色ビニール袋に入れ、処置台へ。
胸には心電図の電極貼られ、右腕に血圧計を巻かれ、左手の指にはクリップ型の計器を留めて、足もなんか不織布カバーみたいのを掛けた上で足台に固定されました。足を覆われているのでそんなに寒くはなかったです。

点滴に、麻酔薬を注入されて、「ちょっと、ピリピリ」しますよと予告はされましたが、感電したようにビリビリしました。 この後数秒で意識が無くなって、次に気づいたときは病室で丸くなって寝ていました。

寝ぼけた感じで、ベットの横には夫がいるのは分かるのですが、目が開けられない状態が暫く続きました。

頭痛とか吐き気とか不快感はありませんでした。
しばらく眠って、ナースさんが覚醒後の確認に来たので、起き上がり、目の前がちらつかないか、手足は支障なく動くか、はっきり応対と発音ができるか話をし、この段階で水分補給していいのか確認し、ちょっとだけ炭酸のみ、点滴が終わった時点で針を抜いてもらいました。

その後、6時位に手術後検査を受け、病室で請求書が届くのを待ち、受付で支払って、帰りました。

土曜、夜間に受診・3日間入院で、費用は4万弱でした。
保険適用の請求書を見たときに「自分は妊婦から病人に扱いが変わったんだ」と悲しくなりました。

高齢妊娠だと、繋留流産の確率も上がるそうですね。
次の子は留まって、生まれてくれますように。
No.2136 - 2014/12/16(Tue) 16:03:10
「お空に帰っていった君へ」 / ikumen
妻の苦しみや辛さ。

男の僕にはその全てをわかることはできません。

せめて妻と子どもにこの歌を贈ります。

https://www.youtube.com/watch?v=HqOXWZlM7s4
No.2135 - 2014/11/22(Sat) 01:28:59
6週目でした / 匿名 [九州]
現在私は40才です。縁あって妊娠しました。あきらかに違う腰の痛みと、生理の遅れから、もしかしてと思い妊娠検査薬で検査しました。

陽性反応がありましたが、仕事が忙しく、仕事の時間を調整して病院へ行こうとした矢先、軽い出血がありました。
夜になり、出血の量も増えたので、急遽仕事を休み病院へ。尿検査をし、エコーを撮ってもらったら、赤ちゃんの袋がみえました。
でも、袋の周りに出血が多く、「すでに胎盤から剥がれそうになっていますね。切迫流産です。しばらく安静にして3日後に来てください。手術になるかもしれないので、食事はとらないようにしてくださいね。」と言われました。
病院では我慢できたのですが、自宅に帰る車の中で涙が止まりませんでした。

出血は続いていたのですが3日後に病院へ行きました。待合室では、隣に座っていた子供が懐いてきて、普通に話をしている自分が不思議でした。

結局、エコーには何も映っておらず、改めて赤ちゃんがいなくなったことを確認しました。
家に帰ってしばらくすると、ナプキンにレバーのような塊が出てきました。
急いで病院へ行くと先生が「子宮の入口に残っていたんでしょうね」と言われました。
エコーではすでに見えなかった赤ちゃんの袋。気づかないうちにトイレに流していたとしたら可哀想なことをしたと思っていたのですが、「ちゃんと存在していたんだよ、でもお別れだね」と伝えるために残ってくれてたみたいで…
もっと自分の身体をいたわればよかったのか、もっと若かったら良かったのか、一体何がいけなかったのか、かわいそうなことをしてしまったと、涙ばかり出ます。

来週からは仕事に復帰します。それまでに心を強く持てるように、今はたくさん泣いていいのだと思っています。
No.2134 - 2014/11/16(Sun) 00:51:22
私も残念でした… / 匿名 [北海道]
待ち望んだ2人目の妊娠が発覚したのがつい2週間前…
検査薬で陽性反応が出てからというもの、ついに兄弟ができるんだ、来年は賑やかだな、などと思いながら1人で喜んでいました。早く病院にも行きたくて行きたくて…
でも、早いうちに病院に行っても…と思い我慢して、本来なら今日、1人目(現在3歳)のとき以来の産婦人科にかかる予定でした。

しかし1週間前に突然血の混ざったおりものが…
1人目のときはそんな事なかったので、びっくりしてすぐに病院に行きました。

そこでは、「出血が必ずしも流産に結びつくということはない。ただ胎嚢の状態(形)があまり良くない。僕の経験上、今回の妊娠は80%厳しいと思います。経過を見たいので1週間後にまた来て下さい。ほどほどに生活していれば特に安静の指示は出しません。この時期の流産は薬を飲んでも安静にしても、その子の生命力次第なんです。育つものは育つ、育たないものは育たないんです」とのことでした。

この1週間は本当に本当に長かった。その間も少しずつではあるけど茶色の出血が続いていて、早く止まれと祈る毎日。ネットを開いては、1人で泣きながら眠りにつく日が続きました。

そして今日、1週間ぶりの受診の日。覚悟はできていたものの、少しの望みに期待する自分がいました。
内診。カーテン越しに「…塊のようなものはでませんでしたか?」という先生の声。この時、「もう胎嚢すらないのかも…」と、直感でそう思いました。

内診が終わり先生の話。私の直感は当たっていました。
「先週あった胎嚢が、今日は見当たりませんでした。尿検査の結果も先週より明らかに反応が薄く、少しの陽性反応しかありません。残念ですが流産です」と告げられました。この時期の流産は不可抗力だとも言っていました。
陽性反応がゼロになったのを確認しないといけないとのことで、また2週間後に尿検査?があります。今のところ手術は必要ないと思うとのこと…。いつまでも反応が残ってると、婦人系の病気を疑ったりもするそうです。

基礎体温もまだ高温が続いて体温も高めなのですが、この2週間でしっかり反応がなくなるまでになるのでしょうか?(先生の言う病気や、不妊に繋がるのが怖いです)
又、手術は今のところ大丈夫だと思うとのことですが、こんな少量の出血で、子宮の中がきれいになっているものなのでしょうか?
1週間続いている出血ですが、量も多くないし、気にしながらみていましたが、塊だって出ていません。心当たりがあるとすると、一度だけスジのようなものがちょろっと出たことはありました。


覚悟はできてたはずなのに、やっぱり悲しすぎます。正直、妊婦さんや赤ちゃんを見るのも辛いです。
家族にも強がってしまい、涙は見せていません。でも実は今も1人、布団の中で泣いています。
1人目のときは当たり前のことだったけど、それってすごく幸せなことで、ありがたいことだったんだな、と恥ずかしながら、今になってすごく痛感しています。


何で流産なんてしてしまったんだろう、まさか私が…、何が原因?、ちゃんと次の妊娠はできるのかな?出産はできるのかな?、早く子どもが欲しい…
今回の悲しみと、これからの不安で押しつぶされそうです。

そんなときココを見つけて、同じ気持ちの人がこんなにいるのだと思ったらつい書き込んでいました。
どこにもぶつけられない気持ちだったので…
長くなってしまってすみません。
少しずつ、次に向けて前を向いていければと思います。
No.2133 - 2014/11/02(Sun) 00:31:52
13週目で流産 / スー [関東]
36歳、初めての妊娠でした。

これまでは仕事のことしか考えられない仕事馬鹿でした。
正直子供のことも考えておらず、夫婦共々仕事中心の日々を送っていました。

性生活もほとんどない結婚15年目のある日、妊娠に気がつきました。

正直妊娠しているとは思ってもいなかったので、はじめは驚きしかないくらいでした。頑張って婚活していてもなかなか授かれない方もいる中、予想外の妊娠だったので、申し訳なさすら感じるほどでした。

それでも日に日に赤ちゃんへがとても愛おしくなり、大好きな仕事も調整し(フリーなので)かなり減らすようになり、赤ちゃん優先の生活にシフトチェンジしました。

つわりは食べつわりがありましたが、健診毎回順調だということでした。
12週の健診でも順調だといわれ、次は16週、安定期での健診までもうひと頑張り〜と、安心感もでてきたところでした。

13週と3日の深夜、今まで経験したことのないするどい腹痛に教われました。
それも定期的に襲ってき、時間をはかるとちょうど5分おきできした。

これって、陣痛?5回ほど激しい腹痛を繰り返した後、突然大量の出血に襲われました。これって、破水。。。。?

急いで病院に連絡し、救急で病院へ。

診察の結果、すでに赤ちゃんが降りてきているとのことでした。

この週で赤ちゃんは外で生きていけないので、流産ということでした。。。

自分は健康体だし、特に流産の原因になることもなく、、、
何故なのか全くわからず、切なく、悲しく、どうしようもない気持ちでいっぱいです。

本当に順調だったため、流産なんて他人事でした。。。

胎盤もしっかりとできていました。。。

食事や生活にもかなり気を使っていました。。。

それでもこんなに辛いことになることもあるんだと、おそらく人生で一番辛い経験をしました。

このサイトを見つけ、少しでも流産の経験の情報を交換ができればと投稿しました。

またいつかこの私にも赤ちゃんが授かってくれるよう、
準備万端で待ちたいと思います。
No.2130 - 2014/11/01(Sat) 11:54:34
Re: 13週目で流産 / もんきち [関東]
すーさん、こんばんは(^-^)
お身体の具合は、その後いかがですか?

私は現在35歳。
すーさんと同じ世代だなあと思って、書き込み拝見させていただきました。

私も昨年から、妊活を本格的に始めて、比較的早く妊娠しました。
それまでは、本当に仕事一筋で、身体的にも、精神的にも、しんどいことがあっても、大学卒業以来続けてきた仕事に、打ち込んできました。
どんなにきつくても、やりたい仕事だったし、仕事が大好きだった。

そんな中妊娠をして、初めての妊娠は、子宮外妊娠。
ちょうど一年前の今日、手術をして、赤ちゃんと左卵管を、失いました。

すーさんがおっしゃるように、赤ちゃんを失うことは、今までの人生で、一番辛いことで、心はボロボロになりました。
妊婦さんや、妊娠という言葉が、何よりも辛くて、聞きたくない言葉になり、そんなふうに感じてしまう自分が、大嫌いで、どんどん悪循環に陥って…
本当に、最悪でした。

でも、一年経って、今思うことは、この経験は、私にとって、必要な経験だったということ。
心から、そう思います。
赤ちゃんは、私にたくさんのことを教え、気付かせてくれました。
今は本当に感謝しているし、赤ちゃんから教わったことを大切に、ちゃんと歩いていきたい。

すーさんのところへやってきてくれた赤ちゃんも、きっとすーさんのために、やってきてくれたのだと思います。
決して悲しませるためではないと思います。

まずは、体調を整えて、そして心を整えて、ご主人とともに、もう一度頑張ってほしいと思います。

応援しています(´ー`)
No.2132 - 2014/11/01(Sat) 22:47:36
立ち直れません / snow white
はじめまして。
去年の12月と今年の4月に、稽留流産で掻把手術を受けました。
考えないようにしてるのですが、毎日、赤ちゃんのことを考えてしまいます。
もうすぐ最初の流産から一年になるのですが、悲しかったり、不安だったりを繰り返しています。
検査を受けたところ、自己免疫疾患と潜在性の高プロラクチン血症が有ることがわかりました。アスピリンとヘパリンを次の妊娠の時に投与することで、次の流産は防げるかもしれないとのことで、少しほっとしました。
その後、病院からは不妊症の検査も念のため受けることを勧められたので受けたところ、卵巣の機能が、実年齢よりもはるかに年をとっており、妊娠は急いだ方が良いと言われました。
不育症の他にも問題が見つかり、ショックでした。
しかも、それを裏付けるかのように、今までの2回はスムーズに妊娠してたのに、妊娠さえしなくなりました。
基礎体温、毎月の生理、おりもの、妊娠検査薬、毎日の食事、飲み物、寒さ、仕事のストレス、自転車に乗った時の体に伝わる衝撃、遊園地の乗り物は卵に影響は無いか…など、気になることが多すぎて、気にしないようにしているつもりなのですが、無意識に頭に浮かんできます。
赤ちゃんや妊婦さんを見たり、子供の声を聞くのすら辛く感じます。
でも、身内に相談したりすると、考え過ぎだと怒られます。
考え過ぎなのは承知の上で、私も考えないようにしたいのですが、頭に浮かんでくるのです。どうやって意識をそらせばいいか、わかりません。
気になる要素は、日常に山ほどあります。
昔よりも、心がすさんで、イライラしやすくもなりました。
赤ちゃんに会いたくて会いたくて、苦しいです。そして、このまま閉経してしまったりしないか、不安です。とにかく信じて待つしかないですね。
待ってばかりの毎日。日々が早く過ぎればいいのに、と思いながら過ごしてしまっています。もっと、毎日を楽しく大切に思って生きていけたらいいのにと思います。
No.2131 - 2014/11/01(Sat) 15:46:24
最近読んだ本から / もんきち [関東]
最近、甘糟りり子さんが書いた「産む、産まない、産めない」という本を読みました。

妊娠や出産にかかわる8つの物語。
そのどれもが、今起こりそうなことばかりで、その中で、きちんと向き合い、考えている女性たちの姿に、心励まされます。

もしお時間あったら、読者の秋に、手にとって読んでみていただければと思います☆
No.2123 - 2014/10/07(Tue) 07:24:33
Re: 最近読んだ本から / もも
もんきちさん こんにちは^ - ^
「産む、産まない、産めない」読みました。題名が気になっていて、もんきちさんの勧めもあったので^_^

作者がかなりリサーチしただけあって、本当に起こりえるような話で、ありえないわーって事がない8話でした。

確かに女の人にはこの3択しかなくて…でもその中でもそれぞれが悩み乗り越えようとしていて。どうにもならないことが多いのだけど、私も女でよかったなーって思いました。

前向きになれる一冊でした。ありがとうございました^ - ^
No.2127 - 2014/10/21(Tue) 14:09:52
Re: 最近読んだ本から / もんきち [関東]
ももさん、読んでくれたんですね☆
ありがとうございます(≧∇≦)b

産婦人科医の言葉
「産むことから、解放されること」

確かに妊娠や出産は、女性に与えられた素晴らしい役割だと思うけど、生き方がたくさんある今、だからこそ、「産む」という生き物としての本能が、あまりにもシンプルすぎて、戸惑ってしまう。

そんなことを考えることもあるので、この言葉を読んだとき、気持ちがすーっと楽になれたんですよね(^_^;

ももさんが同じ本を読んでくれて、嬉しかったです!
ありがとうございます(´ー`)
No.2129 - 2014/10/22(Wed) 07:31:06
明日 / みおん [関東]
そうは手術です。
2004年に第1子を出産して以来
やっとのことで第2子を妊娠しました。
11年ぶりの陽性反応。
なのに明日にはサヨナラです。
今日昼間うたた寝していたら夢を見ました。
幼い男の子が泣きながら
「今までお世話になりました。ありがとう」
と言ってあたしに抱きついてこようと
してたのに…
その子は手足が短すぎて不自由で…
あたしが必死に手を伸ばしても
近くにいても届かなかった。
きっとお腹の子は男の子だったんだろうか。

明日にはサヨナラだけど
またいつか戻ってきてくれるかな。
お姉ちゃんも待ってるからね。
No.2128 - 2014/10/22(Wed) 00:00:38
正式診断 / 月
先週、投稿させていただいたばかりですが…

先日、ものすごい腹痛と出血で救急車で運ばれ入院となり、正式に子宮外妊娠の流産と診断されました。。。
入院中は流産のこと、子宮外妊娠のことをひたすらネット検索してばかりで、他のことを考える気にはなれませんでした。こんなんじゃいけない、早く元の生活に戻らないと赤ちゃんもきてくれない!と焦りもありました。

それでも、退院して家に戻って少し気が紛れて、妊娠のことばかり考えていてもいいではないか、その代わり、またすぐに会えるように、楽しく明るい未来を思い描きながらの妊活最優先生活にすること!と、久々に前を向けたのが昨日。
でもやっぱり、今日はまた泣いてしまいました。

今は、不妊治療を再開する日を想像することが心の支えです。早くいつもの先生に、今後の相談をしたい...(入院先がいつもの病院ではなかったので)、気が重かった不妊外来への通院が恋しいくらいです。
何だか変ですね、私。

先週、まだお腹にいる時に、仕事をしながらこの気持ちと戦っていくのは苦しいな…と思っていたら、ものすごい腹痛で入院させてくれた。「仕事はしなくていい!ゆっくり休んで!」と言ってくれたんだと思います。
あの腹痛が、我が子との最後の会話だったのかな…。そんなことを考えると少し幸せな気持ちになれます。姿を見ることがないままのお別れだったけれど、確実に想い出ができた気がします。

一歩進んで半歩下がって、ですね。
No.2124 - 2014/10/10(Fri) 12:20:14
Re: 正式診断 / もんきち [関東]
月さん、こんにちは
お身体の具合は、いかがですか?

腹痛と出血で、救急搬送されたとのこと。
子宮外妊娠の破裂は、命に関わる大出血にもなり得る怖い状態です。
まずは、そこまで至らず、命がご無事だったことに、感謝しましょう。

私も昨年、子宮外妊娠と診断され、左卵管を切除しました。手術のときに、子宮に腫瘍も見つかり、それも切除しています。

子宮の腫瘍は幸い良性だったのですが、妊活再開の許可が出るまで、半年かかりました。

去年の今頃は、ちょうど確定診断がつかなくて、本当に苦しくて、不安ばかりだった。

手術後は、精神的に不安定になり、そこから立ち直ることが、一番辛かったです。

まず今は、お身体を安静にすること。
そして、心のケアもしっかり向き合ってほしいです。
心の傷は、目に見えない。
だからこそ、自分でちゃんと向き合って、大切にしてあげてほしい。

月さんが、心も身体もお元気になれる日がやってきてくれることを、心から願っています。
No.2125 - 2014/10/12(Sun) 11:44:32
Re: 正式診断 / 月
もんきちさん、ありがとうございます。
半年間、お辛かったでしょうね…今の私には一ヶ月でも二週間でもとても長く思えてしまいます。同じ子宮外妊娠を経験されたもんきちさんのコメント、嬉しかったです。

私は幸い手術にはならず、経過観察中ではありますが、体の方は、妊娠前に順調に戻っているんだろうな…という気がします。
そのことが、次の妊娠に向けた第一歩!と思える日もあれば、無性に淋しい日もあって、心はまだまだですね。。。

正常な妊娠ではないと告げられてから時間もたち、夫はすっかり元に戻っているようです。今は、それが一番淋しいのかもしれません…
夜は早く帰ってきてくれるし、私が泣いていれば話を聞いてくれる。でも悪気はないのは分かっているのですが、普通に仕事の話をされると、私の気持ちは置いてけぼり?って思ってしまって。
でもこの掲示板を読んでいたら、どこの夫婦も同じなんだな〜と思えました。男女の脳の違いなんですかね。矢沢心さんの「ベビ待ちゴコロの支え方」という本に、旦那さんの足りない言葉は自分で補う、と書いてあって、なるほどなと思いました。
勝手にもんもんとせずに早く元気になるためにも、自分に都合のいいように、たくさん言葉を補ってみようと思います。

書いていたらだいぶ気が楽になりました。
もんきちさんやここを訪問される皆さんもこんな時期を乗り越えてこられたと思うと心強いです。どうもありがとうございます。
No.2126 - 2014/10/13(Mon) 13:53:32
決意と弱音… / 月
不妊治療を本格的に始めて9ヶ月。毎月、憎いほど予定日ぴったりに生理がきて「妊娠するってどういうこと???」と思っていた私。
そんな私も、ついに陽性判定が出ました。
でもそれからたった4日後の今日(5wちょうど)、hcgが余りに低いので流産を覚悟するようにと言われました…姿は見えませんでした。
奇跡は起きるはず!とひたすらネット検索するも、私のhcgではほぼ無理そうで…

久々に泣きました。

不妊を経験して、他人をうらやまずに人の幸せを喜べるようになったし、この経験で私が成長してはじめてママになることができるんだって前向きに頑張ってきたつもりだったけれど、まだママになるには修行が足りなかったんでしょうか…

まだお腹にいるはずなので最後まで奇跡を信じようと思うけれど、低AMHの私も妊娠できると教えてくれて、ありがとう。私達を選んでくれてありがとう。
愛おしいあなたの姿を見るまで、優しいパパに助けてもらいながら頑張りますね。
今まで、「授かりますように」ってお財布にお守りを入れていたけれど、「健康に育ってくれますように」に変えました。

昨日までこのサイトは敢えて見ないようにしてました。
でも色々な温かい言葉に涙が出ました。一人じゃないですよね。頑張りましょう!
たまにどうしようもなく弱気になっちゃうと思うけれど…^^;
No.2117 - 2014/10/01(Wed) 18:19:37
Re: 決意と弱音… / 月
自分に返信してごめんなさい。
昨日は眠れませんでした。
あー、この子はもうすぐいなくなっちゃうんだという思いが離れず、心臓がドキドキしてしまって‥

夫に抱きしめてもらって(寝ている夫を無理やり動かした‥(笑))少し落ち着かせて、その後こんな想像をしてました。

数年後、私たちの息子が突然こんなことを言い始めます。
「生まれる前にお空で見てたら、ママがママになるために一生懸命頑張ってるのが見えて、あの人の子どもになりたいってお願いしたの。
でもママのところに行く途中でケガをしちゃったから、治すためにいったんお空に戻らなきゃいけなかったんだ。
ママはとっても悲しそうだったけど、またぼくに会えるって信じて、パパと一緒に元気に笑ってた。だから、ぼくも一生懸命ケガを治して、すぐにママのところに戻ったんだ。」

完全な想像のお話です(^_^;)
でも、経験談を見てたらありそうな話です。

こんな想像をしていたら大分落ち着いて少し眠れました。

早く元気になりたいです‥
No.2118 - 2014/10/02(Thu) 06:39:56
Re: 決意と弱音… / もも
月さんはじめまして。
やっと授かった喜びの後に、本当につらいですね。お身体は大丈夫ですか?

母としての修行が足りないのではないですよ。人の幸せを喜べるなんて、そうそう出来る事ではありません。月さんは凄い方ですね(*^_^*)

本当に授かる奇跡と…健康に育つ奇跡…無事に生まれる奇跡…もちろん元気に育つ奇跡…なんですよね。

恥ずかしながら、私は1人目の時、この事がよく分かっていなかったです。

一度目の流産は心拍が確認できず。授かってもダメなんだと知り

二度目の流産は16週で突然の陣痛。健康に育つ奇跡を知りました。

私も含め、簡単に奇跡って言うけど、この経験をしたからこそ、本当の奇跡の意味が分かるんだとおもいます。それを知らない方が良かったかな?辛いけど、私は知れてよかったと思ってます。

月さんもまだ直後だから、そう思えないかもしれないけど、何か意味があって起きる事なのだと思います。

1人子供が居るからそう思えるんだろ?って言われたら元も子もないけど、月さんが少しでも前を向くお手伝いが出来たらと思います(*^_^*)

長くなりますが…想像の話素敵ですよ。完全な想像でもいいじゃないですか。それで少しでも楽になれるなら^ - ^

私は美容師なのですが、お客さんに流産の話をして(その方は、10年近く更年期から始まり、鬱やパニック障害などを乗り越えようとしてる方です)
その後に来店した時に
「変だなって思うかもしれないけど。この前来た日の夜に夢をみたの。お目目がくりくりの赤ちゃんがニコニコしててね。誰?って聞いたら、○○の赤ちゃんだよって。
女の子かな?って聞いたら男だよって。5ヶ月ママのお腹に居れて幸せだったから、大丈夫。もうママに悲しまないでって、おばちゃんから言っておいてくれない?って…夢なんか普段みないし、はっきり内容を覚えてるから不思議なのよね」と

前に話した時は、男の子だったとは告げてないし。手術の直後にうちの母がみた夢もお目目がくりくりの女の子みたいな男の子って話してたので、びっくりしました。

私の話ばかりで申し訳ないのですが、月さんの赤ちゃんも幸せだったのですよ。月さんママが大好きです。きっとまた戻ってきてくれるように、少しずつ笑顔を取り戻してくださいね^ - ^

そうですよ。私達は1人じゃないんです…どうしようもなく弱気になったらまた書き込んで下さいね(^_^)
No.2121 - 2014/10/02(Thu) 17:32:36
Re: 決意と弱音… / 月
ももさま
はじめまして。お返事どうもありがとうございます。
ももさんも正に悩まれている最中なのに、こんなに人に寄り添ってくださる優しさをお持ちで、素敵な方ですね。

美容院でのお話、素敵です。ももさんのお子様は色んな人の記憶に残っているのですね。

そうですよね、何か意味がきっとあるはず。
不妊の辛さを経験して、人に優しくすることを学びました。自分さえ良ければいい優しさも知らない人はママになる資格はなかったよね〜だから私は不妊を経験しないといけなかった、ほんとにこう思っています。
じゃあ今回の経験はどんな意味があるのか…今は分かりませんが、早く気付けますように。

今日は仕事に行ってきました。
午前中は、気を抜くと涙が出てしまう状態で何度も目薬でごまかしました。
こういう話って皆さんは余り人にされないかもしれないのですが、私は誰かに聞いてもらえるだけで気が楽になる気がして、大先輩と後輩(どちらも男性)に話しました。

後輩からは、「僕と一緒の部署だと妊娠できるってジンクスがあるんですよ。僕がコウノトリになったつもりで仕事は何でもやりますから、心おきなく前に進んで下さい」って言われました。そんなこと言える人だったの⁈と驚きましたが、ジーンとしました。

先輩からは「言いたいことを言って泣きたいだけ泣けばいいんだよ。それも強さ。その強さをお前は持ってる」と。泣いちゃうから辞めて下さい!

仕事に行って思い出したのですが、最近仕事が楽しくて、新しい挑戦をしてみたくて、不妊治療の中でもほとんどストレスなく過ごしていました。そんな充実してる私だったからやってきてくれたんでしょうね。

私の赤ちゃんとはほんのちょっとしか一緒にいられなかったから、赤ちゃんのことを考えていないと私のお腹にいたことも事実ではない気がしてしまう…。だから常に考えていたいけど、一日も早くもう一度会うためには、一回、考えないようにした方がいいのかもしれないですね。

と言ってはみても、なかなか難しくて気持ちはすぐに落ちてしまうけれど、なるべく気持ちをそちらに持っていって、また充実した私を見せてあげたいです。
No.2122 - 2014/10/02(Thu) 21:32:57
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 20 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LK (Free) Rocket BBS