■Atelier Iceberg■掲示板

イラスト&ブログへのコメントや観劇感想など、
お好きなことをおしゃべりしていってくださいませ。
初めてのかたも、どうぞお気軽に。

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS

名前
URL
件名
地域 アイコン [ List ]
文字色
/ 編集パス
暑中御見舞い申し上げます / モリー
暁生さま、お久しぶりです。
暑中御見舞い申し上げます。
BBSを夏色に?染めてみようと??

飛行機搭乗擬似体験のシュミレーションから、
ハラハラドキドキ読ませて頂きました。
やはり北海道でしたね。ピンポ〜ン(笑)
千秋さまはお土産にカニをどっさり買い込んで、とんぼ返りでしたが、
暁生さまは、イングリッシュガーデンを楽しまれたようですね。
ゆっくりリフレッシュでき、また一つ難関をクリアされ、
大収穫の旅行だったようでこちらまで嬉しくなりました。

読書談義ですが、最近は「楽園のカンヴァス」が良かったです。
絵画に対する作者の思い入れがすごいし、非常にマニアックな世界でした。
登場する絵画のセレクトに感動しました。

それと、RDGレッドデータガールですね。
山伏の子孫、戸隠忍者子孫、陰陽師の系譜と、
術を競い合い、三つ巴の対立が面白かったです。
5月に上京の折は、RDGの舞台、八王子市まで行って参りました。
高尾山など山々に囲まれた盆地ですけど都会ですねー びっくり・・
甲州街道の宿場町として栄えただけあり、街道筋に歴史を感じさせる店や、
由緒ある神社もあり楽しかったです。
もちろん「富士美術館」も行きましたよ。

さて、夏色7月・・ 宙組全国ツ「うたかたの恋」観劇感想です。

私はターコさんファンだったので、
初演の「うたかたの恋」は、ひと一倍思い入れの強い作品でした。
それから〜再演につぐ再演で・・ 

ファンは贔屓のトップさんに演じてもらい、夢を見たい作品なのでしょうね。
でも、地方に住む者は、指を折り、また「うたかたの恋?」でしたが・・
ルドルフ役は、アシュレ役と同じくらいに役づくりが難しいですよね。
作りすぎてもいけないし、持ち前のジェンヌさんの雰囲気勝負でしょうか?

しめさん演じるルドルフ役は、腺病質で鬱的で、
セリフ回しが、鳥肌が立つくらいに耽美的で余韻に酔いしれました。
でも、ルドルフというより、ルードヴィヒ神々の黄昏が似合う?
ヘルムートバーガー様が演じるルードヴィヒ役ですけれど・・ 
強いて言えばですよ・・(笑)

この度は、かなめさんのルドルフでした。
ビジュアル度が抜群で、白い軍服とウインナーワルツがよく似合う!
出だしから、死を予感する悲劇を背負って、
端正で孤独感を滲ませているお姿に、引き込まれてしまいました。

彼女は眼差し役者ですね。
眼差しに、作りものでない、天性の大人の色気と切なさがあるのです。
絶望の中で、ひと時のうたかたの恋に身を焦がす眼差しでも、
漂う色気と、優しさが合い交わり魅了しました。

銀英伝では、ただただ美しく目の保養をさせてもらいましたが、
ルドルフは、ハプスブルグ家の終焉を暗示する、悲劇の皇太子さまが立っておられました。

あの眼差しと孤独感と、軍服姿は忘れられません。
私の中で、思い出のひだにくっきりと仕舞われる役って少ないし、貴重です。

最後は不覚にも、大粒の涙をこぼしてしまいました。
特に何もしないのに?(すごい努力なのでしょうが・・)、
役によっては得がたい雰囲気を作るスターさんですね。

久しぶりにBBSを覗き、バラの花をセレクトしてみたくなりました。
100周年の幕開けはナポレオンということで・・(笑)
西日本は暑いです! 猛暑です。
暁生さまもご自愛くださいませ。
では長文で失礼いたしました。
No.937 - 2013/07/27(Sat) 12:06:07
モリーさま♪ / 暁生@管理人 [関東]
モリーさま、お久しぶりです。
すっかりお返事が遅くなってすみません!

飛行機恐怖症、何とか克服しました。

千秋センパイと同じ、北海道へ…。
札幌には、行きませんでしたけどね(笑)。
ただ、乗れたとは言っても、
飛行機に乗る恐怖がなくなったわけではないので
千秋先輩同様、これからも乗るたびに怖い思いはしそうです。
(一人で乗れる日は来るのか…)

ちなみに、私、海は大丈夫です。
ただ、船酔いしやすいので船は苦手(笑)。

読書談義、モリーさまは、着々と新ジャンルを開拓されていますねー。
私は最近は新しい作家さんは読んでいないかな。

「RDGレッドデータガール」、
ラノベ&アニメ好きの息子に聞いたら
よく知っていました(笑)。

八王子、私にとっては結構身近なんです。
実家からも割と近いですし。
子供のころ、初詣で高幡不動尊に行ったこともありますし、
高尾山は、一番近い山なので、何度か行きましたよ。
まさか、ラノベの舞台になっていたとは。

ラノベの世界って、私みたいなオタクは、
入ったら最後ズブズブ行きそう。
いや、もう入っているかな(笑)。

『銀英伝』も、最初は新書版ノベルズでしたが、
一時、ラノベ系文庫でも出てましたから。
今は、創元SF文庫…かな?

三上延さんの「ビブリア古書堂」シリーズも
ラノベレーベルですよね。

私、一番最近読んだのは「レ・ミゼラブル」で、
長くて重くて(翻訳物は読みづらいですね)、
力尽きていたのですが(笑)、
ちょこちょこ軽いものを読んではいます。

宙組全ツご感想もありがとうございます。

私、『うたかたの恋』とはどうも縁がなくて
ターコさんの初演も含め、一度も観劇していないんです。
まこっちゃんの全ツ版をビデオで観ただけ。

一度ちゃんと舞台で観てみたいなーと思っているのですが
全ツでの再演が多いので、これもなかなか機会がなく。
モリーさまとは、逆ですね(苦笑)。

かなめちゃん、トップになってから快進撃ですね。
『銀河英雄伝説』のラインハルトで鮮烈デビュー、
『モンテクリスト伯』ではヒゲ(しかも似合う)、
『ベルばら』特出で美貌のオスカル、
そして『うたかたの恋』で、悲劇のプリンス。
今度は『風共』でバトラーだし、
来年は『ベルばら』オスカル編。

再演ものが多いのは、ファン的にはどうなんだろうとも思いますが
話題作、名作目白押しですし。
あと残るのは、トートとロミオだけ??
(しかも、これもありそうな気がします)

美しいし、スタイル抜群ですし、
癖がないので、色々な色に染まれる感じがします。
劇団としても、ちえちゃんの次に
一押ししたいトップさんなのかな?
かなめちゃんのルドルフ、観てみたかったです。

来年は、いよいよ100周年ですね。
今年の歌舞伎座新開場の賑わい同様、
宝塚もマスコミに取り上げられることが多くなるかも。
私も、来年は頑張って劇場に通わなくちゃ。

モリーさま、いつも楽しいお話をありがとうございます。
なかなか更新できないサイトですが、
いつでもウェルカムですので、
また、お気軽に遊びにいらしてくださいね♪
No.938 - 2013/08/06(Tue) 12:50:52
暁生さまお久しぶりです / モリー [中国]
11月、遥かに富士山も見える東京の秋を満喫しておりました。
定番、東京駅見学はもちろんですが(笑)
穏やかな小春日和だったので、皇居、武道館、田安門をくぐり、
九段坂の風情を楽しみつつ、靖国神社まで歩いてしまいました。

さて宝塚ですが、銀英伝初心者マークで参入いたします。
なまちゃんさま談で
全く初見の方には?マークのつく方もいらっしゃるかもしれませんが、
帝国軍と自由同盟軍、そしてフェザーンの関係をしっかり区別できていたので、さほど混乱は招いていないのではと思います。
 
ハイ、混乱しませんでした(笑)

暁生さま談で
真っ白状態で行ったら、「へえ」「ほお」「そうですか」で
終わってしまいそうな気がします(苦笑)

ハイ、全くその通りでした(笑)
でも久しぶりにキャラ萌えですね。
自分の感性が萌えるか萌えないか・・
感性が発酵するかしないか・・が重要なのですよね。
ただただ、目から☆マークが飛び交い見惚れておりました。

スカステで☆マークの、新公主役の澄輝さま目当てで劇場をくぐりましたが、
ロイエンタールさまに釘付けで・・
「黎明の風」以来ですね。でも記憶にない(汗)
双璧ですか・・ 辞書調べてもアカンのですよね(苦笑)
何かベルバラのように、個性ある登場人物がスポットを浴び、
ストーリーを紡いでいくのかしら?

特に贔屓も居ないのに、プログラムを何回ひも解いたでしょう。
宝塚は夢ですね・・ 夢を見られる・・ 

暁生さまに勧められたハリーポッターも文庫本が発行され、
前のは断捨離し、文庫本に切り替えて再読中です。
きっと銀英伝全集も買い求めるのでしょう。
我ながら容易に行動が予測できる(苦笑)

読書と言えば、やっと文庫本になった1Q84ですね。
どっぷり嵌り、1Q84も妄想の宝庫です。
これからも自分の感性にフィットした妄想探しの旅をします。
私も疲れたり、寒くなると自立神経に悩まされ、
お薬と友達で過ごしております。
返信はご無理されないでくださいね。
では失礼いたします。
No.935 - 2012/11/08(Thu) 20:41:41
わーい、ありがとうございます♪ / 暁生@管理人 [関東]
モリーさま、おひさしぶりですー!

わーい、東京に来ていらしたのですね!!
お天気がよくて、何よりでした。

新しくなった東京駅、いつも山手線で素通りなので
まだ外から駅舎を眺めたことがないんですよ。

そして、皇居から九段坂までのお散歩コース、
いいですね〜。
私、大学がそこらへん(笑)だったんですー。
よく授業サボって、北の丸公園で昼寝してました(笑)。
ああ、輝ける青春時代……(遠い目)。

『銀英伝』もご覧になられたのですね!!
ありがとうございます(なぜお礼?<笑)

原作小説、モリーさまのお好みかどうかは分かりませんが、
確かに、キャラ萌え必至の作品ではあります。

CP(カップル)萌えですね。
ラインハルト&キルヒアイス(ライキル又は、赤金)
ロイエンタール&ミッターマイヤー(双璧又は、ロイミツ)
ラインハルト&ロイエンタール(黒金)

たまに、
ラインハルト&オーベルシュタインで萌えちゃう人もいます(笑)。
あ、普通に、ラインハルト&ヒルダもあります。

特に双璧に関しては、
単体よりセット売り(笑)というか、
「二人が並んでいるのが好き(萌)」というファンが多いです。

ラインハルトとキルヒアイスは、
それぞれ単体で「好き」という人が多そう。

蓮水ロイは、ビジュアルが原作イメージにぴったりで、
びっくりしました。
舞台上の仕草も、ロイエンタールそのものでしたから。

澄輝さやとくんは、猪突猛進のビッテンフェルトでしたね。
可愛げのある(?)目立つ役だし、よかったですよー。
原作でも人気のキャラなんですよ。

「1Q84」、私はまだ未読なんです。
以前、図書館で調べてみたら24ヶ月待ちだったので。(←買え)
また予約状況見てみようかなー。

最近の私は、有川浩さんを読んでいます。
『阪急電車』の作家さんです。
萌え…は、あるかどうか(ちょっとあるかな?笑)。
でも、ラノベ感覚で楽しく読めます。
最新作の『空飛ぶ広報室』、これはお奨めですよー!

久々に、モリーさまと読書談議(萌え談議?)が
できて、うれしいです。
これからの季節、自律神経系にはちょっとしんどいですが
モリーさまもどうぞお大事にお過ごしくださいね。

ありがとうございました!!


追記:

もし『銀英伝』を読まれるのであれば、
第1巻序章の「銀河系史概略」は、
ささーっと読み飛ばしてくださいね(笑)。
どうやら、ここで挫折する人が多いそうなので。

序章の最後の1ページくらいで、
初めてラインハルトの名前が出るので、
そこから読めば十分です。
(なんて、何えらそうに自分<汗)

いつかモリーさまと銀英談議ができるといいなー
なんて、夢見ています。
そして、
モリーさまが、どのキャラに萌えを感じるのか興味津々。
(すみません)
No.936 - 2012/11/09(Fri) 16:29:05
久々に大興奮! / なまちゃん [関東]
観てきましたよ!銀英伝@TAKARAZUKA

もうオープニングからカッコ良すぎですよ。
お衣装もライティングも!
かなめちゃんラインハルトの登場の仕方も「おぉぉ、そこから来ますか!」って
感じで多少、音程がはずれようがそのビジュアルなら全て許しちゃうっ!と思いました。
私はコミックを読んだのと多少ビデオも見ていたのが良い予習になり、かなり筋はわかりやすかったです(^.^)v
というか、コミックやビデオではあまりに登場人物の大さに「あれっ、あれっ?」となっていた箇所が全て「おぉ、そうだったのか!」と理解でき、すごく満足しています。
確かに、暁生さんのおっしゃるように全く初見の方には?マークのつく方もいらっしゃるかもしれませんが、帝国軍と自由同盟軍、そしてフェザーンの関係をしっかり区別できていたので、さほど混乱は招いていないのではと思います。

まぁくんのキルヒアイスがとてもステキでした。
彼が死ぬ場面でのかなめラインハルトの絶叫が私には一番でしたね。
観劇の前に暁生さんのブログを読ませていただいていたので、
笑いのツボも外さず、言い回しなど自分ではかなり突っ込んで観劇できたと思っています。
また暁生さんが雪組以外でDVDを買ってしまいそうとおっしゃってましたが、
私も久しぶりに他組の公演プログラムを購入してしまいました(^○^)
それからこれはしませんでしたが、赤絨毯の階段の踊り場にあるポスター写真を
写メしたくなりました。

それから考えてみると元雪組ッ子が4人も出ているですよね。
かなめちゃん、とうまくん、りんきら、純ちと。
後者2人もルッツ、ジェシカと重要な役をいただいていて嬉しかったです。

大劇場ではイマイチ受けが良くなかったと聞いていましたが、
東京ではそんな事はどこ吹く風で、平日の夜にも関わらず満席でした。
そして、いつもの公演に比べると男性の方が多かったですね。
ヅカファンというより銀英伝ファンですよねと声をかけたくなるような方も
多く見かけました。
それと私達位の年齢のご夫婦姿もいらっしゃって、私の横のご夫婦も
奥様が熱烈なる銀英伝ファンで、ご主人にあらすじなどを事細かに説明している姿がステキでした(私は横でその説明を聞いてお勉強してました)

暁生さんが教えてくださったサイトを見て、もっと銀英伝を知っていこうと思います。
仁もコミックを読んだ方やTVを見た方がたくさん劇場にいらしてくれると
良いですね。
頑張れ!TBS!

長々と失礼しました。
今度は直接、銀英伝のお話が出来る事を楽しみにしています。
No.933 - 2012/10/31(Wed) 14:19:45
ありがとうございます♪ / 暁生@管理人 [関東]
なまちゃんさま、
さっそくのご感想、ありがとうございます!

いやー、「銀英伝」楽しんで頂けてよかった!
原作ファンってね、自分でも色々ツッコミながらも
宝塚ファンの人に、楽しんでもらえるのかなーなんて
みんな思っているんですよ(笑)。

ネットの新聞評かなんかで
「原作知らなくてもOK」とありましたが、
絶対予習して行ったほうが楽しめますよね。

真っ白状態で行ったら、
「へえ」「ほお」「そうですか」で
終わってしまいそうな気がします(苦笑)。

>まぁくんのキルヒアイスがとてもステキでした。
>彼が死ぬ場面でのかなめラインハルトの絶叫が私には一番でしたね。

キルヒアイスの誠実さが滲み出ていてよかったですよねー。
かなめハルトの絶叫、アニメの堀川亮さんばりに
真に迫っていましたよー(涙)。

>それから考えてみると元雪組ッ子が4人も出ているですよね。
そうそう、みんないい役付いていましたね!
かなめ&きたろうの並びを、まさか宙組で観られるとは。

せーこちゃん、「やらずの雨」で
桂ちゃんの相手役されたんですよねー。
すっかり立派になって…(涙)。

雪組ファンとしては、
他組で元雪ん子たちが活躍してるのを観ると、
とってもうれしいですよね!

私は、あと2回観る予定です。
またおバカな感想を書くと思いますが、
どうぞよろしくお付き合いくださいませ(汗)。
No.934 - 2012/11/02(Fri) 16:55:16
銀英伝 / なまちゃん [関東]
こんにちは、暁生さま。
銀英伝観劇で、かなり壊れていらっしゃる(すみません…)
いえ、銀英伝に馳せる暁生さまの気持ちがひしひしと伝わってきました。

私もレンタルVDを必死にダビングしまくったのですが、
なかなか観賞まではいかず…。
先月、花組観劇の際にキャトルで銀英伝の文庫コミックを
8巻全て大人買いしてきましした。
私にとって銀英伝は登場人物の名前を覚えるのに必死で…。
(今回の@Tに登場するキャラはなんとかクリアしましたが)
まだまだ学習する事がいっぱいです。

私は明日、観劇です。
今回はこの1回限りなので、ヒシッと観てこなければ!

銀英伝のポスターを見た時、その美しきビジュアルに
兄嫁といい年しておおはしゃぎしてしまいました。
次の雪組の仁が始まるまでは、きっとこの話題で持ちきりだと思います。
No.931 - 2012/10/29(Mon) 14:01:23
なまちゃんさま♪ / 暁生@管理人 [関東]
なまちゃんさま、こんばんは。
毎日アホなブログで、お騒がせしております(汗)。
お恥ずかしい……。

『銀英伝』、今日ご観劇だったのですね!
いかがでしたか?

私は、ご贔屓キャラが舞台に立っているだけで
「キャー!!」という状態なので、
タカラヅカファンの皆さまの反応が、とっても気になりますー。

何しろ登場人物が多いですし、
原作の最初の部分を駆け足で追っているので
ファンなら「あ、あの場面!」とすぐ分かっても
初見の方はどうなのかな?と思ったりします。

もし、舞台で原作に興味をお持ちになったら、
アニメや原作もご覧になってみてくださいねー。
(原作布教中<笑)

私は、雪組公演以外で、
久しぶりにDVDを買ってしまいそうな勢いです(笑)。
ご贔屓キャラのロイエンタールが、
あまり映っていないだろうと思われるのが
かなり残念なのですが。


『-JIN-仁』も、好評なようですね!
公演は楽しみなのですが、その日が来て欲しくない気持ちもあり、
なんだか複雑……。

でも、雪組はずっと応援します!!



ちなみに『銀英伝』、
ようつべでも、アニメ版本編&外伝全話、
けっこう綺麗な画像で観られますよ(笑)。

Legend of the Galactic Heroes Episode 01
で検索してみてくださいねー。
No.932 - 2012/10/30(Tue) 18:43:54
お久しぶりです。 / すず [近畿]
暁生さん本当にお久しぶりです…すずって言って覚えて頂いているかも些か不安なほどお久しぶりです。
以前、こちらに何度か独断と偏見に満ちた(笑)観劇録を何度か書かせていただいていました。
あれから月日は経ち、瀬奈様LOVEからゆひ様LOVEにそしてお見送りと…結構濃厚なファン時代を過ごしていました。夢であった保育士にもなることができて、一人暮らしライフ満喫中です^^
特にゆひさんの退団公演に至っては、ひたすら泣きに毎週劇場に通っていました(T_T)さよならショーも観てグッズは買いあさり、もう我がファン人生に悔いなし!といったところですが…なかなか宝塚から足を洗うなんてこと、できません。
ってことで、以前よりゆる〜くファンを続けてます。

私がファンとして病める時も健やかなる時も…変わらずずっとあるこのサイト、私は大好きです。
また観劇の際は利用させていただくこともあると思いますが、よろしくお願いいたします。
リニューアル楽しみにしています。
No.929 - 2012/10/16(Tue) 23:40:45
こちらこそ!! / 暁生@管理人 [関東]
わーい、すずさま、お久しぶりですー!!

もちろん、覚えていますとも。
以前は、学生さんでしたよね。
我が家の愚息とお年も近かったように記憶しています。

こちらこそ、ずっとサイトを放置してしまってすみません(汗)。
なかなか更新できなくて
一時は、サイトを閉鎖しようかと悩んだ時期もありましたが、
止めるのはいつでも出来るし、
出来る範囲で続けようと思って、
この夏から、ブログだけは毎日更新しています。

すずさまは、あさこちゃん退団の後、
同期のゆうひくんを応援されていたんですね!
ゆうひくんも、立派なトップさんになられて、
そして退団されて…。

このサイトを開設した頃(11年前)の事を思い出すと、
本当に時の流れを実感します。

イラストも古いものばかりで、ダメダメですが
きちんとした形のサイトにしたいなーと思っています。

すずさまも、お仕事頑張ってくださいね。
私も応援しています!

そして、またお気の向いた時にでも
お気軽に遊びにいらしてくださいませ。

久しぶりに懐かしいお声を聞けて
とってもうれしいです。
ありがとうございました!!
No.930 - 2012/10/18(Thu) 17:29:17
mihiroさま!! / 暁生@管理人 [関東]
mihiroさま、
お返事がうーーーーーんと遅くなってしまい、
本当にごめんなさい!!

最近は、掲示板もノーチェックだったものですから…、
いえいえ、言い訳ですね。
失礼いたしました。

母の愚痴にコメントありがとうございました。
いやはや、お恥ずかしいです。
あの頃、私もちょうど体調が良くなかったので、
ダメージが大きくて……。
今は、とりあえず平和にやっております(苦笑)。

そして、『銀英伝』の宝塚での上演!
なんだか夢みたいと思っていたら、もうすぐですね。
先日、梅芸『フットルース』観劇で大阪に行きましたら、
ポスターがばんばん貼られていまして、
本当にもうすぐなんだなーと実感しました。

かなめちゃん、ラインハルトにぴったりですね。
で、やはりヒロインは、キルヒアイスじゃなくて、
ヒルダなんですねー(笑)。
戦記ものだから軍人が多くて、男役天国な作品ですが、
娘役さんはちょっとかわいそうかな?
スチール写真の美しさに、劇団の気合いを感じます。

是非是非、原作ファンを唸らせる作品に仕上げて頂きたいです。
外の舞台でも好評だったようですが(となみアンネローゼ観たかった)、
俳優さんが演じるより、
やはり宝塚の方が似合う作品だと思うので♪

キャラへの思い入れの強い原作ファンが多いので、
主役ではない、キリヒアイス、双璧、ヤンあたりの扱いが
とっても気になります。
(特にロイエンタール!<笑)
まずは、チケットを手に入れなければね(汗)。

またブログで熱苦しく語るかもしれませんが、
読んでやってくださいませ(笑)。

mihiroさま、ありがとうございました!
No.928 - 2012/08/14(Tue) 13:14:57
銀英伝、ついにやりますね(^^)/  / mihiro [近畿]
暁生さま、うーんとお久しぶりです♪♪
年明けからの多事多難な日々、本当にお疲れ様です(涙)。
その後体調の方はいかがでしょうか。

お母様、この秋喜寿をお迎えとのこと。
おめでとうございます。
お母様の健やかさの裏で
暁生さま、きっと長女の鑑のように細やかにお世話なさって
お疲れがたまられたのでは…(泣)。

私など近所住まいなのをいいことに、ほったらかし状態で(汗)。
たまたまこの春、うちの息子たちと
私と両親とで小旅行に出かけたら、
一泊二日というのに帰りはもうケンカ状態。

思うに親の、特に同性の親からの言葉って
友人とはまた違って、心のいちばん深いところに
直で差し込んでくる気がします。
いっぱい傷つけられてごんごん落ち込みますが
きっと母もいっぱい傷ついているんだろうなと。

この年になっても、ちょうどいい距離の取り方って
ほんとうに難しいですね…。はぁ。

ところでところで。ついに宝塚で
『銀河英雄伝説』上演決定☆ですね。
これはもう、暁生さまと歓びを分かち合わずして
どうする!?ということで
あつかましくもお邪魔させていただきました。

これまでずっと作者の田中芳樹さんの許可が下りない…ということで
実現は半ばあきらめていたのでしたが
今になってOKが出たのは、
やはりこのごろの舞台化の影響でしょうか??
なんにせよ、生きて動く銀英伝キャラ@宝塚が観られるなんて
今まで生きてきてよかったーっ!

宙組でのお披露目上演ということで
これはもう帝国編しかないだろうと勝手に想像中です(笑)。
ヒロインはやっぱりヒルダになるのでしょうか。
私としてはここはいっそ、アンネローゼをもってきた方が
キルヒアイスとの関係や
のし上がってゆくラインハルトを描くのに
奥行が出るんじゃないかなぁ、と考えたり。

恋はもうラインハルト&キルヒアイス(+ときどきロイエンタール)
にお任せでいいんじゃないかと(笑)。

とにかく秋へ向けてお楽しみができたので
これで今年もどうにか関西のあつーい夏を
乗り切れそうです♪

それにしてもこの春はいつまでも寒かったり
暴風雨があったりと落ち着かない気候ですね。
私も主人も花粉症が今年はここ数年来にないひどさで。
これも気候のせいなのか
とにかくマスクをお供に必死にやり過ごす毎日です。

暁生さまもお家の工事やお母様のことで
まだまだ多忙で気遣いの多い日々かと思いますが
どうぞくれぐれもお体いたわって
お過ごしくださいますように。

また遊びにまいりますね♪
No.927 - 2012/04/18(Wed) 17:14:05
サイト開設10周年おめでとうございます / モリー
暁生さま、お久しぶりです。

「まずまず元気・・」との事で心底安心しました。
久しぶりに、覗いてみましたらアップしていたので、
まさか〜(失礼な表現で)と目が点になり、びっくりしました。
でも復活は嬉しいです。

8月にサイト開設10周年ですか・・ おめでとうございます。
「このサイトを閉鎖はしたくない」の心強いお言葉に、
感謝、感謝です。

>10年後は、どうしているんだろう? もっと枯れているのかな?
多分、気持ちは枯れないと思いますよ。
いつまでも瑞々しい感性とは言い難いですが、
何か物事を、年と共に斜めに構え、シニカルな見方に拍車が・・?(笑)
読書も、知識はさておき、酔えるもの、共感できるものに限定し、
妄想という発酵菌を絶やさなければ大丈夫みたいな・・(苦笑)

私も、東宝公演観劇しました。
確かにお芝居はナンでしたが(爆)、時計を見る回数は少なかったので、
それなりに楽しめたのでしょう?
一人観劇でも、突っ込みのネタには事欠かず?
突っ込み甲斐のある内容でした。
ショウは楽しかったですね。
宝塚は、シャンシャンで華やかに終わってくれるので、
ああー楽しかったと、幸せ感で帰路に・・

さてこれからも、
現実になるべく目を逸らし(苦笑)
非日常的なまどろみに漂い、恩田さん流デジャビュを感じ、
何かに耽れる楽しみを見つけて行きたいと思っております。
暁生さま、よろしく布菌活動お願いいたします。

では暁生さま
関西流で言うと「ぼちぼちやんなはれ」でしょうかしら?(笑)
サイト運営もぼぢぼちお願いいたします。
では相変わらずの戯言ですが、失礼いたしました。
師走に入ります。体調にくれぐれもお気をつけてください。
No.923 - 2011/11/30(Wed) 20:14:05
ありがとうございます♪ / 暁生@管理人 [関東]
モリーさま、サイト10周年のお祝いメッセ、ありがとうございます♪

本当に、すっかりほったらかしで申し訳ないです。
サイトを忘れた訳ではないし、更新したい気持ちはあるのですが、
一度更新が途切れると、なかなか次のきっかけが
見つからないというか……。
頭では分かっているのに、ダメダメですねー。

とにかくイラスト更新と力んでいても続かないので
ハードルを下げて、
まずは、ブログだけでも良しとすることにしました(汗)。

>何か物事を、年と共に斜めに構え、シニカルな見方に拍車が・・?(笑)
>読書も、知識はさておき、酔えるもの、共感できるものに限定し、
>妄想という発酵菌を絶やさなければ大丈夫みたいな・・(苦笑)

それは、まさにモリーさまのこと?(笑)
最近の私、すっかりフツーのおばさんになっている気がして……。
(いや、前からそうだよと言われれば返す言葉もないのですが<汗)

このままフツーのおばーさんになって行くのかなー?なんて
ちょっと悲観してしまうんですよね。
もっと萌えパワーを注入しないと!

あ、でも森さんのVシリーズは10巻読破しましたよ。
いやー、どのキャラも濃いですねー。
紅子さんと七夏さんの対決?に、いつもドキドキです。
私は、れんちゃんが好きです♪♪

次は、四季シリーズに突入予定ですが、
その合間に、今は「夜は短し歩けよ乙女」を読んでます。
おもしろーい!
京都の街をもっとよく知っていたらいいのになー。
ぶっとび感が「鴨川ホルモー」にちょっと似てますね(笑)。

恩田さんも三浦しをんさんも新刊が出ましたし
(図書館に予約中<笑)
読書の愉しみは、限りないです。
また、お奨めの本がありましたら教えてくださいね。

サイトも、モリーさまの仰るとおり、
無理せず、ぼちぼちやろうと思います。

家のリフォームが終わったら、
サイトの、リフォームじゃなくてリニューアル、
リノベーション? イノベーション?
出来たらいいなーと思っています。

またお暇なときにでも、のぞきにいらしてくださいね!
いつもありがとうございます♪
No.924 - 2011/12/01(Thu) 14:29:44
読書談義 / モリー
師走に入りましたね。
暁生さまこんにちは・・

読書談義ですが、練ちゃんファンなら、
是非、短編集「どちらかが魔女」を読んでみてください。
森ファンにのみ限定ですが、たまらない本ですよ。
あのキャラ、このキャラ、現在過去未来・・ そして練ちゃんが・・
そしてーーー 萌えまくり(笑)
他愛ないストーリーですが、伏線、伏線てんこ盛りで
おいしい短編集でした。

あとシリーズでは、
東川篤哉の烏賊川市(いかがわし)シリーズかしら(笑)
どれも笑ってしまいますが、トリックは本格的です。
東野圭吾さんは、世俗的事件で、ヒタヒタと迫ってきて、
行間に妄想を付け入る隙も与えませんが、
野と川とではエラク違い(笑)
東川さんは、ギャグ満載の上、探偵が隙だらけで面白い(笑)
次に森(笑)ですが、
森さんは、読後に、森ファンしか共有できない余韻があるのですよね。
ドロドロがない・・ 美味しくフレンチをいただいている感じかしら。
セレプ感がいいですよね。

雑談の最後になりましたが、
森見さん、読まれたのですね。
暁生さまが読まずして、誰が読む・・みたいな腐女子?ご用達・・(爆)
四畳半と男汁が染み付いた、腐男子登場で萌えますね(笑)
でも、森見さん体調悪くして静養中とのこと、
自身もファンも更に満足度を求めるので、執筆活動も大変ですね。

では読書談義、失礼いたします。
No.925 - 2011/12/02(Fri) 15:30:57
楽しみです♪ / 暁生@管理人 [関東]
モリーさま、さっそくのご紹介、ありがとうございます。

>練ちゃんファンなら、
>是非、短編集「どちらかが魔女」を読んでみてください。


短編集は、まだ読んだことないんです。
今度借りてみますー。
Vシリーズ、あまりに個性的なキャラクターばかりで、
最初は戸惑いましたが、気づいたらはまっていました(笑)。
しこちゃん&れんちゃんのコンビ、
可愛くて気に入っています。

紅子さんは、やっぱり謎すぎるー。
へっくんがとてもまともな子供に見えます(笑)。

>東川篤哉の烏賊川市(いかがわし)シリーズかしら(笑)
またまたご紹介ありがとうございます。
東山圭吾さんは、何冊か読みましたが、
本格推理というか、リアルな展開が多いですよねー。

私は、やっぱりちょっと荒唐無稽っぽい方が好きかな?
ホラーやファンタジーも好きだし。
ストーリーが面白いのはもちろんですが、
キャラにはまる傾向があるので(笑)、
やっぱり自分好みのキャラクターが登場すると
楽しさ倍増です。

モリーさま、いつも面白い本のご紹介ありがとうございます。
また読書談議、楽しみにしておりますね♪
No.926 - 2011/12/06(Tue) 10:51:53
お元気そうで何よりです / なまちゃん [関東]
ご無沙汰です。

偶然とは思いますが、今日いつも覗いている柴田理恵さんのブログが更新されていました。
「もしや!」と思い、こちらを覗いてみたらビンゴぉ!でした。

ご主人様、定年を迎えられたのですね。
うちもあと何年かです。
暁生さんのところのように仲良く宝塚観劇に出かけられるかしら。

何だかんだと言っているうちに雪組公演も終わってしまいました。
お芝居の話は置いといて、ショーは楽しかったです。
でもアイドル場面は昔の宙組の「満天ナントカ」の場面とダブってしまいました。
特にひろみちゃんと椿さんが…。   ↓
               すみません、わすれましたm(__)m

年明けのまっつ主演のインフィニティが私の次の予定です。
また日比谷でお会いできる事を楽しみにしています。
No.921 - 2011/11/25(Fri) 15:32:19
ありがとうございます♪ / 暁生@管理人 [関東]
なまちゃんさま、お久しぶりです。

しばらく更新していないし、
もうこのサイトを見てくださっている方はいないかなーと
おりましたので、嬉しい驚きでした。
さっそくのコメント、ありがとうございます!

>ご主人様、定年を迎えられたのですね。
そうなんですよー。
なんかね、すっかり「老後」です(笑)。
今はまだ通勤していますが、来年の今頃は家にいる予定。
どんな生活になるのやら……。

雪組公演、楽しかったですね。
お芝居は、あちこちで話を聞いて覚悟していたせいか、
おもったほどひどいとは思いませんでした。
アイデア盛り込みすぎな気はしますが、
影絵の場面などは、夫は楽しかったみたいです。

ショーは、私たち世代には懐メロが多くて、
楽しかったですねー。
スピーディで飽きの来ない展開だし
オーソドックスなショーも好きだけれど、
たまには、こういうのも新鮮で面白いなと思いました。

>アイドル場面は昔の宙組の「満天ナントカ」の場面と
>ダブってしまいました。

アイドル場面、宙組のHANA-CHANGでしたっけ?
ありましたねー、あんな場面。

私は、次は宙組の予定です。
桂ちゃんの青年館もチケット取らなくちゃ。

ボヤボヤしているうちに、もう12月ですねー。
私も来年は、もう少し更新したいと思います。

>また日比谷でお会いできる事を楽しみにしています。
こちらこそ、劇場でお目にかかれたら嬉しいです♪
No.922 - 2011/11/30(Wed) 18:12:54
やられました(^。^) / なまちゃん [関東]
ご無沙汰してます。

雪組東京公演いよいよ始まりましたね。
私も土曜日にようやく観て参りました。

今回は「ロミオとジュリエット」、シェイクスピア作品…
ちゃんと観ていられるか、すっごく心配でしたが
幕が上がって下りるまで、真剣に観てしまいました(当たり前だって!!)

で、何がすごいってやはりケイちゃんですよ。
何やってもカッコいい!(^.^)v
歌も声バッチリ出ているし、夢華ジュリエットを見つめる目が優しい。
もう結婚式の場面で、幕があがってそこにケイちゃんが立っているだけなのに
私は「やられたぁ−!」
クラクラッ状態でした。
久しぶりですよ、こんな気持ちは。
姪っ子が今、ケイちゃんに夢中なのですが、
その気持ちがわかる気がしました。
そしてそして、フィナーレで大きな羽を背負って
ど真ん中でお辞儀をするケイちゃんの姿を見たらもう目頭が熱くなって…。

ど真ん中と言えば、今回乳母役のコマちゃんもど真ん中で
ソロシーンがあります。
お嬢様を思っての気持ちを表現するのですが、
聴いているうちにこれまた胸がいっぱいになってきて、
目がウルウルしてしまいました。

ロミ・ジュリは確かに悲劇の物語ですが、
別の意味でハンカチがたくさん必要です。
暁生さん、ぜひぜひケイちゃんの晴れ姿、観に来てくださいませ。
No.920 - 2011/02/21(Mon) 16:38:38
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 20 >> | 過去ログ | 画像リスト ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LL (Free) Rocket BBS