01797

TAKE THAT JUNKIE NEWS
2016.01.10 ロビー・ウィリアムス「テイク・ザットへの復帰予定はない」 No.107

ロビー・ウィリアムスが、テイク・ザットの結成25周年を記念しグループに復帰する計画を立てているらしいとのニュースが流れたが、彼のスポークスマンはその予定はないと否定した。

ロビーは6月、テイク・ザットの公演を訪れ、メンバーと撮影した写真をTwitterで公開したため、期待も込めロビー復帰の噂が流れた。

しかしながら、ロビーのスポークスマンは『Daily Mirror』紙にこう話したという。「ロビーの2016年の計画は、新たなソロ・アルバムを作ることです。そして、そのアルバムのツアーを行ないたいと考えています。レコーディングとツアーの予定はこれだけです」

また、一年前脱退したばかりのジェイソン・オレンジも、たとえ25周年であろうと、現在のところグループ復帰は考えていないと言われており、5人が揃うのは残念ながらすぐにはなさそう。
2016.01.10 最新アルバム『III』に新曲4曲が追加収録された2015年新装版が配信リリース!新曲「ヘイ・ボーイ」のビデオでは華麗なディスコ・ファッションを披露! No.106

約1年前の2014年12月にリリースされたテイク・ザットの最新アルバム『III』は、全英アルバム・チャートで1位を獲得し、全英No. 1シングル「ジーズ・デイズ」、日本でも大ヒット中の映画『キングスマン』の主題歌「ゲット・レディ・フォー・イット」などのヒット曲が生まれた。
この度、新曲4曲が追加収録された2015年新装版『III (2015 Edition)』がリリースされた。
新曲のひとつ「ヘイ・ボーイ」は、アデル、ケイティ・ペリー、ラナ・デル・レイ、BECKなどを手掛けたGreg Kurstinがプロデュースを担当。
この曲のミュージック・ビデオでは、まるで70年代の「サタデー・ナイト・フィーバー」のようなディスコ・ファッションに身を包んだメンバーが颯爽と街を歩き、ミラーボールが回るディスコのシーンも登場する。「ゲット・レディ・フォー・イット」のミュージック・ビデオで見せたスーツ姿といい、華麗な着こなしはさすがである。
https://www.youtube.com/watch?v=XOzgW6HeMzg

本国UKとヨーロッパでリリースされた『III (2015 Edition)』は、今年ロンドンのO2アリーナで行われたコンサートを収録したDVDが付いたCD+DVD形態となっている。
日本では、DVDのライヴ部分は『Take That: Live 2015』としてiTunesで配信されている。
このライヴは、今年9月にライヴ映画「TAKE THAT LIVE FROM THE O2」として日本の映画館で1週間限定公開され、好評につきナイトショーで1週間延長された会場もあった、貴重な映像だ。

常に印象に残る名曲を送り込んでくるテイク・ザット、今後も彼らの活動から目が離せない。
http://www.universal-music.co.jp/take-that/news/2015/11/25#POrpEz6YevGUWlBy.99 で詳細を読む
2016.01.10 新曲「ヘイ・ボーイ」がTOKYO MX「フォンデュ!」の12月度エンディングテーマに決定!! No.105

TOKYO MX「フォンデュ!」の12月度エンディングテーマに「ヘイ・ボーイ」が決定しました!12月からの放送をお楽しみに!!

TOKYO MX「フォンデュ!」
毎週火曜9:30〜10:00
※12/8(火)は放送お休みとなります
2015.09.17 Apple Music Festival(ロンドン)出演決定! No.104

人気アーティストが白熱のパフォーマンスを披露するスペシャルイベント、Apple Music Festival。ロンドンの Roundhouse から世界へ向けて、10日間連続で開催されるライブをチェックしよう。

テイク・ザットは9月21日に出演します。
https://www.applemusicfestival.com/
2015.09.01 9月11日(金)公開のコリン・ファース主演映画『キングスマン』のシーンが盛り込まれたミュージック・ビデオが日本でも公開! No.103

9月11日(金)公開、キレッキレのスパイ・アクション映画『キングスマン』。ブリティッシュスーツに身を包んだ英国紳士スパイが、奇想天外な秘密兵器を駆使して敵を討つ!
最高に興奮!最高にスタイリッシュ!最高に楽しい!『007』でもない、『ミッション:インポッシブル』でもない、全く新しいスパイ映画が誕生!

この話題の映画のシーンが、イギリスを代表するスーパーバンド、テイク・ザットの曲「ゲット・レディ・フォー・イット」のミュージック・ビデオに使用されている。
「ゲット・レディ・フォー・イット」は最新アルバム『III(スリー)』(2014年12月リリース、全英1位)の収録曲。

今年1月のロンドンでのプレミアにはテイク・ザットのメンバーも参加し、出演俳優たちと共にレッド・カーペットに登場したそうだ。
メンバーの一人、ゲイリー・バーロウは、“マシュー・ボーン監督との仕事は大好きで、ここ何年かでいい友達になったんだ。彼は素晴らしい監督で、『キングスマン』は間違いなく彼の最高の作品の一つだ。早い段階でカットを見せてもらったからどんな曲にしたいかはっきりわかっていて、出来上がったのが「ゲット・レディ・フォー・イット」だ。とても誇りに思っているよ”と語っている。

テイク・ザットは、1990年に英マンチェスターで結成された。解散、再結成、メンバー脱退を乗り越え、現在も国民的人気を誇るアーティスト。
英BBCに「イギリス音楽史上、ザ・ビートルズ以来最も成功したバンド」と称され、これまでに全英1位獲得アルバム8枚、全英1位獲得シングル15曲、アルバム総売上枚数3,000万枚、ブリット・アワード8回受賞、コンサート・チケット売上枚数700万枚(2014年末現在)という驚異的な実績を残している。

なお、9月12日(土)からは、今年6月19日のロンドンO2アリーナ公演を完全収録した「TAKE THAT LIVE FROM THE O2」が、日本の映画館で1週間限定にて公開されることも決定している。


★テイク・ザット「ゲット・レディ・フォー・イット」 ミュージック・ビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=4f59ZtVeTr0

★映画『キングスマン』
9月11日(金)全国ロードショー
http://www.kingsman-movie.jp/
2015.08.27 9月8日(火)TOKYO MX「フォンデュ!」でテイク・ザットの特集が放送 No.102

9月8日(火)TOKYO MX「フォンデュ!」でテイク・ザットの特集が放送されます。お見逃しなく!
9月8日(火) TOKYO MX「フォンデュ!」9:30〜10:00
2015.07.11 3人のライブが日本で観られる!テイクザットのライブシネマが全国ロードショー! No.101

6月19日ロンドンで行われたライブがシネマとなり、なんとなんと日本で全国ロードショーで公開されることが決まりました!!!!!やばい!やばすぎです。9月12日土曜日より全国でロードショーです。

<公式サイト>
http://takethat-livecinema.com/

<チケット代>一律2000円
<公開地域 劇場名 電話番号 公開日は共通して9月12日です>
◎宮城……MOVIX利府【TEL】022-767-7400
◎東京……新宿バルト9【TEL】03-5369-4955
◎神奈川……横浜ブルク13【TEL】045-222-6222
◎愛知……ミッドランドスクエアシネマ【TEL】052-527-8808
◎大阪……梅田ブルク7【TEL】06-4795-7602
◎京都……T・ジョイ京都【TEL】075−692-2260
◎広島……広島バルト11【TEL】082-561-0600
◎福岡……T・ジョイ博多【TEL】092−413-5333

<イントロダクションより>
2015.4.27よりグラスゴーで幕を開け、大成功を収めたTake That<テイク・ザット>ライブツアー。
6.19にイギリス、ロンドンのO2アリーナにて行われ、ヨーロッパなど全世界にライブ中継されたステージ映像を日本では、
9.12全国にて公開!
Take That<テイク・ザット>の壮大なステージはイギリス音楽史上、ほかに類をみないと言われており、カラフルな爆薬、ステージには踊るクラゲや巧みな演出でパペットが登場!観客の頭上を浮遊する自転車。
ほかにも球体や花火の演出、そしてライブ会場内に降る雨など盛りだくさんの演出となっている。
2015.04.14 2000年以降、UKで最も売れたアルバム・トップ20 にtakethat No.100

UKのチャートを集計するOfficial Charts Companyが、ミレニアムに入ってから――2000年初週から2015年11週目まで――UKで最も売れたアルバムのトップ50ランキングを発表した。

1位はアデルの『21』で、2011年1月にリリースされて以来474万枚近くが売れたという。同作は23週もの間UKチャートの1位に輝いた。2位は、エイミー・ワインハウスの『Back To Black』(2006年)で356万枚。「You're Beautiful」が大ヒットしたジェイムス・ブラントのデビュー作『Back To Bedlam』(2004年)が3位につけた。
トップ20内には、ダイドのアルバムが2枚、コールドプレイは3枚がチャート・インした。
Official Charts Companyが発表した<Biggest Selling Artist Albums of the Millennium>のトップ20は以下の通り。

1.アデル『21』
2.エイミー・ワインハウス『Back To Black』
3.ジェイムス・ブラント『Back To Bedlam』
4.レオナ・ルイス『Spirit』
5.ダイド『No Angel』
6.ザ・ビートルズ『1』
7.マイケル・ブーブレ『Crazy Love』
8.デヴィッド・グレイ『White Ladder』
9.レディー・ガガ『The Fame』
10.コールドプレイ『A Rush Of Blood To The Head』
11.ダイド『Life For Rent』
12.キングス・オブ・レオン『Only By The Night』
13.テイク・ザット『Beautiful World』
14.キーン『Hopes And Fears』
15.シザー・シスターズ『Scissor Sisters』
16.コールドプレイ『X&Y』
17.コールドプレイ『Parachutes』
18.ノラ・ジョーンズ『Come Away With Me』
19.アバ『Gold – Greatest Hits』
20.エミネム『The Marshall Mathers LP』
トップ50内では、アデル、リアーナ、エド・シーラン、マイケル・ブーブレが2枚ずつ、ロビー・ウィリアムスとテイク・ザットが4枚ずつチャー・インしている。
2015.04.14 テイク・ザット、11月公開予定の007シリーズ新作『Spectre』の音楽を手がけたいと語る No.99

在、ロビー・ウィリアムズとジェイソン・オレンジを欠いた3人体制で活動しているテイク・ザットだが、007シリーズの新作のサントラ曲を手がけたいと語っている。

テイク・ザットはスパイ映画『Kingsman: The Secret Service』に新作『スリー』収録曲の"ゲット・レディ・フォー・イット"を提供しているが、現在製作が進められている007シリーズの最新作『Spectre』についてハワード・ドナルドは「ボンド映画のテーマ曲ならぜひ書いてみたいよ!」とエンタメ・サイトのデジタル・スパイに語っている。

なお、11月公開が予定されている『Spectre』について音楽を誰が担当するかが注目されていて、マーク・ロンソンが「どんな少年にとっても夢のひとつだよ」と語る一方で、サム・スミスやラナ・デル・レイも有力な候補として目されている。

また、サム・スミスについては親友のエド・シーランのほか、テイク・ザットのゲイリー・バーロウまで007新作に推しているようで、ゲイリーに至っては「すごい才能なんだから、サムをスタッフに入れとけ!」とさえ語っている。ゲイリーとしては『Spectre』以外の映画作品も手がけることにやぶさかではないようで、「ぼくとしては映画はぼくたちにとってすごく刺激的な分野なんじゃないかと思ってるんだ」と語っているとニュース・サイトのフィメイル・ファーストが伝えている。
2015.04.14 テイク・ザットの元メンバー、ゲイリー・バーロウがミュージカル『Finding Neverland』で楽曲を担当! No.98

「いつも二人で」「エヴリシング・チェンジズ」などのヒット曲を歌い、1990年代に絶大な人気を誇った英ボーイズグループ、テイク・ザットのリーダー、ゲイリー・バーロウ。マシュー・モリソン(『Glee』)が主演するブロードウェイ ミュージカル『Finding Neverland』の楽曲を、ゲイリーが手掛ける、と米BROADWAY.COMが報じている。
ゲイリーは、グループ在籍中も作曲を担当し、数々の名曲を生み出したメロディー・メイカーだ。グループ解散後はソロ活動を経て、舞台の作詞・作曲家に転身している。『Finding Neverland』の主役は、『ピーター・パン』の作者として知られるジェームス・マシュー・バリー。未亡人シルヴィアと彼女の息子4人と出会った彼は、そのうちの一人ピーターに自分の少年時代を重ね合わせるようになる。こうして、ピーターにインスパイアされたジェームスが、『ピーター・パン』を書き上げるまでのストーリーが綴られる作品だ。

ゲイリーは、『Finding Neverland』で作詞・作曲のパートナーを務めたエリオット・ケネディと、映画『80日間世界一周』をミュージカル化した作品でもタッグを組むとのこと。ゲイリーは、第87回アカデミー賞授賞式のプレパーティーとして、2月21日にビバリーヒルズのモンタージュ・ホテルで開催されたイベントに出席。人気ポップグループ「プッシーキャット・ドールズ」のリーダー、ニコール・シャージンガーとジェームズ・コーデン(『イントゥ・ザ・ウッズ』)と共に、『80日間世界一周』からのナンバーを5曲披露したそうだ。

『Finding Neverland』はラント・フォンタン劇場にて、2015年3月15日(日)よりプレビュー公演が始まり、本公演は4月8日(水)に開幕予定となっている。いっぽうの『80日間世界一周』の配役や公演日程、劇場は、決まり次第発表される予定。ニコールは、人気オーディション番組『Xファクター』アメリカ版でゲイリーと一緒に仕事をしたことがあり、『キャッツ』のロンドン公演にも出演していた。それだけに、『80日間世界一周』のミュージカル版に登板して、ゲイリーによる楽曲を舞台で歌う可能性も十分ありそうだ。
50/50件 [ ページ : 1 2 3 4 5 >> | 画像リスト ]

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Skin: Simple Diary v2.0 - Author: ロケットBBS -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS