たけぞうの五行歌の部屋 #counter: 03309 #
五行で、貴方の心を綴ってくださいね、
立秋もすぎて
暑かったのが嘘のような
涼しい秋が突然来ましたね
一行ごとに改行を入れてください、投稿のあと縦書きで表示されます(IE Only)
< 575の部屋 > を復活させました、よろしかったらお訪ねください
< 画像掲示板 > 画像を見て感じた想いも役に立つかな?

さみだれて / たけぞう 引用

五月雨は梅雨のこと

アジサイの花を濡らし降る雨は

私の心も濡らす

嫌いな雨続きの日々だけれど

時にはしっとりと雨だれの音に浸りたい

No.22 2008/06/13(Fri) 01:27:53

卯の花 / たけぞう 引用

卯の花が咲いて良い香りが漂う

ホトトギスもけたたましく啼いて

季節が変わったことを実感させてくれる

古い「夏は来ぬ」の歌の通りだ

白いウツギが風に香りを運ぶ

No.21 2008/06/01(Sun) 14:23:07

さくら / たけぞう 引用

桜の花が咲いている

山肌を白く染めて

枯れ木ばかりの山脈(やまなみ)が

嘘のようににぎやかになる

そして桜の次は若葉が山を彩る

No.20 2008/04/05(Sat) 15:13:16

春めいて / たけぞう 引用

ロウバイが散り
梅が今が盛りと咲いている
空には黄砂が舞い
青い空を覆う
サクラの咲く春爛漫が待ち遠しい

No.19 2008/03/10(Mon) 22:45:55

梅もちらほら / たけぞう 引用

庭の白梅が一輪二輪とほころびだした
松の内の暖かさで一気に咲くと思ってた
そんなのんきな気持ちが
一気に寒波の襲来で冷え込んでしまった
寒くても咲き出す白梅の強さを私も欲しい

No.17 2008/01/28(Mon) 15:26:37

太陽の輝き / たけぞう 引用

こんなに太陽の光がまぶしかったっけ

そんな思いの元日の太陽の光だった

真っ青な澄み切った空のせいだろうけれど

こんな済んだ光に照らされると

腹黒さが透けて見えてしまいそう

No.14 2008/01/01(Tue) 23:03:30

おおぎの舞 / たけぞう 引用

黄色い銀杏の葉がクルクルと舞う

まだ薄緑を残した葉と

真黄色に色づいた葉と

戯れるように舞い散る

おおぎが舞っているような雨の昼下がり

No.13 2007/12/03(Mon) 15:18:33

枯れ葉 / たけぞう 引用

冷たい風にあおられて

名残惜しそうに枝で色を変えた葉が

荒々しく宙を舞う

枯れ葉がひやりとした風とともに

立ちつくす私の顔を敲く

No.12 2007/11/18(Sun) 09:03:55

ふわりふわり / たけぞう 引用

東の空の羊の様な雲が

染めたようなピンクで浮いている

群れの先頭はオレンジ

だんだん色が淡くなり

ふわりふわりと白い雲になっちゃった

No.11 2007/11/05(Mon) 08:32:10

晴れた朝に / たけぞう 引用

高台からにしの海にたなびくような雲が広がる

水面には遊漁船の白い姿が浮かぶ

青い海の対極として青い空が広がる

大きな黒い姿で富士山が麓の雲を突き抜けて

雪をかぶった雄大な姿を誇らしげに見せる

No.10 2007/10/24(Wed) 11:45:39

以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。

129/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS