たけぞうの五行歌の部屋 #counter: 03284 #
五行で、貴方の心を綴ってくださいね、
立秋もすぎて
暑かったのが嘘のような
涼しい秋が突然来ましたね
一行ごとに改行を入れてください、投稿のあと縦書きで表示されます(IE Only)
< 575の部屋 > を復活させました、よろしかったらお訪ねください
< 画像掲示板 > 画像を見て感じた想いも役に立つかな?

モズの高啼き / たけぞう 引用

ジュンジュン

モズの高啼きが聞こえ始めた

この声を聴くと子供の頃におもいを巡らす

トカゲが木の枝にぶら下がっていて

悪ガキ仲間の悪戯だと思っていたあの頃を

No.141 2009/09/18(Fri) 08:42:20

秋の気配は悲しくて / たけぞう 引用

あんなににぎやかだったセミたちが

ひっそりと鳴きやんで

コオロギたちにステージを譲った

地に落ちてひっくり返っているアブラゼミ

その目の先にはうろこ雲

No.140 2009/09/03(Thu) 08:33:13

待宵草 / たけぞう 引用

宵待草と呼ばれ

月見草と呼ばれる花

宵闇迫る頃花を開く夜の花

待つのは誰そ

ひたすら清楚な花を夜に咲く

No.139 2009/08/11(Tue) 00:22:10

ひきつけるもの / たけぞう 引用

ヤブカラシの花は美しくない

だけど蝶や蜂たちは喜々として訪れてる

小さな小花には美味しい蜜が溢れてるのかな

見かけは美しくないものにも

隠れた魅力に溢れてることもあるから

No.138 2009/07/25(Sat) 19:50:52

あじさい / たけぞう 引用

淡い色が乗った花と

色濃く成熟した花達の競演

雨に濡れてうなだれる花房は

時には気を滅入らせるが

時は梅雨だもの仕方ないか

No.137 2009/06/25(Thu) 09:56:53

未央柳 / たけぞう 引用

黄色の五弁のはなびらをビヨウヤナギが開き

おしべ達が長く伸びて誇らしげに開いてる

真ん中には青白いめしべがすくっと立っている

風に揺れるおしべがまとわりつくように揺れる

悪女に翻弄される男達のように

No.136 2009/06/05(Fri) 02:09:00

つぼみ / たけぞう 引用

アジサイのツボミが大きくなってきてる

小さなツボミが密集していて

なにやらみんなでひそひそ話をしているよう

少しずつ大きくなって

花開くのを見るのが楽しみ

No.135 2009/05/17(Sun) 22:30:04

(No Subject) / ふうか 引用

肌寒き
 
雨に目覚めん

一枚の

毛布となりて

君とまどろむ

No.133 2009/04/28(Tue) 12:35:32

 
Re: / たけぞう 引用

腕枕しながらまどろんで

ぴくっと動く君に驚き目覚めれば

つつっと流れる頬の涙の生暖かさ

生きてる証し唇で受け止めて

ぎゅっと抱きしめ愛しさ募る

No.134 2009/04/28(Tue) 21:19:40

(No Subject) / たけぞう 引用

桜吹雪の道をたどりながら

この潔い生き方が感銘を受けるのかと

見上げれば

どっしりとした幹の生命力のすごさに

古武士の生き様に思いを馳せる

No.132 2009/04/14(Tue) 10:01:26

(No Subject) / dokoiku 引用

桜 桜

まだ散らないで

きみとの約束覚えてるから

この桜

一緒に見ようって言ったこと

No.130 2009/04/10(Fri) 20:53:47

 
Re: / たけぞう 引用

月明かりに浮かぶ桜の木の下で

はらはらと舞い散り踊る花弁を

二人で見つめてたあの日

そっと冷え切った体を引き寄せて

唇を触れあわせて打ち消し合う春の不安

No.131 2009/04/11(Sat) 11:05:32

以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。

129/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS