たけぞうの五行歌の部屋 #counter: 03254 #
五行で、貴方の心を綴ってくださいね、
立秋もすぎて
暑かったのが嘘のような
涼しい秋が突然来ましたね
一行ごとに改行を入れてください、投稿のあと縦書きで表示されます(IE Only)
< 575の部屋 > を復活させました、よろしかったらお訪ねください
< 画像掲示板 > 画像を見て感じた想いも役に立つかな?

人肌が恋しくて / たけぞう 引用

温もりが欲しくて

人恋しくて

秋の夜長に酒を酌む

冷や酒は心を熱くさせるが

温もりは伝えてくれない

++++++

秋ですね
なにか人恋しくて
普段は言えない心のほとばしりが
口について出る
秋の夜は切ない

No.79 2008/11/16(Sun) 02:25:20

かさこそと秋の響きが / たけぞう 引用

吹きだまりに踊る枯れ葉たち

吹き寄せられてはカサッと音を出し

吹き飛ばされながらもコソッと舞い戻る

時には竜巻のようにクルクルと舞い立ち踊る

濡れ落ち葉になりたくない枯れ葉たちの抵抗

No.77 2008/11/01(Sat) 02:52:15

 
Re: かさこそと秋の響きが / たけぞう 引用

こんな事を、何気なく書き留めた

でっ、後から読み返してみると

裏町の居酒屋は、まるで吹きだまり

生きることに疲れ、恋に疲れ吹き寄せられる

そして一陣の風を受けて元気になって乱れ散る

No.78 2008/11/01(Sat) 02:55:54

無念 / たけぞう 引用

定年を前にして急逝した友

あれもやりたかっただろう

これもやりたかっただろう

家族を含めやり残したことを思い

さぞ無念だったろう

No.76 2008/10/26(Sun) 09:08:04

(No Subject) / ふうか 引用

ひとひらの

赤い影舞う

坂道の

寄り添うことの

吾(あ)に許されず

No.73 2008/10/23(Thu) 09:27:01

 
Re: / たけぞう 引用

ふうかさんの、こういう詩が好きです
五行歌というより、短歌の世界だなぁ

これからも、女心を詠ってくださいね

No.75 2008/10/24(Fri) 20:30:30

裸のこころ / ふうか 引用

ひめじおん

はるじおんとの

ちがいなど

どうでもいいの

あなたが好きです・・・

No.72 2008/10/23(Thu) 09:25:07

 
Re: 裸のこころ / たけぞう 引用

いいなあ
女の人は、こういう表現が出来て・・・

No.74 2008/10/24(Fri) 20:28:10

カミソリ負け / たけぞう 引用

顎の曲がりの肉をゾリッ

カミソリ負けするから伸ばしてたヒゲも

接客業のパートの面接で剃れと言われた

仕事を選ぶかヒゲを取るか

結局毎日ヒゲを剃ってる

No.67 2008/10/18(Sat) 22:28:20

 
Re: カミソリ負け / そら 引用

☆痛そ・・・

No.68 2008/10/20(Mon) 14:36:46

 
Re: カミソリ負け / たけぞう 引用

痛いし、周りを剃れないから
そこだけ、ヒゲが残ってる
ぶざま・・・なり

No.69 2008/10/20(Mon) 18:27:36

 
Re: カミソリ負け / ふうか 引用

痛い目に合われましたね
大丈夫?
おひげ大好き!
残念ですね・・・・(+_+)

No.70 2008/10/21(Tue) 11:58:56

 
Re: カミソリ負け / たけぞう 引用

長いこと蓄えていたヒゲを剃るって
女の人が長い髪を切るのと同じくらい凹んでしまう

チヨイ不良(わる)オヤジも、ふぬけになっちゃった

そうそう、また女心の凄い投稿してくださいな

No.71 2008/10/21(Tue) 14:02:32

見上げれば / たけぞう 引用

丑三つ時の空を見上げる

寝待ち月の卵の様な形の月がみえる

今頃天空に輝いて月明かりを振りまいている

月を並んで見たいと思った人の空にも

同じように輝いているんだろうな

No.66 2008/10/18(Sat) 01:35:27

愛 / そら 引用

どうしたの? なんでもないわ

大丈夫? うん

受話器を通した 言葉はそれだけ 

僅かな沈黙に深い心が行ったり来たり

年老いた母と娘の30秒の会話

No.65 2008/10/17(Fri) 16:49:27

月 / そら 引用

120度の西の空に月があり

緋色に近い燃える太陽が東に

下ろし立ての筆で刷いたような筋雲

早朝に広がる空は

言葉に尽くせぬ壮大なキャンパス

No.64 2008/10/17(Fri) 16:45:03

雲も又佳し / たけぞう 引用

見上げる空に満月が輝く夜

雲が流れて月を隠し始めた

世の常であるけれど

月にまとわりつく雲も又

よりいっそう月をひきたてている

No.63 2008/10/15(Wed) 22:55:05

以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。

129/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS