[ リストに戻る ]
No.249に関するツリー


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

   MBS毎日放送、たね蒔きジャーナル1月分(1/3から)小出裕章氏の福島原発の話し、その他。 - SOBA - 2012/01/08(Sun) 12:58:54 [No.249]
MBS毎日放送、たね蒔きジャーナル1月分(1/17から)小出裕章氏の福島原発の話し、その他。 - SOBA - 2012/01/19(Thu) 09:17:05 [No.251]
MBS毎日放送、たね蒔きジャーナル1月分(02/01から)小出裕章氏の福島原発の話し、その他。 - SOBA - 2012/04/13(Fri) 01:25:43 [No.252]



並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
MBS毎日放送、たね蒔きジャーナル1月分(1/3から)小出裕章氏の福島原発の話し、その他。 (親記事) - SOBA

順番は、下から昇順です。主に福島原発問題中心ですが、他の話題も採録してます。しかし、全部ではないので、投稿者tacc77さん(http://www.youtube.com/user/tacc77 )の所を見て下さい。


20120113 [1/2]たね蒔きジャーナル「消費増税に向けて野田改造内閣が発足」
http://youtu.be/ncrfxkYBGrA

野田総理が内閣改造を行い、5人の閣僚が交代しました。
改造の目玉は、岡田克也前幹事長の副総理起用で、
消費増税に向けての総理のただならぬ意気込みが見て取れます。
防衛大臣に田中直紀氏、文部科学大臣に平野博文氏が
就任したのも、気になるところです。
きょうは東京報道の神崎智大記者に、
この改造の舞台裏をリポートしてもらいます。
みなさんは、今回の内閣改造をどう感じますか?
時事川柳でお寄せください。
京大原子炉実験所の小出裕章さんの解説はお休みです。


20120113 [2/2]たね蒔きジャーナル「消費増税に向けて野田改造内閣が発足」
http://youtu.be/vBsyEGP-v00



20120112 [1/2]たね蒔き「次の南海地震に向けての津波防災とは?」
http://youtu.be/ZBhvkkVIOwk

今夜は、津波被害に詳しい関西大学の高橋智幸教授をスタジオにお呼びして、東日本大震災でわかった「津波防災」について話を聞きます。
去年3月11日に起きた地震は、M9という巨大なものでした。津波による被害なども学者たちが想定していた範囲を越えるすさまじいものでしたが、近い将来に起こるとされる­次の南海地震でも、同じ規模の地震が起こる恐れがあることが最新の研究でわかってきました。
今夜は、東日本大震災の津波被害を現地で、詳細に調査してきた高橋教授に、近畿に住む私たちが、次の南海地震に向けて、どう備えればよいか、伺います。
京大の小出裕章さんには、韓国の原発問題などについて、話を聞きます。


20120112 [2/2]たね蒔き「次の南海地震に向けての津波防災とは?」
http://youtu.be/7UrJQNiO-_k

今夜は、津波被害に詳しい関西大学の高橋智幸教授をスタジオにお呼びして、東日本大震災でわかった「津波防災」について話を聞きます。
去年3月11日に起きた地震は、M9という巨大なものでした。津波による被害なども学者たちが想定していた範囲を越えるすさまじいものでしたが、近い将来に起こるとされる­次の南海地震でも、同じ規模の地震が起こる恐れがあることが最新の研究でわかってきました。
今夜は、東日本大震災の津波被害を現地で、詳細に調査してきた高橋教授に、近畿に住む私たちが、次の南海地震に向けて、どう備えればよいか、伺います。
京大の小出裕章さんには、韓国の原発問題などについて、話を聞きます。



20120112 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://youtu.be/okPy5nhplcI

私にとっては自分が加害者になるということが1番嫌なこと 小出裕章
http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/01/13/tanemaki-jun12/

・「事前のヨウ素剤配布」を原子力安全委員会が提言したこと。
・韓国の原発が事故になったときの日本への影響
・フランスにて、原発近くに住む子どもの白血病発病率が通常の2倍という発表について言及しています。

最初の所から、
千葉:今日はこのニュースからお聞きしてまいります。原子力安全委員会の被曝医療分科会は、今日、もしも原発の事故が起きたときのために、原発周辺の住民、周辺に住んでいる人たちのためにヨウ素剤を配っておくよう求める提言案を示したということです。原発から5キロ以内の場所に住む人達にヨウ素剤を配っておくということなんですが。このヨウ素剤は飲んでおけば、事故が、起きたとしても甲状腺癌を予防することができるんですよね。

小出:そうですね。ただし飲んでおけばと、いうことですけれども。飲むタイミングというのが大変重要で。事故がないのに飲んでも全く意味がありませんし、事故が起きたということがわかった後に、放射能が飛んでくるわけですが、その飛んできた後に飲んでも全く意味が無いのです。要するに事故が起きたということを知って、放射能が飛んで来るというその間に飲む、ということだけが意味のあることなのであって。今回福島第一原子力発電所の事故の時には、周辺の住民はいつ放射能がくるかも全くわからないまま、被曝をさせられてしまったわけですし。日本の政府のほうはむしろいつ放射能が届くということをSPEEDIという計算コードを使って知っていたのにもかかわらず、公表しないで住民を被爆させたのですね。ですから、今後もきちっとした対応が取れないのであれば、全く意味が無い、ことをやっていることに、なってしまいます。まあ今回原子力、安全委員会でしょうか、がそういうことを決めたというのですけれども、原子力安全委員会自身は今回の事故に関しても住民を全く守らなかったわけですから。その委員会がなんで今さら、そんなことを言う権限があるんだろうかと私はおもいます。

千葉:あの事前にヨウ素剤配っておいたとしても、ちゃんとした情報をきちんと提供して飲むタイミングっていうのを、きちんと測らないと何の意味もないということになるわけですね。

小出:そうです。大変微妙なことなのであって。情報を通知するほうがやらなければ、持っていても使えませんので。まずは意味はありません。

千葉:それがまあ今回できなかった、状況だったということですね。

小出:できなかったというか、要するに積極的にやらなかった。

千葉:積極的にやらなかった。

小出:はい。



20120111 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://youtu.be/4FmMhjx3mY0

(ストレステストは)安全性を確認したというような言い訳をつくるためにやろうとしている 小出裕章
http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/01/12/tanemaki-jun11/

・独立行政法人の「原子力安全基盤機構」が、検査対象の事業者の作成した原案を丸写しした検査手順書(要領書)を基に検査している問題
・原発運転再開の条件の一つとなっている「ストレステスト」(原発施設の安全性総合的評価)の下敷きとなったEU(欧州連合)のストレステストの評価を担当したブルガリア­のゲオルギ・カスチエフ博士が、「ストレステストには評価基準がなく、原発が安全になるわけではない」と懸念を示したことについて、意見を述べています。



20120110 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://youtu.be/PQXDlWOk62E

7分50秒から、海外に輸出される日本の農産物について。現在44カ国から規制措置をとられているが、それは日本政府は高い暫定基準値を決め、それ以下の物についてはデータを隠すと言う事をやっているから。それで海外から警戒されている。風評を煽っているのは日本政府自身

2日のセシウム線量急上昇の理由・汚染農産物のODA 小出裕章
http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/01/11/tanemaki-jan10/

1月2日に各地でセシウムの線量が上がったことについての理由を推測しています。また、汚染された農産物の輸出について言及しています。ODAという名のもとで汚染された­農産物を広げようとしている点を批判しています。



20120109 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://youtu.be/wvgs2R4Raio

・原子力発電所の賛否を問う住民投票条例の制定を目指す市民団体「みんなで決めよう『原発』国民投票」の大阪府での署名活動で、有権者の50分の1(約4万3000人)を­超える約5万人分があつまったことについて
・「40年で原則廃炉」というザル法について。
・4号機の水素爆発が、1号機3号機とは変わっていたものだったこと。その爆発のせいで建物が倒壊する危険性があること、について。



20120106 [1/2]たね蒔きジャーナル 「心に響く相馬民謡」
http://youtu.be/4r6KrZmGhas

きょうは福島県南相馬市にお住まいの松本幸雄さん83歳に電話をつなぎます。松本さんは相馬民謡の名手で全国大会優勝するのどの持ち主。原発事故で避難した時のこと、すっ­かり人の減ったまちのこと、毎年楽しみにしていた柿がもう食べられないことなどをお聞きします。一時は唄う気持ちを失いかけた松本さんですが、去年も大会に出場。前向きに­生きていこうとされています。もちろん、松本さんの唄も皆さんにお聴きいただきますので是非お楽しみに。


20120106 [2/2]たね蒔きジャーナル 「心に響く相馬民謡」
http://youtu.be/MS-Jz1MiB8c



20120105 [1/2]たね蒔き「福島県浪江町の民話の語り部 大阪に避難」
http://youtu.be/YjAi-Z2Sd_o

きょうは、福島県浪江町から堺市に避難してきた民話の語り部・吉川裕子さんをスタジオにお招きします。
吉川さんの家は、福島第一原発から7キロのところにあり、現在は警戒区域で立ち入り禁止となっています。
今夜は、浪江町に伝わる民話とご自身の被災体験を福島弁で語っていただきます。
仙台出身の千葉猛アナとの東北弁トークをお楽しみください。
京大原子炉実験所の小出裕章さんの解説もあります。


20120105 [2/2]たね蒔き「福島県浪江町の民話の語り部 大阪に避難」
http://youtu.be/ODfNjI55ryA



20120105 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://youtu.be/_4HcoEAwG1I

(ERSSが作動しなかったことは)SPEEDIデータを公表しなかったことの言いわけ 小出裕章
http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/01/06/tanemaki-jan5/


20120104 [1/2]たね蒔き 「新年一人目のゲストはあの玄侑宗久さん!」
http://youtu.be/zbBSMRasKVw

8分48秒から、逃げる人が徐々に増えてる。30代未満では、戻れないではなく戻らないと表明している人が半分以上になっている。原発立地町長は「何が何でも戻るんだ」と言っているが、若者が戻らなくて成り立つのだろうかと言う声が内部から出て来ている。

 2012年初めての今夜の<たね蒔き>ゲストは、僧侶で芥川賞作家でもある玄侑宗久さんです。玄侑さんはご存知の通り、去年の震災以降、福島の地に住み続けられ、作家とし­て、そして僧侶として、被災地を離れず生きてこられました。
 今夜はそんな玄侑さんに先の見えない、苦難が続く、私たち日本人が今後どう生きていったらいいのか?意見を伺います。
 また、京大・原子炉実験所の小出裕章さんにも、今年初めての出演をしていただき、私たちに向けての、<年始のメッセージ>を話してもらいます。


20120104 [2/2]たね蒔き 「新年一人目のゲストはあの玄侑宗久さん!」
http://youtu.be/p3oeX9mACsk


20120104 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://youtu.be/e5upbsqx-l0

1月4日 若い人達にこれだけ汚染した世の中を残すわけですから、私の出来ることをさがそうと思います 小出裕章
http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/01/05/tanemaki-jan4/
今年初めての出演をしていただき、私たちに向けての、<年始のメッセージ>を話してもらいます。


20120103 [1/2]たね蒔きジャーナル「2012年、ここが気になる!」
http://youtu.be/Egohtz7wvUY

お正月気分がまだ抜けきらないと思いますが、あしたから会社という人も多いのではないでしょうか?社会が動き始めると、今年も色々と大きなニュースが飛び出してきそうな気­配があります。特集は、2012年の予定を見ながら、今年がどのような年になりそうなのか?毎日新聞の平野さんと水野キャスターが話していきます。リスナーの皆さんにも、­今年気になる事柄や人をメール、ファックスでお寄せください。気になる理由もお願いします。
また、今日は渋滞のピーク、上田アナが大津SAからお伝えします。


20120103 [2/2]たね蒔きジャーナル「2012年、ここが気になる!」
http://youtu.be/JWuSmP058f8


[No.249] 2012/01/08(Sun) 12:58:54
MBS毎日放送、たね蒔きジャーナル1月分(1/17から)小出裕章氏の福島原発の話し、その他。 (No.249への返信 / 1階層) - SOBA

順番は、下から昇順です。主に福島原発問題中心ですが、他の話題も採録してます。しかし、全部ではないので、投稿者tacc77さん(http://www.youtube.com/user/tacc77 )の所を見て下さい。


20120131 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://youtu.be/XIlEZ7wncS8

トリチウムだけはどこの原子力発電所からも日常的に出てきています。
http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/02/01/tanemaki-jan31/

・アメリカのイリノイ州の原発が外部電源喪失事故により、ベント。トリチウムを放出したことについて。
・伊方原発に関する内部告発を保安院が受付なかったという問題についてです。



20120130 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://youtu.be/RRcPZgVUhM0

(以下転載始め)
1mSvに減らすなんてことは到底できません 多分何百年かかる 小出裕章
http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/01/31/tanemaki-2012jan30/

・除染の工程表の発表について。20ミリシーベルト以下を目指す国の方針について。
・事故対策会議の議事録が未作成の問題について。原子力学会の人との会合についてです。
(以上転載終り)



20120125 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://youtu.be/IbylqnmCvjQ

(以下転載始め)
伊達市被曝調査 年間20mSv超2人/10mSv超9443人中33人「(京都大学原子炉実験所には)年10mSvを超えて被曝をする職員はほぼいません」 小出裕章

・伊達市被曝調査の結果で、推定ですが、年間20mSv超2人・9443人中33人10mSv超という結果が出たことについて。
・志賀原発2号機の運転差止め判決を出した当時の裁判長が語る、原発裁判の実態についてです。
(以上転載終り)



20120125 [1/2]たね蒔きジャーナル「原発と国〜元裁判官に聞く司法の限界」
http://youtu.be/DAYXNC9zr-k

(以下転載始め)
今夜は元金沢地裁の裁判官で、全国で唯一、原発の運転差止め判決をだした弁護士の井戸謙一さんにスタジオに来ていただき、話を聞きます。
井戸さんは、06年に石川県の北陸電力志賀原発2号機の差止めを命じる判決を下し、去年春退官した後現在は、弁護士として、「脱原発」をめぐる活動に参加されてきています­。
そんな井戸さんに、裁判を通して見た、「原発と国」との関係や司法における力の限界などについてお話を伺います。
また、京大の小出裕章さんにも、井戸さんとの話に参加していただき、原発をめぐる日本の司法事情などについて意見を聞きます。
(以上転載終り)


20120125 [2/2]たね蒔きジャーナル「原発と国〜元裁判官に聞く司法の限界」
http://youtu.be/n1Iwh-O-fBk



20120124 [1/2]たね蒔きジャーナル「原一男監督、アスベスト被害に迫る」
http://youtu.be/NJIcnSfcNE8

(以下転載始め)
「ゆきゆきて、神軍」「全身小説家」など、屈指のドキュメンタリー映画で知られる原一男監督はいま、大阪・泉南地域のアスベスト被害者たちを撮り続けています。泉南石綿訴­訟は、石綿肺や肺がんなどの被害を受けた元工場労働者らが国を相手に提訴したもので、1審は国に賠償を命じる判決でしたが、控訴審で逆転敗訴。原告らは最高裁に上告してい­ます。闘いの日々を丹念に追い続ける中で見えてきた真実を監督にお聞きします。原告の一人、岡田陽子さんにも電話でお話を伺います。
京大原子炉実験所の小出裕章さんの解説コーナーもあります。

※明日1月25日(水)午後1時20分〜2時50分
大阪芸術大 映像学科9号館103号室で原さんらの研究発表・上映会 一般入場可 
(近鉄南大阪線・長野線 喜志駅からスクールバス等有・大阪府南河内郡河南町東山469)
問い合わせ先 大阪芸術大0721-93-3781(代)
(以上転載終り)


20120124 [2/2]たね蒔きジャーナル「原一男監督、アスベスト被害に迫る」
http://youtu.be/FJQacurmmiE



20120124 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://youtu.be/T1fu18BBuMs

(以下転載始め)
(対策本部の議事録作成について)刑務所に入れるとか、できない限りは何をやっても意味が無い 小出裕章
http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/01/25/tanemaki-2012jan24/

・原子力対策本部・議事録なし 作成へ 音源の有無は確認中ということについて。
・九州電力が、老朽化が進み、圧力容器の脆性遷移温度98℃となっている玄海原発1号機の試験片を廃棄していたことについてです。
(以上転載終り)



20120123 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://youtu.be/DTdf2PpS0Hc

(以下転載始め)
政府や電力会社が停電になるぞと脅かしてくるときには、なにくそもっと使ってくださいとお願いしたくなるくらい 小出裕章
http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/01/24/tanemaki-2012jan23/

・首都圏の直下型地震が起きる確率が4年以内に70%だという試算について
・福島原発事故の最悪シナリオを政府が「なかったこと」にしていたことについて
・2011年度の夏の電力需給試算結果に「6%余裕」というシナリオがあったことが発覚したことについてです。
(以上転載終り)



20120119 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://youtu.be/Ev2tnHnTLKQ

(以下転載始め)
【大飯原発3・4号ストレステスト意見聴取会の騒動】根本的に間違えてる そのような委員会自身を作ってはいけなかった 小出裕章
http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/01/20/tanemaki-2012jan19/

・大飯原発3・4号機ストレステスト意見聴取会における騒動について
・福島第一原発2号機内の内視鏡調査がうまくいかなかったことについて
・緊急時支援システム(ERSS)に接続するメディアコンバーターの非常用電源が未接続だった事が判明した件についてです。
(以上転載終り)



20120118 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://youtu.be/52tBmiJuK08

SPEEDIの情報を国内よりアメリカ軍に優先で提供していた件
原発の寿命60年について



20120117 [1/2]たね蒔き「東日本大震災を経て、地震学は変わったのか?」
http://youtu.be/TgwMbi62Y9E

京都大学防災研究所地震予知研究センター教授の橋本学氏:
殆どの人が神戸、京阪神に直下型の地震が起きるとは思っていなかったが、京阪神には活断層が多い事は分かっていた。上町断層(大阪府を南北に貫く活断層)、京都盆地にも両端に活断層がある。多くの活断層があると言うのは分かっていたので、当時の地震予知連絡会の特定観測地域に指定されていた。
予兆的な地震として阪神大震災前日の夕方に体に感じるか感じないかの大きさの地震が明石海峡で三つほど起きていた。但し小さな地震は沢山起きているので警告発する事が出来るほどものではなかった。

今回の3・11東日本大震災の時には3月9日に予兆的な地震が起きていたが、今の地震学では、、。

東海地震に注目が集まりすぎ、ネガティブな効果をもたらしていた。(カネの東海への集中、他の地域への関心がおろそか、また東海地域の人たちは予め警告出来る、警告してくれると油断している←現在の地震学では実際は予知出来ない。)

(番組コメント)
阪神淡路大震災から17年の日を迎えました。
きょうは、宮城県石巻市で被災した人たちの
神戸訪問に上田崇順アナが密着、
地震から17年の神戸の街を見た被災者の思いをリポートします。
特集は、京都大学防災研究所教授の橋本学さんを
スタジオにお招きし、「想定外」の東日本大震災で、
日本の地震学は変わったのか、
何を反省すべきなのか、お話を聞きます。
リスナーのみなさん、市民として地震学について思うこと、
地震学者に言いたいことをメール・FAXでお寄せください。
京大原子炉実験所の小出裕章さんの解説はお休みです。
(番組コメント終わり)


20120117 [2/2]たね蒔き「東日本大震災を経て、地震学は変わったのか?」
http://youtu.be/UJ4IkrpNJgM
 
 


[No.251] 2012/01/19(Thu) 09:17:05
MBS毎日放送、たね蒔きジャーナル1月分(02/01から)小出裕章氏の福島原発の話し、その他。 (No.251への返信 / 2階層) - SOBA

順番は、下から昇順です。主に福島原発問題中心ですが、他の話題も採録してます。しかし、全部ではないので、投稿者tacc77さん(http://www.youtube.com/user/tacc77 )の所を見て下さい。



20120210 [1/2]たね蒔き「東北って何だ!?"こども東北学"著者の山内明美さん」
http://youtu.be/w0vO3jV7HN0

(以下転載始め)
古代には「蝦夷」として征伐の対象に。討幕運動では「朝敵」と呼ばれ、明治以降は「兵隊とコメ、労働力の供給源」。現代では「首都圏への電力供給地」。そして起きた3・1­1。東北の歴史を中央への怨嗟抜きに語ることは出来ません。東北出身者は「東北」を自虐的に語ったりもしますが、同時に故郷への愛おしさも溢れんばかりです(たね蒔きメン­バーでは千葉アナ)。復興庁が発足したきょうのゲストは宮城県三陸海岸沿岸の村出身で歴史社会学を専攻する山内明美さんです。著書「こども東北学」で語られる「こども百姓­時代」は、山内さんが76年生まれということがにわかに信じ難いような気分になります。小出先生の原発解説はお休みです。
(以上転載終り)


20120210 [2/2]たね蒔き「東北って何だ!?"こども東北学"著者の山内明美さん」
http://youtu.be/hDtxo_wAZkk



20120209 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://youtu.be/PZHMNJgAwWs

4分45秒あたり
プリズム高速炉について。

(以下転載始め)
がん保険契約・横浜市の新ホットスポット・英プリズム高速炉について 小出裕章
http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/02/10/tanemaki-2012feb9/

・横浜市瀬谷区にて新たに見つかった使用されていない排水路のホットスポットについて
・ニュージーランドの食品輸入規制値1キログラムあたり放射性セシウム1000ベクレルは、セシウム134と137を合わせた値であることについて
・イギリスで、プルトニウムを燃やして発電するプリズム高速炉を日立とゼネラル・エレクトリックが提案していることについて
・がん保険かにゅうについて。放射線業務従事者と福島の高線量地域の住民のケースに付いて(法律の知識がないと断った上で説明しています)
です。
(以上転載終り)



20120208 [1/2]たね蒔きジャーナル「水俣病から見つめる原発事故の未来」
http://youtu.be/qMu-pQWY2kI

6分30秒から。
チェルノブイリ原発事故時より遅れている、ひどい、ゆるい日本の基準

(以下転載始め)
今夜は、水俣病の写真集で、夫のユージン・スミスさんともに世界的に反響を呼んだ、妻のアイリーン・未緒子・スミスさんにスタジオに来ていただき、お話を聞きます。
アイリーンさんは、現在も水俣病の患者さんらを支援しながら、脱原発運動にも長く関わっていて、福島第1原発の事故で、さらに全国的な活動を広げられています。
そんなアイリーンさんは「水俣病の国の対応が、非常に原発での対応に酷似している」と話します。今夜は、水俣病と原発事故を通してみた、この国の問題点について、率直な意­見を伺います。
京大の小出裕章さんのコーナーもあります。
(以上転載終り)


20120208 [2/2]たね蒔きジャーナル「水俣病から見つめる原発事故の未来」
http://youtu.be/GjwkbriT-S8



20120207 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://youtu.be/Q9tJyhRwBkM

5分45秒、原子炉の中、溶融している所はロボットでも入れない、見る事も出来ない、何年経っても見る事が出来ない。外国から呆れて見られている収束宣言。

(以下転載始め)
2号機温度上昇「今測れていないところですでに100℃を超えているところもあるかもしれない」小出裕章
http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/02/08/tanemaki-2012feb7/

・圧力容器内の温度計が温度上昇を続け、70度前後で高止まりしている福島第一原発2号機について。ホウ酸水注入でも温度低下をしないことについてなど。
です。
(以上転載終り)



20120206 [1/2]たね蒔きジャーナル「金融機関が目指す"脱原発"」
http://youtu.be/ZxoCOA2Y0Xw

(以下転載始め)
東京に本店のある城南信用金庫は、
福島第一原発の事故の後、
経済界では異例の「脱原発宣言」を発表しました。
今夜は吉原毅理事長と電話をつなぎ、
「脱原発宣言」の理由や
企業としての「脱原発」の取組み、そして、
原発依存社会の背景にある拝金主義についても
お話いただきます。
京大原子炉実験所の小出裕章さんには、
福島第一原発2号機の原子炉圧力容器底部の
温度上昇の理由などについてお話を聞きます。
(以上転載終り)


20120206 [2/2]たね蒔きジャーナル「金融機関が目指す"脱原発"」
http://youtu.be/rg_OeQUTjdk



20120206 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://youtu.be/mem87LdOk0k

(以下転載始め)
2号機再臨界の可能性 「(東電発表が)本当なのであれば、再臨界ということはないと思います」小出裕章
http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/02/07/tanemaki-2012feb6/

・2月に入って圧力容器の底の部分の温度上昇が続いている2号機の再臨界の可能性について
・帰村宣言を出した川内村で、ミミズから1キログラムあたり2万ベクレルの放射性セシウムが検出されたことについて
です。
(以上転載終り)



20120202 [1/2]たね蒔きジャーナル「文部科学省の"放射線副読本"を斬る!」
http://youtu.be/U_n0TpcTgQk

30年ぶりの放射線教育復活について。

(以下転載始め)
原発や放射線の問題を
子どもたちにどう教えるかは、重要な問題です。
文部科学省は、福島第一原発の事故を受けて、
小中高生向けの「放射線副読本」を発行しました。
副読本の内容は以下のURLでご覧いただけます。
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1311072/index.html
新年度から授業で使われることになりますが、
読んでみるとさまざまな問題点が見えてきます。
今夜は、元大阪市立小学校の教諭で
脱原発の運動にも取り組んできた久保良夫さんに
スタジオに来ていただき、副読本の内容を検証します。
副読本についてのご意見・疑問など、メール・FAXでお寄せください。
京大原子炉実験所の小出裕章さんの解説もあります。
(以上転載終り)


20120202 [2/2]たね蒔きジャーナル「文部科学省の"放射線副読本"を斬る!」
http://youtu.be/Rb-6_ngP7ek



20120202 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://youtu.be/gRxdmpmr5LY

(以下転載始め)
放射性物質トリチウムの性質「核融合をやればトリチウムが最大の被曝源になるだろう」小出裕章
http://goo.gl/W4M8A

・アメリカ原発がベントで放出した放射性物質トリチウムの危険性について。六ヶ所の再処理工場や核融合におけるトリチウムの危険性について。
・雪と放射性物質の関係について。土からの放射線を遮ってくれるが、溶けた時には、再び川や土地を汚すことになるということについて。
・1月21日の福島での講演についてです。
(以上転載終り)



20120201 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://youtu.be/aYOMe5aloQY

バックフィット制度について。

世界的な原発村のIAEA、そこからさえ日本政府のやり方はおかしいと言われている現状。

(以下転載始め)
【4号機倒壊で放出する放射性物質の量】 最大の場合10倍を超える 小出裕章
http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/02/02/tanemaki-2012feb2/

・原発の運転期間40年例外として20年延長が法案化することについて。再稼働への地ならしが進み、原子力ムラの巻き返しがおこなわれていることについて。
・4号機の倒壊の危険性について。放出される放射性物質の量についてです。
(以上転載終り)
 


[No.252] 2012/04/13(Fri) 01:25:43

以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS