[ リストに戻る ]
No.28へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 小説 - ホツニボ - 2009/08/03(Mon) 01:00:02 [No.28]


小説 - ホツニボ

未来戦隊ノビレンジャー
最終回 放浪者の調査記録U

ノビレンジャーの戦いは終結した。
多くの謎を残しながら………………。

未来の野比のび太(仮称X)は、野比のび太のオリジナル。
野比のび太は元々は才能に恵まれた天才。
しかし、現在の野比のび太は、
Xの策略により作り変えられた。
何故Xが消滅しなかったのかは後述する。
彼の未来にもノビレンジャーはいて、
ギガゾンビの逆襲も確かにあった。
ノビレンジャーはギガゾンビに敗北。
上手く逃げられたXと静香以外は捕えられた。
Xは自らの作品である超巨大レーザーで、
地球もろともギガゾンビを殲滅し、
静香とともに外宇宙への逃亡を画策した。
しかしこのことに静香は猛反発。
Xを非難し、仲間を救いに行くと宣言する。
この発言に激怒したXは、激情の余りに静香を撲殺。
未来への希望を失ったXは、レーザーのスイッチを入れる。
残り数秒で地球が崩壊するという時に、
異変が起こる。
Xの前に時空乱流が発生したのだ。
時空乱流に巻き込まれたXは、
自らが生まれるより前の過去に跳ばされた。
一瞬ですべての状況を理解したXは、
世界を作り直すことを考えつく。
そのために自分の存在は邪魔であり、
自分のプライドからも存在を許されなかった野比のび太は、
Xと違い、何の才能も持たない人間として調整された。
本来こんなことをすればX自身が消えてしまう。
しかし、何故かXはこれを実行した。
まるで何かに操られるように………………。

Xはまず来たるべき時に備え、自らの肉体を改造。
そして、ギガゾンビに対抗するために、
ノヴァシステムと呼ばれる高密度のエネルギーを内包する変換増幅器を作成。
研究を進めてきた。

そして現在。
未来からのギガゾンビの進行を察知し、
ドラ太郎を自分の下僕として暗躍させたのだ。
しかし、さしもの彼も、
ドラ太郎が種まく者と入れ替わっていようとは夢にも思わなかったようだ。

さて、今回はここで止めておくとしよう。
この続きを話すには登場人物がまだ出揃っていない。

これを読む者がいるかは分からないが、
もしいたならば少しだけヒントを。
Xは何故残虐な非人道行為を繰り返したのか?
その答えはXにも分からない。
何故なら、それはX自身が望んだことではなかったからだ。


The end………………To be continued?


[No.28] 2009/08/03(Mon) 01:00:02

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 365 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS