[ リストに戻る ]
No.15に関するツリー


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

   小説 - ホツニボ - 2009/03/30(Mon) 15:18:50 [No.15]



並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
小説 (親記事) - ホツニボ

未来戦隊ノビレンジャー
第7話 10年を通しての道程

パン!パン!パン!パン!パン!パン!
六発中二発命中。
「クソ!かなり腕が落ちてる………!」
コルクの銃弾を詰め直すのび太。
(昔の勘を取り戻さなきゃ………!)

激動の一日が終わり、迎えた翌日。
のび太はこれからの戦いのために射撃訓練を行っていた。
焦りを押し殺すように。
悲しみを塗り潰すように………。

「まずは仲間を集めなければなりません」
冷静な表情で語り始めるドラ太郎。
「ノヴァブレスの適格者…か………………」
「のび太さん。5人の適格者に心当たりはありませんか?」
「それはやっぱり…チームのみんなかな………」
疑問の表情を浮かべるドラ太郎。
「のび太さん……チームとは何ですか?」
「10年前にドラえもんと一緒に冒険した僕の友達のことさ」
そうしてのび太は簡単に説明し始めた。

「骨川スネ夫。
骨川コンツェルンっていう財閥の一人息子で…キツネみたいな顔してるんだ。
今はゴールデン・ゴージャス・カレッジに通いながら仕事してるみたい」
メモを取るドラ太郎。
「剛田武。
みんなはジャイアンって呼んでる暴れん坊。実家で働いてるよ。
最近大人しくなったけど……歌だけは聞いちゃダメだよ」
メモを取るドラ太郎。
「源静香。
優しくて芯の強い女の子さ。笑顔が最高なんだ。
僕と同じススキヶ原大学に通ってる」
ペンを止めるドラ太郎。
「のび太さんって…大学生だったんですか?」
「そうだよ。とんでもない落ちこぼれだけどね」
「なるほど………」
ペンを進めるドラ太郎。
「出木杉英才。
憎たらしいぐらい完璧な奴。灯大に通ってる。
…………………ライバルかな」
「何故ですか?」
「………………………………色々あるの!」

「これで全員かな…………………」
「…………………4人だけですか?」
「うん……他にも昔からの友達はいるけどさ。
でも…ドラえもんとの繋がりの深さで言えばその4人なんだよね」
「すると…………………残りの一人は…………………?」
考え込む二人。
「ドラえもんのわけないしな………。
あの体型でアバレスーツを着れるとは思えないし…………………」
「ちなみにアバレスーツは人間サイズでしか使えません」
「…………………………………………………………………………」
立ち上がるのび太。
「行こう………!ドラ太郎!
考えるなら後でもできる!今は行動しよう!」
「…………………分かりました!行きましょう!」

― ??? ―
「いよいよこの時が来たか…………………」
円卓に座る黒服の集団。
彼らは凶悪な時間犯罪者、ドラえもんたちへの復讐を誓う面々である。
「我らの世界を!我らの時間を!」
資金を提供するドルマンスタイン、Mr.キャッシュ。
強化人間を精製するDr.クロン、ストーム、アチモフ。
そして、とりわけ豪華に装飾された不在のイス。
そこに腰掛ける者は………………………………………………。

To be continued

未来戦隊ノビレンジャー・エンサイクロペディア
ノヴァブレス
ノヴァシステムの一種で、アバレスーツを収納している。
アバレスーツは適格者の肉体を包み込み、身体能力を強化する。
最大の特徴は武装変換機能。
装着者が武器と判断した物に大幅な強化改造を施す。
これにより、汎用性を大きく増している。


[No.15] 2009/03/30(Mon) 15:18:50

以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS