[ リストに戻る ]
No.50へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all ぴえろさん作『手さぐり青春謳歌』 - しま - 2009/07/13(Mon) 02:34:52 [No.46]
Re: ぴえろさん作『手さぐり青春謳歌』 - かみかみ - 2009/10/06(Tue) 22:14:55 [No.73]
Re: ぴえろさん作『手さぐり青春謳歌』 - どむとむ - 2009/09/30(Wed) 09:30:46 [No.69]
Re: ぴえろさん作『手さぐり青春謳歌』 - エイジ - 2009/07/28(Tue) 20:57:44 [No.60]
良いところとそうでないところと - りきお - 2009/07/22(Wed) 00:50:20 [No.51]
着眼点の違い - しんかい - 2009/07/16(Thu) 22:51:45 [No.50]


着眼点の違い (No.46 への返信) - しんかい

例えば仮に私が「佐々美さんが悩む話」で何かを書こうと思った時、たぶんもっと卑近な……というと変かもしれませんけど、ありがちで小さなことをテーマにするんですが、ぴえろさんの場合、劇中で掲げている目標や障害が、こう、物凄く現実に即してるんですよね。幻想、作り物である創作を、現実、私達の納得できる範疇に落とし込むのが抜群に上手い。今回も、まあ全国大会準優勝、というところまではわかりやすい「挫折」の理由として捉えられるんですけど、そこにオリンピックに於けるソフトボール競技の消失を含め、また、冷静に「もしまた正式競技に戻ったとしても、自分はもう“旬”ではないだろう」と分析する佐々美さんを描くっていうのがすごいというか何というか。ここら辺の説得力が尋常じゃない。地盤とも言える部分がしっかりしてるから、物語そのものもほとんど揺るがないのでしょう。結構感覚的なところもあるので、これは訓練しただけじゃそう簡単に書けないと思うのですよ。
終盤はちょっとさっくり流し過ぎな気もしましたが、これくらいの軽さで締めるというのもまたひとつの手なのかもですね。序盤から中盤にかけてが若干重めなので、読後感がさっぱりしてる。ううむ、やっぱりぴえろさんはバランス感覚が絶妙だよなあ。


[No.50] 2009/07/16(Thu) 22:51:45

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS