[ リストに戻る ]
No.18に関するツリー


WINGBEAT COFFEE ROASTERS


並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
風御守 氷霧さん作『G・O・C』 (親記事) - しま

風御守氷霧さん作『G・O・C』の感想はこちらにお願いしますっ

[No.18] 2009/06/22(Mon) 23:50:19
寝物語を聞きながら (No.18への返信 / 1階層) - しんかい

ピロートークというのには大分して二種類の意味がありまして、ひとつは文字通り布団の中でする話(ピロー=枕、ですしね)。そしてもうひとつは睦言、まあ要するに事後の会話なんですが、これは前者の方。デートして、ちょっとした(でも当人にとっては重要な)ことで悩んで、どうしても我慢できず訊ねてしまった佐々美さんですけど、実は問いそのものより、単純に声を聞いて、話をしたかったんじゃないのかなあ、とか。どうにも素直なところを見せないひとですが、かなり緻密な心情描写のおかげでその辺びしばし伝わってきました。一喜一憂する様子が可愛いの何の。ニュートラルな理樹君と比べて見ると、意識し過ぎな彼女がおかしいくらいです。あーもう、いいなあ。この空気感がいいなあ。
ただ、ちょっぴり気になったのが、視点の移り変わり。それ自体は手法としてよくあるものですし、こういう話にも有効なのは間違いないんですが、一人称と三人称を混ぜられるとさすがに違和を感じてしまいます。個人的には、佐々美さんのところも一人称で進めてほしかった。三人称の場合「硬さ」が目立っちゃうので、雰囲気が乖離しちゃうのですよ。
まあ、ぐだぐだ言いはしましたけど、ありふれた、けれど素敵なデートのおはなし。ご馳走様ですっ。


[No.20] 2009/06/24(Wed) 21:51:47
『one wish』を聞きながら (No.20への返信 / 2階層) - かみかみ


 氷霧さんの素はやっぱりほのらぶかw
 この間の幹事さん主催の【くどふぇす2】でもそうでしたが、何気ない日常を切り取った上で料理する発想自体が俺には無い才能なので、この手の作品を書けない自分にとって、それだけで十分羨ましいというのはいいすぎですか?

 理樹との距離が近くなった佐々美というキャラクターがどれほど様変わりするのかは、無印オンリーの自分にはまるで未知の領域。それこそ妄想で補完するしかないという体たらくですが、不幸にも二木とキャラ被りしているくせに、こうして氷霧さんに描かれた佐々美はやっぱりキチンとキャラ立っているんだよなぁとつくづく思わされました。『ツンデレ』って書くと確かにイコールなのに、口ぶりだけじゃなく、仕草、反応……いじらしいというか、女の子している佐々美はみていてニヤニヤさせられましたw

 さて、続いて指摘する点をいくつか。
 神海さんが仰っていることもそうですが、個人的には氷霧さんのSSでの会話パートが気になりました。序盤の電話口でのやり取りなんですが、理樹と佐々美オンリーでの対話であれば全然アレでいいと思うんですよ。ただ、後々判明する小毬が口を挟んでくる会話部分で、読み手は混乱すると思います。お約束って程でもないんですが、前提として二人と決めてかかっている読者に対して、説明なしに第三者が割り込んでくる場合、書き手には説明の必要性が生じると思うんですよね(もちろん例外はありますが)。
 「ここで入ってきたやつは誰それだ」と。
 それがないと、佐々美の次に、理樹と想定したキャラが急に女言葉を喋っているように思えて「ん?」ってなる。しばらくわからなくて、前後の会話を往復して、「ああ、誰かが割って入ったんだな」と一応の納得はするものの、そこで読者の視点は悪い意味で冷静になっちゃう。
 のめり込んでいた物語から急にリアルに還っちゃうっていうんですかね? テンポ良く進んでいた流れを、止める必要も無いところでカクッとストレスがかかると、その後の読者の目って少しだけきつくなると思うんですよね。長くなりましたけれど、ようは文章は無駄に長すぎてもいけないけれど、最低限必要な説明もあるということ。削ってはいけないところ。書かなければいけないところ。自分もあまりいえないんですけど、やっぱり読者の目を常に意識した所に物語りってあると思うので、そこはキチッと意識していったほうがいい作品を書き続けていけると思いますよ?
 以上、かみかみでした。


[No.22] 2009/06/25(Thu) 22:07:08
Re: 風御守 氷霧さん作『G・O・C』 (No.18への返信 / 1階層) - ぴえろ

佐々美は体育会系だから、10分前集合かと思ったら、20分とか早ぇw いや、デートしたことなんてないから、一般的な待ち合わせの常識なんぞ当然分かりませんが何か? あぁ、神海さんとかみかみさんが言ってる所分かった。お二人が言ってるから、もうとやかく言う必要ないと思うんで、何もアドバイス言いませんが、女キャラの一人称って、何か照れ恥ずかしくないっすか?w 自分は葉留佳SSの時、一人称で書きましたが何か書いてるうちに「……男の癖に何やってんだ?」と不意に冷静になって、引いたことありますぜw まぁ、シリアス系だったからあんまり気にせずできましたが、ほのぼので女一人称はキツイと思うw しかし、余談ですが、真人寝る前の軽い運動で30回4セットか……流石だなw ふむふむ、個人的には胸のこと聞くのが不自然に突然かなと思いましたかね。例えば、小毬のブラを(洗濯ものとか何とか理由付けて)見て、もう一度、胸のことを想起するシーンがあれば、ワンクッション置けて、不自然さがなくなるかなぁ、と。何か批評って偉そうなんで、この辺で〆ます。

[No.36] 2009/07/01(Wed) 20:52:03
Re: 風御守 氷霧さん作『G・O・C』 (No.18への返信 / 1階層) - どむとむ

わーい、こんにちはー。どむとむです。
理樹と佐々美がラブラブ、でほのぼの〜という素敵なお話ありがとうございました。
実は私も、一度は佐々美ちゃんとのデート話を書こうと思っていたことがあったんですが、なんとなく先送り先送りしてしまって、ついには書く予定さえも消えました。しかし読みたかった衝動はこの作品で解消することができました。ありがとうございます。

堅実な恋愛話ですよね〜。まるで少女コミックを読んでいるかのような展開。
まずは電話で予定を話し合うでしょ、そのときはもちろんいちゃいちゃするでしょ、デートするでしょ、ちょっとすれ違うでしょ、彼女が落ち込んでいるのを彼氏が優しく慰めてあげるでしょ、もっと好きになっちゃって→くはっ、これを全部佐々美視点でやってくれると最高だったです。
一人称やら三人称やらの話が出てきていますが、おそらく佐々美の一人称って一番難しいと思うんですね。次に鈴や真人くらいか……。それゆえ佐々美ちゃんのターンを三人称で書いてしまったと思うのですが、どうでしょう? 正解?

三人称や一人称の話は置いておいて、私が気になったのは、理樹の性格のあやふやさでしょうか。その所々でキャラの印象が違うんですよね。少女コミックによく出てくるようなクールビジュアル系なのか、純情少年系なのか、いまいちよくわからないんです。佐々美ちゃんとの会話の応答のために、都合よく性格を改変させているように見えます。そこだけは超BADでした。

しかしこれで理樹の性格がしっかりしていれば、すごいラブものが生まれたと思いますよ。それだけストーリーが王道的だし、きちんと要所をすべて埋める努力をしているので、これからの発展が期待できます。次回からはキャラの一貫性に注意して書いてみてください。応援しています。

偉そうになりましたが、これまで。失礼しました。


[No.55] 2009/07/26(Sun) 22:50:41


   風御守 氷霧さん作『G・O・C』 - しま - 2009/06/22(Mon) 23:50:19 [No.18]
Re: 風御守 氷霧さん作『G・O・C』 - どむとむ - 2009/07/26(Sun) 22:50:41 [No.55]
Re: 風御守 氷霧さん作『G・O・C』 - ぴえろ - 2009/07/01(Wed) 20:52:03 [No.36]
寝物語を聞きながら - しんかい - 2009/06/24(Wed) 21:51:47 [No.20]
『one wish』を聞きながら - かみかみ - 2009/06/25(Thu) 22:07:08 [No.22]





以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS