[ リストに戻る ]
新着記事一覧


WINGBEAT COFFEE ROASTERS


表示対象の変更: [ 新着 10 件を表示 | 24 時間以内の記事を表示 ]
Re: かみかみさん作『コピーキャット』 (No.66への返信 / 1階層) - noname

序盤でいきなり恭こま見せられてげんなり
数行でギブアップしましたわ


関連スレッドを表示
[No.74] 2009/10/18(Sun) 16:02:44 (86347時間4分前)

Re: ぴえろさん作『手さぐり青春謳歌』 (No.46への返信 / 1階層) - かみかみ

 ブレイブ・マッスル・ストーリーにせよ、終電の行方にせよ。
 ぴえろさんのSSの基本路線にあるのは現実描写。地に足を付けて、飛躍も、強引な無理矢理さも、荒唐無稽さも、過不足も無く、リアルの地平で訥々と自分なりの解を得るキャラクター達がぴえろさん過ぎて濡れたっ!(ぐっしょり
 「腕が落ちた」というあとがきからも、確かに描写の具合が場所場所によって巧かったり、もう少し推敲した方が良くなったんじゃないかと思えたとこはあるにはあるんですけど、いや、レベルで言ったら普通にやばいから。ていうか、これでブランクとか言われたら、大半のリトバスSS作家陣は憤死する以外に道はないというかなんというか・・・。
 読み専に回らないで、今後もぴえろさんには頑張って欲しいと思うんだけど、こればっかりはどうしようもないのかなぁ。
 う〜ん・・・もったいない。


関連スレッドを表示
[No.73] 2009/10/06(Tue) 22:14:55 (86628時間52分前)

Re: りきおさん作『バッテリー』 (No.26への返信 / 1階層) - かみかみ

 りきおさんのSSを読むといっつも凹む俺の登場ですよorz
 感想を書くために、久しぶりに読み返したけれど、やっぱり一人称形式はこの手のSSだと強力な武器だよなぁ。三人称だとどうしてもその形式上、突き放している事もあり、キャラのぴちぴち具合が全然違うよね。原作が一人称な事もあるけど、なんか賞味期限切れのパック寿司と板前さんが作ってくれた出来立てのお寿司ぐらいの違いというか・・・。あ〜! こんなの書きてぇ!!(ごろごろごろごろごろごろ
 りきおさんのSSって鈴と佐々美の特徴を的確に捉えているのもさることながら、個人的には神海さんとは違って、この手のまた〜りな作風がツボな自分には物語の進行の波が心地よくて悶えちゃう。ていうか、この迷いない進行を徹しきれるりきおさんが凄く羨ましい。雑念混じりに「こうした方が」「ああした方が」と無駄に原作から逸脱して、「・・・こいつ誰?」的なキャラに変容してしまう自分にとっては、この作風は見習うところが多すぎて、正直こまる。
 一人称形式のSSを今後自分が書くとしたら、まず間違いなく影響を受けている一人はりきおさんだと思ってください。
 


関連スレッドを表示
[No.72] 2009/10/05(Mon) 22:59:06 (86652時間8分前)

Re: あやほさん作『棗恭介(21)の陰謀 & 2人に(21)服を着せてみた』 (No.53への返信 / 1階層) - どむとむ

こんにちは、どむとむです。はじめまして、あやほさん(^_^)
私はイラストが描けないので(描けても幼稚園児並)、イラスト師さんは本当に尊敬します。お上手だし、普通に可愛いですよ(^_^)
素人目で、ちょっともっともらしいことを言ってみますと、服の構図がすっごくちゃんとしてて、不自然さがほとんどありませんね。いいないいなー……ほんと、私もこういうものを描きたいっす(>_<)

とっても可愛い絵をありがとうございました! 堪能しました(^_^)


関連スレッドを表示
[No.71] 2009/09/30(Wed) 14:18:07 (86780時間49分前)

Re: 幹事男さん作『だけど閃光のように』 (No.52への返信 / 1階層) - どむとむ

こんにちは、幹事さん。ぴえろさんと同じ理由で、感想を出すのが遅れました。申し訳ないです。
『だけど閃光のように』を見させていただきました。
その感想ですが、なんだか読んでいて切なくなりました。
輝いて、その次の瞬間には消えていく花火――その下で、佐々美と理樹が手を繋いでいる。たとえ今が幸せでも、その幸せは刹那的であり、永遠ではない。
理樹もやがて死ぬし、佐々美もまたいつかは消えてしまう。そうして何百年後かに、また同じような二人が現れて、花火を見て、同じようなことを思いながら、二人は手を繋ぎ、そうした一瞬の幸せに顔をほころばせる。そしてそんな二人もやがて消え、そうしてまた別の二人が――といった形の、切ない無常観が思い浮かばれました。
消えていく花火の下で、必死に理樹と近づこうとする佐々美の頑張りが、とても美しく心に留まりました。情緒あふれる一作、見事でした。ありがとうございました。

後は、ちょっと気になったところもあったのですが。
えーっと、地の文がちょっぴり堅めではないですか。佐々美の一人称形式ですが、これはややもすると、純文学の心境小説のような、あるいは佐々美の日記のような、時系列的に古いことを語っているような印象があります。それがなんだか現実の描写(現在の描写)と混合されていて、中途半端であり、古い語りの良さも、あるいは現在の語りの良さも、どちらも上手に出せずにいて、ただ情景だけが色褪せるようにされています。これはちょっとよくありませんでした。
あとは花火の描写がすごく簡単に済まされていることです。作中のは、ただ花火の様相を描写しているだけで、実体感があまりなく、ただの今作のテーマ(一瞬の出来事の儚さと、その価値)を考えるための切っ掛けとしてしか用意されてない観があり、同じくそのテーマも、その基盤(花火の描写)が脆弱なので、上手に説得力を持って読者に訴えかけることができていないように見えます。私は感想をつける手前、じっくり読み込んで上記の心境に至ったわけですが、これを普通の読者に説得づけるためには、まだまだ地道な努力が必要であると思われます。
理樹君はとってもかっこよかったです。詩的で繊細な男の子を装うにしては、ちょっと語彙が平凡すぎる印象がありましたが、佐々美にとってはお似合いの男の子のように思えます。純真で、懐深い男の子ですね。ある意味男らしいです。
私はこうした味わい深い一作を書くことはどうも苦手なのですが(どうしても登場人物の行動を多くしてしまうため)、いつかこういった静かな一作も書いてみたいですね。それではそれでは、どむとむでした。


関連スレッドを表示
[No.70] 2009/09/30(Wed) 14:06:10 (86781時間1分前)

Re: ぴえろさん作『手さぐり青春謳歌』 (No.46への返信 / 1階層) - どむとむ

ぴえろさんこんにちは。どむとむです。手探り青春謳歌読ませていただきました。読んだ時期はもっと前だったのですが、感想出すタイミングを失っていたため、こんなに遅くなってしまいました。申し訳ありません。
とても綺麗なお話でした。きちんと現実に即したお話で、登場人物の決意が宙に浮いていない。これは、限られた人間にしか作れない類のストーリーです。本当に素晴らしい。
私のようにいちいち長ったらしい話を作るのではなく、日常の一こまで、きちんと表現するものを表現してくるのが素敵です。さらに夏休み中の一日、という背景もなんだか情緒があって素敵。二次創作らしい、原作とはほんの少し雰囲気が変わった、しんみりと心に残る作品でした。読ませていただいてありがとうございました。

難点を少し残しておきますと、やはり文章の長さでしょうか。
一言で説明できるものを、三つも四つも五つも文章を使って説明している。その点くどくどとしつこい文章になってしまっています。
これは私も陥りやすい問題なので、あまり人のことは言えないのですが……えーっと、難しいですよね? こういう問題を直すのって。
それだけでがつんと内容を説明できる一言を探すのって、本当に難しいんですよね。それはわかっているんですが、その究極な一言をいかに探し出すかも、書き手の腕の見せ所だと思うので、ここではそう言っておきます。

しかし理樹君馬鹿で変態だなあ……こう見てしまうと、謙吾のほうがよっぽど佐々美の彼女に向いている気がしてなりません。
かけがえのないもの――それは、これから目指すべき遠くにあるものもそうなのでしょうが、もう私たちは、すでにそういったものを手に入れているのかもしれません。それこそまさに、かけがえのないもの、でしょう。
謙吾君のそういった姿勢が、とても味わい深くて、じ〜んときてしまいました。絶対謙吾と佐々美のほうが恋人に向いてるよ! って思うのは私だけでしょうか……。
それでは、どむとむでした!


関連スレッドを表示
[No.69] 2009/09/30(Wed) 09:30:46 (86785時間36分前)

Re: かみかみさん作『コピーキャット』 (No.66への返信 / 1階層) - どむとむ

どむとむです。コピーキャット読ませていただきました。
相変わらずかみかみさんは文章が上手だよなぁ……また上手になったんじゃないかしら? というのが最初の印象でした。
リズムは結構ゆっくりペースなんですが、文章を見るのがまったく嫌じゃない。むしろ、そちらの知的な文章に溺れるのが楽しい。かみかみさんも、さすが相当の書き手になってきたなと実感できた一作でした(エロでこんなことを言うのは恥ずかしいんだけどもw

しんかいさんと同じ(なのかな?)で、エロを書くにしても、ほとんどキャラを壊していない。そこが私的に超グッドでした。
キャラのイメージというものをものすごく大事にしている気がします。それは単純に面白い作品を書けるか書けないかという以前に、ものすごく重要なことなんですよね。
なぜなら、読者の共感を得られるから。共感の力というものはものすごいものです。
あのキャラだったら、必ずこうするはずだ→実際その通りになる、というのは読者にとってすごく安心するし、嬉しいものなのです。それは、単純にそれがウケる作品であるかどうかより、何倍も読者の心を惹き付けるものであると思っています。
かみかみさんのこの作品は、その点本当に素晴らしかったです。

もちろん、私がこういう場でかみかみさんに何度も言っているとおり、途中から少し作品の雰囲気がズレてきているという難点はあります。前に比べたらすごく直ってきてますけど。
全体的な統一感に欠けるという難点は、何度も指摘した通りですが、やはりまだかみかみさんに少し残っています。
まず、前半はとても純真な雰囲気で通っているのに、後半からなんだか一気に背徳的な感じになってしまっています。これはちょっとよくありません。まるで喜劇と悲劇がごちゃ混ぜにされているみたいです。そういったもので、統一感に欠けてしまうと、読者は結局この話はなんだったんだろう? っていう気になっちゃいますから、結構重要なポイントです。
もちろんそれでも楽しめることは楽しめるのですが、直せるものなら直したほうがいいと思うので……読者の記憶にもっと確かな形で残したほうがずっと良いですよね?

個人的には、鈴ちゃんがすっごく可愛かったです。純真なところがまた萌える……後半はちょっと違うけどw 表現がお上手です。
佐々美ちゃんからも必死さががんがん伝わってきて、良キャラとして描かれていました。素敵ですね。しかしこの後は……うーん、鈴にさんざんもてあそばれたあげく、捨てられるエンドしか浮かばないのはなぜだろうw
佐々美ちゃんは本当に苦労性で可愛いです……ありがとうございました!


関連スレッドを表示
[No.68] 2009/09/30(Wed) 08:59:11 (86786時間8分前)

Re: arkさん作『さーちゃんで遊ぼう。ルームメイト編』 (No.65への返信 / 1階層) - どむとむ

こんにちは、どむとむです。
チャットでも言ったけど、ちゃんと文章に残しておこうかと思いまして、感想つけることにしました。
序盤のリズムがよくってとんとん進むのがよかったです(^_^)
arkさんのは、細部まであまり見ないで、結構ノリで読み切っちゃうのがいいのだと思いました。
地の文のつけかたも、なかなかユニークで面白い。
中途半端に技巧に走らないゆえの面白さというのがあった気がします。

これからは、少しずつ本を読んでいくのがよろしいかと思います。前々から言っているとおり、arkさんにそれを勧めるのは変わりありません。arkさんが実際に読む読まないは置いておいてね?
その理由というのは、まだarkさんは文章力が磨かれきっていないところがあると思うからです。これはarkさんの手落ちというわけではなくて(推敲が甘いというわけでもない)、まだ成長できる見込みを十分残しているように見えるのです。
本を読めば、文章が磨かれるようになります。これは下手な理屈をこねるより、そういうもんだって思ってしまったほうがいいです。絶対間違いありません。これに反対する人はいないでしょう。
逆に、本を読まなきゃ文章力はそうそう上がらないってことです。これは私なりの実感ですが(先日チャットでも話題になっていましたが)、別ジャンルのエンターテイメント作品(ゲームや漫画)に触れたって、そうそう小説的な能力が成長できるものではありませんよ。別ジャンルの作品に触れるというのは、それが時々だからこそ意味があるんです。そればっかりやっていても、おそらく小説的な能力が上がることはほとんどないかと思います。時々そういったものに触れるのは重要なことですが。見聞を広めるということや、感性を磨くという意味で。(小説ばっかり読んでたっていつか行き詰まるだけだしね)
文章力が上がらない人や、成長が遅い人の原因は、たいていが本をあまり読んでないことです。これからは少しずつ、ラノベでもいいので読んでみるのがいいですよ。お勧めは、やっぱり芥川とか太宰とかの文学ですけど(良書なので)。

まあ、しかし、先日も言ったとおり、人にはその人なりの成長の仕方というものがあると思いますので、私の言葉は個人的な意見というものに留めておいてください〜。
それではー。


関連スレッドを表示
[No.67] 2009/09/30(Wed) 08:03:48 (86787時間3分前)

かみかみさん作『コピーキャット』 (親記事) - しま

かみかみさん作『コピーキャット』の感想はこちらにお願いしますっ

関連スレッドを表示
[No.66] 2009/09/26(Sat) 23:50:58 (86867時間16分前)

arkさん作『さーちゃんで遊ぼう。ルームメイト編』 (親記事) - しま

arkさん作『さーちゃんで遊ぼう。ルームメイト編』の感想はこちらへお願いします!

関連スレッドを表示
[No.65] 2009/09/26(Sat) 23:50:10 (86867時間17分前)



- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS