[ リストに戻る ]
No.547に関するツリー


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

   とあるSA相談室のこと - ローズ@FB注意 - 2018/04/11(Wed) 21:02:42 [No.547]
Re: とあるSA相談室のこと - ローズ@FB注意 - 2018/04/11(Wed) 21:35:04 [No.548]
Re: とあるSA相談室のこと - ローズ@FB注意 - 2018/04/12(Thu) 12:30:33 [No.549]



並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
とあるSA相談室のこと (親記事) - ローズ@FB注意

〉面接相談が受けられます
〉専門の女性相談員や、臨床心理士によるカウンセリングを受ける事が出来ます。また、場合によっては、こちらが出向くことも可能です。

って説明にあるのに、臨床心理士の相談は出来ない、相談員しか対応出来ないと言われた。だったら、臨床心理士って書かないで欲しい。相談員と臨床心理士ってやっぱり違うから。こちらの必要よりあちらの必要って感じ?あぁ、なんか疲れた。

Delicoさん、初めて使わせて頂きましたm(_ _)m


[No.547] 2018/04/11(Wed) 21:02:42
Re: とあるSA相談室のこと (No.547への返信 / 1階層) - ローズ@FB注意

身近に臨床心理士との面接相談したかったのに。直ぐにではなく、日を改めるのは、勿論のことだと思っていたんだけど、そういう考えもなかったみたい。
SAと災害トラウマのことから違うところに相談した時、相談員の人は直ぐに臨床心理士の人に変わってくれた。それは有り難かった。話していても違ったし。そういう対応して欲しかった。相談員の人は、ある程度は専門かもしれないけれど、余計なことを言うなと思うし(こちらの方が知っていることも多いし)、臨床心理士の人はもう少し対応の仕方を知っていると、話しながら思う。勿論、人の基本的な良し悪しってのもあると思うけど。それでなんか疲れた。世の中、変わってきたと思うけど、形だけで内容や質が伴うのって、まだまだこれからだろうなと思う。良くなるって前提に思うことだけど、悪くならない為にも、こういう花園の場を含めて、声をあげられる人の声って大事なんだろうなと思う。聞くだけの(プラス余計なことを言ったりする)相談員に話すって結構疲れるだけ。それ、20年近く前の、東京のとあるSA相談室の対応と同じだったなって思った。それでも、ないよりマシかと、思うんだなぁ…。それにしても身近に相談出来る臨床心理士と繋がりたかったのに、繋がれない、相談員は壁にならないで、ちゃんとSA被害当事者の為の橋渡し役して欲しいって思った。こういう電話するだけでも、すごくすごく体力が必要なんだ。でも一歩前進したんだと、自分をちゃんと認めていようって思う。どこが良くてどこがまだまだってのも、勇気と体力で前進出来たからこそ分かったのだし。遠いけど、自分の今のカウンセリングは自分にとても良かったんだってことも分かったのだし。自分をちゃんと認めて支えてあげていようって思う。


[No.548] 2018/04/11(Wed) 21:35:04
Re: とあるSA相談室のこと (No.548への返信 / 2階層) - ローズ@FB注意

吐き出しです。SAに詳しい医者がいる某大学の心理相談室でも嫌な思いしたし、このとあるSA相談室もそうだったんだけど、臨床心理士の紹介には精神科医の紹介状が必要だってこと。hpにもその説明がない。某大学の方は一年経っているから、その後どうか分からないけど。それはせめてhpには分かるように表示しておいて欲しかった。それでそこに縁がなくても、進む方向の指針になるのだし、余計な期待はしないで済むのだし、自分自身の今の状態を考えることも出来るのだし。
それから、こちらのこと聞き出す前に、hpに表示されているような、臨床心理士の希望を言ったんだから、hpに記されていない、そういう事情ははじめにこちらに伝えるべきって思う。そうしたら、相談員や電話対応の練習院生?に話すことなんてしないし、余計な体力気力使わないで済んだのに。その余計な体力気力がどんなに大変なことか、SAに携わる専門機関なら、分かっていて欲しい。
やり取りの中で、辛い経験をいっぱい話させて、辛いこと言われて(某大学の方は特に悪かった=あなたのことでしょ?って感じに。「全然駄目ですね、役立たないですね」と最後に言えて良かった。ホント、病んだ感じの人だったし。とある相談室の方も、知ったかぶりや余計な一言二言が重たかったり)、いっぱい辛いこと話させた後で、最後に対応出来ませんって言われたら、そっちの練習台にされた気持ちになる。最初のこちらの基本的な情報で、対応出来ないって十分に言えたのに言わないのは、自分の都合や経験積む為?って思う。
それとは別に、精神科医の立場がなくなるから、精神科医を通せっていうのが一般機関や行政かなって思った。で、そんなに治すなって感じかなって思う。保険適応で認知行動療法くらいしか出来ないんだろうし、それも調べてみたら、出来る精神科医や臨床心理士って全部じゃなくて(ほんの)一部なんだって知った。emdrとかはもっと少ない。私は、SAに関して3つの病院で医療トラウマ負ってから、保険適応の範疇は治さない、治せないばかりか危ないって理解したから、ケアの為には、保険適応外のセラピーやワークをしてきたんだなぁって振り返って思った。
それでもすごく大変な時は、身近にSAに詳しい臨床心理士の人と相談出来たらと思って相談したのに、疲れただけだった。身近に繋がりあったら安心出来ると思ったのに、悲しい。身近な医療や福祉や相談機関でも身近な世間にも、治さない、状態悪い人・暴れた人を押さえつけるだけと言われている、(すごい危険な)精神科医療という存在が壁にあったんだなぁ…行政絡みの臨床心理士には(自分の経験から書いてることなので、良い精神科医療の縁のある人は、それはそれでその人には必要な縁なんだろうなって思うし、自分は精神科関係には過去の経験から関わりたくない人間なので、悪しからず)。なんか頭の整理が大変な感じ。改めて地域の相談員って、相談出来ないなって思った。悲しい。こんなふうに相談機関が出来てもこうなんだなぁっと思った(ないよりはマシだけど)。今の現状を知っただけ、前進出来たし、良かったんだ。
身内の利用している病院でも、とあるSA相談室でも、ここはダメだけど、私はとてもよく調べて選んで学んでいると言われたのは救いだったんだと思おう。遠いから、心細くなることもあるけれど、それでもすごく良い努力しているし、大丈夫なんだって思おう。自分の為に。


[No.549] 2018/04/12(Thu) 12:30:33

以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS