[ リストに戻る ]
新着記事一覧


WINGBEAT COFFEE ROASTERS


表示対象の変更: [ 新着 10 件を表示 | 24 時間以内の記事を表示 ]
Re: 死神劣悪病院の記事を見つけた、長文です (No.586への返信 / 1階層) - ローズ、フラバ注意

健康を蝕まれて当たり前。脳に昇華されない、癒されないままのトラウマ恐怖記憶が残されたままなのだから。
それが、全身の神経系に影響するのだから。

加害者達だけじゃない。

死神劣悪精神科医一族や、関わる死神悪魔な行政馬鹿や、江戸時代並みに遅れた地方の方地方の地方の無神経・不躾やバウンダリー無神経侵入、

それらの恐怖が、脳から全身の神経系を非常に辛くさせ、

それをどうにかしようと、食餌や生活に非常な負荷がいつもある。

死神劣悪悪魔精神科医が、どんなにトラウマを負わせて、私の体と健康を蝕む元凶を作ったか。

今の回復の学びを通して、また、回復のちょっとずつの実感を通して、

残酷なくらい痛烈に理解する。

人間はこれを知るその専門家に出会い、その過程を踏めば、ちゃんと回復するものなのに。

こんなふうに書けるのも、セラピストと自分のリソース確認しながらのこと。

でも、もう本当に馬鹿らしい。

自分はもう若い世代のことは考えない。自分をどうにかしなければならない。

私の避難所の投稿もいずれはきれいに削除してもらうつもりだ。

自分のサイトに、声と音のトラウマ表現やトラウマトピックがまとまったら、ここに残しておく必要もない。その為にはリソースと、十分な危険回避と安心安全な繋がりがしっかりする必要がある。今はその目標だ。


関連スレッドを表示
[No.605] 2019/04/18(Thu) 15:26:03 (45時間14分前)

Re: 死神劣悪悪魔精神科医は健康と人生を蝕む (No.586への返信 / 1階層) - ローズ、フラバ注意

自律神経の交感神経を過剰覚醒させ、副交感神経をシャットダウン凍結させる、それがトラウマ記憶で、脳の可塑性による。
脳に記憶されたトラウマ記憶は、他と調和しきれないで、ボコボコ残っている感じだ。
トラウマ記憶は激しい情動、つまりトラウマ感情を伴う。

それをどうにかしようと、過剰覚醒になり、行動として過集中、依存的になる。

一方でシャットダウンに凍結したまま。

解消されないと、強固になってゆくだけ。

解消には、自分の努力もだけど、【十分な専門性と人間性】がある、専門家が必要。

一人では自己調整が得難い経験をしているから、つまりトラウマ経験とはそういうモノ。

死神劣悪病院精神科医一族は、こういうことを知らない。
仮に頭で知っても体得なんて不可能=馬鹿だから。死神悪魔だから。

自分は、健康診断で、あんまりよくない数値があって、その原因を思った時、トラウマ恐怖でしかないんだって、改めて知った。

死神劣悪悪魔精神科医の馬鹿医者は、そこにいるだけで、人間の健康機能を蝕む存在だと、理解した。
不幸な死神悪魔な医療者は、関わるだけで・接するだけで、具合が悪くなる。

過剰覚醒で仕事出来たり、偏差値高い危険人物って、こんなふうに危ない。
安定モードを得ていない。仕事を建前にした暴力で鬱憤晴らしているだけ。
無学で薬物、煙草、アルコール、ギャンブル、買物依存や暴力依存、過食拒食、異性関係…に埋没するのと同じように危ない。
世に貢献しているようで、そうではなく、真逆。

死神劣悪悪魔精神科医一族は、世に貢献なんて微塵もしてなくて、死神劣悪悪魔な無能無知無神経なだけなんだけど、

こんなにも人生も健康も蝕んでいるなんて、知らなかった。


関連スレッドを表示
[No.604] 2019/04/17(Wed) 23:35:49 (61時間4分前)

Re: 死神劣悪病院の追記 (No.602への返信 / 2階層) - ローズ、フラバ注意

〉教育委員会になるのは、こういう校長の輩から。

これは事実だけど、

〉*学校では校長に揉み消されてしまうのが、県や市の教育委員会ではそれでも防げるのは、校長は一人でも、教育委員会は複数人で、もっと他との連携もあるからだろうと思う。こういう悪魔クズな校長や教員だけでもないだろうし。

これは、自分の子どもの時はまだ、いくらかはそうでも、

死神劣悪院長が、教育委員会になっている時点でもう、期待できないと、後から思う。
40代後半の精神科医が15歳の子に性暴力する事件が起こるのだから。

15歳とはいえ、児童に当たる子を、まるで既に成人している人間のように、「入院患者の【女性】」とテレビでそう言うのは、被害者が悪いというレイプ神話信仰の前提意識が既にあるから。

ローズも、死神劣悪病院で散々言われた。
そこにいるだけで、誘惑している、みたいなことを。
あの時は、恐怖でいっぱいだったけど、今思うと、は???って感じ。

年頃の異性を見れば色情するのは、色情する本人が悪なのであって、年頃でいるだけの人間のせいではない。
しかし、そういうレイプ神話信仰の下、死神劣悪病院の悪魔精神科医達と、悪魔看護師達と、悪魔隷属職員達と、患者上がりの半職員達と、当たり前にいた。そうして、性暴力や性的嫌がらせを、当たり前とさせていた。

嫌がったり、抵抗すれば、状態悪いとされて、どんな薬や拘束、または、院長がトイレでの性行為を拒否した女性の顔を、トイレの床拭きモップで殴ると言った【=事実より】、そんな暴力が待っていた。
性暴力するのは、女性が女性に、というのも当然あって、死神悪魔な看護師は本当に酷かった。

今は、信頼出来るセラピストの下、こういう吐き出しも出来て、いずれ解放されたいと、思いながらいる、

ハーマンさんの本にあるように、

〉加害者から一切の償いを得る可能性をあきらめた時、逆説的であるが、患者は加害者から自由になるであろう。

*ローズがここで記す加害者=死神劣悪病院トラウマ関係の全て。

吐き出しても、ちゃんとここに戻っていよう。そして、死神劣悪精神科医一族とそれに纏わる死神劣悪な輩達とは、今よりもっと遠く思えるようになって、ただ安全、安心、健康な人達との繋がりの中で生きていたい。


関連スレッドを表示
[No.603] 2019/04/17(Wed) 08:35:23 (76時間5分前)

Re: 死神劣悪病院の記事を見つけた、長文です (No.586への返信 / 1階層) - ローズ、フラバ注意

死神劣悪病院の死神劣悪院長が、教育委員会の委員とあって、本当に驚愕したんだけど、それで思い出したこと。

ローズが20代後半に、4歳の性暴力被害に奇跡的に気付いて自覚出来た頃。
小学校の時に2年間担任で、良い人だった、その女性の先生に会って、自分の4歳の頃の性暴力被害について話したことがある。
*その先生はその2年後に逝去された。

その担任の先生は、私の話を聞いて、小学校で、ある性暴力被害があったことを話してくれた。

泊まりの林間学校でのこと。小学校5年生か6年生くらいのその女の子達の部屋に、男性教員が忍び込んで、一人の女の子をレイプしたという。周りの子達は怖くて、怯えて声も出せなかった。

問題になったんだけど、結局、校長が揉み消してしまった。
*こういう時は、市、県の教育委員会や、諸関係機関まで、言ってゆく必要があって、学校だけだと、学校内で、校長が先頭に立って、教員仲間を庇うために、多くは揉み消されてしまう=校長や教頭は、子供の為にいるのではない、おのれ(の悪魔な出世)と教員仲間を優先にいる。

教育委員会になるのは、こういう校長の輩から。
*学校では校長に揉み消されてしまうのが、県や市の教育委員会ではそれでも防げるのは、校長は一人でも、教育委員会は複数人で、もっと他との連携もあるからだろうと思う。こういう悪魔クズな校長や教員だけでもないだろうし。

話しを戻して。
死神劣悪院長が、教育委員会になるのも、こういう性暴力揉み消す校長やその教育委員会仲間からだろうという感じ。
高額納税者で教育委員会になったとして、やってる医療が死神劣悪医療で、人間の尊厳の奪い方、暴力をしても許される医者・医療資格のオトクさ、疑われずに人を死に追いやる方法、世の中の悪の限りとその許される体裁や建前のあり方、などなど。

それから、ラインで呼び出して、薬を飲ませ、或いは注射し、医療行為を建前に猥褻行為をする方法。そうやって、人間を支配する方法。
*この病院の事件を参考に記すモノ。

こういうのは教育委員会から外すべき。

私のようにトラウマ負う子が増えるだけだから。

こんな死神劣悪院長が教育委員会だなんて!!!!!
性暴力誘発誘導教育も甚だしい!!!!!!!!
今すぐ、やめさせるべき。

人間であるなら、閉院して、悪魔死神に悪用するだけの、医者の資格を返上すべき。

自分が生まれた地に何年も足が向かないのは、こんな死神悪魔な空気が、こんな離れた遠くの地でも感じてのことだろうか。

***

今回のトラウマ治療で、漸く、死神劣悪病院トラウマ(性暴力被害含む)を扱った。これもちょっとずつしか出来ないけれど、頑張った。セラピストさんも、ホント、よくやってくれていると思う。自分も吐きそうになりながらやっている。

そして。この治療の基盤を作るのに1年半掛かっている。

生まれた地を離れてここまで至るにも、危険と隣り合わせだった。

全て、死神悪魔な死神劣悪精神科医一族が、医者でもなく、人間でもなく、ただ、死神悪魔であったから。治せない、治さない、治す気ない、治す器量なんて全然ない・微塵もない。

死神悪魔なクズ精神科医一族が、どんなに死神悪魔な劣悪精神科医一族って思う。

私は、こんな遠く離れた地に来て、医療とは全く関係ない人の縁から、その回復の医療者含む人の縁に繋がれたのは、命懸けの奇跡としか言いようがない。

言葉が足りないけど、書いておく。

教育委員会とは!!!!!!!!恐ろし過ぎる。


関連スレッドを表示
[No.602] 2019/04/16(Tue) 23:33:57 (85時間6分前)

Re: 戦時性暴力の記事から (No.588への返信 / 1階層) - ローズ、フラバ注意

メアリー・ハーベイの回復段階を白川さんの本で知って、いろいろ調べて最寄りの図書館で読むことが出来た一冊に、戦争とトラウマについて書いてあったモノがあった。

従軍慰安婦、レイプ・オブ・南京、戦時性暴力、銃後の女性、とか、そういったモノを扱う中に、そう、コレコレと思うものが漸くあった感じ。

占領下の女性達や子供達、つまり、日本もそうだけど、ホロコーストを起こしたドイツの女性達や子供達が、戦勝国のイギリスやフランスなどの兵士に性暴力受けたことなども書かれていた。

強制収容所でも、そういう性奴隷の女性達がいたことは知ってたけど、
日本と同じようなことが、ドイツなんかでもあったんだなと改めて知った感じ。

でも、もっと、コレコレと思ったのは。

日本兵のトラウマとか原爆のトラウマケアについて、ほとんどされていないことが書かれていた、というこのこと。それが今日の自衛官のトラウマの未処理やその被害再演に繋がっていることが懸念されながらという感じに。つまり、暴力の連鎖を生み出すモノ。世代間連鎖も含めて。

ローズが以前、東京のある大学で聞いた、従軍慰安婦の女性の話の印象は、

輪姦や出産、見せしめの性暴力、仲間の死を伴う性暴力はもちろんトラウマになっているけれど、

それ以上に、戦場で死にゆく日本兵の恐怖、狂気、彼らの無残な死、それに面と向かうことの恐怖からくる暴力、発狂の矛先にされた、そういう戦時性暴力の数々がトラウマになっていること、
そのことの周囲の理解のなさと、セカンドレイプ(と言えるくらい軽々しい昔のこてではない、二次被害)

その日本兵の戦場トラウマや死のトラウマのこと、また、自衛官のそれらのこと。それから虐待や暴力の連鎖も。
*軍人恩給はあっても、お金はトラウマを癒すモノではない

原爆についても。身体症状は扱っても、メンタル面は医学的にほとんどトラウマとして、または、そういう概念として扱われてこなかったように自分も思う。芸術作品には表現されてきても。カフェにも書いたこと、ちゃんとその視点持ってる人達がいることに、ほっとした感じ。医学で扱える程、医学が十分でなかったことは、トラウマや回復の現状からも言えることだろうけれど。

あるバカ男は、戦場に立たされた男の気持ちになったら、女性を監禁して吐け口に性暴力するくらいは当前のことだ、というようなことを言っていたけれど、

その腐ったロクデナシな考えを私に聞かせること自体、大間違い。

日本の太陽は女神で女性ですね、と言ったら、なんだか急に黙って、その後は私を避けるようになったけど。
*ローズの加害者達は、その女神を男にして、性暴力していい理由に言っていた。

あぁ、やっとこいういう人の存在を知った感じ。

戦争に、戦勝国、敗戦国の別なく、被害も加害もあるという、トラウマ、人間の傷つきと回復の為の大事な視点。その視点で言えてる人。そういう考えはあっても、言葉にちゃんとするって難しいこと。

国際女性戦犯法廷も書かれていたけど、ホント、メディアは上っ面で軽々しいと当時思った、被害女性やその日本兵達の戦場死の恐怖や脅威なんて、まるで見もしない、結果一点だけの超軽い思考って感じ。天皇有罪のその人が、そのひと言で戦争を終えさせてくれることが可能な立場でも、現実にはなかったんだろうと、その事実については美しく表現されるテレビ番組見ながら、またそういう類の学びを通して、そういうことも思う。
*それとは別に、ローズはこの神話や信仰は普通に大事にしているものなんだけど。

自分は加害者達の死の恐怖とも向かい合う必要があったから、こういうことも必要あって考えるんだけど。

加害者達の死の恐怖なんて、そう軽々しい問題では全然ない。前にある掲示板で目にした自作自演を思うような、杓子定規のシナリオ的にあるようなモノでも全然ない。

しかもその女性達は、日本兵達が戦場の死の恐怖で発狂し、自分達に性暴力することも知っていて、それが深刻なトラウマになって苦しんでいるというのに。言葉では言い尽くせないと思う。自分より上の世代が代弁しようとしても、トラウマやその回復の道筋が明らかでないところでは、限度や壁もあったと思う。

トラウマ視点持ててる人って、国を問わずちゃんといて、そういう人達の気持ちの面からでも、繋がっていたいなって思う。トラウマと回復と真摯に向き合っている人の存在には、ほっと安心する。
従軍慰安婦や性奴隷の被害女性や子供も、敗戦後の占領下での戦時性暴力の被害女性や子供も、日本兵や自衛官のトラウマも、原爆のトラウマも。大袈裟でも、憐れみ買うでもなく、人間の傷付きやトラウマやその回復を、人間の視点で見れる人って、自分からすれば尊敬モノだったりする。

出典は省略ですみませんが、メアリーハーベイで調べたら出てきます。
*翻訳者さん、ありがとうございます。


関連スレッドを表示
[No.601] 2019/04/15(Mon) 21:00:39 (111時間39分前)

Re: リソースメモ (No.593への返信 / 1階層) - ローズ、フラバ注意

心と体を繋ぐ自律神経

と、このひと言は、ポリヴェーガル理論ではなく、仏教の観想の本の、ヨガの説明にあった。
*なので、ポリヴェーガル理論に共通的で、説明し難いこと・説明し得ないことは、結構、東洋や日本の伝統や文化に、継承されながらあるように思う。東洋や日本の伝統文化で足りないところは、ポリヴェーガル理論やソマティックに説明されてるように思うし。

仏教のヨガ、なので、もっと詳しくサンスクリット語からも記されるんだけど。

ポリヴェーガル理論の理解は、こんなふうに、東洋的なモノに結構あったりするんだと思う。だから、マインドフルとかヨガとか、トラウマセラピーでは大事にされるんだと思う。

ヨガって詳しくいうと、漢字で書かれる瑜伽(ユガ)のこと。

観想の本には、サンスクリット語で「馬具を繋げる」とか「繋ぐ」が原義とあった。
*ローズは尼僧とか宗教者ではないです。

そのくらい「繋がり」っていうのは大事なことなんだって感じ。
古今東西の人間に。ヒトも人間っていうくらい「間」の文字を使うし。

とても大事な繋がりを知りながら、無知無神経な現実の人達にすごく無力感でいっぱい。元気になりたい。


関連スレッドを表示
[No.600] 2019/04/15(Mon) 15:02:05 (117時間38分前)

Re:無力… 元気になりたい (No.593への返信 / 1階層) - ローズ、フラバ注意

二次被害っていうのは、二番目に酷いって訳でもなくて、
負荷的なモノなんだけど、

その酷いことの深刻さって、一次被害と同等かそれは以上だったりする。

回復とは繋がりを回復することと、J.ハーマンさんの本にあるように、自分もそう思うし、そういうセラピーをしている。

でも、二次被害の、特に治療者、支援者、専門分野の人間による二次被害は、

もっと深刻に幅広く、繋がりを切ってしまう。

そういうモノだ、自分の経験ではそうだった。
加害者達を大喜びさせるのが、セカンドレイピストたち。

この地方の地方の地方の、ローカル病院の看護師の責任者は、心の病はよく分からないと言っていたけれど、

そもそも、自分にとって、トラウマは単に心の病ではない。
身体反応を伴う脳の可塑性による恐怖記憶であって、神経を主とする身体の状態のこと、というモノ。
前向きになれない、そのままで関係ない他者に纏わりつくような、そういうモノは病気や障害だけど。
*この辺は、仁医さんとの縁あっての自分のリソースってのもあるけれど。
=そういう意味では、マトモな医療者もセラピストも自分の生きてきた過程にはちゃんといる。

なんか、試験的に対応された?と後から思うような、3人もドンッとバンッといてくれて、戸惑ったけれど、地方の地方の地方であることを感じた一件だった。

それでも、サバイバル重ねてきたローズは、その責任者の看護師さんが、

性被害について、よく分からない中にも、誠意で対応しようとしてくれたことは、認めていたいとは思う=自分のサバイバル力もリソースや回復の縁もちゃんと尊重して、セルフエスティームに認めながら。

でも、こういうのってマニュアル通りではないんだなって感じ。

オスラーが医は芸術っていったようなモノなんだって思う。
*仁医さんも医者であり、また、アーティストでもあった。

傷付いて怖がっている人に3人も出てこられたら、怖さが募るだけ。
ああ、怖かった…って思う自分がいる。

突然の緊急入院、緊急手術で、かなり心細くなってのことだけど。

被害者である自分がせめて、医療者にトラウマを救われていたら、今、この地方の地方の地方で、こんな悔しい諸々に出会うこともなかった。

でも、こんな20年以上の年月を経ても、変わってないというか、江戸時代並みに遅れた一面に出くわすことがあると、

必要あって、リソース大きくてここにいるとはいえ、ただただ無力感でいっぱいだ、フラッシュバックして大声で泣いてしまう。

***

医者も必要ないといったけど、大事をとっての入院なのに、知らないところで信じ難い施設県越え輸送プランとか、喪失トラウマ負わせるような、恐ろしい信じ難い内容の、介護支援押し付け不正請求のネタ利用な侵害、約束もなくやって来て、ドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッと、呼び鈴も押さずに、家の壁をめいっぱいの力で叩き、甲高い声で叫び呼び込んできた、無神経保健師や支援者達に、

恐怖いっぱいにフラッシュバックいっぱいになりながら、遠い都会の今のセラピストに電話して相談することが出来て、あの時は、セラピストさんが、私の納得ゆくセラピー出来る人で、本当に救われた。

でも、身近はこんなに江戸時代並みに悪いんだって知って、ただただ無力だ。

せっかくの回復の縁なのに。ここだからこその自分のリソース大事にしているのに。

バウンダリー侵入して、フラッシュバックさせる人達に本当に負けたくない。

数値だけしか見ないで、ヒトは見ても、人間は見ないで仕事ならぬ悪業する人達に巻き込まれたくない。関わりたくない。すごい愛着と攻撃性ある人達っている、個人でも、そういう医療支援者にも。本当に避けていたいし、関わりたくない。

まず、セラピスト自身が専門家にセラピー受けて、自覚的にも、無自覚にもある、問題や傷付きが癒されていて、神経系が安定していなければ、クライアントをセラピーすることは出来ないって【神経系の協働調整、相互調整が回復にはとても大事だから】、今の回復の縁や学びの中では普通に大事にされていることだけど【ローズがこう言えるのは、専門家でなくても、ローズ自身も自分なりにある程度、学んでいるから】こういう人間の基本を知る人達って、しかもちゃんと実践的にしている人って、日本でも世界でも、ごく希少なように思う。

仁医さんはご高名で貢献度も高いけど、その貢献にあやかりながら、その意味も価値も分からないで、資格に貪り甘んじている愚かな人達っているってこと。

そんなどうしようもない社会の中で、自分はなんて無力なんだろう。今日はなんだか本当に辛い。元気になりたい。


関連スレッドを表示
[No.599] 2019/04/15(Mon) 14:38:50 (118時間1分前)

Re: リソース (No.597への返信 / 2階層) - ローズ、フラバ注意

いろいろ書いたけれど、ちゃんと気持ちを整えながら、またリソースも探してゆく。
被害そのものだけでなく、こういう感情の一つ一つも、自分のカウンセリングでちゃんとセラピーしてゆこう。
日常の一つ一つと自分との繋がりを大事にしながら、また過ごしてゆこう。

*いつも花園の場をありがとうございます。


関連スレッドを表示
[No.598] 2019/04/15(Mon) 10:17:09 (122時間23分前)

Re: 花園とサバイバルの方法 (No.593への返信 / 1階層) - ローズ、フラバ注意

ホントは、こんな吐き出し、アウトプットしての気持ちの整理なんてしなくて済んでいられたら良いのにって思う。

カウンセリング受けながら、安心から問題もフラバもしがちでいることの自覚もある。

でも、こんなに行政、医療看護福祉、諸々が悪くて遅れていることに、必要ないのに、余計な介護支援を押し付けられて、余計に身内の入院を3ヶ月も長くさせられたことについては、テレビで問題にされていた【国への不正請求】のネタに利用されたことを、本当に痛い思いで感ずる。

そうでなくても、カウンセリングにお金掛かっているのに。
今の現状維持に、お金必要なのに。

医療看護福祉やアカデミックなクズ達に、こんなにもむごい仕打ちを受けるなんて、吐き出さずには自分を支えられない。
*医療看護福祉、アカデミックな人達の、全てがクズとは思っていないし、ちゃんと人間である人達もいるって知っているし、そういう意味での自分のリソース、生きる力になっている人達の存在も大きいけれど、

性暴力被害の理解ってこんなにもないんだって、思ったり、

地方の地方の地方の遅れを感じたり、目の当たりにしたりすることがあると、

自分のこれまであまりにも、性暴力だけでなく、その支援・治療にいる立場の人間にさえも、犠牲になってきたことを思われて、悔しくてしょうがない。

怒りも大事な感情だと、今のカウンセリングで学んだり、調整の方法を一緒にワークしながらしているけれど、

なんかすごく無力。無自覚なトラウマ持ちの構ってちゃん、構わしてちゃんは、救いを求めて、しがみつける相手を求めて、ターゲット標的を必要としながらウヨウヨいるし。それは、職業性別に関わらないんだろうなって思う。

いきなりって怖いし、サバイバル反応強く出て、ひたすら辛いけれど、せっかく繋がれた回復の縁さえも、土足で踏み込もうとしてくる。

なんか、救われない社会や救いようのない医療やそういう中でのおかしいって思う人達の中で、特に、異常に纏わり付いてきたり、不躾で、無礼儀で、バウンダリー侵入酷い人達が、立場や職業を悪どく理由にして、食い物にすることが出来るのが、性暴力被害なんだって、この地方の地方の地方では思う。

自分のリソースがあるから、それが大事だから、ここにいるんだけど、それが、命と回復を繋げてくれる唯一のモノだってくらい、自分には大事にしているモノなんだけど、

辛いことがあると、まだすごく弱い。トラウマ反応が全身に蘇る。

良いところもいっぱい探しながらいるんだけど、無自覚なトラウマ持ちのバウンダリー侵入は、どこにでもあることだろうと思う。だから、こんなふうに、吐き出しが必要になる感じ。

穏やかに過ごしたいのに。安心・安全な繋がりの中で、穏やかに平和に生きてゆきたいのに。


関連スレッドを表示
[No.597] 2019/04/15(Mon) 10:12:19 (122時間28分前)

Re: 地方の地方の地方の、追記 (No.588への返信 / 1階層) - ローズ、フラバ注意

この地方の地方の地方で、すごくおかしいと思ったのは、ハラスメントする・しかも低能なある学生の一人は休学中で、たった数万の在籍料しか払っていないのに、普通に100万以上の学費払っている他の人達と同じように授業を受けられるということ。

大学教授(地方の地方のそれまで聞いたことない大学)子であることを理由に優遇しているのか???と疑うようなハラスメント
*大学教授の子にしては、ずいぶんと低脳で普通のレベルより低いんだけど。=っていうか、なにか、トラウマ持ちのBPD気質。

だから、タバコも無神経で他者への配慮なく、体臭と煙害吐き散らし・巻き散らして、平気なんだって感じ。
それをわざわざ聞かせてきたりの、構ってちゃん、察してちゃん、聞いて聞いてちゃん、周囲に聞かせて自分を安らげていますちゃん、

下級生に、先生用のお茶汲みさせたり【勉強以外のそういう先生への媚びへつらいは、禁止されているにも関わらず、また、そう伝えても】、そいつが過ごしやすいように諸々の雑用させたり、すごいハラスメント行為すること。

きっとそういう輩の大学教授の親は、その大学で、そういう先生にお茶汲みしろ、そうでなければ成績悪くするとか、という学問以外のことを平気で学生にさせているに決まっている。

その果てが、教授・教師から、学生・生徒への性暴力に繋がるって分からないんだろうか。
そういう支配と同じ道にあるものだって、分からないんだろうか。

だから、この地方の地方の地方の地方の出身の東京の名門女子大を豪語しながらいる、そのジェンダー大先生は、4歳の子の(=ローズの)性暴力被害を

「ませてたのね」

なんて、平気で言うのだろう。どれだけ厚顔無恥で無知無神経なんだろうって思う。ジェンダーの、女性問題切り拓いてきたなんて、言うから、信用して話したのに。信じられない。

私は、それを言われた日の夜、アナフィラキシーショックで上の血圧が30を下り、医者に死にそうだったことを言われた。
私に、食べ物や虫のアレルギーはない。原因は、ただませてたのね、と言われたことだけ。

私は、その後日に、そんなふうに大変だったことをジェンダー大先生に伝えたら、なんの労いの一言もなく、娘の話を聞かせただけだった。

このどこか、女性問題を切り拓いてきたと豪語する名門女子大となにかと言って聞かせてくる、その大学のジェンダー大先生なの??って感じ。
自分も5歳の時に、性暴力にあったけど、すぐに親に言って、警察が対応したわと言っていたけれど、それは作り話だろうと思った。なぜなら、5歳の子だって、4歳の自分と同じように、性暴力が性暴力と理解出来ないだろうと思うから。性暴力を性暴力と理解出来るようになるには、もっと、成長してからのことだろうと、経験から思う。

こんな厚顔無恥で無知無神経な女の出身の、地方の地方の地方でも、

こういうアカデミックな場での、しかも学費を払う・在籍料の休学料しか払っていない、そういう現状にある、こういう不公平は、本当におかしなことだと、自分のこれまでの経験から思う。

だから、行政も医療看護福祉もこんなに無知無神経に、ズカズカと侵入しまくるように思う。

学問の場、アカデミックな場がこんなに学問外れな・人道外れな支配・命令・脅し・不快行為をさせてあるんだもの。

被害ないと、健康とか、人間の繋がりの大事さとか、説明出来ないし、分からないものなのだろうか??

怖い目にあうと、全身のトラウマ反応から辛くて怖いけれど、ちゃんと、今のカウンセラーに繋がれたのも、今いるところだからこそなんだし、自分はリソースを探せているんだ。

名門女子大のジェンダー親分先生は酷かったけれど、子供への暴力・虐待が深刻な被害をもたらすことを、慎まやかに研究している先生もいたし、大変だけれど見守るようにいてくれた人達もいたんだし。名門女子大でも大病院でも、生まれた地方でも、今いるこの地方の地方の地方であっても、どこでも、ジェンダーとか性暴力被害の専門だとか言う輩の中にも、クズもいるし【相当タチ悪い人間だけど】、マトモもいるんだってこと。自分はちゃんとリソースを探していられるんだ。


関連スレッドを表示
[No.596] 2019/04/15(Mon) 09:42:12 (122時間58分前)



- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS