[ リストに戻る ]
No.164へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all ゾイドワイルドアプリから見えてくる世界観 - ネームレス Mk-II 量産型 - 2018/06/28(Thu) 00:27:19 [No.164]


ゾイドワイルドアプリから見えてくる世界観 - ネームレス Mk-II 量産型

ゾイドワイルドアプリのゲームを、ストーリーのメモを取りながら毎日コツコツ進めてます。あくまでミニゲームなので、ゲームとしての面白さはそこそこだと思いますが、物語の展開が意外とバトストしているので面白いです。


〜〜以下、序盤のネタバレを含みますのでご了承下さい〜


ゲームの舞台は、漫画(そしてアニメ)と同じく「ワイルド大陸」で、敵対勢力も「デスメタル帝国」なんですけど、物語が『大森林タイジュ』なる森林地帯で始まってます。復元の書のマップにその名前はありませんが、タイジュは「大火山デスロッキーの東側で大きな川で東西に分かれている」ことから、復元の書で「密林地帯」と書かれているエリアだと判断できます。川には「リョウダン川」という名前も出てきます。漫画の主人公アラシが、大陸南方の「イナカ村」出身なので、とりあえずゲームのストーリーは漫画とは別に進んでいくと考えた方が良さそうです。

さて、「デスメタル帝国」はタイジュ方面への侵攻を「ギャラガー親衛隊『ハードロック』」が任されているとのこと(ハードロックが人名なのか部隊名なのかはまだ不明)。侵攻軍はリョウダン川の東岸に建設した「ゲンブ基地」を拠点としており、現在は西側に基地を拡張中。また、北の方にも「セッカイ基地」があるとのこと。

一方で、主人公(プレイヤー)はタイジュ西側の洞窟に秘密基地を構える抵抗組織リキッドの新米隊長。主人公の他にも複数の部隊があるようで、少なくてもデスメタルのセッカイ基地を抑えるために「北部防衛隊」が登場しており、漫画/アニメの「○○団」みたいな小さなチームではなく、それなりに大きな武装集団だと判断できます。

あと、現時点では「デスブラストの副作用で凶暴化した野生ゾイド」とか「森の盗賊団ランバージャック」とかの要素も出てきています。



ゾイドワイルドでは戦闘兵器的な部分は抑えていくということでしたが、少なくてもこのゲームでは従来のバトストに近いテイストは残っているように思います。個人的には楽しくプレイしているゲームなのですが、ネットに情報が少ないことを考えると、考察しながらゲームしている大人は少ないのかでしょうか…?


[No.164] 2018/06/28(Thu) 00:27:19

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS