[ リストに戻る ]
No.25に関するツリー


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

   コンセプトアートの世界 - ネームレス Mk-II 量産型 - 2018/02/17(Sat) 21:05:37 [No.25]
Re: コンセプトアートの世界 - やま - 2018/07/19(Thu) 15:02:49 [No.175]
Re: コンセプトアートの世界 - ゼンマイ帝国 - 2018/02/27(Tue) 13:07:46 [No.43]
Re: コンセプトアートの世界 - ゼンマイ帝国 - 2018/07/18(Wed) 23:43:55 [No.174]
Re: コンセプトアートの世界 - アザレア - 2018/02/23(Fri) 03:06:08 [No.35]
Re: コンセプトアートの世界 - ネームレス Mk-II 量産型 - 2018/02/24(Sat) 23:34:32 [No.38]



並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
コンセプトアートの世界 (親記事) - ネームレス Mk-II 量産型

今度の「Z」がどんな世界観かわかりませんが、ゾイドオリジナルやZOIDS FORのベースとなった「コンセプトアート」の世界観への皆さんの感想はいかがですか?

正直なところ、自分はバトスト派(メカ生体・新世紀)なのでそこまで好きなわけではない(嫌いという分けでも無い)のですが、元祖からスピンオフした作品としては興味深いと思っています。バトストの設定や地名を巧に用いて「あの場面のオマージュか!?」とニヤリとさせるストーリー展開は面白かったです。

ただ、書跡やゾイドオリジナルではゾイド(いわゆるメカ的な要素)や登場人物の描写が不足していたのが残念でした。物語としては面白かったので、もう少しゾイドや人物への愛着が湧くようにもうひと工夫あれば違っていたかもしれないです。ZOIDS FORでは、ストーリー的な描写はほぼ皆無ながら立ち絵で多少の人気があるのに、なんでザッパ隊長とか出てこないのか・・・。ソフィアちゃんとかカタリナ嬢とかサオリたんもいいけど、ローガンあたりと絡むと面白いのに(笑。

あと、完全オリジナル機のバスターヘッドのデザインは好きでした。堅頭竜型のゾイドはこれまで無いので、是非ともZOIDS FORでの出撃そしてキット化して欲しいですねぇ。


[No.25] 2018/02/17(Sat) 21:05:37
Re: コンセプトアートの世界 (No.25への返信 / 1階層) - アザレア

コンセプトアートからの作品は、いい素材を熟成させて下準備をしたものの、調理と味付け、宣伝文句を間違ったというのが率直な感想です
以下は批判が多いため、この感想を読んで気分を害される方もいらっしゃると思います
申し訳ございません

―――

ゾイドイヴと古代ゾイド人による創世記を匂わせるZOIC-NOAの存在、ゾイドの力をによる戦争の影、GVの文字を提示して過去の積み重ねを活かした土台を用意しつつ、大きく容姿を変えたゾイド達などで過去作と境界をわざとぼかすことで、シリーズの安心感と新作への期待を両立したCA一巻は衝撃を受けました
今後の展開を如何様にも動かせる土壌から、ムーブメントが生まれるのではないかと自分も心躍らせていたのは記憶に新しいです

しかし、二巻以降では良い土壌を活かせていません
メカ生体のストーリーを踏襲しすぎたため、変わらない点をマンネリ、変わった点を改悪と捉える方は少なくなかったでしょうし、特に後者は人気だったデスザウラーの出自を理から外れた化物にしたりと、昔の帝国が好きな方には否定的な見方をされても文句が言えない扱いでした
神風ジョーを模したゴジュラスを用意したりというファンサービスはありましたが、結果的に過去作との比較から逃れられなくなったと言えるでしょう

ゾイドオリジナルは更に悪循環が生まれていました
明確にゾイドの再解釈、正史をうたうという大見得を切り、背水の陣で臨んだシリーズにも関わらず、発売されたキットは新世紀のものの改良品です
せっかくCAでゾイドの見た目を一新したにも関わらず、それを商品展開に全く活かせていない様は、ありあわせの物で見繕えるものを用意したかのような哀愁が漂っていました
予算がなかったにしても、せめてオリジナルとCAを切り離していたり、メカ生体を三国志、CAを演義と思わせるような脚色(帝国もしくは第三勢力の視点で物語を描くなど)があれば、他人の褌で相撲を取るオリジナルと揶揄されたり、打ち切りの憂き目には遭わなかったのではないかと思います

―――

以上となります
余談ですが、新しいZが従来との繋がりを断ち切るようなイメチェンをしていることには好印象を持っています
下手に過去と張り合わざるを得なくなるよりも、堅実に新しい価値観のZが出来上がる姿を見届けたいな、と感じました


[No.35] 2018/02/23(Fri) 03:06:08
Re: コンセプトアートの世界 (No.35への返信 / 2階層) - ネームレス Mk-II 量産型

ありがとうございます。
レスが全然付かなかったところを見ると、本当にコンセプトアートは人気無いなということが明らかになってしまいました(笑

素材の料理の仕方を間違ったというのはよく分かります。部分的にはともかく、世界観にもゾイドにも登場人物にも感情移入できるほどの魅力(味)を出せないままでした。CAは、戦記物なのかSF冒険物なのか、従来ファン向けなのか新規ファン向けなのか、大人向けなのか子ども向けなのか、はっきりしないままでしたしね。今から思えば、わざわざ玩具展開しにくいデザインにしたのも、ゾイドオリジナルが「オリジナルじゃ無かった」遠因でしょうか。

現在のZOIDS FORはCAをベースにしていますが、ゾイドのデザインや設定が従来バトストのもののままという中途半端なのは懸念です。次のアップデートではCA版のゴジュラスが実装されると予想されますが(それは嬉しいのですけど)、今度の「Z」も含めて色々と腰を据えて頑張って欲しいところです・・・


[No.38] 2018/02/24(Sat) 23:34:32
Re: コンセプトアートの世界 (No.25への返信 / 1階層) - ゼンマイ帝国

CAは立ち位置があやふやになってしまっているんですよね。
以前、ZOIDS FORのツイッターアカウントから漫画が流れてきました。
こちら。
http://news.denfaminicogamer.jp/manga/170727

徳山氏の「子供たちへのものさし」という考えは素晴らしいとは思うものの、ほぼ機能していないんですよ。
まず、一冊3000円もする本を子供が買うかと言われれば、買わないでしょう。
ゾイドワイルドは最初からアニメ化が決定しているうえに、明らかにCAの世界観を採用していない。

ゾイドが持つ、多くの世界観のうちの一つとして埋もれていくのかな、と思います。新刊もでないですし。


[No.43] 2018/02/27(Tue) 13:07:46
Re: コンセプトアートの世界 (No.43への返信 / 2階層) - ゼンマイ帝国

徳山光俊さんはゾイドワイルドにがっつりと関わっているようです。
新シリーズ始めるから、CAは打ち切り、のような形でしょうか。
(2016年にはすでにワイルドのコンセプトを描きはじめているとのこと)

ものさし、見事にへし折れてます。


[No.174] 2018/07/18(Wed) 23:43:55
Re: コンセプトアートの世界 (No.25への返信 / 1階層) - やま

私としては好みでしたね。
出来ればもっと見たかったのですが……。
IIだけ絶版になってますし、何とか全部再販してくれませんかね。
あれが多くの人に伝わらないのはもったいない。
あそこで終わったっていう事は、元々ダメだったのかも知れませんが……。

普遍的なものをと目指されたコンセプトアートだからこそのあまり語らない内容、想像を膨らませるための言葉の少なさだったのですが、それが裏目に出た感じもありますね。

私は、コンセプトアートを壮大な神話……みたいな感じで受け取っていました。


[No.175] 2018/07/19(Thu) 15:02:49

以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS