[ リストに戻る ]
No.858へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 第24回リトバス草SS大会(ネタバレ申告必要無) - 主催 - 2009/01/08(Thu) 00:13:56 [No.855]
赤い雨が降る - ひみつ@1754Byte 遅刻 20分で書けとかorz ぐろくないよ、ほんとだよ - 2009/01/10(Sat) 22:05:26 [No.878]
MVPしめきり - 主催 - 2009/01/10(Sat) 00:54:00 [No.874]
水溜まりに飛び込んで - ひみつ@とりあえず何か一つ書ければよかった 5550 byte - 2009/01/10(Sat) 00:37:05 [No.872]
[削除] - - 2009/01/10(Sat) 00:19:23 [No.870]
空にも快晴が広がっていた - ひみつ@7258byte - 2009/01/10(Sat) 00:00:30 [No.868]
雨の中の待ち人 - 秘密 @4406byte - 2009/01/09(Fri) 23:58:52 [No.867]
雨の中の待ち人 - 訂正と言ったら訂正なんです - 2009/01/10(Sat) 00:06:30 [No.869]
冬の雫 - ひみつ@7670byte - 2009/01/09(Fri) 23:49:19 [No.866]
鳥が羽ばたく日 - ひみちゅ 4137byte - 2009/01/09(Fri) 23:40:16 [No.865]
[削除] - - 2009/01/09(Fri) 23:22:41 [No.864]
雨のあとに見えたもの - 秘密 @3160byte - 2009/01/09(Fri) 22:21:13 [No.863]
雨後の筍 - ひみつ@8829 byte - 2009/01/09(Fri) 22:03:53 [No.862]
雨の日は部屋で遊べ - 秘密@17854byte - 2009/01/09(Fri) 17:40:45 [No.861]
雨のち晴れたら嬉しいな - ひみつ@8293 byte - 2009/01/09(Fri) 13:42:43 [No.860]
雨ときおりハルシネイション - ひみつ@20374 byte - 2009/01/08(Thu) 23:41:15 [No.859]
雨のひ、ふたり。 - ヒミツ@12168 byte - 2009/01/08(Thu) 22:51:59 [No.858]
最後の涙 - HIMITU@ 8214 byte - 2009/01/08(Thu) 21:22:21 [No.857]
MVPと次回について - 大谷 - 2009/01/11(Sun) 01:30:26 [No.879]
Re: MVPと次回について - west garden - 2009/01/19(Mon) 00:56:25 [No.885]
Re: MVPと次回について - 主催 - 2009/01/19(Mon) 22:53:13 [No.886]


雨のひ、ふたり。 (No.855 への返信) - ヒミツ@12168 byte

 ♪〜 となりの○っトロ ○っト〜ロ   ○っトロ ○っト〜ロ 〜♪

 エンディングテーマを軽く聞き流しながら、目の前で音楽に合わせて揺れる尻尾に軽く顔を埋めてみた。
 鼻息がくすぐったいのか、むずかるように少しだけ身じろぎしたが、すぐに身体を預けてきた。子供の体温は高いというけれど、精神年齢が子供の場合も当てはまるんだろうか?などと埒もないことを考えながら、少しだけしっかりと抱き寄せた。

「うみゅ…なんだ、するのか?」

 不安そうな顔で訊いてくるので、なるべく無害そうな顔で違うよ、と否定しておいた。最近、お互いに歯止めが利かなくなってきているせいか、する前の警戒も強くなった。あまり無防備にそんな表情を見せないでほしい。ぞくそくしてしまうから。
 首筋に冷気が忍び寄ってきたのを感じて、包まっていた布団を頭から被りなおした。ぞくぞくしたのは寒さのせいだ。僕らのやり取りを他所にDVDは回り続け、風に煽られた雨粒が窓ガラスに当たってぱらぱらと音を立てた。

「寒くない?」
「くない」

 まあ、言いたいことは伝わった。それでも念のため密着度アップ。

 ↑ぬくさが10上がった!
 ↑なごみ度が5上がった!
 ↑恥ずかしさが5上がった!
 ↓自制心が20下がった!

 あれ、ちょっとやばいかもしれない。

「どーした?」
「ん、なんでもないよ」

 まあ、僕の自制心はもうちょっと残ってるから大丈夫だろう。たぶん。
 でも、黙っていると見る見るうちに下がっていきそうなので、何か喋った方がいいとは思った。思っただけ。
 柔っこくてぬくいこの娘を抱いていると、覇気が薄れていくというか、自分がどんどん堕落していくような気がする。甘美な堕落。あ、なんかいい響きかも。
 積極的に堕落を楽しむことにして、くんかくんかと鈴の匂いをかいだりしてみた。…うん、冗談。そこまではしなかった。
 鈴の方はさっきからもじもじと落ち着かない様子で、おそらくだけど恥ずかしいのを我慢しているんだろう。僕よりも限界値が低いようだから。
 抜け出そうともがき始めるのを少し困らせたくなって、脚もからめてしっかりとホールドしたら、しまいには後頭部が飛んできた。

「離せぼけーっ!!」

 僕の拘束から抜け出した鈴は、およそ僕の予想通り顔を真っ赤にして、うっすら涙まで浮かべていた。
 でも、すぐにトイレに駆け込んだところを見ると、その表情の理由は予想とはちょっと違っていたようだ。今の顔も良かったけれど。

「おかえり」
「うう…」

 ちょっと大げさにあごをさすりながら出迎えると、鈴は素直に僕の懐に納まった。寄りかかってくる、膝を抱えて丸くなった鈴の重さ。
 胸にかかるそれは、まあそれなりには重いけれど、人ひとり分としては少ない。…もう少し増えてくれると嬉しい。

「うー…なんだ?」
「いや、ちょっと冷えたんじゃないかなと思って。うん、やっぱり足冷たいよ」

 そう、胸のことなんて考えてない。こちらの顔も見ずに心を見透かしてきたのでごまかしてみる。でも触れた足先は本当に冷たかった。
 ひんやりとした小さなつめと小さなゆび。手のひらに包み込んでゆっくりさする。

「…くすぐったい」
「うん、でもしもやけになっちゃうから」

 嘘だ。このくらいじゃ多分ならない。ぷくっと膨らんだ指先をふにふにする。特に中指のあたりがちょっと肉球に通じる気持ちよさだ。熱心にふにる。
 鈴の指で遊びながらちらりと見ると、ほったらかしにされた小さめの液晶が所在無げにタイトル画面をリプレイしていた。

「鈴、次は何観ようか?」
「んー…いい。まだいい」

 僕が遊んでいる間、鈴が退屈すると思ったのだけど、違うのだろうか?小さな箱に手を伸ばし、電源を落とす。
 ぱちぱちっ。窓ガラスに強めに当たった雨。やけに大きく聞こえたその音で、部屋の静けさを認識する。なんか文学的っぽい。
 耳を澄まして気付いた息遣い。僕も彼女も落ち着いていた。鈴がはぁはぁ言ってないのは残念だったけど、自分の息が荒くないのは安心した。
 不意に鈴が身体を前に倒した。足を僕に捕らえられたまま、テーブルのほうへと懸命に手を伸ばす。何をしたいかは分かったけれど、僕は忙しいのでその様子を心の中で応援しながら見守るしかできなかった。

「んんっ。んーぅ…んゃっ!」

 ささやかな気合の声と共に上体がちょっとだけ伸び、その指先がかすめたみかんをころりとこちらへ転がした。いったんは崩した体勢を立て直した鈴は、今度は難なくみかんをキャッチし、ちいさく歓声をあげる。
 その喜びのお裾分けなのか、振り返って得意げな顔を向けてきた。たぶん本人は“ちょっとだけ嬉しい顔”のつもりなんだろうけど、頬と小鼻のあたりがぴくぴくと小躍りしていて、まるで装えていなかった。
 頭を撫でてあげたいけれど、手がふさがっているので代わりに頬擦りしてみた。

「ゃ…やめ…きしょぃ…」
「んー?」

 鈴は例のごとくむずかったけれど、本気で嫌がっているわけではなさそうなので知らん振りして、たっぷりほっぺたの感触を楽しんでおいた。
 ことしのほっぺたはぷにぷにのもちもちだ。僕のかさかさした頬にも負けずに吸いついてくる。一匹猫だった去年から比べたら考えられないしっとり感だ。みんなに感謝しないといけないな。
 鈴がみんなから寄ってたかってコスメの講習を受けていたのを思い出していると、鈴が頬擦りから逃れて僕の顔を覗き込んだ。

「んぅ…ん、どした?」
「何でもないよ」
「うそつけ、なんかエロい顔してた」

 失敬な。笑いはしたかもしれないけど、今のはエロいことを考えていた顔じゃない。そう抗議しようと思ったら、鈴の興味は既に手元のみかんに移ってしまった後だった。
 皮につめをつき立てて、そこからぺりぺりと皮をむしっていく。剥くのではなくむしる。横顔を覗き込めば、鈴はとても真剣にみかんと向き合っている、いるのだけれど、どんなに慎重にはがしていっても、何故かすぐに途切れてしまう。あっ、とかにゃっ、とか声が上がるたび、細かくちぎれた皮が足もとに溜まっていった。
 なんとか剥きあがったみかんをぱっくりとふたつに割ると、ひと房ずつ大事に取って食べ始めた。白いもさもさはついたままだ。僕はもさもさも綺麗に取ってつるつるにしてから食べるのが好きなんだけれど、鈴はそんなのお構いなし。

「鈴」
「ん」

 僕が声を掛けると、ひと房だけ僕の口に放り込んでくれる。意思疎通はばっちりだ。でももさもさは取ってくれない。
 みかんを飲み込むと、頭の中でもぐもぐと響いていた音が消え、静かさが際立った気がした。
 窓がかたかたと揺れる。風が強まる代わりに雨は細かい粒になったようで、さあぁっ、とときおりガラスに吹き付けるようになっていた。
 指を休ませて足の甲をさすっていると、ふいに鈴が口を開いた。

「けっこう面白かったな、いや、すごく面白かった」

 何のことか咄嗟に判断できずにいると、焦れたように「映画だ、さっきの」と付け足した。僕が今鼻歌を口ずさんでいたらしい。
 くちゃくちゃ面白いとまではいかなかったけれど、気に入ってはもらえたみたいだ。「そうだねー」と打った相槌が適当っぽく聞こえたのか、ちょっと「むぅー」としていたけど。

「あれだ。ねこバスとか乗ってみたいな」
「ええー、ちょっと不気味じゃない?」

 目光るし口はチェシャ猫みたいだし。あと脚多いし。でも鈴にとって重要なのはそこじゃなかったらしい。

「なにぃ?かわい…くはないが、ふかふかのもこもこだぞ?」
「毛皮だからねぇ」

 それでもあれはデフォルメされてたからまだ“ちょっと不気味”程度で済んでるけど、あれが現実に存在したらかなり大型の肉食獣だ。それが夜道で突然現れたら僕は腰を抜かす。
 足の指にばかり夢中で、あまり気のない僕の反応が鈴には不満らしく、軽く喉で唸りながら上体を捻ってのしかかって来た。バランスが崩れて倒れそうになったので、背中に腕を回して抱きかかえる。ごすっ、と割と痛そうな音を僕の後頭部が奏でた。変な角度で壁にぶつかったので実際痛い。頭もそうだけど首が。
 首がつっかえて背中が浮いてしまっていたので、体をずらしてようやくベッドに倒れこんだ。背中でもぞもぞとずれる様は裏返しのいもむしみたいだったと思うけど、両手がふさがってるからしょうがない。まあ誰も見ていないし。

「だ、だいじょうぶか?」
「うぅ、大丈夫だけど痛いね…」
「ごめん…」

 慌てて見上げてくるので正直に言うと、しゅんとしおれて僕の胸に顔を伏せてしまった。
 背中に回していた手を頭に乗せる。いつもぎゅうぎゅうにひっつめている髪も、今は力が抜けたみたいに根本が緩んで膨らんでいた。もしゃっとした手触りの頭をゆっくり撫でる。手のひらが少しくすぐったい。
 風はおさまったみたいで、窓の外も静まり返っていた。視線を戻すと、切なげに細めた鈴の目がこちらを見上げていた。僕の方を向きながら、どこでもないどこかを見るような曖昧な視線。かすかに開いた唇に、僕が吸い寄せられそうになったとき、

「っくちっ!」ごづっ!

 甘い飛沫と至近距離からのヘッドバッドを喰らって僕は悶絶した。




「ねぇ」
「…」
「ねぇ、鈴」
「っさい!」

 僕が悶絶している間、放り出された鈴は赤い額をさすりながらも自分の為すべきことを為した。つまり、
 1.僕らの下敷きになって歪に折りたたまれていた掛け布団を引っぺがし(僕は丸太のように転がされた)。
 2.一度掛け布団を丁寧に広げ(ついでとばかりに僕をベッドから蹴り落とした)。
 3.その布団にくるまって不貞寝した(僕は落下のダメージで悶絶時間が追加された)。
 そして今、ようやく悶絶を脱した僕は、ベッドの横で正座しながら鈴にすげなくされている。カーペットの敷かれた床は、僕の部屋の冷たい板張りよりはましだけれど、硬めの繊維が地味に痛い。それに頭も前後に拡大してるんじゃないかってくらい痛いし、落ちたときに打った背中やら肘やらも痛い。痛みで寒さなんか忘れそうだ。そして寒い。

「り…」
「ふかーっ!」

 溝はなかなか埋まりそうになかった。
 鈴の声は、僕に背を向けて布団にもぐっているせいでくぐもってしまっていた。自分ではかなり強く言っているつもりなんだろうけどちっとも怖くなかった。
 自らの重さに耐え切れず、窓を水滴が流れ落ちていく。

「ごめん、僕が悪かったよ」
「…」
「その…なんかキスとかしたくなっちゃって」
「なんかってなんだ」

 痛いところをつかれた。これでもかというほど身体が痛いのに、追い打ちを喰らった気分だ。
 仕方ないじゃないか、くしゃみが出そうな顔に勘違いしてドキっとしたとは口が裂けそうになるまで言えない。
 鈴は寝返りをうって、ぎりぎり目から上だけを布団から出して僕を見ていた。
 よし、ごまかそう。

「ほんとにごめん。鈴がそんなに嫌がるなんて思わなかったんだ」
「なっ!?」
「頭突きするほど嫌だったなんて気がつかなかった」
「や…ちが…!」

 鈴は動揺のあまり言葉の断片をこぼすばかり。もうひと押ししてから引けば、鈴は安堵のあまり怒りなんて忘れてしまうだろう。そう思った。

「…いや、違わないな。たしかに嫌だった」
「え?」

 動揺させられたのは僕の方だった。くぐもった声でこぼした鈴は、憂いが秘められているような真剣な眼差しを一瞬見せ、すぐに伏せてしまった。

「そうだ、あのとき、理樹があたしをただエロの相手としてしか見ていないような気がした…。あたしはそれがつらかった。
 だから頭突きしたんだ。そうか、この痛みはあたしの心の痛みなんだな…」

 鈴はそう言って布団の中に頭まで潜ってしまった。取り残されたしっぽが寂しそうにうなだれている。
 僕はといえば、鈴の言葉が胸に突き刺さって、立ち上がりかけた中途半端な姿勢のままで固まってしまっていた。鈴の口から始めて聞いた明確な拒絶の言葉。
 いままでは、言葉では嫌がりながらも本心では受け入れ、悦んでくれていたのに。いや、それも僕の思い違いだったのだろうか?
 本心から嫌だと思っていても、僕へ想いがそれを我慢させていたんだとしたら…いや、でもあんなに悦んで…実は演技だった?
 疑念と後悔がない交ぜになって頭の中でぐるぐると渦を巻く。溢れた泥水は、涙腺の堤防をあっさりと突き崩して床へと滴った。

「ふふ、少しは反省したか…ってうわっ!?何で泣いてるんだ理樹!」
「ぐずっ…だって、僕がへたくそだ、から、鈴を悦ばせ…だか、愛想を…」
「ばっ、なに…ぅ、あほかぁっ!」
「ばふっ!?」

 顔を真っ赤に瞬間沸騰させた鈴から枕が飛んできて、顔面で受け止めることになった。痛みでツンとした鼻に、鈴の匂いが後からやってくる。

「すぐそっちに持っていくのを直せと言ってるんだ!
 …ばかっ」

 真っ赤な顔のまままくし立てると、また布団を被ってしまった。

「ふぇ?…じゃあ、僕が下手だからってわけじゃ、ない?」
「下手とかわかるかぼけぇ!あたしは、その…      …理樹がぃぃ」

 布団の中からのくぐもった声だけれど、ちゃんと届いた。この気持ちを何と言ったらいいんだろう。いても立ってもいられずに窓を開ける。吹き込んだ風に乗ってきた雨粒が僕の身体を濡らしていく。雨よ降れ!そんなものじゃ僕の熱を冷ませやしないさ!
 迸る衝動のままに僕は叫ぶ。

「いぃやっほーーーーーーう!!あぁいしてるよぉっ、り、ぐべっ!?」
「うっさい!近所迷惑だろっ!!あと寒いわっ!!」

 くずかごの角は痛かった。




「痛いよう、寒いよう」
「ばかなことを言うからだ。反省しろ」
「うう…しくしく」
「つーん」

 後頭部の腫れを三倍程度に増量した僕は、くずかごから飛び散ったごみを拾いなおしていた。泣き真似までして同情を誘っているのに鈴はまた背中を向けたまま、手伝ってもくれない。
 小降りだったから身体はもう乾いていたけれど、結局、終わる頃にはすっかり指先がかじかんでしまっていた。寒さに震える頑張り屋さんの手に、息を吐きかけながら僕は語りかけた。

「ああ、真人、疲れたろう…?僕も疲れたんだ…なんだかとても眠いんだ…」
「何やってるんだお前」
「ネ□とパ○ラッシュごっこ」
「ばかだな。…ほんとーにばかだ。ばーか」

 もうすぐクライマックスを迎えようという僕に対してあんまりな言葉だ。ひとこと文句を言ってやろうと振り向いた僕だったけれど、口をついて出たのは文句ではなく質問だった。

「…なにしてるの?」

 こちらに向き直った鈴は、布団の端を持ち上げて、真っ赤な顔でそっぽを向いていた。



「寒いんだ。早く入れ。
               …ばか」



 雨はまだ降り続き、なかなかやむ気配を見せない。
 だから、あたたかい布団にくるまって、だらだらしよう。きみと。


[No.858] 2009/01/08(Thu) 22:51:59

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 30 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS