[ リストに戻る ]
No.868へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 第24回リトバス草SS大会(ネタバレ申告必要無) - 主催 - 2009/01/08(Thu) 00:13:56 [No.855]
赤い雨が降る - ひみつ@1754Byte 遅刻 20分で書けとかorz ぐろくないよ、ほんとだよ - 2009/01/10(Sat) 22:05:26 [No.878]
MVPしめきり - 主催 - 2009/01/10(Sat) 00:54:00 [No.874]
水溜まりに飛び込んで - ひみつ@とりあえず何か一つ書ければよかった 5550 byte - 2009/01/10(Sat) 00:37:05 [No.872]
[削除] - - 2009/01/10(Sat) 00:19:23 [No.870]
空にも快晴が広がっていた - ひみつ@7258byte - 2009/01/10(Sat) 00:00:30 [No.868]
雨の中の待ち人 - 秘密 @4406byte - 2009/01/09(Fri) 23:58:52 [No.867]
雨の中の待ち人 - 訂正と言ったら訂正なんです - 2009/01/10(Sat) 00:06:30 [No.869]
冬の雫 - ひみつ@7670byte - 2009/01/09(Fri) 23:49:19 [No.866]
鳥が羽ばたく日 - ひみちゅ 4137byte - 2009/01/09(Fri) 23:40:16 [No.865]
[削除] - - 2009/01/09(Fri) 23:22:41 [No.864]
雨のあとに見えたもの - 秘密 @3160byte - 2009/01/09(Fri) 22:21:13 [No.863]
雨後の筍 - ひみつ@8829 byte - 2009/01/09(Fri) 22:03:53 [No.862]
雨の日は部屋で遊べ - 秘密@17854byte - 2009/01/09(Fri) 17:40:45 [No.861]
雨のち晴れたら嬉しいな - ひみつ@8293 byte - 2009/01/09(Fri) 13:42:43 [No.860]
雨ときおりハルシネイション - ひみつ@20374 byte - 2009/01/08(Thu) 23:41:15 [No.859]
雨のひ、ふたり。 - ヒミツ@12168 byte - 2009/01/08(Thu) 22:51:59 [No.858]
最後の涙 - HIMITU@ 8214 byte - 2009/01/08(Thu) 21:22:21 [No.857]
MVPと次回について - 大谷 - 2009/01/11(Sun) 01:30:26 [No.879]
Re: MVPと次回について - west garden - 2009/01/19(Mon) 00:56:25 [No.885]
Re: MVPと次回について - 主催 - 2009/01/19(Mon) 22:53:13 [No.886]


空にも快晴が広がっていた (No.855 への返信) - ひみつ@7258byte

 空にも快晴が広がっていた。見渡してみても立ち並んだ木の上の方、遠くの空に薄白い雲だか朝靄だかが浮かんで見えるだけだった。
 まだ薄暗いマウンドに、鈴が立っていた。糊の利いたスカートが冷たい風にそよいだ。鈴は買ったばかりの制服をいくぶん窮屈そうに着こなし、と思ったら腕まくりしてリボンをむしりとった。背伸びしてグルグル肩を回した。
 覗いたブラウスが眩しかった。土をならすローファーが黒く照り返していた。僕を一瞥し、感触を確かめるように手の中で擦り切れたボールを転がした。
 反動をつけるよう、大きく一歩、後ろに下がった。地面が削れる荒い音がした。薄く土埃が舞って、日差しを浮かび上がらせていた。
 言葉もなく振りかぶる。
 べりり、とブサイクな音がして、「げえーっ!」と「ぎゃあーっ!」が交じった奇っ怪な悲鳴が鈴の口から飛び出た。脇の下からブラウスが覗いていた。


 拗ねて引きこもった鈴をなだめてやっと連れ出したと思ったら、みんなもう集まっていて、僕らの着席を待っていた。食堂には思ったよりたくさんの人がいて、一斉に注目されるとちょっとたじろぐ。ジャージの鈴は想像通り浮きそうで、追い討ちのように小毬さんがブンブン手を振るものだから、鈴は僕の背中に隠れてしまった。
「全員揃ったか? 揃ったみたいだな」
 そそくさと僕らが席に着くと、マイクを通した恭介の声が食堂に響いた。
「みんな、今日は俺のために集まってくれてありがとう!」
 途端にブーイングが起こる。野次が飛び、怒号が飛び、物が飛び、それでも恭介が涼しげなものだから段々みんなエスカレートして、鈴は上履きを飛ばした。やがて葉留佳さんが投げた卒業証書の筒を鼻先に受けて、恭介は苦悶に呻いてしゃがみこんだ。
「俺はスポンサーだぞ!? 分かってんのかてめーら!」
 その言葉に血気盛んな男子生徒がブルジョア討つべしとみんなを扇動しだして、チョコバットの長いやつがゲバ棒として持ち出され始めたころ、向かいに座った女子が鈴に話しかけてきた。
「棗さん、制服じゃないの?」
 せっかく新しいの買ったのにねえ、と小毬さんが同調する。
「ピシッとしててカッコよかったのに。あたしも新しいの買えばよかったかなあ」
「まあ三年も着てたらそうなっちゃうよ」
 別の女子がため息をついて、袖口のほつれた糸をいじった。これで野球なんてしてたらなおさらだ。
 鈴は顔を真っ赤にして僕を見たけれど、
「直枝! お前も投げろ!」
 と水風船を渡され、構ってあげられなかった。野球で鍛えた腕を見込まれたとあっては黙ってられない。横目に、鈴が勝手に2リットルのペットボトルを開けてコップに注ぎ飲み干すのが見えた。恭介は十字砲火に晒されスーツを水浸しにしていた。水風船は寮生男子の後頭部を誤爆して盛大に破裂した。
 次々命中弾が放たれてるのを見ると、なんか悔しい。追加を探そう。
 席を立つ。
「直枝くん、調子乗りすぎ。いい加減にしたら?」
「え、あ、うん。ごめん」
 鈴と話してたと思った女子に諌められて、釈然としないながらも席に着いた。鈴はまたジュースを飲み干した。それからチラッと僕の顔を窺った。
「……ぎょーぎよく真面目なんて、あたしには無理だ。制服は捨てた」
 それでジャージってどうなのさ。
 つっこむより早く、女子たちが歓声をあげる。
「鈴ちゃん、かっくい〜!」
 小毬さんがぎゅーっ、と鈴を抱きしめる。
「やっぱり棗さんってハードボイルドだよね〜」
 いったいどの辺がやっぱりなのさ?
 思わず尋ねそうになったとき、肩を叩かれた。
「な、直枝くん、いま、いい?」
 振り向くと、同じクラスの……杉下? 杉山? さんが、余白のページを開いたアルバムとマッキーを抱いていた。遠慮がちに差し出される。その後ろでは空気を入れるべきサイズの風船になみなみと水が詰め込まれているところだった。
「あれ? 寮生……だったっけ?」
「え? えっと、違うけど、誘われて……」
 そう言って遠くのテーブルを指差す。けれど、僕には誰を指しているのか分からなかった。
 他の人たちの書き込みに倣って、メールアドレスと当たり障りないメッセージを書く。
「……ありがとう。卒業おめでとう」
「うん。おめでとう」
 彼女は次は隣の鈴に話しかけていた。鈴は話の腰を折られて明らかに不愉快がっていたけれど、アルバムを見ると顔を明るくした。小毬さんたちも飛びつく。こういうのに女子は食いつきがいいなあ、と思った。
 突然酷いハウリングがして、みんな驚いて静まり返った。
「さて、余興はここまでだ!」
 恭介の素の声がした。
 ん? と、恭介の表情が曇った。水を滴らせる前髪がなおのことその顔を暗く見せた。
 トントン。マイクを叩くが、変化はない。かちゃかちゃスイッチを切り替えているけど、うんともすんとも言わない。
 しかし恭介は何事もなかったかのように懐にマイクを収め、
「じゃあ、今日の主役! の中の主役に挨拶してもらうか!」
 そう言った。
 こーわしたーこーわした! とみんなが手拍子して囃し立てる。
「ちょ、ちょっと待て! お前らが風船投げるからだろ!」
 恭介が今度こそ狼狽している。いや、間違いなく怒られるのはみんななんだけど。恭介含めて。
「ええい、乾けば直る! 心配するな!」
 やけっぱちに怒鳴って、オーディエンスを黙らせる。
 そして、僕を手招きした。
「理樹、ここ来て挨拶しろ!」
 と。
 そっか、そうきたかあ。考えてもみなかったよ。
 鈴に背中を叩かれて、というか半分突き飛ばされて、みんなの前に出てきてしまった。
 さっきとは打って変わって、みんな真面目に僕の顔を注視している。鈴はクッキーをつまみ食いしている。
 ほれ、早くしろ、と恭介に肘で小突かれる。これなら水風船のほうがマシじゃないか。
「……えー、本日はお日柄もよく、天気にも恵まれまして」
「ここんとこずっとだけどなー!」
 茶々をいれられる。
 うん、なんか最近全然雨降らないんだよね。おかげでダムの貯水率がヤバイらしいね。雪解け水も期待できなくて、早くも水不足の危機だとか。困っちゃうね、ほんと。
 恭介にまたげしげしされて、我に返った。
「お前が言いだしっぺだろ。こういうのも責任だぞ」
 なんでこう、やる気の出なくなる言い方をするやら。頭を掻いた。大勢で明るく楽しくできたらいいって思っただけなんだけど。
 腹を括るしかないんだろうか。
 声が小さいとまた何を言われるかわかったもんじゃない。唾を飲み込んで、おなかに力を込めた。


 夕焼けが目に染みた。これだけ見事だと、明日も晴れることだろう。
 寮の前には人だかりができていて、三々五々、お別れの挨拶などしながら、荷物を抱えて校門に歩いていく。
 僕と鈴はまだ下宿の準備ができていない。先生に頼み込んで、もう少しだけ残らせてもらうことになっている。なんだか後ろめたくて近づく気になれない。三年追い出し会も終わったというのに、間抜けだ。
「雨、降るといーな」
 隣に立つ鈴が、退屈そうにジャージのジッパーを上下させながら、そう言った。
「ダムの上だけ降ってくれるといいね」
「うん」
 それで会話は途切れた。二人でぼんやりと校庭の方を眺めた。晴れ続きのせいか、桜はもう咲いているけれど、夕日に染まってよく見えなかった。
「いや、やっぱこっちに降ってほしい」
 鈴が呟く。
「なんで?」
「……埃っぽいの、嫌いだから」
「あ、そ」
 まあ、確かにたまには降ってくれないと困るかもしれない。晴れ続きじゃダメなこともある。そういうふうにできてるものだ、なんでも。
 ぼす、と頭に何かが乗った。
「二人とも、おめでとう」
 恭介だった。
「なんだおまえ。女の子の相手はいーのか?」
「そうだよ。せっかくなんだから相手してあげればいいのに」
 僕と鈴がそんなことを言うと、恭介はさすがに疲れたように苦笑した。
「着替えなくて大丈夫なの?」
「あるか、んなもん」
 まあそうだよね、と納得して一人頷いた。
「暇なら付き合えよ」
 そう言って、僕と鈴にグローブを配った。
「結構残ってくれるみたいだぞ?」
 そう。良かった。
「言いだしっぺは恭介だからね」
「分かってるさ。任せとけ」
 三人、並んで歩いた。僕らの前に長い影が伸びた。懐かしいな、と思ったら、見た瞬間分かる真人と謙吾の足が立っていて、視線を上げると同時、僕らの手を掴んだ。
 グラウンドには大勢の人がいて、賑やかだった。思い思いにキャッチボールなどしている。真っ赤なボールの影が遠くの地面をいくつも行き交っては落ちた。
 それでも空はまだ青さを残していて、やっぱり晴れ渡っていた。


[No.868] 2009/01/10(Sat) 00:00:30

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 30 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS