[ リストに戻る ]
No.890へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 第25回リトバス草SS大会(ネタバレ申告必要無) - 主催 - 2009/01/19(Mon) 22:55:58 [No.887]
来ヶ谷唯湖の悩み事相談室 - ひみつ@9137byte@ちこくー - 2009/01/24(Sat) 17:04:15 [No.903]
チャイルドフッド - ひみつ@9072 byteしめきられたのです - 2009/01/24(Sat) 00:59:18 [No.901]
MVPしめきり - 主催 - 2009/01/24(Sat) 00:23:11 [No.900]
始まりの日 - ひみつ@15087バイト - 2009/01/24(Sat) 00:05:15 [No.899]
始まりの日(一字修正) - Foolis - 2009/01/25(Sun) 05:24:59 [No.906]
砂浜のこちらがわ - ひみつ@12638byte - 2009/01/24(Sat) 00:00:52 [No.898]
最果て―sai-hate― - ひみつ@1353 byte考察には値しない - 2009/01/23(Fri) 23:50:12 [No.897]
月の彼方 - ひみつ@ 9365 byte - 2009/01/23(Fri) 22:40:48 [No.896]
[削除] - - 2009/01/23(Fri) 22:08:43 [No.895]
コジロー - ひみつ@6650 byte - 2009/01/23(Fri) 21:14:09 [No.894]
哲学者の憂鬱 - ひみつ@ 3093 byte - 2009/01/23(Fri) 20:12:25 [No.893]
西園美魚の排他的友情概論 - ひみつ@19628 byte - 2009/01/23(Fri) 18:57:43 [No.892]
マグメルに至る道 - ひみつ@12122byte - 2009/01/23(Fri) 17:21:46 [No.891]
哀愁の鈍色スパイラル - ひみつ@5849 byte - 2009/01/23(Fri) 15:10:53 [No.890]
見事なる筋肉の躍動が世界を覆い尽くした後の世で - ひみつ@7972byte - 2009/01/23(Fri) 10:03:09 [No.889]
MVPとか次回とか - 主催 - 2009/01/25(Sun) 01:33:44 [No.904]


哀愁の鈍色スパイラル (No.887 への返信) - ひみつ@5849 byte

「なんてことだ」
 鞄を逆さにして、中身を振り落とす。ばらばらばら。筆入れ、クリアファイル、教科書類。どうでもいい。どかす。現文のノート、英語のノート、数学のノート……肝心の、生物のノートが見当たらない。
「なんて……ことだ……」
 明日は、生物の授業はない。別に今日宿題が出来ずともなんとかなるし、そもそも生物は宿題が出ていない。
 僕は、立つ。立たねばなるまい。
「ふっふっ……お? 理樹、どっか行くのか?」
「ちょっと……愛を、取り戻しに」
「おう、そうか。頑張れよー。ふっふっ」
 腕立てと腹筋を同時に行う新トレーニングに精を出す親友へ、心中で同じ言葉を送った。



 校舎に着いたまではいいが、真夜中であることを失念していた。暗い。当然鍵はかかっていなかったので、そのまま上がり込む。
「静かだなぁ」
 静かすぎて、別に恐くはならない。寂しいとは思ってやってもいいかもしれない。さっさと用を済ませて、部屋に帰ろう。僕は、回り道しながら教室を目指す。
 道中、謎の生命体に遭遇した。真人みたいに大きい。僕はおもわず、畏まってしまった。
「ど、どうも、こん」
 ばぁん。
 たぶん、銃声。きっと、銃声。僕は勢いよく振り返る。自覚できるくらいには勢いがあったと思う。
 変な仮面付けた、鈴みたいな髪型の、鈴みたいにちっこい人が銃を構えて立っていた。ぱっと見、鈴程度には女の子っぽい。つまり女子の制服を着ていた。
 また銃声。銃声の向こうで、鈴の音。近くで、重たい音。真人みたいに大きな謎の生命体が、倒れ伏せていた。
「手強い相手だった。だが死ぬ時は一瞬だ」
 仮面の人が、こっちに歩いてくる。鈴みたいな歩幅だった。僕の目の前で止まって、見上げてくる。仮面の、細い切れ目の向こうにある瞳は――。
「あたしは……えーと、あれだ。名前はまだない」
「はあ、どうも。2年の直枝理樹です」
「こんな時間に、こんなところで何をしている」
「ちょっと、愛を取り戻しに」
「愛ィィィィ!」
 いきなり叫ぶもんだから、びっくりした。なんだか悶え苦しんでいる。おさまった。
「ちょっとした発作だ。気にするな」
「はあ。じゃあ、僕はこれで」
 このまま付き合っていたら、夜が明けてしまいそうな予感に襲われた。そういうわけにはいかないのだ。なんとか夜のうちに、目的を達成しなければならない。回り道に戻らなければ。
「待て」
 待たないよ。
「止まらなければ、撃つ」
「なんでしょうか」
 死ぬわけにも眠りに落ちるわけにもいかないとしたら、僕はいったいどうすべきなのか。ただ、そこに立ち止まるばかりだ。
「おまえは、愛ィィィィ! を取り戻せると思っているのか?」
「そもそも愛ってなんでしょう」
「あたしが知るか、ぼけ」
 僕は、何を取り戻そうとしているのだろう。なぜ取り戻そうとしているのだろう。そもそも取り戻せるようなものなのだろうか。何もかもわからない。代わりに、わからなければいけないとも思わない。
 仮面っ子はぷい、と背を向けて歩き出した。こつこつこつ。よくわかんないけど、見逃してもらえたのだろうか。と思ったら立ち止まった。
「おまえの言う、愛ィィィィ! が何なのか、あたしは知らん。知らんが」
 くるりと、舞うように振り返る。つられて、髪の房が躍り、鈴が鳴った。聴き覚えのある光景。見覚えのある音。頭が痛くなってくる。
「それは、きっと」
「僕には、あなたのほうがよっぽど分からない」
「幻で、幻想で、まやかし。なんですよ〜」
 まるで無視。ひどいもんだ。
 窓の外から、月明かりがタイミング良く都合良く射し込んで、彼女の星飾りを煌めかせた。少し離れたそこから、僕を見つめている。本当に僕を見ているのだろうか? だって、その仮面の向こうは――。
「覚えてないんだよね?」
「でも、それは、確かにあったはずなんだ」
「思い出せないんだよね?」
「でも、それは」
 なら、それは。と、彼女は言う。
「幻と、幻想と、まやかしと。なーんにも変わらないよ」
 ふわふわと柔らかなその声は、まるで突き刺さるかのように。例えば、もらったワッフルの中に針が仕込まれていたとしたら、きっとこんな風に。いたい。
「だから、ね。忘れちゃいなよ、ゆー」
 覚えていないのに、思い出せないのに、何を、いったいどうやって、忘れろというのだろう。訊いたって、答えてはくれないくせに。ただ、そうすることだけを僕に求めて。
 僕は、問うた。
「あなたは、誰なんだ」
 月明かり。
「理樹くん、本当はもう気付いてるんじゃないデスカ?」
 へんてこツーテールが。
「リキは、気付かない、わからないフリをしているだけなのです」
 帽子とマントが。
「逃げ腰の直枝さんがアリだというのは間違いないのですが」
 白い日傘が。
「いつまでもそのままでいられてもね。報われないのだよ、少年」
 おっぱいが。
 入れ替わり、立ち替わり。しかしたった一人の、仮面の少女が。励ましでも助言でも、ましてや罵声でもない。僕に何かを伝えようとしている。何も伝えようとしていない。
「あなたは、誰なんだ」
 鈴の音が聴こえる。
「早く戻ってこい、理樹」
 からん、と音を立てて仮面が落ちた。



「起きたか」
「……」
 鈴の見慣れた顔。
「バカが、理樹がもどって来ないって騒いでたんだ。そんで、さがしてた」
 こんなところで、何してたんだ? 鈴の顔はそう言いたげで、僕は答えるかわりに起き上がった。僕の顔を覗き込んでいたらしい鈴に頭突きをかます結果となる。
「な、なにすんじゃボケー!」
 怒りはするけど、手は出ない。両手でぶつけた額を押さえているからだ。足も出ない。どうしてなんて、知るはずがない。
 ごめんごめん、と軽く謝りつつ見回すと、ここは学校の廊下だった。真っ暗でびっくりする。
「いつものあれか?」
「ああ、うん……たぶん」
 不思議な気分だった。僕はまだ眠っているのではないだろうか。そんな気がする。鈴の手を握る。ちっこくて温かくて、確かにそこにある。はっきりしている。でも僕は、まだ疑いを拭うことができない。僕はまだ眠っているのではないだろうか。
「どうした」
「なんでもないよ」
 鈴はどうしてここにいるのだろう、と思った。訊くと、猫だ、とそれだけ返ってきた。
「猫?」
「白猫。ここらへんじゃ見かけないから」
「ふーん」
 そいつが校舎に入っていくのを見かけたんだろう。結局僕より猫優先なのが間違いなく鈴で、安心する。ああ、鈴だ。僕は起きている。
「ほら、いつまでも座ってないで立て。帰るぞ」
 うん、と頷く。立ち上がると、手を離してさっさと歩いてしまったので、ふりふりと振れるしっぽを追った。ふいに、馬鹿なことを訊いてみようかと思った。寝起きの戯言だからたぶん許してくれるだろう。
「ねえ、鈴。愛ってなんだと思う?」
「理樹がバカになった!」



 恭介が帰ってきて、野球やるぞとか言い出して、それに振り回されて、それが楽しくて。
「なんてことだ」
 そんなある日の夜に、僕は寮の自室で鞄を開くのだ。真人は逆立ちしながらスクワットしている。
「なんて……ことだ……」
 鞄の中身は、見事に――。


[No.890] 2009/01/23(Fri) 15:10:53

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 30 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS