[ リストに戻る ]
No.1104へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all EM石けんの鹸化価と鹸化率 - ふらっぱ - 2009/02/25(Wed) 11:02:47 [No.1097]
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 - ミミカ - 2009/03/05(Thu) 04:24:08 [No.1104]
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 - ふらっぱ - 2009/03/10(Tue) 16:41:43 [No.1106]
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 - ミミカ - 2009/03/12(Thu) 04:20:57 [No.1108]
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 - ふらっぱ - 2009/03/13(Fri) 09:49:06 [No.1109]
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 - penko - 2009/03/05(Thu) 12:45:27 [No.1105]
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 - ふらっぱ - 2009/03/10(Tue) 16:53:43 [No.1107]
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 - 番頭ハマ - 2009/02/26(Thu) 13:06:15 [No.1100]
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 - ふらっぱ - 2009/02/26(Thu) 19:02:52 [No.1101]
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 - 番頭ハマ - 2009/02/27(Fri) 19:22:43 [No.1102]
いろいろありがとうございます。 - ふらっぱ - 2009/02/28(Sat) 11:09:17 [No.1103]


Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 (No.1097 への返信) - ミミカ

ふらっぱ 様 初めまして。
私は廃油石鹸を作る時は、廃油100gに対して
苛性ソーダ15gにしています。
我が家の廃油も、大豆油と菜種油が主ですので、本来
大豆油の苛性ソーダ換算値は、油脂100gに対して、13.7g、
菜種油は12.4gです。平均すると13gで良いのですが、
それでも15gにしているのは、洗浄力を高める為と、
熟成期間が少なくても、溶け崩れの少ない泡立ちの良い石鹸にする為です。

EM関係者の方が、廃油石鹸のレシピを書くと、
何回も作った訳ではなく、取りあえず、泡立つ石鹸が出来たって事で、
苛性カリに対しての鹸化価、苛性ソーダに対しての換算値、
鹸化率(ディスカウント率)の知も無く、
アバウトな数値を書かれているのでは無いかと
私も、前々から感じています。

廃油では無く、新油で手作り石鹸を作る場合、
苛性ソーダ換算値の量より少し減らすと、
油脂が全部石鹸にならず、油脂状態のままで(余剰油脂)、
保湿性が高まりますので、わざと苛性ソーダを少なくするのです。
よく売られている新油での手作り石鹸の場合、
苛性ソーダ換算値より10〜15%少ないのがほとんどです。

撹拌作業中に飛び散って皮膚にふれた場合「EMをスプレーして中和せよ」
と言うのは、間違って無いですが、中和させるのは、EMでなくても、
お酢、レモン汁、クエン酸等、酸性の物ならなんでも良いのです。
石けん生地を水で洗い流すだけでも良いのです。
EM関係者が書くと、酸性の物=EMの書き方になったのでしょう。

苛性ソーダとの反応によってEM菌がどうなってしまうのか、と
私も思っていますが、EM入りの石鹸を作って、毎日使っていると、
排水口の黒ずみやヌメリが少なくなり、排水口から逆流するドブの様な
ニオイもしなくなったので、EM効果は健在かなと思っています。


[No.1104] 2009/03/05(Thu) 04:24:08

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 30 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS