[ リストに戻る ]
No.1097に関するツリー


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

   EM石けんの鹸化価と鹸化率 - ふらっぱ - 2009/02/25(Wed) 11:02:47 [No.1097]
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 - ミミカ - 2009/03/05(Thu) 04:24:08 [No.1104]
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 - ふらっぱ - 2009/03/10(Tue) 16:41:43 [No.1106]
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 - ミミカ - 2009/03/12(Thu) 04:20:57 [No.1108]
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 - ふらっぱ - 2009/03/13(Fri) 09:49:06 [No.1109]
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 - penko - 2009/03/05(Thu) 12:45:27 [No.1105]
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 - ふらっぱ - 2009/03/10(Tue) 16:53:43 [No.1107]
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 - 番頭ハマ - 2009/02/26(Thu) 13:06:15 [No.1100]
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 - ふらっぱ - 2009/02/26(Thu) 19:02:52 [No.1101]
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 - 番頭ハマ - 2009/02/27(Fri) 19:22:43 [No.1102]
いろいろありがとうございます。 - ふらっぱ - 2009/02/28(Sat) 11:09:17 [No.1103]



並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
EM石けんの鹸化価と鹸化率 (親記事) - ふらっぱ

はじめまして
ここ数年
EM廃油石けんを作っています。

手作り石けんをいろいろな文献で勉強していると
廃油は主にもともとは大豆と菜種の油です。
鹸化に必要な苛性ソーダの量は本来、油100に対してソーダは15(いずれも単位はグラム)で多いくらいです。
しかし、EM廃油石けんのレシピはどれをみても鹸化率が120パーセントくらいで、
上記の割合を大きく上回っています。

これはなぜなのでしょうか。

EMが酸性であることが関係していますか?


[No.1097] 2009/02/25(Wed) 11:02:47
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 (No.1097への返信 / 1階層) - 番頭ハマ

ふらっぱさんはじめまして。私は廃油石鹸を作ったことがないのでここで納得できる回答を持ち合わせてないのですが、普段のEM活用においては、これは絶対に失敗するとか間違いだと方法もなかなか見当たりませんから、EMが酸性であるかどうかはたぶん問題ではないと思います。

非常に都合のいい勝手な考え方ですが、環境や人体に悪い影響を与える化学反応をEMは抑えてくれます。二つの異なる液体を混ぜあわせるといった界面活性効果もあります。

単純に廃油臭さが残らないように高めにしているということはないでしょうか。色々割合を試してみてこれはダメだというのがあったらぜひともご案内くださいませ。


[No.1100] 2009/02/26(Thu) 13:06:15
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 (No.1100への返信 / 2階層) - ふらっぱ

初めまして
返信ありがとうございます。

> 単純に廃油臭さが残らないように高めにしているということはないでしょうか。

そのとおりなんです
ただ、それなら油をソーダによって鹸化させる割合を100パーセントに設定すればよいと思うのです。

廃油は、使用する油の種類によって必要なソーダの量が違います。
おおまかには大豆と菜種の油です。
そのどちらをとっても、
本当は油対ソーダは100対14で足りてしまうのです。

廃油石けんのレシピはどれをみても鹸化価や鹸化率について根拠と共に記述しているものが見つからず、
見つけた書籍はEMではなくごく普通の廃油石けんで
ようやく100対15の数字をみたのです。

それとくらべて
EM廃油石けんのレシピはソーダの量がずいぶん多い。

しかも、まだ固まっていない刺激が非常に強い状態(アルカリ性)の石けん生地が
撹拌作業中に飛び散って皮膚にふれた場合、「EMをスプレーして中和せよ」
というレシピがありました。
ま、このレシピの信憑性の問題がありますが‥…

ここにきて
EM石けんを作るにあたり、
苛性ソーダとの反応によって菌はどうなってしまうのかという疑問や
最初にレシピを示した方は、なぜ、このような割合にしたのか

調べれば調べるほど深みにはまっています。

ただいま、
100対15に近い割合のEM廃油石けんを熟成中です。

三月の下旬に蔵出しなので
そのころまた使用感を報告したいと思います。


[No.1101] 2009/02/26(Thu) 19:02:52
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 (No.1101への返信 / 3階層) - 番頭ハマ

ふらっぱさんこんばんは。

サイトのリンクにあるのでご覧になったかも知れませんが
手作り石鹸といえば「かおちんさん」のHPが参考になる
のではないかと思います。

http://natural-eco.holy.jp/


EM石鹸を発売しているシャボン玉石鹸に質問してみるのも
ひとつの手かも知れませんね。

色々調べて実際にご自分で試してみてまた報告ください。
出来た石鹸の使い具合のモニターならいつでも手を上げ
ますからご連絡ください。


[No.1102] 2009/02/27(Fri) 19:22:43
いろいろありがとうございます。 (No.1102への返信 / 4階層) - ふらっぱ

かおちんさんのHPのぞいてみました。
かなりこっている方で
ソーダの量は基本的に押さえる(廃油も新品油も)考え方のようですので、
こちらの疑問には回答は期待できなさそうでした。


> 出来た石鹸の使い具合のモニターならいつでも手を上げ
> ますからご連絡ください。


心強いです。
自分で手に負えないときはお願いするかもしれません
よろしくお願いします。


[No.1103] 2009/02/28(Sat) 11:09:17
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 (No.1097への返信 / 1階層) - ミミカ

ふらっぱ 様 初めまして。
私は廃油石鹸を作る時は、廃油100gに対して
苛性ソーダ15gにしています。
我が家の廃油も、大豆油と菜種油が主ですので、本来
大豆油の苛性ソーダ換算値は、油脂100gに対して、13.7g、
菜種油は12.4gです。平均すると13gで良いのですが、
それでも15gにしているのは、洗浄力を高める為と、
熟成期間が少なくても、溶け崩れの少ない泡立ちの良い石鹸にする為です。

EM関係者の方が、廃油石鹸のレシピを書くと、
何回も作った訳ではなく、取りあえず、泡立つ石鹸が出来たって事で、
苛性カリに対しての鹸化価、苛性ソーダに対しての換算値、
鹸化率(ディスカウント率)の知も無く、
アバウトな数値を書かれているのでは無いかと
私も、前々から感じています。

廃油では無く、新油で手作り石鹸を作る場合、
苛性ソーダ換算値の量より少し減らすと、
油脂が全部石鹸にならず、油脂状態のままで(余剰油脂)、
保湿性が高まりますので、わざと苛性ソーダを少なくするのです。
よく売られている新油での手作り石鹸の場合、
苛性ソーダ換算値より10〜15%少ないのがほとんどです。

撹拌作業中に飛び散って皮膚にふれた場合「EMをスプレーして中和せよ」
と言うのは、間違って無いですが、中和させるのは、EMでなくても、
お酢、レモン汁、クエン酸等、酸性の物ならなんでも良いのです。
石けん生地を水で洗い流すだけでも良いのです。
EM関係者が書くと、酸性の物=EMの書き方になったのでしょう。

苛性ソーダとの反応によってEM菌がどうなってしまうのか、と
私も思っていますが、EM入りの石鹸を作って、毎日使っていると、
排水口の黒ずみやヌメリが少なくなり、排水口から逆流するドブの様な
ニオイもしなくなったので、EM効果は健在かなと思っています。


[No.1104] 2009/03/05(Thu) 04:24:08
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 (No.1104への返信 / 2階層) - penko

はじめまして

私は、昨夏に所謂「EMインストラクター資格者」から
廃油石けんの作り方を講習してもらう機会がありました。
その時の印象では、化学的な知識があるわけではなく
ただ本部のレシピの数値を順守しているだけのようでした。

> 苛性カリに対しての鹸化価、苛性ソーダに対しての換算値、
> 鹸化率(ディスカウント率)の知も無く、
> アバウトな数値を書かれているのでは無いかと
> 私も、前々から感じています。


その時に「石けんレシピが変更されたばかりで
手順も少し変わった。この作り方で教えたのは
まだ数回しかない」ような事を仰っていました。

EM研究機構でダウンロードできるPDFも新しくなっていて
そちらをご覧いただくとわかると思いますが
鹸化率は、おおよそ100%に減らされています。

この新レシピになって日が浅い為に
ネットで検索できる情報では、EM廃油石けんの鹸化率が
高いままの数値で作成されている方が多いのだと思います。


[No.1105] 2009/03/05(Thu) 12:45:27
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 (No.1104への返信 / 2階層) - ふらっぱ

コメントありがとうございます。

> それでも15gにしているのは、洗浄力を高める為と、
> 熟成期間が少なくても、溶け崩れの少ない泡立ちの良い石鹸にする為です。


廃油石けんに使うソーダの割合は、
今井龍弥さんの『肌にも環境にもやさしい手作り美肌石けん』で100対15の割合が示されていますが、根拠がいまいち弱いです。

「ukiukiせっけんライフ」というサイトでも廃油石けんに関しては100対15です。
ここでは、「廃油のなかの不純物などをアルカリで分解するため」だそうです。

過剰なアルカリは、石けんの熟成期間中に空気中の二酸化炭素と反応して「炭酸塩」という、普段は石けんの洗浄力を高めるために添加されている物質にかわるそうです。(俗に「ソーダ灰」などと呼ばれているもの)

以上から、洗浄力の高い石けんになることはどうやら想像することができ、
代わりに、EMの効果がぼやけてしまいました。


> 撹拌作業中に飛び散って皮膚にふれた場合「EMをスプレーして中和せよ」
> と言うのは、間違って無いですが、
> EM関係者が書くと、酸性の物=EMの書き方になったのでしょう。


私は、これを見たとき、石けんを作るにあたり
もしかしたらEMが酸性であるからアルカリが余計にいるのかもしれないと妄想していました。

> 苛性ソーダとの反応によってEM菌がどうなってしまうのか、と
> 私も思っていますが、EM入りの石鹸を作って、毎日使っていると、
> 排水口の黒ずみやヌメリが少なくなり、排水口から逆流するドブの様な
> ニオイもしなくなったので、EM効果は健在かなと思っています。


私は同時に台所でEM発酵液自体を
スプレーやら食器洗いのつけ置きとして使って流しているので、
石けんの効果を確かめられずにおります。

なかなか疑問はつきませんが、
廃油石けんが私の暮らしを豊かにしていることには変わりなく、
EM発酵液をつかえば、精製水を買う必要がなくて便利ですから、(ミネラルが心配ですが)
今しばらくEMで石けんを仕込もうと思っています。


[No.1106] 2009/03/10(Tue) 16:41:43
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 (No.1105への返信 / 3階層) - ふらっぱ

はじめまして
コメントありがとうございます。
>
> EM研究機構でダウンロードできるPDFも新しくなっていて
> そちらをご覧いただくとわかると思いますが
> 鹸化率は、おおよそ100%に減らされています。
>
> この新レシピになって日が浅い為に
> ネットで検索できる情報では、EM廃油石けんの鹸化率が
> 高いままの数値で作成されている方が多いのだと思います。


見てきました!
確かにソーダの割合が100対15に!!
手順も一般の手作り石けんに準じたものにかわっていました。
さらにセラミックスパウダーもオプション扱いに!

びっくりです。
笑いが出てしまったほどです。
私、ものすごくがんばって本読んだりネットで調べたり、
あちこち質問したり、
計算機かちかちやったりしたのに!!(笑)

子供たちの保育園から頂いている廃油がたくさんあるので
また作ります

しかし、
苛性ソーダ500グラムで買ってるから
50グラム余るの面倒(笑)

でも油と水分増やしたら、
型につかう牛乳パック四本あふれますよね

EM研究機構さんの苦悩が垣間見えました(爆)


[No.1107] 2009/03/10(Tue) 16:53:43
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 (No.1106への返信 / 3階層) - ミミカ

>過剰なアルカリは、石けんの熟成期間中に空気中の二酸化炭素と反応して「炭酸塩」という、
>普段は石けんの洗浄力を高めるために添加されている物質にかわるそうです。
>(俗に「ソーダ灰」などと呼ばれているもの)
これは少し違うと思います。新油で鹸化率90%で作っても、
気温が10度以下の時に、石けん生地を1.2日保温しないとソーダ灰が付きます。
ディスカウント率(余剰油脂)10%な訳で、
過剰なアルカリなど有るハズはありません。
石鹸の表面にソーダ灰が付く時は、保温が十分でなく、
油脂と苛性ソーダが反応して鹸化する前に、
苛性ソーダと空気中の炭酸ガスとが反応して、
炭酸塩(炭酸ソーダ)となり、石鹸の表面に付いた物です。

>精製水を買う必要がなくて便利ですから、(ミネラルが心配ですが)
心配は要りません。
ukiukiせっけんライフさんのHPで、ミネラルは油脂の酸化を早めると言うのを
読まれての事ですね。普通の日本の水道水で、相当な硬水は存在しません。
日本内の湧き水や井戸水でも大丈夫です。
それよりも、水道水のカルキ(塩素)の残留の方が問題かと感じています。
EM発酵液を作られる時の水は、EMXセラミックスを浸け、
カルキ抜きをしてから、お使いになる方が良いかと思います。
ここの掲示板の過去ログに、詳しいカルキ抜きの方法が書かれてますので
参考にして下さい。

ukiukiせっけんライフ様の書いておられることは、
これは合ってると思うことも有り、これは違うんじゃ無いかと思うことも有ります。
NETのHPや掲示板は、誰でもが自分の思うことを書いてるだけで、
その情報が正しいとは限っていません。私が今書いてる事も
正しいのでは無く、私が感じてる事を書かせて頂いております。

>しかし、苛性ソーダ500グラムで買ってるから
>50グラム余るの面倒(笑)
>でも油と水分増やしたら、
>型につかう牛乳パック四本あふれますよね
油と水分を増やさなくても、牛乳パック四本には入らないと思います。
牛乳パック四本は4リットルな訳で、どんなに多目に入れても
50ml増がせいぜいです、それ以上入れたら、口がふさげないです。
口を開けたまま、熟成させるには危険です。

油脂3.3L、EM液1L、苛性ソーダ450g(450ml)の合計は
4.75Lで、それにEMセラミックスパウダーも入れると
4.85Lになります。牛乳パック4本は4L。
多目に入れても1050ml×4=4200ml=4.2Lです。
元より入りきらないと思います。

苛性ソーダが多いと、トレース(マヨネーズ状になった状態)が早くなるので、
時間制限のある、EM廃油石鹸作りの講習会では、
時間内に型入れして終わらせないといけないので、
苛性ソーダを多くしたのかもしれないと、
ふらっぱ様の書き込みを見てから、今になって想像しています。

私が感じた事を書かせて頂いております。
EMや石鹸作りには、1+1=2の様に、
答えは1つだけと言う物は無いと思いますので、
どなた様の考えや感じ方を、非難する物ではありません。


[No.1108] 2009/03/12(Thu) 04:20:57
Re: EM石けんの鹸化価と鹸化率 (No.1108への返信 / 4階層) - ふらっぱ

> これは少し違うと思います。新油で鹸化率90%で作っても、
> 気温が10度以下の時に、石けん生地を1.2日保温しないとソーダ灰が付きます。
> ディスカウント率(余剰油脂)10%な訳で、
> 過剰なアルカリなど有るハズはありません。
> 石鹸の表面にソーダ灰が付く時は、保温が十分でなく、
> 油脂と苛性ソーダが反応して鹸化する前に、
> 苛性ソーダと空気中の炭酸ガスとが反応して、
> 炭酸塩(炭酸ソーダ)となり、石鹸の表面に付いた物です。


廃油石けんは基本的にディスカウントせず、アルカリを過剰にするので、
保温してもソーダ灰は「つくことがある」ということです。
実際に作っていても、(特にEM石けん当初のレシピは鹸化率112パーセント以上ですから)室温20度前後でも粉吹きます。

保温がとれずに結果としてできるソーダ灰は、
その時点で、分量の割合的なものではない原因でできているため、
比較の対象にはむかないのではないでしょうか。


> 普通の日本の水道水で、相当な硬水は存在しません。
> 日本内の湧き水や井戸水でも大丈夫です。


ukiukiせっけんライフで書かれていることは
薬学博士として責任を果たせるよう、科学的な根拠から言及されています。
小さな可能性を無視しないのが、その科学者の性格ですから、
それほど過剰に反応せずともよいかと思います。
それでも、人に話すときは
どの手作り石けんの本も、「精製水が無難である」と、断定をさけてかかれているのは、やはり、人為的、環境的両面からにおける小さな可能性を無視していないということではないでしょうか。


> 油と水分を増やさなくても、牛乳パック四本には入らないと思います。

これは不思議な話ですが、
私は今までパウダーを入れずに作っていたのですが、
入るんです、四本で!
やってみて下さい。笑えます。


> 苛性ソーダが多いと、トレース(マヨネーズ状になった状態)が早くなるので、
> 時間制限のある、EM廃油石鹸作りの講習会では、
> 時間内に型入れして終わらせないといけないので、
> 苛性ソーダを多くしたのかもしれないと、
> ふらっぱ様の書き込みを見てから、今になって想像しています。


私は別の見解です。

以前のレシピ油3.3リットル、苛性ソーダ500グラム、EM液1リットルは
よく見ると単位が違います。
基本的に廃油石けんのレシピでは、
油:ソーダは100:15
しかしこれはあくまで、油もソーダも「単位がグラム」です。
ここまで書くと悪い予感がしませんか?

3300:500は約100:15です。

単位を間違えていたのではないでしょうか

実際、油をグラム換算するには
油の容積(cc)×0.9=油の重量(グラム)です。
油は水より軽いのです。

ちなみに以上で現在のソーダ450グラムのレシピで計算してみて下さい
100:15
廃油石けんの黄金律にたどり着きます。

いかがでしょうか?
ま、余興としてお読みくださればと思います。


[No.1109] 2009/03/13(Fri) 09:49:06

以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS