[ リストに戻る ]
No.26472へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 戦争と平和 - 小川次郎 - 2018/01/26(Fri) 23:05:57 [No.26460]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/01/27(Sat) 13:18:04 [No.26467]
Re: 戦争と平和 - 小川次郎 - 2018/01/27(Sat) 19:00:31 [No.26468]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/01/27(Sat) 19:51:19 [No.26470]
Re: 戦争と平和 - 風 - 2018/01/28(Sun) 00:26:13 [No.26471]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/01/28(Sun) 12:18:49 [No.26472]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/01/28(Sun) 12:49:44 [No.26473]
Re: 戦争と平和 - 風 - 2018/01/28(Sun) 13:57:14 [No.26474]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/01/28(Sun) 21:09:33 [No.26475]
Re: 戦争と平和 - 風 - 2018/01/28(Sun) 21:52:29 [No.26476]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/01/29(Mon) 08:02:49 [No.26477]
Re: 戦争と平和 - 風 - 2018/01/29(Mon) 09:27:03 [No.26478]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/01/29(Mon) 21:37:12 [No.26479]
Re: 戦争と平和 - 風 - 2018/01/29(Mon) 22:29:40 [No.26480]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/01/30(Tue) 19:37:31 [No.26481]
Re: 戦争と平和 - 風 - 2018/02/03(Sat) 03:11:08 [No.26482]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/02/03(Sat) 08:26:43 [No.26483]
Re: 戦争と平和 - 風 - 2018/02/03(Sat) 09:48:43 [No.26485]
Re: 戦争と平和 - もうひとりのガリレオ - 2018/02/04(Sun) 22:39:42 [No.26488]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/02/04(Sun) 01:50:40 [No.26486]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/02/04(Sun) 08:52:45 [No.26487]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/02/03(Sat) 09:43:22 [No.26484]
Re: 戦争と平和 - 風 - 2018/01/27(Sat) 19:26:11 [No.26469]
Re: 戦争と平和 - もうひとりのガリレオ - 2018/01/27(Sat) 00:57:01 [No.26463]


Re: 戦争と平和 (No.26471 への返信) - ジマイマ

> いやいや、全女性は怒るべきです。
>
> 病気でも性交を強制させられて、女性器が腫れて激痛があっても、兵隊は容赦しませんし、列はながく伸びている。
>
> 日本人女性だって在籍していました。
>
> 何故逆転して被害者の立場に立てないのか不思議です。



風さんのおっしゃる通りだと思います。

しかし・・なぜ日本では日本人従軍慰安婦問が韓国のように語られないのでしょうか?

もちろん韓国は被害側だからといこともありますが、合わせて被害を受けた女性がその証人として次々と名乗りをあげた。祖母かもしれない・・戦後70数年経ても、身近な問題として韓国の人びとは受け止めているのではないでしょうか。

翻って日本では、日本人慰安婦の存在自体も表に出てこないのはなぜなのか?、疑問に感じてちょっと調べてみました。

「日本人慰安婦の話と、元日本軍慰安婦に関する正確な知識」よりーー
 美輪明宏さんが語ったことを以下抜粋、転載させていただきます。

『日本人の従軍慰安婦の人たちもいたんですよ。いっぱいいたんです。
でもそういった人たちは何故取り上げないのかといったら、その人たちが、もう酷い目に遭ったんですね。』

『従軍慰安婦というのは街ならその街にずっと居着いて遊郭にいて、そして男の人たちの相手をするというだけではなくて、従軍慰安婦の人たちは「従軍」と言いますでしょう、軍に従うと書いてあって第一線を付いて周るんですね。
そして筵(むしろ)みたいなものを敷いて、筵みたいなものを立てて、コーリャンという麦よりももっと不味い穀物で作った真っ黒いおにぎりですけれど、私も長崎で食べたことがありますけれど、食べられた物じゃないです。
それを枕元に置いて食べながら、表には兵隊たちが木札をもってズラリと並んで、それを一人ひとり相手をして。
そして鉄砲の練習をさせられて、敵が来たら身を守るためといって銃の練習をさせられて、敵が押し寄せてきますでしょう、馬賊(ばぞく)とか匪賊(ひぞく)とか。
そうすると兵隊と一緒に戦うんですって。

戦って流れ弾に当たって死んだら、今度は日本婦人がそういうことをしていたというと恥になるからといって、モンペやなにかを脱がされて支那(しな)服に着替えさせられて、そして放り出されるんですって。
そして埋めてももらえない、焼いてももらえない、野ざらし雨ざらし。山犬の食い荒らすままになっていて。

そして終戦後引き揚げてくるときに、まず軍人の将校たちと家族がトラックに乗って逃げて、自分たちは置いてきぼりになったんですって。

他の移民団、開拓団の人たちと一緒になって、命からがら引き揚げてきて村に帰ったら、村の恥さらしとか面汚しとか言われて。
そして家へ帰ったら、自分はお父さんお母さん、一家のために売られて行ったのに、
「お前のやっていたことが世間様に知られたら、家の恥になる、出て行ってくれ。」と。

もうそれはどこに恨みを持っていったらいいのか、それは悲憤慷慨(ひふんこうがい)ですね。
それを行き場所が無いから、自分が従軍慰安婦だったというのを隠しているんですよ。

だから日本人の従軍慰安婦は一人も出てきませんでしょう。そういう事情があるんですね。』


[No.26472] 2018/01/28(Sun) 12:18:49

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 180 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS