[ リストに戻る ]
No.27122へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 入管法改正と水道民営化の導入促す改正法 - もうひとりのガリレオ - 2018/12/07(Fri) 00:06:56 [No.27114]
Re: 入管法改正と水道民営化の導入促す改正法 - ジマイマ - 2018/12/07(Fri) 17:54:08 [No.27115]
Re: 腹黒いタカ 売国奴 - もうひとりのガリレオ - 2018/12/07(Fri) 22:30:41 [No.27116]
Re: 腹黒いタカ 売国奴 - ジマイマ - 2018/12/08(Sat) 09:15:31 [No.27117]
Re: 腹黒いタカ 売国奴 - もうひとりのガリレオ - 2018/12/11(Tue) 22:49:16 [No.27118]
Re: 腹黒いタカ 売国奴 - ジマイマ - 2018/12/15(Sat) 08:02:03 [No.27119]
Re: 公明党は改憲勢力に非ず - もうひとりのガリレオ - 2018/12/15(Sat) 20:20:08 [No.27120]
Re: 公明党は改憲勢力に非ず笑 - 風 - 2018/12/16(Sun) 12:52:45 [No.27123]
Re: 公明党は衰退を選択するのか? - もうひとりのガリレオ - 2018/12/16(Sun) 14:13:53 [No.27124]
Re: 公明党は改憲勢力に非ず - ジマイマ - 2018/12/16(Sun) 07:41:25 [No.27121]
Re: 公明党は改憲勢力に非ず - もうひとりのガリレオ - 2018/12/16(Sun) 11:47:22 [No.27122]


Re: 公明党は改憲勢力に非ず (No.27121 への返信) - もうひとりのガリレオ

> 公明党が「譲歩できる最大限」と言う安保法制の中身は「集団的自衛権容認」と「(日米防衛協力ガイドラインに基づく)米軍との一体化」じゃないですか。創価学会もそこまではokということなんですね。

公明党の説明によれば安保法制では集団的自衛権に関しては゛限定的゛なんだそうです。
フルスペックの集団的自衛権はアメリカとの一体化により地球の裏側まで行っても武力行使が出来ると言う状態であり、その為の憲法改正という側面があると言うことなんです。
つまり、公明党の主張する限定的集団的自衛権の行使とは日本の安全保障と密接に関係する場合にのみ行使が出来るという解釈のようです。
私は現憲法下ではその主張すら違憲だと思いますが。


> 安保法制成立後の2016年参議院選は、改憲勢力が三分の二を超えるかが大きな焦点になった選挙でした。
> 結果はご存知の通り、公明党も公示前より5議席増やしています。
>
> ガリレオさんは婦人部の改憲への抵抗を指摘されました。おっしゃる通りなのかもしれませんが、私には創価学会が護憲派なんてとても信じられません。
> 「池田大作先生が9条を大切にされてる」、私たちが尊敬する先生のいう事は絶対に正しい、・・創価学会員の護憲とはそういうものなのでは?、、、疑問です。


昨年の衆議院選挙では公明党は−5議席と議席を減らしています。
比例の得票数も700万票を割り込むこととなり公明党には衝撃的な数字となりました。
今年の沖縄県知事選では玉城陣営に出入りする学会員の姿も確認されており、公明党・創価学会にとって来年の選挙に向けて良い材料はありません。

ここで憲法改正に踏み込めば、その後の選挙で公明党が惨敗するであろう事は上に書いてある時系列によるトレンドを見れば明らかです。
今ここに書き込むために昨年の衆議院選挙での得票率を見たのですが自公維三党の得票率を合わせると51.9%と僅かに過半数を上回っています。

憲法改正となれば自公維三党の支持者の中にもそれに賛成しない方々がおられることは想像に難くありません。
もちろん野党支持者の中からも憲法改正に賛成と言う人たちもいるでしょう。
しかし、9条改正と言う事になれば果たして国民の過半数を獲得できるのか?、となると私は憲法改正派にとって国民投票は非常に厳しい道のりになるのでは無いかと思えてならないのです。
それほど9条改正は難しいものだと私は考えているのです。

このような状況の中で、公明党が支持母体である創価学会内の分裂を覚悟してまで憲法改正に乗れるのだろうか?
ここの部分が私の大きな疑問なのです。

公明党が9条改憲に乗っかると言うのは党の存続や支持母体である創価学会がぶっ壊れる事を覚悟してでもアベ自民党と一体化しようと言うことになります。

私はそれは無いだろうと考えているのです。
その理由はあまり難しいものではありません。
公明党が党の存続や支持母体である創価学会がぶっ壊れる事を覚悟してでもアベ改憲に付き従うメリットよりもデメリットの方が大きいからです。

公明党がアベ改憲に賛成をした結果、公明党も創価学会もぶっ壊れて改憲案が国民投票で否決されれば、それはそれで良いことではあると思います。


[No.27122] 2018/12/16(Sun) 11:47:22

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 180 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS