[ リストに戻る ]
No.26049に関するツリー


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

   本格的な東アジアの平和構築問題を議論してみよう - もうひとりのガリレオ - 2017/09/14(Thu) 08:48:44 [No.26049]
Re: 本格的な東アジアの平和構築問題を議論してみよう - micchama - 2017/09/17(Sun) 10:41:10 [No.26054]
いかにしてtake offさせるか - 風 - 2017/09/14(Thu) 23:35:22 [No.26050]
Re: いかにしてtake offさせるか - ジマイマ - 2017/09/16(Sat) 09:31:49 [No.26051]
Re: 日印原子力協定について - ジマイマ - 2017/09/16(Sat) 17:27:31 [No.26052]
いろんなことひっくるめて衆院解散来るーっ - 風 - 2017/09/17(Sun) 09:58:33 [No.26053]
Re: いろんなことひっくるめて衆院解散来るーっ - ジマイマ - 2017/09/18(Mon) 09:25:21 [No.26056]
Re: いろんなことひっくるめて衆院解散来るーっ - ジマイマ - 2017/09/20(Wed) 19:50:48 [No.26057]
Re: 何を問うのか? - もうひとりのガリレオ - 2017/09/17(Sun) 20:42:46 [No.26055]



並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
本格的な東アジアの平和構築問題を議論してみよう (親記事) - もうひとりのガリレオ

外交の安倍。
これが安倍総理の売りのひとつなんだそうです。

北朝鮮によるミサイルの発射と核実験に伴い、安倍総理は外交の場で各国に対して最強の制裁と圧力を求めていると言います。

私はこの対応について一定の評価をしています。
北朝鮮の核武装は我が国にとって最大の脅威になる事は間違いありません。
実のところ北朝鮮の核兵器開発は完成したと見る向きもあり、ここから核兵器の放棄へと持って行くことはなかなか難しいものがあるわけですが、北朝鮮に核放棄をさせないと世界で一番厄介な国が核兵器を持つこととなるとともに、日本にとってはそれが隣国であると言う頭の痛い問題を抱え込むことになります。

さて、上記の事柄は現在の日本の置かれた対北朝鮮の現状を出来るだけ簡潔に書いたものですが、私はこれからふと疑問に思ったことを書いてみたいと思うのです。
それは安倍総理が掲げる最強の制裁と圧力ではたして北朝鮮に核開発を放棄させることは可能なのだろうかという事です。
日本は拉致問題の解決のために北朝鮮に対して出来うる限りの最強の制裁と圧力を行使してきました。
しかし、小泉訪朝以来15年が経過しても拉致問題は何の前進もしていません。
勿論、今回の核・ミサイル問題と拉致問題は違うというご指摘もあるでしょう。
特に今回は北朝鮮に対して比較的親和的な中露も国連安保理での制裁決議案に賛成したと言う指摘もありますが、私から見れば決議案は中露の賛成を得るために骨抜きにされたと言っても良いのではないかとさえ思える内容です。
ロシア大統領のプーチン氏はシベリア鉄道を韓国釜山まで延伸する計画の実現に向けて動き始めているという情報があります。
シベリア鉄道を韓国釜山まで延伸するという事は当然のこととして北朝鮮国内を通らなければならない訳でプーチン氏は北朝鮮が国際社会からの孤立から脱却をした後のことまで見据えて現在の北朝鮮に対する制裁のことまで考えているという事になります。

一方の安倍総理はインドを訪問し日印シャトル外交を展開しています。インドとの関係を密にすることには異議はありませんが、このシャトル外交の真の狙いは中国を牽制することにあり、経済面のみならず防衛政策でも日印両国の結びつきを深めようという事のようです。
この外交が中国にどんなことを考えさせ、それが中国による北朝鮮政策にどのような影響を与えるかという事に安倍総理は考えが及ばないのでしょうか?

ロシアはこの先10年どころか100年後の国益を考えた外交を展開し、日本は残念ながら20世紀の東西冷戦思考にとらわれた価値観外交を展開しようとしています。

白川さんは9月13日No.1932付の徒然草の中でそろそろ本格的な東アジア平和構築問題を議論しないか。と、問いかけられています。

安倍総理の考える敵と味方かに国を分ける外交では21世紀の東アジアの平和を構築することは出来ないのではないかと思うのです。
また、安倍総理のやり方ではサードをはじめとする様々な兵器を買う羽目になり国家財政が破綻するか、或いは防衛費捻出のために福祉予算が削られこの国はめちゃくちゃになってしまうのではないかと心配をしてしまいます。
本格的な東アジア平和構築問題というのは非常に幅広く、またさまざまな意見があることを承知しています。
現時点ではやっぱり軍備の増強が必要だろうという意見もあろうかと思います。
そのような意見も含めて数多くのご意見を頂戴できればと思います。

なお私は現時点では残念ながら考えがまとまっていないことを記しておきます。


[No.26049] 2017/09/14(Thu) 08:48:44
いかにしてtake offさせるか (No.26049への返信 / 1階層) - 風

> 外交の安倍。
> これが安倍総理の売りのひとつなんだそうです。
>
> 北朝鮮によるミサイルの発射と核実験に伴い、安倍総理は外交の場で各国に対して最強の制裁と圧力を求めていると言います。
>
> 私はこの対応について一定の評価をしています。
> 北朝鮮の核武装は我が国にとって最大の脅威になる事は間違いありません。
> 実のところ北朝鮮の核兵器開発は完成したと見る向きもあり、ここから核兵器の放棄へと持って行くことはなかなか難しいものがあるわけですが、北朝鮮に核放棄をさせないと世界で一番厄介な国が核兵器を持つこととなるとともに、日本にとってはそれが隣国であると言う頭の痛い問題を抱え込むことになります。
>
> さて、上記の事柄は現在の日本の置かれた対北朝鮮の現状を出来るだけ簡潔に書いたものですが、私はこれからふと疑問に思ったことを書いてみたいと思うのです。
> それは安倍総理が掲げる最強の制裁と圧力ではたして北朝鮮に核開発を放棄させることは可能なのだろうかという事です。
> 日本は拉致問題の解決のために北朝鮮に対して出来うる限りの最強の制裁と圧力を行使してきました。
> しかし、小泉訪朝以来15年が経過しても拉致問題は何の前進もしていません。
> 勿論、今回の核・ミサイル問題と拉致問題は違うというご指摘もあるでしょう。
> 特に今回は北朝鮮に対して比較的親和的な中露も国連安保理での制裁決議案に賛成したと言う指摘もありますが、私から見れば決議案は中露の賛成を得るために骨抜きにされたと言っても良いのではないかとさえ思える内容です。
> ロシア大統領のプーチン氏はシベリア鉄道を韓国釜山まで延伸する計画の実現に向けて動き始めているという情報があります。
> シベリア鉄道を韓国釜山まで延伸するという事は当然のこととして北朝鮮国内を通らなければならない訳でプーチン氏は北朝鮮が国際社会からの孤立から脱却をした後のことまで見据えて現在の北朝鮮に対する制裁のことまで考えているという事になります。
>
> 一方の安倍総理はインドを訪問し日印シャトル外交を展開しています。インドとの関係を密にすることには異議はありませんが、このシャトル外交の真の狙いは中国を牽制することにあり、経済面のみならず防衛政策でも日印両国の結びつきを深めようという事のようです。
> この外交が中国にどんなことを考えさせ、それが中国による北朝鮮政策にどのような影響を与えるかという事に安倍総理は考えが及ばないのでしょうか?
>
> ロシアはこの先10年どころか100年後の国益を考えた外交を展開し、日本は残念ながら20世紀の東西冷戦思考にとらわれた価値観外交を展開しようとしています。
>
> 白川さんは9月13日No.1932付の徒然草の中でそろそろ本格的な東アジア平和構築問題を議論しないか。と、問いかけられています。
>
> 安倍総理の考える敵と味方かに国を分ける外交では21世紀の東アジアの平和を構築することは出来ないのではないかと思うのです。
> また、安倍総理のやり方ではサードをはじめとする様々な兵器を買う羽目になり国家財政が破綻するか、或いは防衛費捻出のために福祉予算が削られこの国はめちゃくちゃになってしまうのではないかと心配をしてしまいます。
> 本格的な東アジア平和構築問題というのは非常に幅広く、またさまざまな意見があることを承知しています。
> 現時点ではやっぱり軍備の増強が必要だろうという意見もあろうかと思います。
> そのような意見も含めて数多くのご意見を頂戴できればと思います。
>
> なお私は現時点では残念ながら考えがまとまっていないことを記しておきます。  


現状の日本の政治状況ではアジアの見本にはならないし、主導もできません。

まずは、日本の民主革命を。


[No.26050] 2017/09/14(Thu) 23:35:22
Re: いかにしてtake offさせるか (No.26050への返信 / 2階層) - ジマイマ

> > 外交の安倍。
> > これが安倍総理の売りのひとつなんだそうです。
> >
> > 北朝鮮によるミサイルの発射と核実験に伴い、安倍総理は外交の場で各国に対して最強の制裁と圧力を求めていると言います。
> >
> > 私はこの対応について一定の評価をしています。
> > 北朝鮮の核武装は我が国にとって最大の脅威になる事は間違いありません。
> > 実のところ北朝鮮の核兵器開発は完成したと見る向きもあり、ここから核兵器の放棄へと持って行くことはなかなか難しいものがあるわけですが、北朝鮮に核放棄をさせないと世界で一番厄介な国が核兵器を持つこととなるとともに、日本にとってはそれが隣国であると言う頭の痛い問題を抱え込むことになります。
> >
> > さて、上記の事柄は現在の日本の置かれた対北朝鮮の現状を出来るだけ簡潔に書いたものですが、私はこれからふと疑問に思ったことを書いてみたいと思うのです。
> > それは安倍総理が掲げる最強の制裁と圧力ではたして北朝鮮に核開発を放棄させることは可能なのだろうかという事です。
> > 日本は拉致問題の解決のために北朝鮮に対して出来うる限りの最強の制裁と圧力を行使してきました。
> > しかし、小泉訪朝以来15年が経過しても拉致問題は何の前進もしていません。
> > 勿論、今回の核・ミサイル問題と拉致問題は違うというご指摘もあるでしょう。
> > 特に今回は北朝鮮に対して比較的親和的な中露も国連安保理での制裁決議案に賛成したと言う指摘もありますが、私から見れば決議案は中露の賛成を得るために骨抜きにされたと言っても良いのではないかとさえ思える内容です。
> > ロシア大統領のプーチン氏はシベリア鉄道を韓国釜山まで延伸する計画の実現に向けて動き始めているという情報があります。
> > シベリア鉄道を韓国釜山まで延伸するという事は当然のこととして北朝鮮国内を通らなければならない訳でプーチン氏は北朝鮮が国際社会からの孤立から脱却をした後のことまで見据えて現在の北朝鮮に対する制裁のことまで考えているという事になります。


私自身、知識不足、勉強不足でここに確たる意見を述べることはできません、が、あえて言わせて頂けば、
安倍政権が北朝鮮問題を政治利用するためにマスコミを総動員してことさら危機を煽っている、私にはそう思えて仕方ないのです。

北朝鮮問題は複雑で、解決の道の先が見えない状況にあるといいますが、問題を複雑化し拗らせてそこで利益を得てるものにスポットを当ててみたら・・
一つの国が分断されてしまった悲劇が見えてくる気がするのです。ここにもっと目を向けて解決の道を探ってほしいと考えてます。
> >
> > 一方の安倍総理はインドを訪問し日印シャトル外交を展開しています。インドとの関係を密にすることには異議はありませんが、このシャトル外交の真の狙いは中国を牽制することにあり、経済面のみならず防衛政策でも日印両国の結びつきを深めようという事のようです。
> > この外交が中国にどんなことを考えさせ、それが中国による北朝鮮政策にどのような影響を与えるかという事に安倍総理は考えが及ばないのでしょうか?


つい最近、安倍夫妻がインドで歓待を受ける様子が報道されていました。パレードの車上で得意満面で手を振る安倍とスマホで写真撮影に熱中する昭恵夫人の姿・・。

昨年、日本政府はインドが核不拡散条約に加盟していないにも拘らず日印原子力協定を結びました。
これは日本政府がNPTを度外視したという、大変重大な問題といえるのではないでしょうか。

そして原発の輸出と1900億円もの円借款も決定。他国が原発輸出に二の足を踏むインドの損害賠償制度のもと、原発事故の賠償も日本が持つというのですから、モディ大統領からしたらウハウハ♪でしょう。安倍夫妻が歓待されるわけです。

パレードの車上でいい気になってる安倍夫妻の姿を苦々しい思いで見ているのは日本国民だけではありません。
マスコミは報道しませんが、インド国内でもモディ大統領の方針と安倍の原発輸出に反対の声を上げている人びとは大勢いるのです。

是非一度、下記のサイトをご参照ください。(この方はたしか、「国会前行動」でも演説されてた方だと記憶してます。)

ノーニュークス・アジアフォーラム通信No.129より
大企業の利益を超えて、人々が連帯する関係を築くために
クマール・スンダラム(CNDP/核軍縮と平和のための連合)

> >
> > ロシアはこの先10年どころか100年後の国益を考えた外交を展開し、日本は残念ながら20世紀の東西冷戦思考にとらわれた価値観外交を展開しようとしています。
> >
> > 白川さんは9月13日No.1932付の徒然草の中でそろそろ本格的な東アジア平和構築問題を議論しないか。と、問いかけられています。
> >
> > 安倍総理の考える敵と味方かに国を分ける外交では21世紀の東アジアの平和を構築することは出来ないのではないかと思うのです。
> > また、安倍総理のやり方ではサードをはじめとする様々な兵器を買う羽目になり国家財政が破綻するか、或いは防衛費捻出のために福祉予算が削られこの国はめちゃくちゃになってしまうのではないかと心配をしてしまいます。
> > 本格的な東アジア平和構築問題というのは非常に幅広く、またさまざまな意見があることを承知しています。
> > 現時点ではやっぱり軍備の増強が必要だろうという意見もあろうかと思います。
> > そのような意見も含めて数多くのご意見を頂戴できればと思います。
> >
> > なお私は現時点では残念ながら考えがまとまっていないことを記しておきます。  
>
> 現状の日本の政治状況ではアジアの見本にはならないし、主導もできません。
>
> まずは、日本の民主革命を。


北朝鮮への対応にしろ原発問題にしろ、火種は安倍政権にあると私は考えています。
東アジアの平和構築への一歩は・・まずは安倍政権を倒すことから、ではないでしょうか。


[No.26051] 2017/09/16(Sat) 09:31:49
Re: 日印原子力協定について (No.26051への返信 / 3階層) - ジマイマ

> 昨年、日本政府はインドが核不拡散条約に加盟していないにも拘らず日印原子力協定を結びました。

日印原子力協定について、少し言葉足らずの書き込みでしたので加筆させて頂きます。

昨年11月11日、日本政府とインド政府は、「日印原子力協力協定」に署名。
今年2月24日、政府は「日印原子力協力協定」を承認案件として国会に提出。
6月20日、政府与党は参議院本会議において採決を強行し可決、国会承認を議決したとのことです。

折しも前代未聞の「共謀罪」の採決強行、そのどさくさに紛れて政府与党はこのような暴挙も行っていたとは。

以下「ゆるねとにゅーす」より転載させて頂きます。
============================================================
【報ステ】後藤謙次氏、安倍総理のインド原発輸出を強く批判!「非核3原則や北朝鮮の核実験非難とも大きく矛盾」「アジアの核問題に発展する恐れも」

・2017年9月14日に放送された報道ステーションにおいて、コメンテーターの後藤謙次氏が、安倍総理によるインドの1900億円規模の経済支援と原発輸出を強く批判した。

・後藤氏は、安倍政権が進めるインドの原発輸出政策に対し、「非核三原則を堅持してきた国是にも反する上に、福島原発事故の処理も終わっていない、さらには北朝鮮の核実験を強く非難している上で外交上の矛盾が生じる」と、安倍総理が進める”核拡散政策”を強く批判。

・さらに後藤氏は、インド国内で深刻な原発事故が発生した際に日本が大きな賠償責任を負わされる可能性がある上に、この度インドに使用済み核燃料の再処理を認めたことで、インド国内にプルトニウムが蓄積、これにより隣国のパキスタンが大きく反応し、核軍拡競争が始まる恐れがあり、これに中国が加わると東アジア全体の核問題に発展しかねない、と強く警鐘を鳴らした。
============================================================


[No.26052] 2017/09/16(Sat) 17:27:31
いろんなことひっくるめて衆院解散来るーっ (No.26052への返信 / 4階層) - 風

> > 昨年、日本政府はインドが核不拡散条約に加盟していないにも拘らず日印原子力協定を結びました。
>
> 日印原子力協定について、少し言葉足らずの書き込みでしたので加筆させて頂きます。
>
> 昨年11月11日、日本政府とインド政府は、「日印原子力協力協定」に署名。
> 今年2月24日、政府は「日印原子力協力協定」を承認案件として国会に提出。
> 6月20日、政府与党は参議院本会議において採決を強行し可決、国会承認を議決したとのことです。
>
> 折しも前代未聞の「共謀罪」の採決強行、そのどさくさに紛れて政府与党はこのような暴挙も行っていたとは。
>
> 以下「ゆるねとにゅーす」より転載させて頂きます。
> ============================================================
> 【報ステ】後藤謙次氏、安倍総理のインド原発輸出を強く批判!「非核3原則や北朝鮮の核実験非難とも大きく矛盾」「アジアの核問題に発展する恐れも」
>
> ・2017年9月14日に放送された報道ステーションにおいて、コメンテーターの後藤謙次氏が、安倍総理によるインドの1900億円規模の経済支援と原発輸出を強く批判した。
>
> ・後藤氏は、安倍政権が進めるインドの原発輸出政策に対し、「非核三原則を堅持してきた国是にも反する上に、福島原発事故の処理も終わっていない、さらには北朝鮮の核実験を強く非難している上で外交上の矛盾が生じる」と、安倍総理が進める”核拡散政策”を強く批判。
>
> ・さらに後藤氏は、インド国内で深刻な原発事故が発生した際に日本が大きな賠償責任を負わされる可能性がある上に、この度インドに使用済み核燃料の再処理を認めたことで、インド国内にプルトニウムが蓄積、これにより隣国のパキスタンが大きく反応し、核軍拡競争が始まる恐れがあり、これに中国が加わると東アジア全体の核問題に発展しかねない、と強く警鐘を鳴らした。
> ============================================================


君たちはどう生きるか。


[No.26053] 2017/09/17(Sun) 09:58:33
Re: 本格的な東アジアの平和構築問題を議論してみよう (No.26049への返信 / 1階層) - micchama

鳩山由紀夫氏が東アジアの安定について、近著,脱 大日本主義にて、我が国が生きて行かなければならない方向を明示しています。
自身の失政も認めて、安倍政権の危険な政策が日本国民を不幸に貶めると警告を発しています。新書版なので、大変に読みやすく、安倍政権以降の数々の失政を批判しています。
民主党政権の未熟ゆえの失政も自己批判をしていますし、近く解散されるかもしれないということからも一読をお勧めいたします。


[No.26054] 2017/09/17(Sun) 10:41:10
Re: 何を問うのか? (No.26053への返信 / 5階層) - もうひとりのガリレオ

> 君たちはどう生きるか。

解散総選挙を゛信を問う゛と言いますよね。

臨時国会で国民に対する説明も議論もなく何を問うのでしょうか?


[No.26055] 2017/09/17(Sun) 20:42:46
Re: いろんなことひっくるめて衆院解散来るーっ (No.26053への返信 / 5階層) - ジマイマ

> 君たちはどう生きるか。

ちょっと内閣支持率が上がってきたからっていきなり衆院解散とは・・安倍の姑息な目論みは多くの国民にバレバレです。
国民みなが忘れっぽいわけではありません。
これからも「安倍はやめろ!」と声を上げ続ける人たちはたくさんいるでしょう。
鵺のような前原民進党のお尻を蹴りながら市民が政治を動かしていく、これを今やらなければ、もう後がありません。


[No.26056] 2017/09/18(Mon) 09:25:21
Re: いろんなことひっくるめて衆院解散来るーっ (No.26056への返信 / 6階層) - ジマイマ

> > 君たちはどう生きるか。
>
> ちょっと内閣支持率が上がってきたからっていきなり衆院解散とは・・安倍の姑息な目論みは多くの国民にバレバレです。
> 国民みなが忘れっぽいわけではありません。
> これからも「安倍はやめろ!」と声を上げ続ける人たちはたくさんいるでしょう。
> 鵺のような前原民進党のお尻を蹴りながら市民が政治を動かしていく、これを今やらなければ、もう後がありません。


自民党に有利なのは今だとばかりに衆院解散に出たのでしょう。安倍に選挙の大義などありません、ただただ勝つのみです。
もう後がない、野党も勝つのみです。民進党の前原代表は共産党とはアータラコータラ・・、となにを寝ぼけたことを><

自公+補完勢力が勝利すればまた、国民の信を得たとばかりに国民無視の暴政を続けるのは目に見えています。
必ず憲法改正にも着手するでしょう。
維新はもうバレテますが、小池新党も壊憲をアシストする自公の補完勢力であることは間違いありません。
以前もホトトギスに例えて安倍批判票を喰ってしまうと書き込みましたが、早速気持ちの悪い動きが・・

マスコミは民進党を離党ドミノと騒ぎ立て、野党第一党があたかもボロボロのように報道していますが、離党していったのは小池新党と共鳴する日本会議所属議員や野党共闘の足を引っ張る面々です。
民進党には様子見してる議員がまだまだいるはず・・そういう輩にはさっさと出て行って欲しいと私は思っています。
安倍政権を倒すには野党共闘しかないのですから。

9.19国会前行動では1万人を超える市民が集まり「野党共闘」を強く訴えました。1万人の後ろには100倍、1000倍の声なき声があるはず・・あの秋葉原の時のように、安倍に直接この声をぶつけられれば効果絶大、この選挙は安倍政権を倒すまたとないチャンスでもあるのです。


[No.26057] 2017/09/20(Wed) 19:50:48

以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS