[ リストに戻る ]
No.26460に関するツリー


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

   戦争と平和 - 小川次郎 - 2018/01/26(Fri) 23:05:57 [No.26460]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/01/27(Sat) 13:18:04 [No.26467]
Re: 戦争と平和 - 小川次郎 - 2018/01/27(Sat) 19:00:31 [No.26468]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/01/27(Sat) 19:51:19 [No.26470]
Re: 戦争と平和 - 風 - 2018/01/28(Sun) 00:26:13 [No.26471]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/01/28(Sun) 12:18:49 [No.26472]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/01/28(Sun) 12:49:44 [No.26473]
Re: 戦争と平和 - 風 - 2018/01/28(Sun) 13:57:14 [No.26474]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/01/28(Sun) 21:09:33 [No.26475]
Re: 戦争と平和 - 風 - 2018/01/28(Sun) 21:52:29 [No.26476]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/01/29(Mon) 08:02:49 [No.26477]
Re: 戦争と平和 - 風 - 2018/01/29(Mon) 09:27:03 [No.26478]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/01/29(Mon) 21:37:12 [No.26479]
Re: 戦争と平和 - 風 - 2018/01/29(Mon) 22:29:40 [No.26480]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/01/30(Tue) 19:37:31 [No.26481]
Re: 戦争と平和 - 風 - 2018/02/03(Sat) 03:11:08 [No.26482]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/02/03(Sat) 08:26:43 [No.26483]
Re: 戦争と平和 - 風 - 2018/02/03(Sat) 09:48:43 [No.26485]
Re: 戦争と平和 - もうひとりのガリレオ - 2018/02/04(Sun) 22:39:42 [No.26488]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/02/04(Sun) 01:50:40 [No.26486]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/02/04(Sun) 08:52:45 [No.26487]
Re: 戦争と平和 - ジマイマ - 2018/02/03(Sat) 09:43:22 [No.26484]
Re: 戦争と平和 - 風 - 2018/01/27(Sat) 19:26:11 [No.26469]
Re: 戦争と平和 - もうひとりのガリレオ - 2018/01/27(Sat) 00:57:01 [No.26463]



並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
戦争と平和 (親記事) - 小川次郎

戦争と平和の定義を調べてみました。
戦争の定義は簡単です。国家と国家が武力で衝突することです。
そして、平和の定義は「戦争ではない状態」という単純なことのようです。
慰安婦問題などで馬鹿な対応をしているムン・ジェイン韓国大統領ですが、北朝鮮に翻弄されている、だの弱腰だの、平昌オリンピックではなく平壌オリンピックになっているなどと揶揄されています。
しかし、平和とは戦争でない状態という観点から見ると、ムン・ジェインは何だか一生懸命平和を守ろうとしているとも思えるのです。
勿論、そうして時間が経過することは北朝鮮の核武力が一層増強されることでしかないというのも本当でしょう。
もし本当の戦争が始まって、極東が滅茶滅茶になっても、歴史の中では、懸命に戦争を回避しようとした韓国大統領として名前を残そうとしている、というのは考えすぎなんでしょうか。


[No.26460] 2018/01/26(Fri) 23:05:57
Re: 戦争と平和 (No.26460への返信 / 1階層) - もうひとりのガリレオ

> 戦争と平和の定義を調べてみました。
> 戦争の定義は簡単です。国家と国家が武力で衝突することです。
> そして、平和の定義は「戦争ではない状態」という単純なことのようです。
> 慰安婦問題などで馬鹿な対応をしているムン・ジェイン韓国大統領ですが、北朝鮮に翻弄されている、だの弱腰だの、平昌オリンピックではなく平壌オリンピックになっているなどと揶揄されています。
> しかし、平和とは戦争でない状態という観点から見ると、ムン・ジェインは何だか一生懸命平和を守ろうとしているとも思えるのです。
> 勿論、そうして時間が経過することは北朝鮮の核武力が一層増強されることでしかないというのも本当でしょう。
> もし本当の戦争が始まって、極東が滅茶滅茶になっても、歴史の中では、懸命に戦争を回避しようとした韓国大統領として名前を残そうとしている、というのは考えすぎなんでしょうか。


ムン・ジェイン韓国大統領が名を残すかどうかという事を考えているかは分かりませんが、北朝鮮と国境を接する国の大統領として戦争を回避しようとしていることは確かだと思います。
何しろ、一旦朝鮮半島で戦端が開かれれば韓国だけで1000万人の死傷者が出ると予測されている訳ですから、朝鮮半島での戦争を回避する努力を韓国の大統領がすると言うのは当たり前の話なんです。
さて、それでは海を挟んで北朝鮮の隣国である我が日本の対応はと言うと安倍政権の下圧力一辺倒で、この問題を平和的に解決しようとする気があるのかなとその対応に疑問符が付くほどの対応なんです。
安倍は事あるごとに日本はアメリカと共にあると言いますが、日本とアメリカには決定的な違いがあります。
それは、今現在アメリカに届く北朝鮮のミサイルは無いが日本に届くミサイルは200とも300ともいわれる数があるという事です。
端的に言えば、日本は北朝鮮のミサイルの射程圏内にあるという事ですね。
この事実を忘れているかのように、北朝鮮に対して強硬姿勢一辺倒で良いのかという疑問があります。
また、アメリカは強硬姿勢の裏側で複数の外交チャネルを使って交渉を水面下で進めているともいわれています。日本は拉致問題を契機として北朝鮮との間にチャネルを持っていません。
アメリカがもしも北朝鮮との間で何らかの交渉を成立させたときに日本はどうするのだろうかと言う不安が私にはあります。

これらのことを考えずに強硬姿勢一辺倒で、北朝鮮危機を契機として軍備増強に走る安倍政権を私は非常に不安に思っています。


[No.26463] 2018/01/27(Sat) 00:57:01
Re: 戦争と平和 (No.26460への返信 / 1階層) - ジマイマ

> 戦争と平和の定義を調べてみました。
> 戦争の定義は簡単です。国家と国家が武力で衝突することです。
> そして、平和の定義は「戦争ではない状態」という単純なことのようです。
> 慰安婦問題などで馬鹿な対応をしているムン・ジェイン韓国大統領ですが、北朝鮮に翻弄されている、だの弱腰だの、平昌オリンピックではなく平壌オリンピックになっているなどと揶揄されています。
> しかし、平和とは戦争でない状態という観点から見ると、ムン・ジェインは何だか一生懸命平和を守ろうとしているとも思えるのです。
> 勿論、そうして時間が経過することは北朝鮮の核武力が一層増強されることでしかないというのも本当でしょう。
> もし本当の戦争が始まって、極東が滅茶滅茶になっても、歴史の中では、懸命に戦争を回避しようとした韓国大統領として名前を残そうとしている、というのは考えすぎなんでしょうか。


慰安婦問題についてですが・・
これは戦時における、女性への人権蹂躙問題です。肝心の元従軍慰安婦の方々の気持ちを置き去りにしたまま、当時の日韓政府間で勝手に解決したと言っただけ。
日韓両外相会談の正式な合意文書も無い。

============================================================
慰安婦合意 文書作成は見送り
日韓外相、質問なしで合意発表…文書作成見送り
読売新聞 12月28日(月)21時16分配信

【ソウル=森藤千恵】岸田外相と尹炳世(ユンビョンセ)外相は28日の会談後、慰安婦問題の合意を並んで表明したが、会談の正式な合意文書はなく、記者からの質問も受け付けない異例の形式となった。
日韓外交筋によると、合意文書の作成は、韓国国内の世論の動向を懸念する韓国側の要請で最終的に見送られた。これにより、外相2人の発言で会談の成果を確認することとなり、両外相とも手元の紙を時折見つつ、一言一句、慎重に発言していた。
============================================================

その内容は、日韓両外相会談の会談で、元慰安婦支援のため、韓国政府が設置する財団に、日本政府が10億円程度を基金として一括拠出。事業の実施を前提に「最終的かつ不可逆的に解決される」と・・。

安倍首相は記者会見で「慰安婦としてあまたの苦痛を経験され、心身にわたり癒やしがたい傷を負われたすべての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを表明する。」と(口先だけで)述べた。( )内は過去現在に至る安倍の態度から推測。

米国は日韓の和解の重要な意思表示だとし慰安婦問題の合意を歓迎したとか。そもそもその経緯は米国からの要請で合意に至ったもの。日韓が自主的に歩み寄った話でもないのです。

日本政府は元慰安婦支援のために10億円ほど基金を拠出します。総理の「反省とお詫び」の言葉も添えますからこれで「従軍慰安婦問題」はおしまい。「最終的かつ不可逆的に解決」したんだから、もう文句いうな、って・・
繰り返しになりますが、従軍慰安婦問題は人権蹂躙問題です。元従軍慰安婦の方々のみならず、全女性はもっと怒るべき話しだと思うのです。


[No.26467] 2018/01/27(Sat) 13:18:04
Re: 戦争と平和 (No.26467への返信 / 2階層) - 小川次郎

慰安婦問題は、どちらか一方でも解決する気がなければ、永遠に終わりませんね。ジマイマさんはどんな解決がお望みですか?
全女性が怒ってどうなるのでしょうか。


[No.26468] 2018/01/27(Sat) 19:00:31
Re: 戦争と平和 (No.26468への返信 / 3階層) - 風

> 慰安婦問題は、どちらか一方でも解決する気がなければ、永遠に終わりませんね。ジマイマさんはどんな解決がお望みですか?
> 全女性が怒ってどうなるのでしょうか。


当然、日本が解決すべきでしょう。

旧日本軍の「兵站」としての性奴隷なのですから。

植民地主義の残滓を引きずっている場合ではないよ。


[No.26469] 2018/01/27(Sat) 19:26:11
Re: 戦争と平和 (No.26468への返信 / 3階層) - ジマイマ

> 慰安婦問題は、どちらか一方でも解決する気がなければ、永遠に終わりませんね。ジマイマさんはどんな解決がお望みですか?
> 全女性が怒ってどうなるのでしょうか。


どちらか一方が解決する気がなくては永遠に終わらない、という考え方に違和感を覚えます。
加害側が心から反省し、それを相手に分かってもらえるよう努力をする、それしかないのではないでしょうか?

全女性って言い方はちょっと言い過ぎだったかなと思っていますが・・
慰安婦問題に対し、政府はむりやりフタをしようとしてると感じます。メディアも政府よりの報道しかしていません。韓国の対応を一斉に非難するばかりですから。

私は、元従軍慰安婦の方々の気持ちにみなが共感することが、この問題の解決へと一歩前進するのではないかと思うのです。


[No.26470] 2018/01/27(Sat) 19:51:19
Re: 戦争と平和 (No.26470への返信 / 4階層) - 風

> > 慰安婦問題は、どちらか一方でも解決する気がなければ、永遠に終わりませんね。ジマイマさんはどんな解決がお望みですか?
> > 全女性が怒ってどうなるのでしょうか。
>
> どちらか一方が解決する気がなくては永遠に終わらない、という考え方に違和感を覚えます。
> 加害側が心から反省し、それを相手に分かってもらえるよう努力をする、それしかないのではないでしょうか?
>
> 全女性って言い方はちょっと言い過ぎだったかなと思っていますが・・
> 慰安婦問題に対し、政府はむりやりフタをしようとしてると感じます。メディアも政府よりの報道しかしていません。韓国の対応を一斉に非難するばかりですから。
>
> 私は、元従軍慰安婦の方々の気持ちにみなが共感することが、この問題の解決へと一歩前進するのではないかと思うのです。


いやいや、全女性は怒るべきです。

病気でも性交を強制させられて、女性器が腫れて激痛があっても、兵隊は容赦しませんし、列はながく伸びている。

日本人女性だって在籍していました。

何故逆転して被害者の立場に立てないのか不思議です。


[No.26471] 2018/01/28(Sun) 00:26:13
Re: 戦争と平和 (No.26471への返信 / 5階層) - ジマイマ

> いやいや、全女性は怒るべきです。
>
> 病気でも性交を強制させられて、女性器が腫れて激痛があっても、兵隊は容赦しませんし、列はながく伸びている。
>
> 日本人女性だって在籍していました。
>
> 何故逆転して被害者の立場に立てないのか不思議です。



風さんのおっしゃる通りだと思います。

しかし・・なぜ日本では日本人従軍慰安婦問が韓国のように語られないのでしょうか?

もちろん韓国は被害側だからといこともありますが、合わせて被害を受けた女性がその証人として次々と名乗りをあげた。祖母かもしれない・・戦後70数年経ても、身近な問題として韓国の人びとは受け止めているのではないでしょうか。

翻って日本では、日本人慰安婦の存在自体も表に出てこないのはなぜなのか?、疑問に感じてちょっと調べてみました。

「日本人慰安婦の話と、元日本軍慰安婦に関する正確な知識」よりーー
 美輪明宏さんが語ったことを以下抜粋、転載させていただきます。

『日本人の従軍慰安婦の人たちもいたんですよ。いっぱいいたんです。
でもそういった人たちは何故取り上げないのかといったら、その人たちが、もう酷い目に遭ったんですね。』

『従軍慰安婦というのは街ならその街にずっと居着いて遊郭にいて、そして男の人たちの相手をするというだけではなくて、従軍慰安婦の人たちは「従軍」と言いますでしょう、軍に従うと書いてあって第一線を付いて周るんですね。
そして筵(むしろ)みたいなものを敷いて、筵みたいなものを立てて、コーリャンという麦よりももっと不味い穀物で作った真っ黒いおにぎりですけれど、私も長崎で食べたことがありますけれど、食べられた物じゃないです。
それを枕元に置いて食べながら、表には兵隊たちが木札をもってズラリと並んで、それを一人ひとり相手をして。
そして鉄砲の練習をさせられて、敵が来たら身を守るためといって銃の練習をさせられて、敵が押し寄せてきますでしょう、馬賊(ばぞく)とか匪賊(ひぞく)とか。
そうすると兵隊と一緒に戦うんですって。

戦って流れ弾に当たって死んだら、今度は日本婦人がそういうことをしていたというと恥になるからといって、モンペやなにかを脱がされて支那(しな)服に着替えさせられて、そして放り出されるんですって。
そして埋めてももらえない、焼いてももらえない、野ざらし雨ざらし。山犬の食い荒らすままになっていて。

そして終戦後引き揚げてくるときに、まず軍人の将校たちと家族がトラックに乗って逃げて、自分たちは置いてきぼりになったんですって。

他の移民団、開拓団の人たちと一緒になって、命からがら引き揚げてきて村に帰ったら、村の恥さらしとか面汚しとか言われて。
そして家へ帰ったら、自分はお父さんお母さん、一家のために売られて行ったのに、
「お前のやっていたことが世間様に知られたら、家の恥になる、出て行ってくれ。」と。

もうそれはどこに恨みを持っていったらいいのか、それは悲憤慷慨(ひふんこうがい)ですね。
それを行き場所が無いから、自分が従軍慰安婦だったというのを隠しているんですよ。

だから日本人の従軍慰安婦は一人も出てきませんでしょう。そういう事情があるんですね。』


[No.26472] 2018/01/28(Sun) 12:18:49
Re: 戦争と平和 (No.26472への返信 / 6階層) - ジマイマ

少し言葉足らずでした。

女性への人権蹂躙に対し全女性は怒るべき・・その通りだと思います。
それとは分けて、国民全体として、 「なぜ日本では日本人従軍慰安婦問が韓国のように語られないのか」と疑問に感じた、ということです。


[No.26473] 2018/01/28(Sun) 12:49:44
Re: 戦争と平和 (No.26473への返信 / 7階層) - 風

> 少し言葉足らずでした。
>
> 女性への人権蹂躙に対し全女性は怒るべき・・その通りだと思います。
> それとは分けて、国民全体として、 「なぜ日本では日本人従軍慰安婦問が韓国のように語られないのか」と疑問に感じた、ということです。


加害者だからと、相変わらずの植民地主義の視点からの差別意識からです。


[No.26474] 2018/01/28(Sun) 13:57:14
Re: 戦争と平和 (No.26474への返信 / 8階層) - ジマイマ

> > 少し言葉足らずでした。
> >
> > 女性への人権蹂躙に対し全女性は怒るべき・・その通りだと思います。
> > それとは分けて、国民全体として、 「なぜ日本では日本人従軍慰安婦問が韓国のように語られないのか」と疑問に感じた、ということです。
>
> 加害者だからと、相変わらずの植民地主義の視点からの差別意識からです。


「従軍慰安婦問題」は、旧日本軍の関与が明白であり、日本は加害国です。
私は加害側が被害者に詫びるのは当然だと思っていますが・・それは植民地主義の視点からの差別意識から、という意味でおっしゃっているのしょうか?

従軍慰安婦問題は女性への人権蹂躙、人間の尊厳を踏みにじるもの。女性だけが怒るべき問題ではないのです。
No.26470で私は「元従軍慰安婦の方々の気持ちにみなが共感することが、この問題の解決へと一歩前進するのではないかと思うのです」と書き込みました。
「みなが共感すること」とは、男女関係なく人間としてみなが元従軍慰安婦の方々の気持ちに共感することが大事ではないかと、私の考えを述べたものです。


[No.26475] 2018/01/28(Sun) 21:09:33
Re: 戦争と平和 (No.26475への返信 / 9階層) - 風

> > > 少し言葉足らずでした。
> > >
> > > 女性への人権蹂躙に対し全女性は怒るべき・・その通りだと思います。
> > > それとは分けて、国民全体として、 「なぜ日本では日本人従軍慰安婦問が韓国のように語られないのか」と疑問に感じた、ということです。
> >
> > 加害者だからと、相変わらずの植民地主義の視点からの差別意識からです。
>
> 「従軍慰安婦問題」は、旧日本軍の関与が明白であり、日本は加害国です。
> 私は加害側が被害者に詫びるのは当然だと思っていますが・・それは植民地主義の視点からの差別意識から、という意味でおっしゃっているのしょうか?


@日本は加害者であるのに、一億総懺悔で加害責任を有耶無耶にして、加害を無かったことにしています。

A植民地主義というのは、日韓併合により、朝鮮は発展した。あるいは、欧米に対し、大東亜共栄圏として、独立運動を貫徹した、という後付け理論です。アジア各国への人的資源的収奪を正当化する、見下す考えです。
>
> 従軍慰安婦問題は女性への人権蹂躙、人間の尊厳を踏みにじるもの。女性だけが怒るべき問題ではないのです。
> No.26470で私は「元従軍慰安婦の方々の気持ちにみなが共感することが、この問題の解決へと一歩前進するのではないかと思うのです」と書き込みました。
> 「みなが共感すること」とは、男女関係なく人間としてみなが元従軍慰安婦の方々の気持ちに共感することが大事ではないかと、私の考えを述べたものです。


もちろんです。

現に男性の私も、高校生の時から、あらゆる場面で訴えております。

共感というより、怒り、です。


[No.26476] 2018/01/28(Sun) 21:52:29
Re: 戦争と平和 (No.26476への返信 / 10階層) - ジマイマ

> > > > 少し言葉足らずでした。
> > > >
> > > > 女性への人権蹂躙に対し全女性は怒るべき・・その通りだと思います。
> > > > それとは分けて、国民全体として、 「なぜ日本では日本人従軍慰安婦問が韓国のように語られないのか」と疑問に感じた、ということです。
> > >
> > > 加害者だからと、相変わらずの植民地主義の視点からの差別意識からです。
> >
> > 「従軍慰安婦問題」は、旧日本軍の関与が明白であり、日本は加害国です。
> > 私は加害側が被害者に詫びるのは当然だと思っていますが・・それは植民地主義の視点からの差別意識から、という意味でおっしゃっているのしょうか?
>
> @日本は加害者であるのに、一億総懺悔で加害責任を有耶無耶にして、加害を無かったことにしています。
>
> A植民地主義というのは、日韓併合により、朝鮮は発展した。あるいは、欧米に対し、大東亜共栄圏として、独立運動を貫徹した、という後付け理論です。アジア各国への人的資源的収奪を正当化する、見下す考えです。


よく理解できました。ありがとうございました。
> >
> > 従軍慰安婦問題は女性への人権蹂躙、人間の尊厳を踏みにじるもの。女性だけが怒るべき問題ではないのです。
> > No.26470で私は「元従軍慰安婦の方々の気持ちにみなが共感することが、この問題の解決へと一歩前進するのではないかと思うのです」と書き込みました。
> > 「みなが共感すること」とは、男女関係なく人間としてみなが元従軍慰安婦の方々の気持ちに共感することが大事ではないかと、私の考えを述べたものです。
>
> もちろんです。
>
> 現に男性の私も、高校生の時から、あらゆる場面で訴えております。


高校の時からですか、さすがですね。

その時分の私は・・
私は高卒で銀行に入ったのですが、面接で「最近読んだ本は?」と聞かれ『橋のない川』です、と答えたら面接官が焦った様子で「もっと他には?」、と聞いてきたので・・あ、ちょっとヤバいかな、と「アガサクリスティーの推理小説も好きでずいぶん読みました」と答えた記憶があります。
その面接官は後に私の上司になったとき「オレが○○ちゃんを採用したんだよ」って笑って言ってました。

今思うと、世の中の不条理を考え始めるきっかけになったのが『橋のない川』だったのかな、と・・
>
> 共感というより、怒り、です。


共感の次に湧いてくるのは、もちろん怒りの感情もあります。
私は、ニュースで従軍慰安婦像を見ると、この子はいったいいくつなんだろう、って思うのです。
私の娘よりずっと若いのでは・・その身に起こった残酷な仕打ちがわが子と重なると、もう何とも言えない気持ちになるのです。


[No.26477] 2018/01/29(Mon) 08:02:49
Re: 戦争と平和 (No.26477への返信 / 11階層) - 風

> > > > > 少し言葉足らずでした。
> > > > >
> > > > > 女性への人権蹂躙に対し全女性は怒るべき・・その通りだと思います。
> > > > > それとは分けて、国民全体として、 「なぜ日本では日本人従軍慰安婦問が韓国のように語られないのか」と疑問に感じた、ということです。
> > > >
> > > > 加害者だからと、相変わらずの植民地主義の視点からの差別意識からです。
> > >
> > > 「従軍慰安婦問題」は、旧日本軍の関与が明白であり、日本は加害国です。
> > > 私は加害側が被害者に詫びるのは当然だと思っていますが・・それは植民地主義の視点からの差別意識から、という意味でおっしゃっているのしょうか?
> >
> > @日本は加害者であるのに、一億総懺悔で加害責任を有耶無耶にして、加害を無かったことにしています。
> >
> > A植民地主義というのは、日韓併合により、朝鮮は発展した。あるいは、欧米に対し、大東亜共栄圏として、独立運動を貫徹した、という後付け理論です。アジア各国への人的資源的収奪を正当化する、見下す考えです。
>
> よく理解できました。ありがとうございました。
> > >
> > > 従軍慰安婦問題は女性への人権蹂躙、人間の尊厳を踏みにじるもの。女性だけが怒るべき問題ではないのです。
> > > No.26470で私は「元従軍慰安婦の方々の気持ちにみなが共感することが、この問題の解決へと一歩前進するのではないかと思うのです」と書き込みました。
> > > 「みなが共感すること」とは、男女関係なく人間としてみなが元従軍慰安婦の方々の気持ちに共感することが大事ではないかと、私の考えを述べたものです。
> >
> > もちろんです。
> >
> > 現に男性の私も、高校生の時から、あらゆる場面で訴えております。
>
> 高校の時からですか、さすがですね。
>
> その時分の私は・・
> 私は高卒で銀行に入ったのですが、面接で「最近読んだ本は?」と聞かれ『橋のない川』です、と答えたら面接官が焦った様子で「もっと他には?」、と聞いてきたので・・あ、ちょっとヤバいかな、と「アガサクリスティーの推理小説も好きでずいぶん読みました」と答えた記憶があります。
> その面接官は後に私の上司になったとき「オレが○○ちゃんを採用したんだよ」って笑って言ってました。
>
> 今思うと、世の中の不条理を考え始めるきっかけになったのが『橋のない川』だったのかな、と・・


あら、奇遇。

私も就職先は銀行です。

重役面接で同じように、学生時代に読んだ本を訊かれました。

当然あちらは身上調査も思想調査も済んでいた段階なので、こちらから試してやろうと思い「マルクスの資本論です」と答えました。

敵もさるもの引っ搔くもので、「青木、岩波のどちらですか」と訊き返してきて、岩波と答えて採用されました。

中高の授業で慰安婦の存在を知りました。

戦争帰りの老教諭で、共産党の査問問題を含め、体験に基づく近現代史、思想史を話してくれました。

重かったですね。
> >
> > 共感というより、怒り、です。
>
> 共感の次に湧いてくるのは、もちろん怒りの感情もあります。
> 私は、ニュースで従軍慰安婦像を見ると、この子はいったいいくつなんだろう、って思うのです。
> 私の娘よりずっと若いのでは・・その身に起こった残酷な仕打ちがわが子と重なると、もう何とも言えない気持ちになるのです。


[No.26478] 2018/01/29(Mon) 09:27:03
Re: 戦争と平和 (No.26478への返信 / 12階層) - ジマイマ

> あら、奇遇。
>
> 私も就職先は銀行です。
>
> 重役面接で同じように、学生時代に読んだ本を訊かれました。
>
> 当然あちらは身上調査も思想調査も済んでいた段階なので、こちらから試してやろうと思い「マルクスの資本論です」と答えました。
>
> 敵もさるもの引っ搔くもので、「青木、岩波のどちらですか」と訊き返してきて、岩波と答えて採用されました。
>
> 中高の授業で慰安婦の存在を知りました。
>
> 戦争帰りの老教諭で、共産党の査問問題を含め、体験に基づく近現代史、思想史を話してくれました。
>
> 重かったですね。


「マルクスの資本論」、難しそうです、私にはさっぱり・・(汗)

実体験からのお話は貴重ですね。

私は最近よく、戦争で亡くなった伯父のことを考えるようになりました。

父からは「真面目な人でよく怒られた」と、エピソードを2〜3聞かされていただけで、遺影の顔しか知らない伯父でしたが・・

高校の時私は、近く(といっても自転車で15分くらいにある)弓道場に通っていたのですが、たまたま道場の先生が伯父を知っていて、生前の話をしてくれました。
いっしょに政治活動をやったこと、○○さんは社会主義者だったんだよ、と・・両親からそんな話は聞いたこともなかったので、少し驚いた記憶があります。

最近思うのです。きっと伯父は、戦争に向かっていく時代の中で必死に抵抗したのだろう、と・・どんな思いで戦争に行ったのだろう、どんな思いで死んでいったのだろう・・、と。


[No.26479] 2018/01/29(Mon) 21:37:12
Re: 戦争と平和 (No.26479への返信 / 13階層) - 風

> > あら、奇遇。
> >
> > 私も就職先は銀行です。
> >
> > 重役面接で同じように、学生時代に読んだ本を訊かれました。
> >
> > 当然あちらは身上調査も思想調査も済んでいた段階なので、こちらから試してやろうと思い「マルクスの資本論です」と答えました。
> >
> > 敵もさるもの引っ搔くもので、「青木、岩波のどちらですか」と訊き返してきて、岩波と答えて採用されました。
> >
> > 中高の授業で慰安婦の存在を知りました。
> >
> > 戦争帰りの老教諭で、共産党の査問問題を含め、体験に基づく近現代史、思想史を話してくれました。
> >
> > 重かったですね。
>
> 「マルクスの資本論」、難しそうです、私にはさっぱり・・(汗)
>
> 実体験からのお話は貴重ですね。
>
> 私は最近よく、戦争で亡くなった伯父のことを考えるようになりました。
>
> 父からは「真面目な人でよく怒られた」と、エピソードを2〜3聞かされていただけで、遺影の顔しか知らない伯父でしたが・・
>
> 高校の時私は、近く(といっても自転車で15分くらいにある)弓道場に通っていたのですが、たまたま道場の先生が伯父を知っていて、生前の話をしてくれました。
> いっしょに政治活動をやったこと、○○さんは社会主義者だったんだよ、と・・両親からそんな話は聞いたこともなかったので、少し驚いた記憶があります。
>
> 最近思うのです。きっと伯父は、戦争に向かっていく時代の中で必死に抵抗したのだろう、と・・どんな思いで戦争に行ったのだろう、どんな思いで死んでいったのだろう・・、と。


最近思っているのは、カウンターとしての軍事学、軍事研究者が日本には存在しない事。

政府発表が基礎となって、それへの批判という形で反論は出来るのですが、片手間感が半端ありません。

あとは、戦争で働き手を亡くした家族の没落問題。

これは農民層分解や貧困層増大、賃金労働者の供給過剰や労使交渉弱体化いも影響があったのではと推察します。

これに関する研究もしたいなぁと。


[No.26480] 2018/01/29(Mon) 22:29:40
Re: 戦争と平和 (No.26480への返信 / 14階層) - ジマイマ

> 最近思っているのは、カウンターとしての軍事学、軍事研究者が日本には存在しない事。
>
> 政府発表が基礎となって、それへの批判という形で反論は出来るのですが、片手間感が半端ありません。


ネットで見ましたが、カウンターの方々の頑張りに頭が下がる思いです。しかし「規制法」で差別主義団体のヘイトスピーチを封じ込めるのは無理があるでしょうね。

つい最近、NHKスぺシャルで「赤報隊」のことを取り上げていましたが・・
ヘイトの同根には国粋主義があると・・嫌な空気が徐々に日本全体に蔓延していくようで、不気味です。

>
> あとは、戦争で働き手を亡くした家族の没落問題。
>
> これは農民層分解や貧困層増大、賃金労働者の供給過剰や労使交渉弱体化いも影響があったのではと推察します。
>
> これに関する研究もしたいなぁと。


なるほどです。
戦争が終結しても、その影響は後々まで、様々なところに波及してるのですね。
生活の担い手になる人たちがみんな戦場へ駆り出されたのですからね。


[No.26481] 2018/01/30(Tue) 19:37:31
Re: 戦争と平和 (No.26481への返信 / 15階層) - 風

> > 最近思っているのは、カウンターとしての軍事学、軍事研究者が日本には存在しない事。
> >
> > 政府発表が基礎となって、それへの批判という形で反論は出来るのですが、片手間感が半端ありません。
>
> ネットで見ましたが、カウンターの方々の頑張りに頭が下がる思いです。しかし「規制法」で差別主義団体のヘイトスピーチを封じ込めるのは無理があるでしょうね。
>
> つい最近、NHKスぺシャルで「赤報隊」のことを取り上げていましたが・・
> ヘイトの同根には国粋主義があると・・嫌な空気が徐々に日本全体に蔓延していくようで、不気味です。
>
> >
> > あとは、戦争で働き手を亡くした家族の没落問題。
> >
> > これは農民層分解や貧困層増大、賃金労働者の供給過剰や労使交渉弱体化いも影響があったのではと推察します。
> >
> > これに関する研究もしたいなぁと。
>
> なるほどです。
> 戦争が終結しても、その影響は後々まで、様々なところに波及してるのですね。
> 生活の担い手になる人たちがみんな戦場へ駆り出されたのですからね。


そのカウンターではありませぬ。


[No.26482] 2018/02/03(Sat) 03:11:08
Re: 戦争と平和 (No.26482への返信 / 16階層) - ジマイマ

> > > 最近思っているのは、カウンターとしての軍事学、軍事研究者が日本には存在しない事。
> > >
> > > 政府発表が基礎となって、それへの批判という形で反論は出来るのですが、片手間感が半端ありません。
> >
> > ネットで見ましたが、カウンターの方々の頑張りに頭が下がる思いです。しかし「規制法」で差別主義団体のヘイトスピーチを封じ込めるのは無理があるでしょうね。
> >
> > つい最近、NHKスぺシャルで「赤報隊」のことを取り上げていましたが・・
> > ヘイトの同根には国粋主義があると・・嫌な空気が徐々に日本全体に蔓延していくようで、不気味です。
> >
> > >
> > > あとは、戦争で働き手を亡くした家族の没落問題。
> > >
> > > これは農民層分解や貧困層増大、賃金労働者の供給過剰や労使交渉弱体化いも影響があったのではと推察します。
> > >
> > > これに関する研究もしたいなぁと。
> >
> > なるほどです。
> > 戦争が終結しても、その影響は後々まで、様々なところに波及してるのですね。
> > 生活の担い手になる人たちがみんな戦場へ駆り出されたのですからね。
>
> そのカウンターではありませぬ。


数のカウントのことでしたか?

的はずれな書き込みをしてしまいました。

大変失礼いたしました。


[No.26483] 2018/02/03(Sat) 08:26:43
Re: 戦争と平和 (No.26483への返信 / 17階層) - ジマイマ

> > > > 最近思っているのは、カウンターとしての軍事学、軍事研究者が日本には存在しない事。
> > > >
> > > > 政府発表が基礎となって、それへの批判という形で反論は出来るのですが、片手間感が半端ありません。
> > >
> > > ネットで見ましたが、カウンターの方々の頑張りに頭が下がる思いです。しかし「規制法」で差別主義団体のヘイトスピーチを封じ込めるのは無理があるでしょうね。
> > >
> > > つい最近、NHKスぺシャルで「赤報隊」のことを取り上げていましたが・・
> > > ヘイトの同根には国粋主義があると・・嫌な空気が徐々に日本全体に蔓延していくようで、不気味です。
> > >
> > > >
> > > > あとは、戦争で働き手を亡くした家族の没落問題。
> > > >
> > > > これは農民層分解や貧困層増大、賃金労働者の供給過剰や労使交渉弱体化いも影響があったのではと推察します。
> > > >
> > > > これに関する研究もしたいなぁと。
> > >
> > > なるほどです。
> > > 戦争が終結しても、その影響は後々まで、様々なところに波及してるのですね。
> > > 生活の担い手になる人たちがみんな戦場へ駆り出されたのですからね。
> >
> > そのカウンターではありませぬ。
>
> 数のカウントのことでしたか?
>
> 的はずれな書き込みをしてしまいました。
>
> 大変失礼いたしました。


また的はずれの書き込みになるかもしれませんが、戦争被害者の数について思うことがありましたので・・

たとえば南京大虐殺、虐殺された被害者の数をとっても2万から30万人と大変な開きがあります。残っている資料からその実際の人数をあきらかにするのは至難の業です。
それを逆手に「資料はデッチ上げだ、写真もインチキ、南京大虐殺はなかった」と言い出す人もいる始末です。

最近NHKスペシャルで「731部隊」を取り上げていましたが、敗戦時に軍はなにをやったか・・惨殺された被害者骨まで細かく砕き徹底的に証拠を隠滅。

従軍慰安婦問題にしてもそうです。旧日本軍は「悪事」がばれないように証拠を隠蔽し政府も軍の関与を否定し続けてきましたが、「河野談話」でようやく公式に認めた、と。

しかし2001年、安倍は当時内閣官房副長官のとき故中川昭一氏とともにNHK「戦争をどう裁くか(2)問われる戦時性暴力」(2001年1月30日放送)に事前介入。番組の内容が大きく変更されたと番組のチーフ・プロデューサーに告発された事件がありました。

安倍が政権をとってから、歴史修正主義者たちの説が大手を振って世の中にアピールされるようになっています。
影響は「歴史」だけではありません。今の日本は国の中心が常識はずれ。日本の「崩壊」が止まりません。


[No.26484] 2018/02/03(Sat) 09:43:22
Re: 戦争と平和 (No.26483への返信 / 17階層) - 風

> > > > 最近思っているのは、カウンターとしての軍事学、軍事研究者が日本には存在しない事。
> > > >
> > > > 政府発表が基礎となって、それへの批判という形で反論は出来るのですが、片手間感が半端ありません。
> > >
> > > ネットで見ましたが、カウンターの方々の頑張りに頭が下がる思いです。しかし「規制法」で差別主義団体のヘイトスピーチを封じ込めるのは無理があるでしょうね。
> > >
> > > つい最近、NHKスぺシャルで「赤報隊」のことを取り上げていましたが・・
> > > ヘイトの同根には国粋主義があると・・嫌な空気が徐々に日本全体に蔓延していくようで、不気味です。
> > >
> > > >
> > > > あとは、戦争で働き手を亡くした家族の没落問題。
> > > >
> > > > これは農民層分解や貧困層増大、賃金労働者の供給過剰や労使交渉弱体化いも影響があったのではと推察します。
> > > >
> > > > これに関する研究もしたいなぁと。
> > >
> > > なるほどです。
> > > 戦争が終結しても、その影響は後々まで、様々なところに波及してるのですね。
> > > 生活の担い手になる人たちがみんな戦場へ駆り出されたのですからね。
> >
> > そのカウンターではありませぬ。
>
> 数のカウントのことでしたか?
>
> 的はずれな書き込みをしてしまいました。
>
> 大変失礼いたしました。


政府主導の国防、ミサイル防衛等々の無意味さを、学問的に批判する研究とデータの積み重ねが、日本には少ない。

政府の軍事的拡大を真っ向から批判否定する軍事学のことです。


[No.26485] 2018/02/03(Sat) 09:48:43
Re: 戦争と平和 (No.26485への返信 / 18階層) - ジマイマ

> > > > > 最近思っているのは、カウンターとしての軍事学、軍事研究者が日本には存在しない事。
> > > > >
> > > > > 政府発表が基礎となって、それへの批判という形で反論は出来るのですが、片手間感が半端ありません。
> > > >
> > > > ネットで見ましたが、カウンターの方々の頑張りに頭が下がる思いです。しかし「規制法」で差別主義団体のヘイトスピーチを封じ込めるのは無理があるでしょうね。
> > > >
> > > > つい最近、NHKスぺシャルで「赤報隊」のことを取り上げていましたが・・
> > > > ヘイトの同根には国粋主義があると・・嫌な空気が徐々に日本全体に蔓延していくようで、不気味です。
> > > >
> > > > >
> > > > > あとは、戦争で働き手を亡くした家族の没落問題。
> > > > >
> > > > > これは農民層分解や貧困層増大、賃金労働者の供給過剰や労使交渉弱体化いも影響があったのではと推察します。
> > > > >
> > > > > これに関する研究もしたいなぁと。
> > > >
> > > > なるほどです。
> > > > 戦争が終結しても、その影響は後々まで、様々なところに波及してるのですね。
> > > > 生活の担い手になる人たちがみんな戦場へ駆り出されたのですからね。
> > >
> > > そのカウンターではありませぬ。
> >
> > 数のカウントのことでしたか?
> >
> > 的はずれな書き込みをしてしまいました。
> >
> > 大変失礼いたしました。
>
> 政府主導の国防、ミサイル防衛等々の無意味さを、学問的に批判する研究とデータの積み重ねが、日本には少ない。
>
> 政府の軍事的拡大を真っ向から批判否定する軍事学のことです。


おっしゃる通りですね。

そのような、軍事学的観点から専門家が批判否定する、とても大事なことだと思いました。

政府は米国と一体化するように兵器を次々購入。憲法9条はどこいったのか・・まったく歯止めが効かない今の状況を危惧しています。


[No.26486] 2018/02/04(Sun) 01:50:40
Re: 戦争と平和 (No.26486への返信 / 19階層) - ジマイマ

> > 政府主導の国防、ミサイル防衛等々の無意味さを、学問的に批判する研究とデータの積み重ねが、日本には少ない。
> >
> > 政府の軍事的拡大を真っ向から批判否定する軍事学のことです。
>
> おっしゃる通りですね。
>
> そのような、軍事学的観点から専門家が批判否定する、とても大事なことだと思いました。


加えまして、データ研究に基づくそうした専門家の意見は、私たちの政府の方針を批判する明確な根拠となり得ると思います。
>
> 政府は米国と一体化するように兵器を次々購入。憲法9条はどこいったのか・・まったく歯止めが効かない今の状況を危惧しています。


「政府は米国と一体化するように」ではなく、正しくは「政府は自衛隊を米軍と一体化するように」でした。
お詫びして訂正させて頂きます。


[No.26487] 2018/02/04(Sun) 08:52:45
Re: 戦争と平和 (No.26485への返信 / 18階層) - もうひとりのガリレオ

> 政府主導の国防、ミサイル防衛等々の無意味さを、学問的に批判する研究とデータの積み重ねが、日本には少ない。
>
> 政府の軍事的拡大を真っ向から批判否定する軍事学のことです。


日本の場合軍事を学問的に教えたり研究することがタブーだったりします。
ミサイル防衛に関しては軍事評論家の田岡俊二さんが防衛省の役人に聞いたことがあるそうです。
「MDとしてイージス艦と地上配備のPAC3があったとしても、他国から同時に複数のミサイルを撃ち込まれたら防ぎようがないよね」
と問う田岡さんに防衛省の官僚は「その通りです。MDシステムは複数のミサイル攻撃に対応できません。それでも国民に安心を与えるためのものですから・・・」と答えたそうです。

防衛官僚は敵地攻撃能力の保持を悲願としています。
田岡さんが、「日本は敵基地攻撃能力を持ちたいと言っているけれど、そもそも敵基地に関する情報収集能力も無いのに、敵基地攻撃能力を持ったとして、その攻撃目標はどうやって定めるの?」と問うと、防衛官僚は頭を抱え込んで何も返答しない(出来ない)そうです。

防衛官僚ですらこんな感じなのですから、国会議員が日本の国防政策を理解しているとは思えません。

ましてや、あのボンクラ総理に国防を理解しろと言うのは無理筋な話なのではないでしょうか?


[No.26488] 2018/02/04(Sun) 22:39:42

以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS