[ リストに戻る ]
No.42へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all ゲームの感想 - hexa - 2016/10/03(Mon) 13:32:27 [No.42]


ゲームの感想 - hexa

プレイしたのはずっと前だったのですが、今更ながら「伝えておきたいな……」と
思えることがずっとあったので筆をとりました。

1作目、「セーブ縛りさえなければ!!」と何度も思いました。
(かなり前だったので、その後セーブ制限の点を改善されたように伺い安心しました。)

私個人は、セーブはプレイヤーのリアルの都合上必要なものだと思っているので
過度のセーブ制限をゲームバランスに組み込むのはやめてー!!と叫んでました。
(自分はリセット連打やらないクチなのと、日常生活でけっこう作業が
中断されやすい環境なこと、あとその時PCの状態があまりよくなかった
ことなどいろいろ重なりまして。。)

自分の感覚ではセーブとセーブの間が10分越えたらいろいろな意味で危険、と思って
いるので、緊張感を持って楽しむというよりは心臓に悪いという感じでした。

2作目。
1作目の妙なネタバレが。。もう少し漏らす内容を絞ってほしかった。。。

ゲーム自体も面白かったのですが、前作からの成長を感じられたのがよかったです。
「ひとりでなんでもできる娘」だったアリアが「仲間のために回復役に徹する子」
になっていたのには不覚にもホロっときてしまいました。
ゲームでそんなところに感情移入してしまったのは初めてだったので、貴重な体験でした。

最後に、セイさんはゲームの人気があって小説がいまひとつ、ということを
気にされていたようなので、私から推測できる範囲の話ですが。
ゲームはゲームというだけでキャラクターが目標に向かって前向きになっているので
楽しいのですが……以前にも言った気がするけれど、小説のキャラクター描写が
過去・回想の比重が多すぎる(キャラクターが各々自分の世界に籠りがちに見える)
ところではないのかな……と思います。


[No.42] 2016/10/03(Mon) 13:32:27

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS