[ リストに戻る ]
No.1544へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all regret-1 - takaci - 2009/04/19(Sun) 18:46:25 [No.1491]
Re: regret - やちる - 2010/09/12(Sun) 01:04:29 [No.1592]
regret-2 - takaci - 2009/04/26(Sun) 04:30:44 [No.1492]
regret-3 - takaci - 2009/05/04(Mon) 04:37:09 [No.1493]
regret-4 - takaci - 2009/05/10(Sun) 06:28:38 [No.1496]
regret-5 - takaci - 2009/05/17(Sun) 07:00:16 [No.1497]
regret-6 - takaci - 2009/05/24(Sun) 08:02:21 [No.1498]
regret-7 - takaci - 2009/05/31(Sun) 07:57:01 [No.1499]
regret-8 - takaci - 2009/06/07(Sun) 07:41:36 [No.1500]
regret-9 - takaci - 2009/06/14(Sun) 06:42:42 [No.1501]
regret-10 - takaci - 2009/06/21(Sun) 07:33:23 [No.1502]
regret-11 - takaci - 2009/06/28(Sun) 07:54:22 [No.1503]
regret-12 - takaci - 2009/07/05(Sun) 07:36:05 [No.1505]
regret-13 - takaci - 2009/07/12(Sun) 19:20:22 [No.1506]
regret-14 - takaci - 2009/07/19(Sun) 06:46:29 [No.1507]
regret-15 - takaci - 2009/07/26(Sun) 07:56:13 [No.1513]
regret-16 - takaci - 2009/08/02(Sun) 08:41:00 [No.1514]
regret-17 - takaci - 2009/08/10(Mon) 05:26:09 [No.1516]
regret-18 - takaci - 2009/08/16(Sun) 04:25:30 [No.1517]
regret-19 - takaci - 2009/08/23(Sun) 07:01:25 [No.1518]
regret-20 - takaci - 2009/08/30(Sun) 05:34:29 [No.1519]
regret-21 - takaci - 2009/09/06(Sun) 06:58:27 [No.1521]
regret-22 - takaci - 2009/09/13(Sun) 08:02:01 [No.1523]
regret-23 - takaci - 2009/09/20(Sun) 08:04:03 [No.1526]
regret-24 - takaci - 2009/09/27(Sun) 09:06:52 [No.1527]
regret-25 - takaci - 2009/10/04(Sun) 07:15:26 [No.1530]
regret-26 - takaci - 2009/10/11(Sun) 06:45:51 [No.1531]
regret-27 - takaci - 2009/10/18(Sun) 06:43:05 [No.1532]
regret-28 - takaci - 2009/10/25(Sun) 07:41:12 [No.1534]
regret-29 - takaci - 2009/11/01(Sun) 07:38:44 [No.1536]
regret-30 - takaci - 2009/11/08(Sun) 08:52:25 [No.1537]
regret-31 - takaci - 2009/11/15(Sun) 07:40:18 [No.1538]
regret-32 - takaci - 2009/11/22(Sun) 08:24:12 [No.1539]
regret-33 - takaci - 2009/11/29(Sun) 07:43:17 [No.1540]
regret-34 - takaci - 2009/12/06(Sun) 07:14:45 [No.1541]
regret-35 - takaci - 2009/12/13(Sun) 06:41:30 [No.1542]
regret-36 - takaci - 2009/12/20(Sun) 07:46:53 [No.1543]
regret-37 - takaci - 2009/12/27(Sun) 05:49:58 [No.1544]
regret-38 - takaci - 2010/01/03(Sun) 06:14:45 [No.1545]
regret-39 - takaci - 2010/01/10(Sun) 06:37:20 [No.1546]
regret-40 - takaci - 2010/01/17(Sun) 07:13:07 [No.1547]
regret-41 - takaci - 2010/01/24(Sun) 07:57:30 [No.1548]
regret-42 - takaci - 2010/02/01(Mon) 04:59:18 [No.1549]
regret-43 - takaci - 2010/02/06(Sat) 07:39:09 [No.1550]
regret-44 - takaci - 2010/02/14(Sun) 06:42:21 [No.1551]
regret-45 - takaci - 2010/02/21(Sun) 06:34:14 [No.1552]
regret-46 - takaci - 2010/02/28(Sun) 06:56:40 [No.1553]
regret-47 - takaci - 2010/03/07(Sun) 07:08:52 [No.1554]
regret-48 - takaci - 2010/03/14(Sun) 07:11:26 [No.1555]
regret-49 - takaci - 2010/03/21(Sun) 08:21:27 [No.1556]
regret-50 - takaci - 2010/03/28(Sun) 06:52:32 [No.1557]
regret-51 - takaci - 2010/04/03(Sat) 21:36:44 [No.1558]
regret-52 - takaci - 2010/04/10(Sat) 19:27:53 [No.1559]
regret-53 - takaci - 2010/04/17(Sat) 21:20:18 [No.1560]
regret-54 - takaci - 2010/04/24(Sat) 20:06:25 [No.1564]
regret-55 - takaci - 2010/05/01(Sat) 21:25:54 [No.1569]
regret-56 - takaci - 2010/05/08(Sat) 05:21:34 [No.1572]
regret-57 - takaci - 2010/05/14(Fri) 19:51:48 [No.1573]
regret-58 - takaci - 2010/05/21(Fri) 20:05:21 [No.1574]
regret-59 - takaci - 2010/05/28(Fri) 19:37:52 [No.1575]
regret-60 - takaci - 2010/06/04(Fri) 19:43:29 [No.1576]
regret-61 - takaci - 2010/06/11(Fri) 20:59:01 [No.1577]
regret-62 - takaci - 2010/06/18(Fri) 19:40:36 [No.1578]
regret-63 - takaci - 2010/06/26(Sat) 19:45:30 [No.1579]
regret-64 - takaci - 2010/07/02(Fri) 19:33:40 [No.1580]
regret-65 - takaci - 2010/07/10(Sat) 19:36:52 [No.1581]
regret-66 - takaci - 2010/07/16(Fri) 20:44:32 [No.1582]
regret-67 - takaci - 2010/07/25(Sun) 20:12:04 [No.1583]
regret-68 - takaci - 2010/07/30(Fri) 20:52:05 [No.1584]
regret-69 - takaci - 2010/08/06(Fri) 20:18:41 [No.1585]
regret-70 - takaci - 2010/08/14(Sat) 17:24:50 [No.1586]
regret-71 - takaci - 2010/08/20(Fri) 20:12:59 [No.1587]
regret-72 - takaci - 2010/08/27(Fri) 19:27:17 [No.1588]
regret-73 - takaci - 2010/09/03(Fri) 19:24:58 [No.1589]
regret-74(Fin) - takaci - 2010/09/10(Fri) 20:04:12 [No.1590]
Re: regret-74(Fin) - ふれ - 2010/09/11(Sat) 22:33:36 [No.1591]


regret-37 (No.1543 への返信) - takaci

「たあっ!」





真緒の掛け声とともに鋭い蹴りが飛んで来る。





「くっ!」





秀一郎はガードで手一杯だった。





(真緒ちゃん、いつもと違う。速さと鋭さが桁違いだ)





定期的に組み手を交わすふたりだが、今日の真緒は気迫がこもっていた。





いつもは真緒が素手で秀一郎は両手にミットだが、今日はふたりとも練習用のボクシンググローブを身につけている。





だから蹴りだけでなく拳も飛んでくる。





パアン!





真緒の拳が入った。





「ぐっ!」





秀一郎の体勢が少し乱れるが、威力はさほどでもないので持ち直す。





「センパイ、もっと脚を使うんです。ガードじゃなくスウェイで対処する。それじゃいずれ脚が止まります」





「んなこと言っても・・・」





真緒の動きは予測不可なので下手には動けない。





よけて動いた先に蹴りが待っていることはザラである。





拳と蹴りをガードで何とかさばきつつ隙を伺うが、今日の真緒に隙はない。





秀一郎はほぼサンドバッグに近い状態だった。





ドガッ!





「ぐうっ!」





真緒の鋭い上段の蹴りがガードの上から秀一郎を襲う。





グラッと来た。





(このままじゃどうにもならん。何とか止めないと・・・)





乱れた体勢で考えを巡らすが、真緒は次の手を撃とうとしている。





「くっそ!」





秀一郎は無理な体勢のまま、向かって来る真緒に拳を出す。





だが、真緒の姿が視界から消えた。





(やられた・・・)





覚悟する。





ビーッ





庭の隅に置かれたタイマーのアラームが鳴る。





背後に気配を感じる。





(う・・・)





真緒の右足が秀一郎の首筋に寸止めで入っていた。





「アラームに助けられましたね、センパイ」





「真緒ちゃんのスピードには対応出来んよ」





「けどだいぶタフになりましたね。8ラウンドで3回ダウンは新記録ですよ」





笑顔を見せる真緒。





「はあ〜、きっつ〜」





秀一郎はドンと尻餅をついた。





ランニングと筋トレに真緒との実戦6ラウンドがいつものメニューだが、今朝は8ラウンドこなした。





しかも容赦ない攻撃が続いたのでスタミナの消耗も激しい。





心底へとへとだった。





ガラッ。





縁側のドアが開いた。





エプロン姿の奈緒が顔を出す。





「お姉ちゃ〜ん、秀〜、もうすぐご飯だよ〜」





奈緒の声がいつもより温かく感じた。











休みの日は早起きして真緒の朝練に付き合うのが習慣になっている。





短時間で密度の濃いメニューをこなし、シャワーを浴びてさっぱりしたのちに小崎家の温かい朝食が待っている。





「いただきます」





秀一郎はまず味噌汁に口をつける。





今朝は格別に美味かった。





奈緒にそう告げると、





「そう?いつもと変わらないけどね」





とは言いながらも満更ではない顔を見せる奈緒。





「センパイ、今朝は頑張りましたからね」





真緒も嬉しそうな笑顔を見せる。





温かい食卓。





美味しい朝ごはん。





気持ちも温かくなる。





「ねえ秀、今日これから買い物付き合ってよ」





「別に構わんけど。どこ行くんだ?」





「今月の頭にオープンしたショッピングモール。前から話してたでしょ?」





「そういえばそうだったな」





言われてようやく思い出した。





「秀ずっとバタバタしてて忙しそうだったけど、今日はいいよね?」





「あ、ああ」





「じゃ決まり!なに着てこうかなあ〜」





奈緒は嬉しそうな笑顔を見せる。





その一方で秀一郎は少し動揺していた。





(確かに俺は桐山にかかりっきりで奈緒は放ったらかしだった。全然気にしてなかったけど、やっぱ奈緒は気にしてたんだな)





今の奈緒の笑顔は秀一郎には少し痛かった。





朝食の後、待たされたのが1時間と少々。





ようやく部屋から出てきた奈緒は特別変わったようには見えなかった。





「しっかし女の子の準備ってのは時間かかるな。これで化粧までするようになったら倍以上待たされるのか?」





「どうかなあ?あたしメイクなんてまだあまりしてないからわかんない。お母さんもあまりしないもんね」





「んじゃ着てく服を選ぶだけでそんだけかかるのか。まあそれが初めて着る服だったらわからんでもないが・・・」





奈緒は見慣れた服を着ている。





「逆よ逆。着てくのが決まってるなら迷わないもん」





「普段からそんなんだと大学とかなったら大変そうだな。いっつも長いこと待たされるからなあ」





「普段着ならそんなに時間かけないよ。秀と一緒だから時間かけるの。あたしはまだ短いほうだと思うよ。お姉ちゃんはもっと迷うから」





「えっ?」





これは意外だった。





真緒にそんなイメージはなかった。





「夏休み前にお姉ちゃんとデートしたでしょ。あの日に着てく服なんていくつも買って、前の晩から鏡とずっとにらめっこしてたもん」





「あの真緒ちゃんが?へぇ〜っ」





思い出してみれば、あのときの真緒の服装は気合いが入っていた。





普段はシンプルで動きやすい姿ばかりであまりファッションにはこだわっているように見えない真緒の女の子らしい姿だった。





「まあ、あの日もいろいろあったなあ」





「何よ、お姉ちゃんは楽しかったって言ってたけど、なにかあったの?」





「いや、別に」





あの日、奈緒を気遣った菅野の舎弟に監視されていたことは奈緒には話していないし、話す予定もなかった。





女の子で買い物が好きでない子は稀だと思う。





ウィンドウショッピングだけでも目をキラキラと輝かせる。





奈緒も例外ではなく、買い物が大好きである。





いろんなものが目に留まる度に足を止め、商品に魅入る。





それの繰り返しなので、時間はいくらあっても足らないし退屈しない。





ただ、付き合わされる男は忍耐力が問われる。





昼飯時には、





「はぁ〜、疲れた〜」





秀一郎はかなりバテていた。





ファーストフード店のテーブルが天国に感じる。





歩きずくめでくたくただった。





「今朝の練習ハードっぽかったもんね」





対する奈緒は余裕の笑み。





「練習の疲れじゃねえっての。女の子の買い物の相手はそれだけで疲れるの」





「男ってみんなそう言うんだよね。秀もそうだし、菅野の仲間たちも疲れた顔を見せるんだよね。けど女の子同士だとそんなんならないよ。男のほうがスタミナないのかなあ?」





「男と女のテンションの違いだろうな。女のがテンション高いから疲れないんだろ」





「そうだよね〜女の子同士だと盛り上がって楽しいもんね」





「それがわかっててなぜ俺を誘う?」





疲れが出ている秀一郎は少し不機嫌な口調になる。





だが奈緒もそのあたりは心得ていて、こちらは満面の笑みを見せる。





「だってやっぱり、彼氏に選んでもらったもののほうが安心するし嬉しいもん!」





そう言われると秀一郎も不満を言えない。





「俺は別にお前のファッションセンスに文句つけた覚えはないぞ。自分の気に入ったものを着ればいいさ」





「でもあんまり派手なのは嫌いでしょ?」





「派手っつーか、露出度の高い服は避けて欲しいな」





「背が低いから栄えないって言うんでしょ?」





「そうじゃない、お前って結構目立つから、あまり男の目を惹くような服はやめたほうがいいってだけだ。変な男にナンパされたりとか絡まれたりしたくないだろ?」





「秀が心配性なだけじゃない?ナンパなんてされたことないよ。背低いから目立たないし」





「見てる奴は見てるんだよ。背が高くてスタイル抜群の女の子より小さめでかわいい系の女の子のほうが狙われやすいみたいなんだ」





「そういえばあの変態野郎もそうだったっけ。あ〜ヤダヤダ」





かつてさらわれた議員秘書を思い出して嫌な顔を見せる奈緒。





「とにかく今は妙な奴が多いしあまり人目に付くような恰好はやめてくれよ」





「はいはい。じゃあホントふたりっきりのときは思いっきり大胆にしようかな。それならいいでしょ?襲われても構わないし」





また奈緒は際どい言葉を口にする。





秀一郎は少し驚いてポテトを詰まらせそうになったがなんとかコーヒーで流し込んで、





「襲うなんて人聞き悪いな。ただ俺は、その・・・」





顔が赤くなる秀一郎。





「アハハ!照れちゃってかわいい!」





笑い転げる奈緒。





「か、からかうなよ!」





「ゴメンゴメンね。でも・・・」





奈緒はテーブル越しに秀一郎に抱き着き、





「秀が望むならあたしはいつでもOKだからね」





耳元で甘く囁いた。





ドクンと胸が高鳴る甘い誘惑。





「その、嬉しいけど・・・たとえ冗談でも他の男にこんなこと言うなよ。誤解するし最悪暴走するぞ」





「わかってる。秀にしかこんなこと言わない。だから他の女のことは忘れて、あたしにだけ夢中になって」





「奈緒・・・」





年頃の男なら、この一言で全てを忘れるだろう。





だが今の秀一郎に、少しだけ別の女の姿が浮かぶ。





(やっぱり俺は桐山を意識してる。でも今は・・・)





心の奥底に沙織をしまい込んだ。





奈緒の前でそれを見せるわけにはいかない。





「奈緒、ありがとう」





小さな恋人の頭を優しく撫で、手を繋いで席を立った。





(迷う必要はない。俺は奈緒の恋人だ。奈緒とのすべてを守るんだ)





そう心に誓う秀一郎だった。


[No.1544] 2009/12/27(Sun) 05:49:58
p57dcdd.aicint01.ap.so-net.ne.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS