[ リストに戻る ]
No.1562へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all [削除] - - 2010/04/20(Tue) 23:54:10 [No.1561]
Re: 〜君へ〜 第一話 - たこねぎ - 2010/04/23(Fri) 06:39:35 [No.1563]
〜君へ〜 第二話 - たこねぎ - 2010/04/21(Wed) 00:47:12 [No.1562]
〜君へ〜 第三話 - たこねぎ - 2010/04/28(Wed) 06:42:30 [No.1565]
〜君へ〜 第四話 - たこねぎ - 2010/04/29(Thu) 08:54:28 [No.1566]
〜君へ〜 第五話 - たこねぎ - 2010/04/29(Thu) 09:33:42 [No.1567]
〜君へ〜 第六話 - たこねぎ - 2010/04/29(Thu) 23:16:43 [No.1568]
〜君へ〜 第七話 - たこねぎ - 2010/05/03(Mon) 16:48:03 [No.1570]
〜君へ〜 第八話 - たこねぎ - 2010/05/03(Mon) 18:10:33 [No.1571]


〜君へ〜 第二話 (No.1561 への返信) - たこねぎ

季節は冬学校ではもうすぐバレンタインデーという事で異様な雰囲気だった

「今年は絶対貰う!!」

小宮山が一人暑く燃えていた

「期待するだけ無駄だって」

それをなだめる外村

「そういや、真中は誰から貰うの?」

外村の急な質問に淳平は少し焦った

「え?ああ、なんでもいいんじゃね?」

「真中、お前分かってないなぁ〜、その日は女の子が勝負をかけるひだぜ、お前らの関係にピリオドがうてるかもな」

少し楽しそうに言う外村に対し淳平は

「ばっばか言うんじゃねぇ(でも、ちょっと期待しちまうな・・・)」

バレンタインデー当日

「まっなか〜!!」

バフッ、朝からさつきが抱きついてきた

「やめろってっ、皆見てるだろ!」

「いいじゃん、真中も毎日期待してんでしょ?」

「うっ」

とっさに反論できない淳平であった

「真中ったら〜♪、このエッチ」

「だから別に俺は・・」

反論しようとした時さつきはチョコレートを渡した

「これ、あたしの気持ち受け取ってくれるよね」

「じゃあ、また後でね!」

淳平にチョコを渡し走り去って行くさつき

(さつき・・・、こんな俺をまだ好きでいてくれるんだな)

(早く、答えださないとな)

放課後

(真中君居るかな)

綾は淳平の教室まで来ていた

(やっぱり、緊張するな〜・・)

(でも、今日じゃないと)

「あれーっ、東城」

淳平が廊下の向こうから急にあわられた

「あっ、真中く・・、キャ!」

東城はこけたその拍子にチョコが落下した

「それ、チョコレート?」

淳平は思わず聞いてしまった

(やばっ、俺何言ってんだまるでチョコが物欲しそうじゃねぇか!)

「うん。真中君のチョコなんだけど」

「よかったら、受け取ってください」

「あ、ありがとう。大事に食うよ」

淳平は少し顔が赤いが綾はもう真っ赤だ

「じゃじゃあね、また部活でっ」

走り去って行く東城

(東城にもこのままじゃやっぱだめだよな)

綾に貰ったチョコを見つめ自分を見つめる淳平であった
そのとき外村が

「おっ、いたいた真中さっきつかさちゃんから電話」

「西野から〜!?貸してくれ!」

「電波悪いから切るって」

「なんだよー、(なんの用事だったんだろ、やっぱりチョコかな)」

少し落ち込んだもののすぐに期待で元気になる淳平であった


「ただいまー」

「お帰り今年はチョコもらえたの?」

「ああ、少しだけど」

帰宅した淳平は何よりつかさからの電話を期待していた

(家の前には無かったし、電話を待つかな)

時は流れ

「あ?ん?ファ〜寝てたのか」

淳平は寝てしまっていた、そして

「淳平起きたのさっき西野って女の子から電話あって、近くの公園で待ってるそうよ、早く行ってきなさい」

「え!?マジ?、すぐ行ってくるよ!」

(西野のこんな雪の中ここまで来てくれたのか)

「ハァ・・ハァ・・・、西野!」

「遅い!」

ブランコに乗っていたつかさが蹴り飛ばした靴が淳平にヒット

「こんな、時間まで何処ほっつき歩いてたんだよ!?」

「実は、ちょっと寝てて・・」

「寝てた〜?、まぁいいやこうして会えたし」

ブランコから飛び降り淳平に抱きつくつかさ

(西野ほっぺすっげー、冷たい)

つかさがずいぶん長く待っていたことは容易に想像できた

「ハイっ、今年は直接渡したかったの」

「ありがとう・・」

(西野から直接チョコもらえるなんて俺ちょう幸せ!!)

喜ぶ淳平に対しつかさは寂しそうな表情をしていた

「これが、あたしのあげる最後のチョコになるかもしれないから・・・」

「え?西野なんか言った?」

つかさが呟いたその言葉を淳平は聞き取れなかった

「ううん、なんでもないの、あたしこれで帰るね親も心配してるし、バイバイ」

「ああ、バイバイ」

(みんな、俺にホントにチョコくれるんだな、俺もそろそろ前にすすまきゃな、いけないな)

つかさの背を見ていた淳平はある決意をするのだった


[No.1562] 2010/04/21(Wed) 00:47:12
zaq3d7d57ac.zaq.ne.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS