[ リストに戻る ]
No.1569へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all regret-1 - takaci - 2009/04/19(Sun) 18:46:25 [No.1491]
Re: regret - やちる - 2010/09/12(Sun) 01:04:29 [No.1592]
regret-2 - takaci - 2009/04/26(Sun) 04:30:44 [No.1492]
regret-3 - takaci - 2009/05/04(Mon) 04:37:09 [No.1493]
regret-4 - takaci - 2009/05/10(Sun) 06:28:38 [No.1496]
regret-5 - takaci - 2009/05/17(Sun) 07:00:16 [No.1497]
regret-6 - takaci - 2009/05/24(Sun) 08:02:21 [No.1498]
regret-7 - takaci - 2009/05/31(Sun) 07:57:01 [No.1499]
regret-8 - takaci - 2009/06/07(Sun) 07:41:36 [No.1500]
regret-9 - takaci - 2009/06/14(Sun) 06:42:42 [No.1501]
regret-10 - takaci - 2009/06/21(Sun) 07:33:23 [No.1502]
regret-11 - takaci - 2009/06/28(Sun) 07:54:22 [No.1503]
regret-12 - takaci - 2009/07/05(Sun) 07:36:05 [No.1505]
regret-13 - takaci - 2009/07/12(Sun) 19:20:22 [No.1506]
regret-14 - takaci - 2009/07/19(Sun) 06:46:29 [No.1507]
regret-15 - takaci - 2009/07/26(Sun) 07:56:13 [No.1513]
regret-16 - takaci - 2009/08/02(Sun) 08:41:00 [No.1514]
regret-17 - takaci - 2009/08/10(Mon) 05:26:09 [No.1516]
regret-18 - takaci - 2009/08/16(Sun) 04:25:30 [No.1517]
regret-19 - takaci - 2009/08/23(Sun) 07:01:25 [No.1518]
regret-20 - takaci - 2009/08/30(Sun) 05:34:29 [No.1519]
regret-21 - takaci - 2009/09/06(Sun) 06:58:27 [No.1521]
regret-22 - takaci - 2009/09/13(Sun) 08:02:01 [No.1523]
regret-23 - takaci - 2009/09/20(Sun) 08:04:03 [No.1526]
regret-24 - takaci - 2009/09/27(Sun) 09:06:52 [No.1527]
regret-25 - takaci - 2009/10/04(Sun) 07:15:26 [No.1530]
regret-26 - takaci - 2009/10/11(Sun) 06:45:51 [No.1531]
regret-27 - takaci - 2009/10/18(Sun) 06:43:05 [No.1532]
regret-28 - takaci - 2009/10/25(Sun) 07:41:12 [No.1534]
regret-29 - takaci - 2009/11/01(Sun) 07:38:44 [No.1536]
regret-30 - takaci - 2009/11/08(Sun) 08:52:25 [No.1537]
regret-31 - takaci - 2009/11/15(Sun) 07:40:18 [No.1538]
regret-32 - takaci - 2009/11/22(Sun) 08:24:12 [No.1539]
regret-33 - takaci - 2009/11/29(Sun) 07:43:17 [No.1540]
regret-34 - takaci - 2009/12/06(Sun) 07:14:45 [No.1541]
regret-35 - takaci - 2009/12/13(Sun) 06:41:30 [No.1542]
regret-36 - takaci - 2009/12/20(Sun) 07:46:53 [No.1543]
regret-37 - takaci - 2009/12/27(Sun) 05:49:58 [No.1544]
regret-38 - takaci - 2010/01/03(Sun) 06:14:45 [No.1545]
regret-39 - takaci - 2010/01/10(Sun) 06:37:20 [No.1546]
regret-40 - takaci - 2010/01/17(Sun) 07:13:07 [No.1547]
regret-41 - takaci - 2010/01/24(Sun) 07:57:30 [No.1548]
regret-42 - takaci - 2010/02/01(Mon) 04:59:18 [No.1549]
regret-43 - takaci - 2010/02/06(Sat) 07:39:09 [No.1550]
regret-44 - takaci - 2010/02/14(Sun) 06:42:21 [No.1551]
regret-45 - takaci - 2010/02/21(Sun) 06:34:14 [No.1552]
regret-46 - takaci - 2010/02/28(Sun) 06:56:40 [No.1553]
regret-47 - takaci - 2010/03/07(Sun) 07:08:52 [No.1554]
regret-48 - takaci - 2010/03/14(Sun) 07:11:26 [No.1555]
regret-49 - takaci - 2010/03/21(Sun) 08:21:27 [No.1556]
regret-50 - takaci - 2010/03/28(Sun) 06:52:32 [No.1557]
regret-51 - takaci - 2010/04/03(Sat) 21:36:44 [No.1558]
regret-52 - takaci - 2010/04/10(Sat) 19:27:53 [No.1559]
regret-53 - takaci - 2010/04/17(Sat) 21:20:18 [No.1560]
regret-54 - takaci - 2010/04/24(Sat) 20:06:25 [No.1564]
regret-55 - takaci - 2010/05/01(Sat) 21:25:54 [No.1569]
regret-56 - takaci - 2010/05/08(Sat) 05:21:34 [No.1572]
regret-57 - takaci - 2010/05/14(Fri) 19:51:48 [No.1573]
regret-58 - takaci - 2010/05/21(Fri) 20:05:21 [No.1574]
regret-59 - takaci - 2010/05/28(Fri) 19:37:52 [No.1575]
regret-60 - takaci - 2010/06/04(Fri) 19:43:29 [No.1576]
regret-61 - takaci - 2010/06/11(Fri) 20:59:01 [No.1577]
regret-62 - takaci - 2010/06/18(Fri) 19:40:36 [No.1578]
regret-63 - takaci - 2010/06/26(Sat) 19:45:30 [No.1579]
regret-64 - takaci - 2010/07/02(Fri) 19:33:40 [No.1580]
regret-65 - takaci - 2010/07/10(Sat) 19:36:52 [No.1581]
regret-66 - takaci - 2010/07/16(Fri) 20:44:32 [No.1582]
regret-67 - takaci - 2010/07/25(Sun) 20:12:04 [No.1583]
regret-68 - takaci - 2010/07/30(Fri) 20:52:05 [No.1584]
regret-69 - takaci - 2010/08/06(Fri) 20:18:41 [No.1585]
regret-70 - takaci - 2010/08/14(Sat) 17:24:50 [No.1586]
regret-71 - takaci - 2010/08/20(Fri) 20:12:59 [No.1587]
regret-72 - takaci - 2010/08/27(Fri) 19:27:17 [No.1588]
regret-73 - takaci - 2010/09/03(Fri) 19:24:58 [No.1589]
regret-74(Fin) - takaci - 2010/09/10(Fri) 20:04:12 [No.1590]
Re: regret-74(Fin) - ふれ - 2010/09/11(Sat) 22:33:36 [No.1591]


regret-55 (No.1564 への返信) - takaci

6月。





秀一郎の心は踊っていた。





同時刻、小崎宅。





「そういえば秀くん、今日納車なんでしょ?」






「そうみたいね。でもあたしが乗せてもらえるのはしばらく先だって。運転に慣れるまではダメだってさ」





母親、由奈の問い掛けに奈緒はつまらなさそうに答えた。





「秀くんもウキウキしてるだろうけど、お父さんも妙に張り切ってるのがお母さんは心配ね。危ない道に進ませないといいけど」





「それって首都高?でももう今夜からふたりで早速行くみたいよ」





「全くもうお父さんは・・・」





呆れ顔の由奈。





「でもあたしはあそこ好きだよ。お父さんの助手席気持ちいいもん。湾岸は綺麗だし」





「私は嫌いね。うるさいし、なにより派手過ぎよ」





小崎宅には車が2台ある。





家族用のステーションワゴンが1台。





あと、父の真也が首都高用に乗っているポルシェがもう1台。





GT2ルックの993型911カレラで派手な黄色。





この目立つ車で夜の首都高を快走している。





「お父さん、あのポルシェお気に入りだもんね」





「でも改造費も凄いし、維持費だって高いのよ。今は環境社会なのにそんなのとは無縁の車だし」





「お父さんエコカー嫌いだもんね。でもそんなスタンスで書いてて仕事切れないんだから、世の中にはそんな需要がまだあるんだよ」





「そうかもしれないけど、車にお金をかけるのは反対ね。秀くんにそんな車を勧めてなければいいけど」





「あたし秀の車は見たよ」





「どんなのだった?」





「車種は忘れたけど、普通のセダンだった。年式はちょっと古めだけど中も外も割と綺麗な青い車。でも音はちょっと迫力あったけど、お父さんのポルシェに比べれば全然静かだったよ。それになんか凄く安かったみたい」





「そう。まだ高校生だし初めての車なら安いのはいいと思うけど、でもあのお父さんが選んだんだから、やっぱり少し心配ね」





由奈は不安げな顔を見せていた。












「はい、これがキーね」





秀一郎は堅い表情で車の鍵を受け取った。





「これが俺の車なんですね」





感慨深いものがある。





「まあいわゆる事故車の距離飛びだ。けどきちんと治ってるし、ちゃんとメンテナンスしてきてる。それに今回主要な消耗品は換えてあるから、安心して乗れるよ」





真也が太鼓判を押した車。





R34型スカイラインセダン25GT後期型の5速マニュアル車。





車高が若干下げられ、社外アルミを履き、エンジン廻りも少し手が入っている。





これが今日から秀一郎の愛車になった。





その日の夜、23時。





秀一郎は助手席に真也を乗せ、首都高デビューしていた。





初めての車に初めての道なので無茶はせず、流れに沿って普通に走る。





それでも充分に楽しかった。





「やっぱり環状は難しいですね。高速なのに曲がりくねってて、なんか忙しいです」





真也のポルシェの助手席で何度か走っていたが、自分でステアリングを握ると印象がかなり違っていた。





「C1は舗装が荒れてるし、内回りはコーナーがきついからね。まあ無理せずコースを覚えよう」





真也は楽しそうな笑顔を見せる。





「あ、後ろからなんか来ます」





純白の光がかなり速い速度で迫って来る。





「無理せずラインキープしてればいいよ。速い車は綺麗に抜いていくから」





光は迫力あるサウンドと共に迫り、スッと駆け抜けて行った。





秀一郎と同じブルーのボディ。





「あれZですね。すげー速い」





「気にせずマイペースで行こう。慣れればあれくらいで流せるよ」





「あれで流してるんですか・・・」





とんでもない世界だと秀一郎は感じていた。





C1内回りを何周かして、パーキングに入った。





「あ、さっきのZです」





鮮やかに抜いて行ったブルーのZが止まっていた。





「ちょうどいい、あの隣に止めよう」





秀一郎は言われた通りに車を並べた。





車から降りると、Zのタイヤをチェックしている女性の姿を見つけた。





(へえ、女の人だったんだ)





意外に感じていると、真也がその女性に早速声をかけていた。





女性の顔が目に入る。





「あっ?」





思わず声が出た。





「君は泉坂の・・・」





女性も意外そうな顔を見せる。





「えっ、知り合い?」





驚く真也




「ええ、まあ・・・」





去年の学園祭で踏んでしまった地雷女、西野つかさとの思わぬ再開だった。





「君ってまだ高校生じゃなかったっけ?」





「はい。でも18になったんで免許取れたんで、今日からこの車乗ってます」





「へえ、首都高デビューか。でも危ないしお金もかかるからのめり込んじゃダメだよ。かわいい彼女に愛想つかれちゃうよ」





「その彼女の父親がこの人で、この人の勧めで走ってるんです」





と言って真也を指さす。





「えっ?」





驚いたつかさはあらためて真也をまじまじと見つめる。





「あれ、ひょっとして小崎さん?」





「あっ、西野さんじゃないか。日本に帰って来てたの?」





「はい、去年の夏に。今はこっちでケーキ焼いてます」





「そっかあ、じゃあ今年のルマンじゃ西野さんのケーキ食べれないんだなあ」





残念がる真也を見て、





「あの、おじさんもこの人と知り合いなんですか?」





と尋ねると、真也は毎年取材で行ってるフランスのレースの出店でつかさのケーキをほぼ毎年食べていたことを話してくれた。





そして秀一郎も去年の文化祭で会っていたことを話すと、





「いやあ、こんな偶然があるんだねえ。驚いたよ」





と、真也は笑顔を見せた。





「小崎さんって確かポルシェ乗ってますよね?」





と、つかさが訪ねる。





「ああ。でもNAの993カレラだから大して速くはないよ。西野さんの車のほうが速いだろうね。見たところきっちり仕上がってるみたいだけど」





「いえ、まだまだです。ガラッと仕様変更したんで今日は探りながら走ってます」





「でもかなり気合い入ってるよね。18インチに落としてるし、エアロも本気仕様だ」





「まあ、ここまで派手にしたくはなかったんですけど、スタビリティ欲しかったから羽根付けるしかなくて・・・」





つかさの言う通り、かなり迫力ある外観のZだった。





少し落とされた車高にいかにも軽そうなホイール。





若干張り出したフロントスポイラーにGTウィング。





見た目だけでも速そうな雰囲気を醸し出していた。





「西野さん、もしよかったら秀一郎くん助手席に乗せて走ってくれないかな?」





「え?」





驚く秀一郎。





「西野さんみたいな現役ランナーの走りは見るだけで参考になるからね。軽くどうかな?」





「いいですよ、あたしなんかでよければ」





つかさは笑顔で快諾した。





そして秀一郎は気持ちの整理がつかないまま、Zの助手席で4点式シートベルトに縛られていた。





「凄いっすね、このベルト。シートに密着して全然動かないです」





「少しでも身体が動くと正確な操作が出来ないし、なにより恐怖感が増すからね。本気でここを走るなら4点ハーネスは必須よ」





「はあ・・・」





「じゃ、行くよ。まだ慣らしだからペースは上げないからね」





「はい」





少しホッとした。





のもつかの間。





つかさは秀一郎からすればとんでもない速度でコーナーに突っ込んでいく。





「ちょっ、慣らしじゃないんですか?」





「慣らしよ。大体6分といったところね」





「これで6分っすか・・・」





体験したことのないGがかかる。





加速も凄まじい。





「いったい何馬力くらいあるんです?」





「ノーマル3.7リッターから4リッターに上げて420馬力ってところね。ピークは求めず中間とピックアップ重視よ」





「そ、そうですか」





いまいち言葉の意味がわからないが、凄いことはわかった。





コーナー立ち上がりで簡単にホイルスピンしている。





そう伝えると、





「これじゃダメなのよ。トラクションかからないし動きが重い。パワーが活かせてない。内圧調整したけどダメね。バランス悪いから怖くてペース上げれない」





「俺的には充分に速いんすけど」





「ノーマルでもこれくらいで走れるよ。これじゃチューンした意味ないよ。」





「そんなもんなんですか」





あらためて凄い世界だと感じていた。











内回りを一周してパーキングに戻る。





シートベルトを外して車から降りるとホッとした。





「どうだった、西野さんの助手席は?」





真也が笑顔で訪ねてきた。





「もう凄いの一言です」





そうとしか言えなかった。





「でもさすが小崎さんですね。そのスカイラインであたしに着いて来るんですから」





「いやあ、いっぱいいっぱいだったよ。バランスはいいんだけどちょっとパワー足らないね」





「どのくらい出てます?ターボ付きですか?」





「いやNAの2.5。少し手が入ってるけど、まあ220ってとこかな」





「そーゆーこと。わかった?」





突然つかさが秀一郎に振ってきた。





「えっ?」





「君はあたしのペースに驚いてたけど、君の車でもあのペースで走れるんだよ。あたしのZの半分くらいのパワーでもね」





(あっ!)





あらためて自分のスカイラインを見た。





「この車ってあんなに走るんだ。凄く安い車なのに」





驚かずにはいられなかった。





「でもそれは小崎さんくらいの腕があればって話だよ。免許取り立ての高校生が本職モータージャーナリスト並に走れるわけないんだから、無茶しちゃダメだよ」





「はい」





「西野さんありがとう。でも西野さんも無理はダメだよ。君があの噂のZ34だとは思わなかったよ」





「はは。でも引くつもりはないですから。この子をきっちり仕上げればなんとかなると思いますから」





そう語るつかさからただならぬ気合いを感じていた。





そしてつかさはパーキングを出て行った。





「おじさん、噂のZ34ってなんですか?」





「東城綾って知ってるよね、有名な美人小説家の」





「あ、はい」





ドキッとした。





泉坂の先輩である真中淳平の恋人で、西野つかさはその前の恋人。





何かしら関係があるような気がしてならない。





「僕のポルシェをチューンしたショップの客でもあるんだ。彼女は現行の997ターボでここを走ってる。しかもかなり速い。そこそこ有名な車だ」





「そうなんですか?」





イメージからは全く想像がつかない。





「で、その速い東城綾に絡もうとしている青のZ34がいるって噂が立ってるんだ。チューンドのポルシェターボにZで挑もうなんて明らかに無茶だ。どんな乗り手なのか気になってたけど、まさか西野さんとはね。でもあの車を見れば、本気だね。きちんと仕上がれば相当速いよ」





「つまり西野さんは東城綾に勝てるってことですか?」





「それはやってみなきゃわからない。けど東城綾のポルシェも今は仕様変更してるんだ。要求が高いってショップのスタッフが嘆いてたよ。西野さんも速くなるだろうが、東城綾も速くなる。お互いエスカレートし過ぎると果てしない泥沼だ」





「そうっすか・・・」





(たぶん真中先輩が絡んでるんだろうな。けど西野さんといい、奈緒といい、女が本気になると怖いなあ)





あらためてそう感じる秀一郎だった。


[No.1569] 2010/05/01(Sat) 21:25:54
p6e7c31.aicint01.ap.so-net.ne.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS