[ リストに戻る ]
No.1612へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第3話 「天使からの招待状」 (No.1611 への返信) - スタンリー

第3話 「天使からの招待状」



直林賞を受賞して、一ヶ月が過ぎ、取材やテレビ主演の依頼数も減り、綾の

周りも少し落ち着いてきた。


綾は、自室で雑誌の担当者から送られてきたファンレターを読んでいた。


(今月も本内さんから、ファンレターがきてる。この人の手紙っていつも励

まされるし、何故か癒やされるのよね。

まるで、真中くんに、温かく見守られているような・・・。本内さんって

一体どんな人なのかしら。)



本内とは、綾が小説の連載が始まった頃から、どんな雑誌にでも綾の小説が

載ると欠かすことなく、小説の感想や綾への激励の手紙を送ってくる熱心な

読者のことである。

ただ、ファンレターには、名前があるだけで住所がないため、何処の誰かも

正確な年齢さえも分からないが、書かれた文章からほぼ同年代の男性である

と推測できる。



(本内さんのような、熱心な読者の期待にこたえるためにも、今は良い小説を

作るのに集中しなくちゃね。

もしかして、本内というのは偽名で、実は真中くんが手紙を書いてくれているの

かも・・・・って、いくら本内さんの手紙に癒やされるからって言っても、そん

な訳無いのに。

真中くんには西野さんがいるし、私のことなんか忘れちゃっているはずだし・・・。

私って、最近どうしちゃったのかなぁ。大学時代は、そんなに真中くんのことは

考えなかったのに。)


綾がファンレターを読み終えたとき、綾の自宅に一本の電話が入った。



? 「もしもし、東城さんのお宅ですか?」



綾 「はい東城ですが。」



? 「その声は東城先輩ですよね、私、泉坂高校映研部後輩の美鈴です。

東城先輩、お久しぶりです。あのぉ、少し遅くなりましたが先日の直林

賞受賞おめでとうございます。」



綾 「ありがとう、美鈴ちゃん、ほんと、久しぶりねぇ。」



美鈴「東城先輩は、いつかは、こんな大きな賞を絶対とると思って

ましたから、とても嬉しいです。」


美鈴「突然ですが、月末の土曜日ですけど、予定はあいていますか?」



綾 「えっ、ちょっと待って、今、スケジュールを見て確認するから・・

・・えーと、月末の土曜日は、大丈夫みたいだけど、どうして?」



美鈴 「実は、黒川先生と映像研究部OBで東城先輩の直林賞受賞の

祝賀会を、昔バイトしてた映画館の館長さんが経営している料亭で

やろうかと思いまして、そのお誘いなんですが、参加できそうですか?」



綾「美鈴ちゃんって今、京都の大学に通っているんじゃないの?」



美鈴「ちょうど、その頃、実家に帰る予定なんです。

それで、そのついでにって言うのは失礼ですけど、良い機会かなぁ

と思いまして、ダメですか?」



綾「その日は特に予定もないし、久しぶりにみんなにも会いたいから

お言葉に甘えて参加させていただこうかしら。

みんな参加できそうなの?」(真中くんは?)



美鈴「えーっと、黒川先生、うちの兄に、小宮山先輩、端本は参加が確定

してるんですけど、北大路先輩は、ちょっと大事なお座敷があって無理っ

ぽいみたいです。あと、真中先輩だけ、今海外へ行っているらしくて

連絡が取れないんですよ。」



綾「海外に?」



美鈴「真中先輩のお母さんが言うには今アメリカへ1人で行っている

らしくて、3日後には帰国するそうなので、その時真中先輩から電話

をもらう事になってるんですけどね。」



綾「・・・。」(真中くん、西野さんの所へ行ったわけではないみたいね。)


ちょっとした綾の沈黙に美鈴が気が付き、不安げに、尋ねた。



美鈴「まだ、真中先輩のこと・・・・・。あのぉ、もしあれだったら、真中

先輩を誘うのは遠慮しましょうか?」



綾「えっ、ううん、もう4年以上も前の事だし、今は全然そんな気持ちは

ないから、気にしないで。」

(美鈴ちゃんに、変な気をつかわしちゃ悪いしね。それに久しぶりに会っ

てみたいし・・・・。)


綾「それに映像研究部で祝ってくれるのに初代部長がいないのはおかしく

ない?」


美鈴「そうですよねぇ。あぁ、よかったぁ。私も卒業後に真中先輩が何を

やっているのかちょっと気になってましたから、会えるなら、ちょうど

いい機会かなぁって思ってました。じゃぁ、詳しい時間と料亭までの地図

と私の携帯電話の番号は後日、お手紙をお送りしますから、もし都合が悪

くなったら早目に連絡くださいね。それじゃぁ、久し振りに会えるのを楽

しみにしてますから。それと執筆の方、頑張ってくださいね。

それでは失礼します。」



綾「うん、じゃぁ、連絡ありがとうね、美鈴ちゃん、さようなら。」

綾が受話器を置く。



綾(みんなに会うのも久しぶりね。みんな、今何をしているのかなぁ。


外村君、小宮山君、端本さんは一緒に仕事をしているって聞いたことが

あるし、美鈴ちゃんは大学生でしょ、黒川先生はまだ独身かなぁ。


真中くんは・・・・って今、美鈴ちゃんも言ってたけど何をしているの

かな。

きっと遠距離恋愛になっちゃうけど、西野さんと幸せに付き合っている

よね。


それとも、西野さんは、もう帰国していているのかも。


送ったノートのことや映画を一緒に作る約束のことなんか忘れているかも。


そうだ、この祝賀会をいい機会にして真中くんのことは、きれいさっぱり

忘れよう。


これからは小説一本に絞って生きていこう。あと、新しい恋も・・・・・。


でも、この時期にアメリカって・・・何をしに行っているの?)


[No.1612] 2011/09/25(Sun) 23:46:10
i60-34-66-30.s02.a023.ap.plala.or.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS