[ リストに戻る ]
No.1614へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第5話「Reunion後編」 (No.1613 への返信) - スタンリー

第5話「Reunion後編」


    
美鈴と小宮山が綾を囲んで話をしている間、少し離れた

ところで外村と淳平がビールを飲みながら話しをしている。

とぎれとぎれだが、二人(淳平と外村)の会話が綾の耳に

入ってくる。



外村「真中・・・・、頑張ってる・・・だな。」



淳平「ああ、やっと・・・・映画・・・足がかり・・たいだ。

それで、友人に・・・・いるん・・・・誰か・・・プロダク

ション・・・・女優・・・・。」



外村「分かった。・・・の写真・・・・プロフィール・・・をくれ。」



淳平「わりいな。早速・・・・するよ。」



外村「ところで、・・・野とはどうなってるんだ?」



綾(えっ!・・・野って西野さんのこと?でも聞こえにくいなぁ。)



淳平「・・・・・とは、・・・・・ネンのバレンタインに・・・白紙


に・・・。

・・・・・空港で・・・・・たんだ。・・・・・・・・・・・。

それで、賞を・・・・ビデオ・・・・西野の所・・・・・・・

・・・・・・たんだ。」



綾(かんじんな所がよく聞こえないなぁ。西野さんの話なことは

確かなんだけど・・・。)



外村「えぇ・・・・・・・・、今は・・・・いるの?」



淳平「いや、・・・だけど。・・うぜ、こんな・・・

それより他の・・・・ようぜ。」



綾が真中たちの会話に聞き耳を立てていると、美鈴が綾に話し

かける。



美鈴「ちょっと、東城先輩、ぼぉーっとして大丈夫ですか?

私達の話って聞いてました?」



綾「えっ、ごめんなさい、私ってば、ホント、どうしたんだろう。

ちょっとお酒に酔っちゃったみたい。」



小宮山「綾ちゃん、ちょっと顔が赤いよね。」



美鈴「大丈夫ですか?」



綾「うん、大丈夫だと思うけど・・・・、ちょっと失礼して

お化粧を直してくるね。」



美鈴「私も、付き合います。」



綾「じゃぁ、一緒にね。」といって二人で、お座敷をでた。



美鈴が化粧室の鏡を見ながらお化粧直しをしている綾に話しかけた。



美鈴「この祝賀会どうですか。」



綾「先生やみんなに会えて、とても嬉しかったよ。それと、みんなの

近況を知ることができたしね。

でも、真中くんが、あんなに格好良くなっていたのと、まだ私費で映画

を撮り続けていたのには、ちょっとビックリだったけどね。ああ、そうだ

私も、さっき真中君にコピーを送ってもらうように頼んだから、その映画

を見るのが、楽しみかな。」



美鈴「実は私もなんです。でも賞を取ったと言ってもあの真中先輩が撮っ

た映画ですから。見た後で思いっきり辛口の批評をするつもりですよ。」



美鈴「今日、楽しんでもらえて、この祝賀会を企画した甲斐がありました。」



綾「うん、美鈴ちゃんの帰郷の“ついで”にだけどね。」



美鈴「もぉっ、先輩ってそんなキャラでしたっけ?」



綾「ごめんなさい、私も黒川先生と一緒で、少し酔っている

から・・・・意地悪になっちゃっているかも。アハハ」



美鈴「でも、本当に喜んでもらえて嬉しいです。」



綾「うん、ありがとうね、美鈴ちゃん。」



二人で他愛もない会話を10分くらいして、

美鈴「長い時間、お座敷を離れてて、みんなが、心配すると

いけないから、もう戻りましょうか?」


綾「そうね。」

綾(真中くんと早くもっと色々な事を話したいし。

それと、さっきの外村君との会話も気になるし・・・。)



綾がお座敷のふすまをあけてお座敷内を見渡す。


綾(えぇっと、真中くんはどこに、・・・あれ、いない。)


美鈴も淳平がいないのに気づいた。

美鈴「あれっ、真中先輩は?」



外村「あー、真中のヤツは、電話があってさ。明日朝早く

角倉さんの撮影の手伝いがあるらしくて、家に帰って準備

があるからって、5分くらい前に帰ったよ。」



美鈴「なんで、私達が来るまで止めなかったの?」



外村「真中が、俺が途中で帰ることをみんなに言って

折角の祝賀会の場をシラケさせるのは悪いって

言ってたし、急いでいたみたいだから、俺もそうかと

思って、あえて止めなかったけど。

あれだったら、呼びもどそうか、俺さっき真中の携帯

の番号とメアドをもらったから。」



美鈴「今頃遅いわよ。」



綾(真中くん、先に帰っちゃったんだ。まだ話し足りない

ことがいろいろあったのに。

真中くんには西野さんがいるから、話したくても、こちら

から連絡はとれないし・・・。)


これからまた会えないと思うと、綾の心に寂しさとせつなさとが

込み上げてくる。そして無意識に目が潤んでいることを自覚する。



綾(やだ、私ったら、勝手に目に涙が・・・・。みんなに悟られ

たらダメ。特に美鈴ちゃんには、

折角祝賀会を開いてくれたんだから、余計な心配をかけさせちゃ駄目。)


綾「美鈴ちゃん、私、お化粧室に化粧品を忘れたみたいだから

ちょっと取ってくるね。」

そう言うと、綾は振り返って化粧室のほうへ走っていった。



美鈴(東城先輩・・・、化粧品って、化粧ポーチを右手に持っている

のに・・・・。

もしかして、まだ真中先輩のことを・・・・。)




綾は化粧室の鏡の前で、目に涙を貯めていた。


綾(ダメじゃない、今日は、真中くんのことをサッパリ忘れるはず

だったのに・・・・。


でも立派になった真中君に会って、真中くんに賞のことを褒められて、


真中くんに一流作家になれたことを認められて、


真中くんの私の書いたノートへの思いの話を聞いてたら、


あの頃の想いが込み上げてきて、


また私の心をキュッとされて


・・・・私、真中くんを忘れることなんてできない。


あと、いつか映画を一緒に撮りたいとも言ってたけど、


映画と小説だけの関係だけなら、西野さんは許してくれるのかなぁ。


ううん、たとえ許してくれたとしても、私はその関係だけで我慢が

できるとは思えない。


私、どうしたらいいの・・・・教えて・・・・真中くん。)


[No.1614] 2011/10/02(Sun) 16:13:46
w0109-49-134-73-152.uqwimax.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS