[ リストに戻る ]
No.1616へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第7話「Do you see the light?」 (No.1615 への返信) - スタンリー

第7話「Do you see the light?」


祝賀会の3日後、綾の自宅に淳平から小包が届いた。


早速、包みを開けると、メモとDVDが入っていた。



メモには「東城へ約束したDVDを送ります。

今まで俺が撮ったベストな作品だと思うんで、観て下さい。

今度、機会があったら、映画の感想を聞かせてください。

真中。」と書かれてある。


メモを読んだ後、早速、自室でDVDを見る。


映画を見ていて、出演している女優の中に淳平の幼馴染の

南戸唯がいる。

綾(唯ちゃん、真中君の映画に出てるんだね。)
     ・
     
     ・
   
   
     ・



     ・




  
映画が終わって、スタッフロールが流れ始めようとしたので

綾がDVDを停止し電源を切る。


映画はコンクールで賞を取っただけあり、高校3年生の時に

淳平が角倉に依頼されて撮った映画と比べて映像の技術・構成・

ストーリーどれをとっても、素晴らしい出来であった。


綾(真中くん、卒業してから一生懸命頑張って、認められたん

だね。)


ディスクをDVDデッキから取り出してケースに入れる。

綾(真中くんに会って、頑張ったねって言ってあげたい。

いい作品だったねって褒めてあげたい。

メモに「機会があったら」って書いてあったけど、会える

機会なんてそうあるわけじゃないし・・・。

私の脚本がなくったって、こんなに良い作品ができるんだ

から、真中くんにとって、もう私は必要ないのかも・・・。


でも、祝賀会の時、私の作品で映画を作りたいって言ってく

れたし・・・。でも、真中君には、西野さんがいるし・・・。)



突然、綾の携帯に美鈴からの着信がある。


綾が受信する。


美鈴「もしもし、東城先輩ですか」



綾「美鈴ちゃん、どうしたの?」



美鈴「東城先輩、先日話していた真中先輩の作品って

もう観られましたか?」



綾「うん、丁度、観終わったところだけど。」



美鈴「凄くいい作品でビックリしちゃいました。

見る前はコンクールで受賞したといっても、あの真中先輩

が撮った作品だからってことで、ちょっと舐めてましたから。」



綾「本当に、良い作品だよね。私なんか、感動しちゃった。

良い映画を撮るために頑張ってたんだなって。」



美鈴「黒川先生が複数の事務所から誘われているって話を

聞いた時は、最初は冗談かと思いましたけど、納得しちゃ

いますよね。」



綾「業界の人たちに認められたってことだよね。」



美鈴「・・・。」(どうしよう、あの事を東城先輩に教えた

ほうがいいのかな。)



綾「どうしたの、急に黙り込んじゃって。」



美鈴「あのぉ、実は、真中先輩のことで、東城先輩に話して

いいかどうか、悩んだんですけど・・・・。」



綾「真中君のことで私に?この映画の話じゃなくって?」



美鈴「祝賀会の時、ちょうど私と小宮山先輩が東城先輩と

話をしていたとき、うちのアニキと真中先輩が話しをして

いたのを覚えていますか?」



綾が、祝賀会の時、二人の会話に聞き耳を立てていた事を

思い出す。



綾(外村「ところで、・・・野とはどうなってるんだ。」

淳平「・・・・・とは、・・・・・ネンのバレンタインに・・・

白紙に・・・。・・・・・空港で・・・・・たんだ。・・・・・・

・ ・・・・。それで、賞を・・・・ビデオ・・・・西野の所・・

・ ・・・・・・・・・・・たんだ。」


外村「えぇ・・・・・・・・、今は・・・・いるの?」



淳平「いや、・・・だけど。・・うぜ、こんな・・・、それより他の

・・・・ようぜ。」)



綾「何か特別な話でもあったの?」 



美鈴「アニキが言うには、真中先輩の方から高校3年のバレンタイ

ンデーに西野先輩に別れ話をしたらしいんです。それで、西野先輩

が外国へ行くまでは恋人の関係だったらしいですけどそれからは

全く連絡もとってなかったそうなんですよ。数ヶ月前にこのDVDを

西野先輩に送ったらしいんですけど、・・・何かがあったみたいです。

それで、真中先輩本人もアニキに言ったそうですが、今現在付き合

っている恋人がいないってことから、真中先輩は、西野先輩と完全

に別かれたみたいですよ。」



綾「・・・。」(美鈴ちゃん、何を言ってるの?真中君は、西野

さんと幸せに付き合ってて・・・、そんな二人が別れるなんてが

あるわけ無いじゃない。)


突然の事で、美鈴の言った事を、綾はにわかには信じられない。



美鈴「生活環境が変わって、時間が経つと人間って変わっちゃうん

ですかねぇ。」



綾「それって本当の話なの?」



美鈴「真中先輩本人が今は恋人がいないって言ってたらしい

ですから。」



綾「・・・」(じゃあ卒業後は、ずぅっと1人だったの?)



美鈴「あのぉ、祝賀会でお化粧直しからお座敷に帰った時

真中先輩が帰ったって知った東城先輩の顔や行動をみて、

どこかとても悲しそうだったから、ひょっとして東城先輩

ってもしかしてまだ真中先輩のことを意識しているのかな

って思いまして・・・・。

また余計なことを言っちゃいましたか?」



綾「えっ、ううん、余計な事なんて、そんなことないよ・・・。

やっぱり、あの時、美鈴ちゃんには隠せなかったみたいね。

美鈴ちゃんの言うとおり、まだ真中くんのことが好きだった

みたい。」



美鈴「やっぱり、そうでしたか。真中先輩って、あの頃と

比べると、格好良くなってたし、頼れそうだし、何よりも

いい作品を作れるようになっていましたからね。

今は定職にはついてないみたいですけど、将来はいい監督

さんになるような気がしますから・・・。

今の真中先輩なら東城先輩の彼にいいかなって思えてきま

した。

実は、私、この事を北大路先輩に言おうかも悩んでいたん

ですけど、北大路先輩には悪いですけど、言わないことに

します。ですから、東城先輩も私から聞いたという事は

誰にも言わないで下さいね。」



綾「うん、誰にも言わないよ。私にだけ、この事を教えて

くれてありがとう。」



美鈴「明日、京都に帰りますけど、先輩、小説も恋も頑張って

下さいね。」



綾「うん、美鈴ちゃんもね。」と言って電話を切り、携帯を閉じた。



(今、西野さんと別れて恋人はいないんだ。ということは、真中

くんに連絡をとってもいいんだ。

そうだ、早速この映画の感想を伝えないと・・・・。)


綾は西野という封印が解かれたことを自覚し、これで誰に遠慮する

ことなく淳平と話せると思うと嬉しさが込みあげてきた・・・が

美鈴の言った一言が気になる。



(あれっ、でも、さっき高3の時のバレンタインの日に別れ話をって

言ってたよね。


それって確か真中君の第一志望の大学の受験日、そう、別れを告げた日

の翌日じゃない。


あと、確か私の想いを込めて書いたノートを送った日だ。


ひょっとして、私の我儘な行動のために、大学受験を失敗させただけ

なく、彼の選んだ恋人とも別れさせたっていうことじゃ・・・。


それに、二人が分かれたことを喜んでいる今の私って、真中くんに

とって悪い女なんじゃないの?


ううん、それは思い過ごしよ。でも、もしそうだとしたら、・・・・

私、真中くんに謝らないと・・・。)



綾(今はそんなことを考えるのをやめて、とりあえず、この映画の

感想を真中くんに伝えないと。)

そう決心して、早速、淳平の自宅へ電話をかけた。


[No.1616] 2011/10/09(Sun) 21:17:14
i60-34-66-30.s02.a023.ap.plala.or.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS