[ リストに戻る ]
No.1618へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第9話「Who’s that girl?」 (No.1617 への返信) - スタンリー

第9話「Who’s that girl?」



綾が淳平の家に電話をした週の土曜日、綾は講演で着る服を注文しに

繁華街にあるデパート内にあるブティックにいた。


店員「それでは、お直しがありますから、来週水曜日のお昼以降の

ご来店でお願いします。」


綾「はい、分かりました。じゃあ来週水曜日の午後に来ます。」


店員「お待ちしております。ありがとうございました。」


綾(予定より早く買う服を決めちゃったなぁ。なんとなく、今は

帰って小説を書く気分じゃないし・・・。

折角久しぶりに繁華街へきただし、どこかでお茶でもしていこう。

その後で、家に帰ったら真中くんに映画の感想を伝えよう。)



そう思い、綾がデパートを出ようとした時、綾の前を二人の男女

が横切った。



綾(あれ、真中くんじゃない?隣で一緒に歩いているのって帽子と

サングラスをしてジーンズを履いているけど、女の子みたいだけど。

・・すごく気になるから少し後をつけてみようかな・・・ってこ

れじゃストーカーじゃない。)


そう思いながらも、綾は少し距離をおいて後ろを歩くことにした。



綾(真中くんって恋人がいないはずじゃなかったの?ひょっとして

あの祝賀会後にできた新しい彼女?

もしそうだとしたら、また付き合っている女性がいる男性を想うこと

になるちゃうの?それだけは絶対嫌。)


綾がいろいろな事を考えながら歩いていたら、ふと、淳平を見失った

ことに気付く。

綾(あれっ、真中くんがいない。)

そう思ったとき、突然だれかが腕を掴み、そして叫んだ。



?「危ない、東城!」

綾のすぐ目の前を車が横切る。



綾「えっ?あっ。」(真中くんの声?)



綾は考えながら歩いていたため、横断歩道の歩行者用が赤になってい

るのに気付かず、いつの間にか信号待ちをしている淳平達の横を通り

すぎて、道路を渡ろうとしていたのだった。



淳平「大丈夫か、東城?」



淳平の横にいた女性が綾を見て、

?「えっ、東城って、じゅんぺいの同級生だった東城さん?」


綾は淳平に腕を掴まれて、ドキドキしながら、女性の声の主が誰か

考えている。


綾(真中くんに触れたのは、あの家庭教師をしていた日以来よね。

何か、私の体を電流が走ったみたい。

この女の人、私のことを知ってるみたいね。それに、この人の声って

以前、聞いた事があるわ。)



?「あっ、本当に東城さんだ。私のことを覚えていますか?」

淳平の隣にいる女性がサングラスを下に少しずらして、綾の顔を見る。



綾「あれっ、もしかして、唯ちゃん?」

綾(唯ちゃん、真中君と・・・・)



唯「わぁ東城さんだぁ。そういえば、この前、凄い賞を取ったみたい

ですね。おめでとうございます。」



綾「ありがとう、唯ちゃん。ところで、唯ちゃんは・・・その

真中くんとつきあってるの?」

綾(わっ、私ってバカ、そのまま真っ直ぐに聞いちゃった。)



唯「えぇっ、そんな訳ないじゃないですかぁ、こんな泣き虫で

格好悪いやつと。」



淳平「おい、俺はそんなに泣き虫なんかじゃないぞ。それに

言うほど格好悪いなんて思わないし。」



唯「だってね、東城さん聞いてよ、ほんの数ヶ月前にじゅんぺい

ったら西野先輩にフられて泣いたんだよ。」



淳平「今、唯が言ったのは、嘘だからな、聞き流してくれよ。」

淳平が唯の口を押さえようとする。



唯「何よぉ、じゅんぺいったら。東城さん、本当なんだからっ。

ねっ、じゅんぺい?」



淳平「ハハハ、はい、そのとおりです。」



綾「・・・。」

綾(唯ちゃんと付き合ってないんだ。それと西野さんと別れたのは

やっぱり本当だったみたいね。)



淳平「俺の話はいいとして、さっき、ぼぉっとして歩いていたみたい

だけど、本当に大丈夫か?」



綾「うん、ちょっと今、次の小説の事とか考えて歩いていたら、信号が

赤に変わっていたのを見落としちゃったみたい。」



淳平「オイ、オイ、良い小説を書くのは大変だろうけど、一歩間違ってい

たら死んでたんだぜ、気をつけないと。」



唯「ほんとうよ、じゅんぺいが腕を掴んでなければ今頃、大変なことに

なっていたと思うわよ。」



綾「ごめんなさい。私にとって、真中くんは命の恩人だね。」

綾が微笑む。



淳平「バカ、俺は冗談で言っている訳じゃないんだ。俺は

真剣に心配して言っているんだからな。」



綾が少しシュンとして。

綾「本当にごめんなさい。私ったらこんな時に変な事言っ

ちゃって・・・。」



淳平「おっ俺こそ、言いすぎたみたいだな。ゴメン。」



唯「ところで、これから何処に行くつもりだったの?」



綾(真中くんの後を尾行していたなんて言えないし・・・そうだ

この先に有名な喫茶店があったはず。確か、お店の名前は・・・。)


綾「この通りにある、セレブリティーっていう喫茶店でお茶をしようか

と思ってたの。」



唯「えっ、東城さんも?偶然だね、私達もじゅんぺいのおごりでそこに

行くつもりだったんだよ。

そうだ、東城さんさえ良かったら、一緒にどう?ねぇ、いいわよね、

じゅんぺい?」



淳平「ああ、俺は構わないよ。お茶を飲むぐらいの金はあるからな。」



綾「そう?じゃぁ、お言葉に甘えさせていただこうかしら。」


3人は一緒に歩き出した。



綾「ところで唯ちゃん、今日は、二人で街へ何をしにきてたの?」



唯「東城さんは、じゅんぺいがこの前映画のコンクールで受賞したのは

知ってる?」



綾「うん、知ってるよ。その映画に女優として唯ちゃんも出てたよね?」



唯「なぁんだぁ、あの映画を見てるんだ。それでね、前にじゅんぺいが

コンクールで賞をとったら、お礼に私の欲しい服を買ってくれるという

約束をしてたの。受賞してから、少し経つけど、今日、その服を一緒に

買いにきてたの。」


唯が右手に持っている、海外有名ブランドのロゴが入った袋を綾に見せる。



綾「そうなんだぁ。」

綾(いいなぁ、唯ちゃん。私も、こんな風に真中くんと二人っきりで

ショッピングができたらいいのに。)



淳平「ただブランドってだけで、ただの服が7万円もしたんだぜ。

まいっちゃうよなぁ。本当は俺の服も買うつもりだったけど・・・

おかげで、すっからかんだよ。

バイト代がもうすぐでるから、それから、また買いにくるからいい

んだけどさ。」



唯「あれは、じゅんぺいが服の値段を1桁間違えたからでしょう。

だいたいこのブランドの服がフェイクじゃない限り7千円なんかで

買えるわけがないじゃない。

それと誰のおかげで、コンクールで賞が取れたと思っているのよ。

私の演技のおかげでしょ。」



淳平「ハイ、ハイ、大女優、唯様のおかげです。」



店に入り、席につき、飲み物を注文し店員がオーダーの確認した直後

に淳平の携帯が鳴った。



淳平「あっ、角倉さんからだ。」


淳平「ハイ、もしもし、真中です。いつもお世話になってます。・・・

はいちょっと待ってくださいね。」



淳平「唯、なんか書くもの持ってないか?」



唯「えっ、書くものって、メモとペンの事?持ってないよ。」



綾「私、小説のネタ帳があるから。」

綾がバッグからノートとペンを取り出して淳平に手渡す。



淳平「悪いな。電話がちょっと長引きそうだし、店の中で他の客

に迷惑かけちゃ悪いんで外で話してくるから。悪いけど、唯の

相手を頼む。」



淳平「あ、待たせちゃってすみません。ハイ・・・・」

淳平が携帯で話しながら、席を立ち、店の外へ出た。



唯「突然だけど、今付き合っている彼氏とかいるの?ほら昔

片思いの人がいるって言ってたから。」



綾「えっ、いないよ。」


綾(本当に突然ね・・・。唯ちゃんは、私が真中くんに振られ

たことを知らないいんだ。)


綾「私、小説を書くのが忙しくて、男の人と付き合ってる暇が

無かったの。」



唯「えっ、それって大学の4年間すぅっと、いなかったってこと?

あっ、ごめんなさい、私って、あの・・・変な事を聞いちゃって。

東城さん、あの時よりも更に素敵になってるから、てっきり誰かいる

と思ったんだけど・・・。」


ちょっと、気まずい雰囲気になる。


綾「そうやって言われると、ある意味寂しい学生生活だったわね。

ところで、唯ちゃん、さっきの話だけど、真中くんってそんなに何度も

唯ちゃんに涙を見せたの?」(空気が重いから、話をかえないと・・・・。)



唯「私が泉坂に来てから、・・・・3回かな。一回目は、じゅんぺいが

高1で西野先輩にフられたときでしょ、2回目は、高3の志望校の受験日

の夜、相当試験のできが悪かったからでしょ。

3回目はさっき言った西野先輩にフられたのを知った時、たまたまじゅんぺい

の家に行ってて・・・って、あいつ2回も西野先輩にふられているんだよね。

やっぱり、格好悪いや。」



唯「ただね、じゅんぺいの大学受験失敗は私にもちょっと責任があるから

・・・・。

東城さんの記憶にあるか分からないけど、私の勘違いから、ひどい事を言って

迷惑かけちゃってるしね。それで、その罪滅ぼしじゃないけど、じゅんぺいの

映画には出来るだけ協力してあげているんだ。あと、じゅんぺいにはいろいろ

と助けてもらったしね。」



綾(あの日のこと、まだ気にしているんだ。本当に悪いのは私なのに・・・。

ごめんね、唯ちゃん。)


綾「そうなんだぁ。でもさっき二人が一緒に歩いているのを見てたら

凄く仲がよさそうだったし、真中くんって高校時代と比べて格好良く

なってなから、ひょっとして二人は付き合っているのかと思って。」



唯「じゅんぺいって、確かに高校時代と比べて少しは格好は良くなって

るけど、ただの仲の良い幼馴染だよ。

受験の失敗は悪いことしたなって思うけど、同情だけじゃ恋人としては

付き合えないしね。

それに私、今、付き合っている彼氏がいるし。ちょっと待ってね。」


唯が携帯電話の待ちうけ画面を綾に見せる。



唯「ほら、この人だよ。じゅんぺいの親友でね、じゅんぺいの紹介で

付き合っているんだ。

名前は本内君って言うんだけどね。今年就職して映画とかのキャメラマン

をやっているの。

そうだ、コンクールの映画観たんだよねぇ。映画の最後のスタッフロールに

本内って名前が出ているはずだから、暇があったら見てみてよ。」



綾「この画像でみると本内さんってなかなかハンサムだね。スタッフロールは

一度見てみるね。」

綾(本内さんの名前って唯ちゃんの恋人・・・真中くんの友達の名前だったのね。)


[No.1618] 2011/10/10(Mon) 07:40:56
i60-34-66-30.s02.a023.ap.plala.or.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS