[ リストに戻る ]
No.1621へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第12話 「ギャンブル」 (No.1620 への返信) - スタンリー

第12話 「ギャンブル」



綾の家の前に淳平がいる。

淳平は表札に書いてある文字を読んでいる。

淳平がのインターホンのボタンを押す。


綾が内側からドアを開ける


綾「いらっしゃい、真中くん。」



淳平「おはよう。」


綾「さあ、中に入って。」



淳平「じゃぁ、おじゃまします。そういえば、家の表札に

東城の名前の下に活サ企画ってあったけど、あれって何?」



綾「あれね。実は、節税対策も兼ねて法人化したの。この前の

法律の改正で簡単に株式会社が出来るようになったのを機にね。」



淳平「へーぇ、なんか難しくて俺には分かんねーや。」



綾「うふふ、そうね、私も詳しいことは分からないけどね。

まだ小説家に成ったばかりのころは未成年だったし、原稿料

とか契約が難しそうだということで、父が心配して会社の

顧問弁護士の先生に相談してくれてね。その先生が代理人

になって交渉事とかをやってくれることになったの。

その先生は今は綾企画の顧問弁護士なんだけど、その先生の

薦めもあって会社形式にしたの。」



淳平「顧問弁護士がいるのかぁ、すげぇなぁ。」




綾「ご、ごめんなさい、私ったら、その、下らない話を・・・。」

綾(真中くん、ちょっと引いちゃってるかも。)



淳平「いや、いいんだ、そうか今、東城は社長さんなんだな。」



玄関で靴を脱ぎ、東城の後を淳平が廊下を歩いている。



淳平「静かだけど、家の人は?」



綾「今みんな外出しているけど、どうして?」



淳平「いや、なんでもないけど・・・。」



応接間の前で綾が立ち止まり、ドアを開ける。



部屋には高級そうなソファー、テーブル、置時計、絵画等があり

綾の父のものだと思われるトロフィー等が飾ってある。



綾「何か飲みたいものとかある?」



淳平「特にないから、お茶でいいよ。」



綾「じゃぁ、すぐにもって来るね。まだほんの少ししか書いて

ないけど机の上に置いてある連載前の小説を読んでてくれる?」



淳平 「えっ、いいのか、そんな大切なものを。」



綾「うん、この前映画を見せてくれたお礼よ。それに前みたいに

意見とか聞きたいしね。」



淳平「喜んで読ましてもらうよ。」


少しして、綾がお茶を持ってくる。


淳平は真剣に綾の小説を読んでいる。



綾「真中くん、お茶ここに置くね。」


淳平が小説を読むのを止めて。


淳平「ありがとう。あっ、これ例のDVDだけど、ここに

置いておくから、後でゆっくり見てくれよな。」



綾「うん、ありがとう。それで、もしよかったらだけど、この前

送ってもらったDVDを一緒に観ない?」



淳平「今?」



綾「そうだけど、駄目?」



淳平「かまわないけど。」


綾がDVDをセッティングして再生する。


淳平が作品の説明をしながら説明をしている。



綾「唯ちゃんと一緒にでているサブヒロインの役を演じている

ひとって綺麗なコね。」



淳平「ああ沙織のことね。学校の2年後輩でさぁ。」



綾「学校の後輩?」



淳平「俺、高校卒業後に映像系の専門学校に行ってたから

そこの俳優コースにいたコだよ。」



綾「専門学校に行ってたんだ。」



淳平「映画雑誌に広告が載ってて、3月の申し込みで4月から入学

出来る所があったから親に頼みこんで通わせてもらったんだ。」



綾「じゃぁこの映画って学校のコ達で作った作品なの?」



淳平「主だったスタッフはそうなるかなぁ。この作品には出てないけ

ど他で・・・覚えてるかなぁ予備校時代の右島、佐竹、こずえちゃん

とか・・・あと浦沢・・・それと天地とかも手伝ってくれたりしたん

だぜ。」



綾「浦沢さんたちと天地君も・・・そうなの。懐かしいなぁ。」


映画が終わって綾がDVDの再生を止める。



綾「この作品ってオリジナルのストーリーだよね。」


淳平「同級生の荒木が作ってそれを脚本化したはずだからな。」


綾「荒木さんって...。」



淳平「脚本家のコースにいてさぁ。

地方からこっちにきてて一人暮らしだったから、よく学校

の仲間達と荒木のマンションに入り浸って映画のことで熱く

語り合ったりした。この作品の脚本を作るときもみんな

でそこに行って作ってたなぁ。」


綾が高校時代に淳平にオリジナルの小説を読んでもらい

脚本作りを一緒にしていた頃のことを思い出す



綾「じゃぁ荒木さんって男性なんだ。」



淳平「いや、女だけど・・・どうして?」


綾「・・・・女性なの?みんなで入り浸ってって言った

からてっきり私・・・。」



淳平「ハハハ、荒木ってお嬢だったから結構広くて防音が

しっかりしてたところだったから、よく演技の練習とかし

てたし、あいつ料理が得意でさぁ、みんなでご馳走になった

りしてたから。」



綾「そうなんだ。」


淳平「まぁ、たとえて言うなら、料理が得意な東城って感じ

かな、ハハハ。

料理といえば、高2の合宿の時の東城の料理は凄かったなぁ。」



綾が下をうつむいて。


綾「料理ってあまりしたことなかったから・・・。」


淳平が綾の表情の変化に気がついて。


淳平「ごめん。」



綾「うぅん、気にしないで。」



淳平「・・・。」



少し重苦しい空気になる。


淳平が時計を見ている。


淳平「もう11時半かぁ。じゃぁ、そろそろ・・・」


綾が淳平の話を遮って。


綾「まだいいじゃない。ちょっと話題を変えて、私の

質問に答えてもらって良い?」



淳平「えっ、質問?何の?」



綾「私って、大学4年間恋人がいなかったの、でも流石にこの

歳になってね、付き合っている人がいないと、親とか心配してい

るみたいだからね。それで、真中くんからみて、高校時代の私っ

てどうだったのかなって、思ってね。もし私の欠点があったら

それをなおして、新しい恋をしようと思ってね。それと小説の

ネタにも使いたいし・・・。」



淳平「それって・・・そのぅ・・・俺が・・・フッたことの理由

を知りたいってことじゃないのか?」



綾「そんなに、真剣にとらないで。あれがらもう四年以上も経っ

てるからあの時のことは全然気にしてないし。

ただ、新しい恋をするのと小説の参考にしたいだけなんだから

なにを言われても平気よ。」



淳平「本当にいいのか?また傷つける事にならないのか?」



綾 「ううん、むしろ、それを知ることによって、新しい恋ができ

れば幸せになれると思うの。」



淳平「・・・。」



綾「ごめんなさい、ひょっとしたら迷惑だったかもしれないね。そりゃぁ

そうよねぇ。いくら昔とはいえ、フった相手にその理由を教えろって言わ

れてるんだもんね。

うん、いいわ、今言ったことは忘れてね、真中くん。」



淳平「いや、東城がそれを知りたいというなら、そしてそれを知ることで

いい方向にむかえるんなら、俺・・・・話すよ。ただ、その、昔の話だから

ちょっと記憶があいまいな所があるかもしれないけど、そこは勘弁な。」


そう言って、淳平が重い口を開けて話し始めた。


[No.1621] 2011/10/30(Sun) 21:13:32
i60-34-67-246.s02.a023.ap.plala.or.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS