[ リストに戻る ]
No.1622へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第13話 「懺悔」 (No.1621 への返信) - スタンリー

第13話 「懺悔」


綾は淳平の話を聞いている。



淳平「高校に入ってから東城に文化祭で告白されるまでの間

周りからは、東城は俺に気があるって言われてたけど、俺には

東城の俺への気持ちが告白されるまで確信が持てなかったんだ。

高校時代の俺ってさ、優柔不断で自分に自信がないもんだから

恋愛に妙に臆病になっててさ、それで迷っちゃって・・・。」



淳平「えーと、何から話せばいいのかな。」



綾「真中くんの話しやすい順番でいいからね。」



淳平「最初は、そうだな、高1の時、映像研究部に東城を誘った時

文学部に入ったから、無理って断られて、その理由を尋ねたら、初

めて怒られて1学期の間、ほとんど口を聞かずにいたことかな。

あの時は、てっきり東城は、俺と一緒に映画を作るつもりで同じ高校

に入ってくれたと思ってたから、凄く悲しかったな。

あん時はなんか、理由が分からないまま、俺って謝ってたような記憶

があるんだけど、何故あの時俺に怒っていたかは未だにわかんねぇだ。」



綾「・・・・・。」

綾(あれは確か北大路さんに嫉妬して、あんな態度をとったんだわ。)



淳平「次は・・・、こずえちゃんとデートするように勧めたことかな。」



綾「・・・・・。」


綾(確か、浦沢さんに頼まれて、嫌々勧めたんじゃなかったかな。

あの時真中くんを好きなことを、あの子たちに知られたくなかった

から・・・。)



淳平「大丈夫か。やっぱり話すのをやめようか?気分があまり良い

もんじゃないだろうから。」



綾「ううん、ちょっとその頃のことを思い出していただけだから。

それに、今ではみんな良い思い出だし・・・。お願い、続けてくれる?」



淳平「ああ、そう言うなら・・・。」



淳平「次は、高3の合宿の時に、志望校を俺の行きたかった大学から

他の大学に変えたのを聞いた時かな。もちろん、それが東城のために

なるってことは分かってたけど、その前に同じ大学に行きたいって

言ってくれたのがとても嬉しかったのと、あの合宿中、それを聞くまでは

俺たち良い雰囲気になってたと思ってたから・・・。

実はさ、告白されるかもっていう期待があってさ、その真逆の話をきかさ

れて、その反動がとても大きかったと思うんだ。」




綾「・・・・・」

綾(あれは両親と美鈴ちゃんに言われて、思いつめちゃって、

あんな事を言っちゃったんだわ。)



淳平「最後は、やはり文化祭のカップルイベントに、他の男と

一緒に出るって言ったときかな。あとその日以来、俺のこと避け

てたろう。あれが、決定的だったかも。実は、あの文化祭の前

に西野に告白されてたから・・・。

あの件は、俺の勘違いもあったけど、その男が弟だっていうの

を知ったのは西野と付き合ってからだから。」



綾「・・・・・」

綾(イベントは弟にせがまれてだし、それと避けてたのは部室で

下着をなくしたのがみんなにバレたと思って恥ずかしくて、真中

くんの顔が見れなかったのよね。)



綾「そうだったんだ。あの頃の私って自分の気持ちに素直じゃなかっ

たんだね。うん、真中くん、教えてくれてありがとう。

そこを直せば今度こそ恋人が出来るような気がする。」



淳平「そうか、なら、良かったけど。」


綾(今までの話だと特に私のことが嫌いっていう理由でフられたので

はなくて、消極的な性格とタイミング・・・それと誤解があって

それで・・・。だって高校三年生の時の合宿の時、私からの告白

を期待してたって言ってたし。・・・・もしあの時に好きって言って

たら、もしかしたら私達って・・・。)


淳平「こんな時に言うのもなんだけど、謝りたい事があるんだ。」



綾「えっ、何のこと?私をフったこと?今の話を聞いたからって言うわけ

じゃないけど、気にしてないから。」


綾(あんな、態度をとられたら、私が好きって気付いてくれるわけ

ないし。)



淳平「ちがう、それじゃないんだ。その、俺が西野を選んだのは、その

悪いけど、謝るつもりは無いんだ。

あれは18歳の真中淳平が、あの状況で未熟なりに一生懸命、必死になっ

て選んだ結果だから、あの頃の俺の選択は今でも間違ってたとは思わない。

まぁ、最近になって結局西野にはフラれたんだが・・・。

ちょっと話がそれたけど、俺が謝りたいのは、・・・、あの文化祭の日

告白されて東城の気持ちを知りながら、俺が撮った映画をみてもらうのを

理由に未練がましく会いに行ったり、受験勉強の家庭教師みたいなことを

してもらったことなんだ。

二股をかけたつもりはないんだけど、結果的に気付かないで東城を傷つけ

ちゃったみたいで・・・。ホントごめんな。」



綾「ううん、それは好きでしてあげた事だし、私にとっては、その時、嬉しかった

ことだから、謝る必要なんて全然無いよ。それより、謝るのは私の方なの。」


淳平「謝るって、何を言っているんだ。東城はあの日、俺に謝ったじゃないか。

あれで十分だよ。」



綾「違うの、あれは、あの日までのことを謝ったのであって、あの日以降に

起こったことについては、私謝ってなかったから。」



淳平「あの日以降?東城が何を言っているのか全然分からないよ。」



綾'「あの日の翌日のバレンタインデーに、真中君が西野さんに別れ話を

して、それで、西野さんと空港で別れたのって、ひょっとして私の言動の

せいじゃないかって。」



淳平の頭の中で、祝賀会の日から今までの綾との会話を回想するが、西野

のことを話した記憶がない。



淳平「誰から聞いたかは知らないけど、あれは、東城には関係ないよ。あ

の時はただ西野にしても東城にしても将来に向かって歩みだしてたのに

俺だけなにもしてなくてって言うか、出来なくて、ただ焦ってたんだ。

あの時まだ18だぜ何を焦ってたんだろうな。

だから、気にすんなって。」


綾「・・・・」



淳平「どうも誤解しているようだから話すけど、俺が西野にフられた理由。

聞きたくないかもしれないけど、聞いてくれるかなぁ?。」



綾「うん。」



淳平「あのバレンタインの日、西野が帰ってくるまでに一人前になるって

ことで、関係を白紙にするってことを確かに俺から言ったんだ。それを

西野は優しいから、空港で別れるまでは、恋人でいてくれるって言ってく

れたし、空港で分かれた時もまた会おうと言ってくれたから、てっきり俺

のことをずっと待っていてくれると勝手に思い込んでいた。」



淳平「それでこの前コンクールで賞を取ったのをいい機会に、高校を卒業

してから撮った作品とかを西野に送って、いつ帰ってくるかをさりげなく

手紙で尋ねたら、返信の小包がとどいて、その中の手紙に・・・・。」



綾「何が書いてあったの?」


淳平「手紙にはだいたい“まだ2・3年は日本に帰るつもりはない。確かに

あの日お互い連絡はしないと約束したけど本当に全く、無いのは酷すぎ

ない?前にも淳平君に、待つのは嫌いって言ってあったでしょ、それと私、

待たせるのはもっと嫌いみたい。だから、別れましょう。”とこんなよう

なことが書いてあってさ。」



綾「えっ、でも本人に会って聞いたわけじゃないでしょ?もしからしたら

こちらに来て欲しいってメッセージだったんじゃないの?」



      
淳平「さっき、俺、西野から小包って言ったよな。その小包の中身は俺が

プレゼントで送ったペンダトと指輪と修学旅行の時買ったお守りと・・・

中学の時の制服の第2ボタンが入ってて・・・それで俺は、完全に終わった

って確信した。」



綾「第2ボタンまで・・・・。それじゃぁ、やっぱり・・・。」



淳平「4年間西野のことは全然考えてなかった。まぁ空港で分かれて半年

位は思い出したりしたけど・・・。バイトをしながら、必死になって映画

の勉強をして、専門学校で、映画好きなヤツらと知り合って一緒に映画を

撮るようになって、それが楽しくてさ、夢中になってたんだ。」



綾「でも西野さんを理由に告白してきたコ達を断ったって言ってたよ

ね。」



淳平「断ったのは、本当。ただ、理由は、映画を撮るのが面白くて、恋愛

をするのが面倒だったんだ。ほら、高校時代、振り回されてただろ。それ

で、告白してきたコをあきらめさせるために、西野を利用して・・・。

西野の写真を見せて、今遠距離だけど、恋人がいるっていうとみんな簡単

にあきらめてくれたから、それでな。唯には店のコって言ったけど、実は

その自主映画のスタッフとか女優志望のコとかさ。さっきの沙織もその一

人だったけど・・・。」



綾「・・・」



淳平「コンクールで賞を取ってから、その時まで映画を撮ってた仲間が年

齢的に次々に就職しだして、なかなか一緒に撮れなくなったりして、寂し

くなっちゃってさ。あと目標だった夢への足がかりが出来ちゃって、ちょ

っと気が抜けたみたいなことがあってさ。

急に西野から祝ってもらいたい、褒めてもらいたいと思ってそれで、慌て

て、撮った作品とかを送ったんだ。俺って、最低なヤツだろう、4年以上

もずぅっと西野のことを考えてなくて、告白を断るのに利用をして、いざ

寂しくなったら、思い出したかのように西野って、そりゃぁ、バチもあた

るよな。こんな奴フられて当然だ。」



綾「・・・」

綾(私も真中君と一緒、私も小説の人気が上がってくるのが嬉しくて、

恋愛を避けていたんだし・・。恋人がいない寂しさから、真中くんを今も

求めてる・・・・。)



淳平「俺のフらてた話は、これでおしまい。迷惑だったかもしれないけど

誰にも言えなかったことが言えて、とてもすっきりとしたよ。」



綾「ううん、全然迷惑なんかじゃなかったよ。共感できるところもあった

しね。」



淳平「共感?」



綾「私も、小説を書くのに夢中になってて、恋愛とかを避けてたしね。」



淳平「そうか、そりゃぁ、俺より東城の方が断然にもてそうだしな。

さてと、そろそろ帰ろうかな。」



綾「えっ、もう?」



淳平「そろそろ昼飯の時間だし、良いタイミングだろ。」

淳平がソファーから立ち上がった。



綾「お昼なら、ピザとか宅配を注文するけど。私、まだ話したい

ことがあるし。」



淳平「そうか、でも昼飯はいいから、もう少し話そうか。」


淳平がソファーに腰掛ける。



綾「・・・。」




綾(言わないと、早く言わないと真中君帰っちゃうじゃ

ない・・・・・・・でもまだ勇気が・・・。

もう西野さんのことって、終わったって思っていいんだよね

真中くん


[No.1622] 2011/11/03(Thu) 23:15:00
i58-89-58-73.s02.a023.ap.plala.or.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS