[ リストに戻る ]
No.1623へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第14話 「告白」 (No.1622 への返信) - スタンリー

第14話 「告白」

淳平はソファーに座って綾が話し始めるのを待っている。


淳平「・・・。」

淳平(話があるって言ってたのになんで黙ってるんだ?)



淳平の携帯電話からメールの着信音がする。

淳平「悪い。」

淳平が携帯電話を取り出してメールの内容を確認する。


唯から今日の夕方に会う詳しい指定場所と時間が書いてある。

淳平(6時30分に駅かぁ。・・・そうだ、あの事を東城に聞いて

みよう。)



淳平「ちょっと意見を聞きたいんだけど・・・。これ見てくれる?」

淳平が携帯電話にある女性の画像を綾に見せる。



綾「!!!」(さっき、唯ちゃんがメールで送ってきた画像じゃない!)



淳平「実は、今朝、唯から、俺に紹介したい子がいるってメールがあって

実は今日の6時半に駅で、その子と唯と3人で会うんだけどさぁ。

まぁ、画像を見る限り可愛いと思うんだけど、東城はどう思う?

最初はさぁ、唯には悪いけど会っても断ろうと思ったんだけどな。

いや、話してたら俺も西野のことは忘れて東城がいってたみたいに新し

い恋をしたい気分になってきてさ。やっぱり、いつまでも1人じゃ寂しい

からな。」


綾「・・・」

綾が体を微妙に震わせて、


綾「真中くん・・・酷いよ。さっき、私に他の女の子をデートを勧めたの

が、分からないって言ってたのに、また私に他の女の子と付き合ったほう

がいいって言わせたいの?酷すぎるよ。」


綾(わ、わ、私って、逆ギレしてる・・・それに暴言まで。)



淳平「えっ・・・・?」

淳平(酷いって、今俺って何かいけないことって言ったのか?

・・・でもとにかく謝ろう、そして早く帰ったほうがよさそう

気がする。)

淳平には綾の言葉の意味が理解できなかった。



淳平「何か久しぶりに二人きりで会って舞い上がっちゃって調子に

のり過ぎたみたいだな。やっぱ、帰るは。不快な気分にさせて

ごめんな、東城。」

淳平が再度立ち上がる。


綾が淳平に逆ギレしたのを後悔しながら。

綾「お願い、帰らないで、もうあと少しで、あと少しで言いたいことが言

えそうだから、だから、お願いもう少しだけ、帰らないで、そこにいて

お願いだから・・・。」綾が涙声で話す。


淳平(東城、泣いているのか?)


淳平「どうしたんだよ、俺たちまた後で電話でも話せるし、またいつでも

会えるんだから。」



綾「違うの、真中くんがこの部屋を出て行ったら、次会うときは今とは違

う真中くんになっているかもしれないから、

もしそうなっていたら、私、二人ではもう2度とこうして話すことができ

ないと思うから。」



淳平「・・・違う俺って、もう2度とって、さっぱり意味分かんない

よ。」



綾「ここを出た後、そのメールの子と真中くんが付き合う事になったら

私、もう2度と会わないってことなの。」


淳平「付き合ったらって・・・。」


綾「中学、高校時代と西野さんと付き合っている真中くん事を好きになっ

て、とてもつらい思いをしたから・・・。もうあんなつらくて寂しい思い

は絶対したくないから・・・。」



淳平「東城が新しい恋をするって・・・、だから俺は東城に・・・訳

を・・・。新しい恋の相手って・・・?」

淳平(新しい恋の相手って・・・まさか、この俺?それに2度と会わない

って、じゃぁ、あのノートの映画は・・・。)


淳平は軽いパニック状態になる。



綾「そう、新しい恋のお相手は、真中くん、貴方なの。」



淳平「・・・。」

淳平(直林賞受賞作家で、一流大学卒で、社長で、高3の受験の日に、

俺をあきらめて、これで前に進む事ができると言って振り向かずに俺の前

を去って行った東城が本当に?でも俺たち再会してからまだ1週間くらい

しか経ってないんじゃないか?それに俺なんかの何処が?)


淳平「俺たち、まだ再会して、たったの1週間だぜ。」



綾「好きになる気持ちに、時間なんて関係ない・・・。」



綾(私の、真中くんに対する想いを刻む時計はあの時止まったままだ

し・・・。)



淳平「大学時代に恋人がいなかったのは、正直驚いたけど、それだって執

筆活動や勉強が忙しかっただけだろうしその気になれば、俺なんかよりい

い恋人ができたはずだろう。

その、あの時もそうだったけど、俺、分からないんだ、東城が俺なんかの

一体どこがそんなにいいのかって。

俺が西野を求めたように、東城も恋愛を犠牲にして賞をとったあと、周り

をみたら、親しい人も恋人もいなくて、つい寂しくて、それで、再会した

俺のことが懐かしくなって、好きだなんて思っているだけじゃないの

か?」



綾「寂しかった・・・のはその通りかもしれない。再会して懐かしかった

のも、きっとそうかも。

でもね、あの雪の日の公園で振り返らないで別かれた時はああ言ったけど

ね、真中くんへの想いは、あれからも全然変わってないの。あと、大学時

代に知り合いになった男性は確かにいたんだけどね、でも中学3年の時の

屋上での出会い以上だと思える運命的な出会いは一度もなかった

の・・・。」



淳平「・・・」

淳平(あの時から、変わってない・・・。じゃぁ俺は?)



綾「あと、もう少しでいいから、私の話を聞いてくれる、もう少しで終わ

るから、ね、お願い。」



淳平「聞くよ。」

淳平がソファに腰掛ける。


綾「私たち、二人は、このまま、付き合わなくても、きっとお互いにうま

く生活していけると思うの。

私は真中くんなしで頑張って直林賞をもらって、仕事はこれからは、もっ

と忙しくなると思うし、真中くんはきっと、私の脚本がなくても将来一流

の映画監督になって良い映画を作っていけると思う・・・。」


淳平「東城はそうかもしれないけど、俺なんてまだ業界の人間しか知らな

い賞を取っただけだし、それにまだ今は無職なんだぜ。それなのに東城の

言う一流の映画監督なんて成れるかなんて分かんないって。」



綾「ううん、私、真中くんの映画を見て思ったの、私の脚本なしであんな

にいい作品が出来るのは寂しい、ううん、悔しいけど、絶対真中くんは私

なしで立派な映画監督になれるって。」



淳平「・・・・。」



綾「だから、もしここでまた別れて、この先何年か何十年かかるか分

からないけど、真中くんが立派な映画監督になれたときに私の小説で映画

を撮ってくれるかもしれない。

でも私は、それだけじゃ嫌なの。その、私は・・・真中くんが好きだか

ら・・・真中くんの近くで映画を今すぐにでも作りたいの。

ううん、ちがう、本当は、映画なんてどうでもいい、私は、今真中くんと

いたいの・・・。それで、今日のこの機会を逃したら、といってもこのタ

イミングで告白するのが良い事なのかは分からないけど、でも今しないと

必ず後悔すると思うから・・・。」



淳平「もう一度言うけど、今は無職でただのアルバイトだぜ、この先だっ

て映画監督になれるかなんかも分からないんだぜ。」



綾「もうそんなの、関係ない、私は真中くんがいいの。真中くんじゃない

とダメなの。」



淳平(こんな、駄々っ子みたいな東城って初めて見たな・・・っていうか

感情を外に出すタイプじゃなかったはずだけど・・・。)


淳平「お願いだから、少し考えさせてくれ。」



綾が無言で頷く。


[No.1623] 2011/11/05(Sat) 21:42:46
i220-109-164-149.s02.a023.ap.plala.or.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS