[ リストに戻る ]
No.1624へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第15話 「White Light」 (No.1623 への返信) - スタンリー

第15話 「White Light」



綾が淳平の返事を待っている。

淳平がコップのお茶を飲もうと口に近づけた時、お茶がないのに気づく。


綾「お茶、入れ替えてくるね。」


淳平「ああ、ありがとう。」


淳平が綾にコップを手渡すと応接室から出て行く。


淳平がソファの背もたれにくつろぎながら頭の中で自問、自答している。

淳平(見た目は?

化粧のせいもあるけど、あの頃と比べて綺麗になってる。

いや、見た目とか容姿は関係ないんだ。

じゃぁ、俺にとって東城って・・・同じ夢を共有することができる友人い

や・・・“初恋の人!”卒業してからは、


東城といえば映画や小説のことしか頭になかったから忘れていたけど、そ

うだ、東城は俺の初恋の人だったんだ。


もし、中3の時、勘違いしないで西野じゃなく東城に告白していた

ら・・・、高3の時、もし東城の告白が西野より前だったら、もしあの雪

の日の公園で振り向いてくれてたら、俺はどちらを・・・。)




淳平の心に、東城と出会った中学3年から別れた高校3年までの間、綾

を好きだった想いが込み上げてくる。


淳平(じゃぁ、俺は東城が好きなのか?

高校時代は、西野に負けない位好きだった。分かれたのも嫌いという理由

じゃない、勘違いやタイミングといろいろ悪いことが重なった結果ああ

なったからであって・・・・・。

もし、仮に付き合うとことになったとして無職の俺なんかと超有名な売れ

っ子作家の東城とじゃぁ、価値観も相当違うだろうし、他人の目から見て

も釣り合いが取れてないんじゃないのか。それに俺にはつかさのこと

が・・・。)

淳平が高校一年生の冬につかさにフられた時のことを思い出す。


淳平(あの時と同じだ。つかさは俺と釣り合うとか考えてたんじゃなくて

・・・。何のとりえもない俺なんかのことを好きで、ただ一緒にいたいと

思ってていてくれたのに、それを釣り合うはずもないのに俺は背伸びして

無理して疲れて疎遠になって・・・同じ過ちをしちゃいけないだろう。

それに・・・・東城はここにいるけど、もうつかさは、ここにはいなんだぜ。

それに、あの頃、東城がいれば何でも出来るって思っていたじゃないか。

確か、一時期、同棲までしたいと思っていたこともあった・・・。それに

今でも一緒に映画を作りたいって言ってくれているんだぜ。

俺も新しい恋がしたいって、ついさっき自分で言てったじゃないか。

それなのに俺は何を迷ってるんだよ。

もう答えが出ているじゃないのか。俺も東城のことが・・・。)


綾が応接室のドアを開けてお茶の入ったコップをテーブルに置くと同時に

突然、淳平の携帯電話に着信がある。



その着信の相手が誰かを確認して、淳平がある決心をする。



淳平「ちょっと、悪い。」



淳平が携帯電話にでる。



綾(誰からなの?告白されて、考えている途中で普通電話になんか、でな

いんじゃない?

またフられるのかも。あっ、また涙が出てきちゃった。拭かないと。)



淳平「おう、淳平だけど。どうした、唯?・・・・・・・・・えっ、東城

にもメールを?・・・場所?」


淳平(そうか、それで東城が焦って、さっき告白を・・・。)



綾はうつむいて淳平と唯の会話(電話での会話のため淳平の話している部

分だけ)を涙を堪えながら聞いている。



綾(唯ちゃんからなの、あとメールって、じゃぁ、唯ちゃんの後輩と会う

話?真中君はどうするつもりなの?)


唯「さっきメールを送ったでしょ。返事が来ないから確認の電話だけ

ど。」


淳平「ごめん、俺、今日行けそうに無いわ。ドタキャンして悪いけど

後輩の子に謝っておいてくないかなぁ?」


綾(えっ、行かないの?)



唯「ドタキャンって・・・なんか急用でもできたの、じゃぁ次会える日っ

て・・・。」


淳平「次って?次は無いよ。俺、好きな子ができたから。それで今その子

と付き合うことにしたから。」



唯「うそっ!それってじゅんぺいに恋人が・・・ってこと?」


淳平「そう俺に新しい恋人が出来たってこと。」



綾(それって私のこと・・・。)



綾が淳平の顔を見る。



淳平が笑顔で綾の顔を見ている。


綾も笑顔になる・・・が今度はさっきと違う理由で涙があふれる。

唯「それってお店のコじゃないの。あんた昔ストーカーとかに付きまとわ

れて困って時のことを忘れたんじゃいよねぇ。」



淳平「違うよ、お店のコじゃないって。


唯「じゃぁ誰よ。」


淳平「誰かって?唯もよく知ってるコだけど・・・また今度教えるよ。」


唯「何よ・・・そんな言い方したら気になるじゃない。今すぐ教えなさい

よ。」


淳平「今すぐって。分かったよ、じゃぁ、そのコと代わるよ。今、目の前

にいるから。」



淳平「わりい、唯のやつ、どうしても誰か知りたいって、うるさいから

さ。」と小声で言って淳平の携帯を綾に手渡す。



綾「えっ、真中くん、あ、ちょっと。」

突然電話を渡されて慌てながら応対する。



綾「あの、もしもし」



唯「もしもし、あの、あなたがじゅんぺいの新しい恋人さんですか。

私はじゅんぺいの友達の唯って言いますけど。

じゅんぺいって最近女の子にフられて、寂しくなってて、ちょっとおかし

いですから・・・って、あれ貴女の声ってなんか聞き覚えがあるんですけ

ど、貴女は誰なんですか?」



綾「もしもし、唯ちゃん、私、東城ですけど。」



唯「えっ、東城さん!?あぁっ、じゅんぺいのやつ、東城さんを使って私

をからかってるなぁ。東城さんのことをじゅんぺいの恋人だなんて・・・。

ちょっと、聞いてよ、東城さん。今朝送ったメールの子を紹介するという

ことで待ち合わせの日時の確認をしようと思ってじゅんぺいに電話をした

ら、ドタキャンするって言うし、その理由が今、恋人が出来たからって

それもその恋人に代わるからって言ったから、誰かと思えば、それが東城

さんだなんて、ちょっと、ふざけてると思いませんか?東城さん、じゅん

ぺいと代わってよ、文句を言ってやるから。」



綾「ううん、唯ちゃん、真中くんは嘘を言ってないよ。私、今日から、真

中くんと付き合うことになったんだからね。」



唯「だからぁ、冗談はいいから・・・、それとも二人して私をからかって

るわけぇ?」と少し感情的になる。



綾「だから、私は真中くんと本当に恋人として・・・。」



綾(困ったなぁ、どうすれば信じてもらえるの?)と思いながら、前を見

ると淳平が笑いをこらえている。


綾(真中くんったら、私が困っているのを見て楽しんでるみたい。)



真中「俺から話すから。」といって手を伸ばす。



綾「あのぉ、唯ちゃん、真中くんに代わるね。」と言って携帯を手渡す。



淳平「唯、実は今日俺が東城の家に行って、俺の方から告ったんだ。」


綾(真中くん、私のことを気づかってくれて・・・優しいんだね。)



唯「本当に本当なの?東城さんが相手なら、文句がないけど・・・って言

うよりじゅんぺいには勿体無いくらいじゃない。」



淳平「詳しい話はまた後で、教えるから。ホント今日は悪いことをしてゴ

メンな。この埋め合わせは絶対するから。」



唯「じゅんぺいが幸せになれるならいいけど、でも埋め合わせはしっかり

してもらうからね。じゃぁ二人の、邪魔しちゃ悪いからきるね。東城さん

によろしくね。」



淳平「ああ、じゃあな。」と言って携帯を閉じた。


綾が淳平を見て。


綾「真中君、本当に私でいいの?」



淳平「東城こそ、本当に俺でいいのか?」



綾「・・・」無言で頷く。



淳平「じゃぁ、俺も・・・。」無言で頷く。



淳平「これで夕方に唯たちと会う約束も無くなった事だし、帰るのを止め

て、ゆっくり東城先生の小説でも読ましてもらおうかな。

あっ、そう言えば飯の時間だったな。

なぁ、ピザより東城の手作り料理とかの方がいいんだけど・・・。」



綾「ごめんなさい、料理とか余りしたこと無いから。それに今日は母

が外出してて、ピザの宅配か出前で済まそうと思ってたから・・・。」



淳平「えっ、東城って料理とかしないのか?俺、付き合うの、早まったか

なぁ。」



綾「子供の頃から今まで、ずぅっと家にいて母がみんなやってくれてたし

それに小説を書くのに忙しかったから・・・。」


綾(私って、なんで、料理の勉強をしなかったの。西野さんは洋菓子を美

味しく作るくらいだから、きっと料理とかも上手に決まってるわ。真中く

んだって私と付き合うのを後悔しているじゃない。)



淳平「冗談だよ、そんなに気にする事ないよ。ただ、東城の手料理を食べ

たかったのは本当だけど、そんなのやればすぐにできるだろうからさ。

ちょっと恋人気取りってヤツをやってみたかっただけだから気にすんなっ

て。」



綾「冗談だったの。・・・じゃぁ今日はピザでいい?」



淳平「ああ、東城の好きなのでいいから。あっ、俺辛いのダメだから、そ

れは止めてくれよ。」



綾「うん、私も苦手だからね。ピザ屋さんのメニューが、キッチンにある

から、ちょっと、注文してくるね。」と言って綾が応接間から出た。



一方、淳平と携帯電話で話した後、唯は自宅で淳平と綾のことについて考

えていた。


唯(じゅんぺいから東城さんに告ったて言ってたけど・・・もし、そうだ

としたら、今日の夕方、私の紹介した女の子に会うなんて言わないよね。

ミキちゃんを東城さんに振られた時の為の保険にして告白・・・って私の

知っているじゅんぺいはそんなことするはずないから・・・という事は東

城さんの方から・・・えっ、ひょっとして、東城さんの片思いの相手って

じゅんぺいのことだったの?そうだとしたら私って、東城さんに色々じゅ

んぺいのことを話したような気がする・・・。)と思っていたら、今朝

綾に送ったメールの返信がきた。


唯「あっ、東城さんからだ。」

唯「えーと、「唯ちゃん、メールをありがとう。このメールのおかげで、

真中君の彼女になることができました。

賢い唯ちゃんのことだから、もう分かっていると思うけど、私の片思いの

相手は真中くんでした。それと告白したのも彼からじゃなくて、私からな

の・・・。きっとその事も賢い唯ちゃんのことだから、気付いているよね。

真中くんって、嘘をつくのが下手だから。詳しい話はまた、3人で会った

ときにしましょう。


それまでは、彼の嘘に騙されているフリをしていてあげてね。じゃぁ、唯

ちゃん、またね。 東城」



唯(私って、あの二人の恋のキューピットってことじゃない?それで二人

が幸せになれたんだったら私も嬉しいし。


うん、東城さん、分かったよ、唯は大女優だから、うまく騙されておくか

ら心配しないでね・・・。片思いの恋が実ってよかったね、東城さ

ん・・・。おめでとう、じゅんぺい。)



唯(さぁ、今からミキちゃんに謝りの電話を入れるかぁ。)


唯が携帯電話で大学の後輩に電話をする。


唯「あ、もしもしミキちゃん、私、唯、実はさぁ。今日の約束キャンセル

になっちゃって、ホントごめんなさいね。

お勧めしておいて悪いんだけど、あんなヤツの事はもういいから、他に良

い男がいるから、また今度紹介するからね。」


[No.1624] 2011/11/13(Sun) 20:37:11
i220-109-167-62.s02.a023.ap.plala.or.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS